スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芝居小屋のオペラ

まさかの延期だったCocoRosieのライブは、
1月19日渋谷のライブハウス WWW にて仕切り直しでした。

20時スタート!のはずが延びに延びて21時スタート。
待ってる間、今度はメンバーの他の誰かが
インフルエンザにかかったのかもしれないと頭をよぎるも、
一時間後にはメンバーが登場してきたので、まずはホッと一安心でした。


ステージは芝居小屋のようでした。
学芸会ノリの衣装や出で立ち。
どさ回りの旅一座のように
気取ってなくて、でも
プロのミュージシャンでアーティストでした。
明るさのどこかに傷とか闇などを感じさせる彼女たちですが、
とても美しかったです。

cocorosielive2.gif


シエラとビアンカのお二人、ピアノ&シンセ、ドラム、ボイスパーカッションの5人編成です。
ステージにはスクリーンが置かれて、今回のライブのイメージビデオなのか
シュールで不気味にも感じる映像が映し出されています。
この日の映像や全体的なステージングは、
毒のある素材をポップな色や優しいテイストでまとめあげているようでした。
まぁ、これは彼女たちのいつもの技ですから今更書く事もないのだけど。


衣装は、日本に来てからもミシンを使いながら作っていたそうです。
その衣装が CocoRosieらしいというか、学芸会ノリのようなところもあるんですが
白くて柔らかな素材のネズミ男のようなフード付きコートを着て、
その中はブルマー型の半ズボンとか
チアリーダーファッションみたいなトップスで、独創的なファッションでした。
衣装はそれから曲に合わせて何度もお色直しのようにお召しかえをし、
サービス精神を発揮していました。


ステージの前には、シンセ、ラップトップ、それから、おもちゃ楽器、ハープを置いて
曲はすすんでいきます。

スクリーンを置いているせいなのかステージの照明は暗いです。
蛍光塗料の化粧を涙のように施して、暗がりの中で光らせていたのが印象的でしたが
もう少し明るい照明で、お二人の様子を見たかったです。


cocorosielive.gif


曲は最新作『Grey Oceans』の曲が半分でした。
私がCocoRosieを好きになったきっかけは2005年の1stアルバムで、
特に“By my side”という曲なんですが
それも演奏してくれたので、興奮してしまいました。


シエラは音程もはずすことなく、透き通る声で歌を披露してくれました。
ファルセットを聴くとやはりオペラを勉強していただけのことはあるなと思います。
ビアンカは、ラップ調の唱法で歌う事が多いですが、子供の様な彼女の声にピッタリです。
(Joanna Newsom がロリータ唱法をピタッとやめてしまった今、
本物のロリータボイスはビアンカしかいないのではないかと思っている次第です。 )
シエラのファルセットは母親で、ビアンカの声は子供。
女性の母性と、相反する幼児性の魅力の両方を兼ね備えているのが
CocoRosieの魅力だと、この日再認識しました。


曲の構成、演奏はとてもプロフェッショナルだと思いました。
もう少し幼稚な演奏だと思っていたらとんでもなかったです。
例えば、ピアノにはどうしても気がいってしまうのですが、ミスタッチもなかったし。
そう、今回のアルバムにしても、ピアニストが大活躍だったんですね!
この人が体調を崩したのなら、当然今回のライブは成り立たなかったのでしょう。
延期もやむを得ないことでした。


まだまだ書き足りないですが、
実はわたし、夜の仕事のため(冗談、、)
後半の何曲かを聴かないで会場を出てしまったので完全には観てないのです。
その最後の方の曲ではかなり盛り上がったらしく、悔しいのですが。
とても印象深いライブだったので、
今回の、Cocorosieのライブを語り部のように語り継いでいこうと思います。


♪Lemonade ライブ ※Japanライブのではありません。


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/987-544c46b5

Comment

qurocchi

Cocorosie のライブ好かったみたいですね。
行ってみたかったな。
好きな曲とがアルバムとは違ってライブでは
どんな表現になるだろっていうのも楽しいですよね、
  • URL
  • 2011/01/23 11:37

miura

そっかあ、観に行けたのですね~♪
良かったですね。
僕も行きましたよ!(ウ~ソwwぎりぎりまでちょっと迷ってはいたのだけど。)
でも最後まで見届けられなかったのは残念でしたね。
21時スタートっていうのもなかなか....待ち時間が.....

ピアノ、CDで聴いていて音の響きとか、鳴っているタイミングが
効果的で良いなあって思っていました。確かこの人がインフルエンザ
にかかっちゃったんだっけ?
衣装やステージングもなんとなく想像できましたよ。
ステージの映像観てみたかったです。

当日出てたのかなあ?
あっ、明日の4ADは行くつもりで~す。

ではまた。

パイクマン

こんばんは。

>Cocorosie のライブ好かったみたいですね。
行ってみたかったな。

よかったですよ♪
今回のライブは結局大阪もなしで、東京だけになりましたし(^^;)
今度は日本の地方都市も多く廻って欲しいです。
次回は観られるといいですね!

>好きな曲とがアルバムとは違ってライブでは
どんな表現になるだろっていうのも楽しいですよね、

レコードやCDとはまた違う編成だったりアレンジ変わってると
「おっ!」となりますよね。
昔はライブの海賊盤も多かったなぁ。。

パイクマン

こんばんは。

>そっかあ、観に行けたのですね~♪
良かったですね。
僕も行きましたよ!(ウ~ソwwぎりぎりまでちょっと迷ってはいたのだけど。)
でも最後まで見届けられなかったのは残念でしたね。
21時スタートっていうのもなかなか....待ち時間が.....

当日券は発売してて、どんどん客を入れてましたよ!
今回、実はチケットがあまり売れていなかったのではないのかな~

21時スタートはさすがに遅かったと思います。
立って一時間、しかも私、生まれて初めて一人でライブに
行ったんですが辛かった(^^;)
でもいいライブを見せてもらいましたしネ!良かったです。

>ピアノ、CDで聴いていて音の響きとか、鳴っているタイミングが
効果的で良いなあって思っていました。確かこの人がインフルエンザ
にかかっちゃったんだっけ?

そうです~
ピアノが今回は重要な楽器でした♪
アルバムでもライブでも。

>衣装やステージングもなんとなく想像できましたよ。
ステージの映像観てみたかったです。

今日、渋谷でやっている妹さんの方の個展(www.sunday-issue.com)を観に行ったら、
奥の本屋さんのスペースで、少しビデオを流していましたよ。
ライブで流していたものよりも端折ってましたけど。
ただ、ライブで流していたものの方がいいと思います。
なんとなく世界観は伝わりますけれど。

>あっ、明日の4ADは行くつもりで~す。

私は行けないと思ってチケットを買ってなかったけど
結局行けたので(発売当初は仕事始めてると思ったから、てっきり^^;)
勿体ない事したな~と思ってます。
楽しんできてくださいね!!(^^)

wai

夜のお仕事お疲れ様です!

あんだけ待たされて終いまで見れないって、
さぞ憤懣やるかたなかったものと思います。
姉妹を終いまで見れなかった・・・とか。。。

それにしても、
力のこもった文章ですね。
ハードボイルド小説のように淡々としながらも、
溢れんばかりの?ココロージー愛を感じましたよ。




パイクマン

こんばんは。
いや~、今日は特に寒いですね(;;)

>夜のお仕事お疲れ様です!

ガッチリ稼ぎました!
しゃちょーさん、寄ってってね♡

……ウソですよ(^^;)冗談ですので。

>あんだけ待たされて終いまで見れないって、
さぞ憤懣やるかたなかったものと思います。

13日が延期になった時点で、観られるかどうかわからなかったんです。
なので、たくさん観られたので満足しました(^^)

>姉妹を終いまで見れなかった・・・とか。。。

絶句!

>それにしても、
力のこもった文章ですね。
ハードボイルド小説のように淡々としながらも、
溢れんばかりの?ココロージー愛を感じましたよ。

ありがとうございます!
これじゃあ中学生の感想文ですけど~(^^;)
でも、いつもは書きながら違う自分(?)が見てるんだけど
今回は自分ひとりだけで書きましたよ!

バニラ

cocorosieのライブ、とってもよかったことが伝わってきました(*^_^*)
ステージの構成をはじめとして、かなり凝ってそうで
見ている側は視覚的にも聴覚的にも楽しめそうですね☆
日本に来てからでも衣装を作っていたというあたりが
女の子らしさも感じられるし、楽しんでライブをやっている感じがしました☆
「シエラのファルセットは母親で、ビアンカの声は子供。
女性の母性と、相反する幼児性の魅力の両方を兼ね備えているのがCocoRosieの魅力」
ナイスです☆ばっちりな表現です!!!
関西軍団は涙を飲みましたが、パイクマンさんのライブレポートを
読み、たくさん想像できました、ありがとうございます♪
シエラ&ビアンカ、さすがの2人、タダモノじゃねーぜ。ですね☆
そして、ところでジョアンナニューサムが歌い方をがらっと変えたと
書かれていたので、急いで検索しました☆本当だーー。どうしてだろう。
あの舌足らずなのがとってもよかったのだけど。。今の歌い方も美しいけれどねー。
  • URL
  • 2011/02/04 20:45
  • Edit

パイクマン

こんばんは!!

>cocorosieのライブ、とってもよかったことが伝わってきました(*^_^*)

うんうん、良かったよ~(^^)

>ステージの構成をはじめとして、かなり凝ってそうで
見ている側は視覚的にも聴覚的にも楽しめそうですね☆
日本に来てからでも衣装を作っていたというあたりが
女の子らしさも感じられるし、楽しんでライブをやっている感じがしました☆

そうそう、視覚的にもどういう感じの衣装でどういうステージングになるのか楽しみで、YouTubeで今までのライブ(他国の)を観ていたんだけど、ライブ場所によって衣装やアレンジも変えてたんで増々期待が高まりました!
実際目の当たりにして、この人たち衣装からステージのバックの映像から全部手をかけているので、ミュージシャンであり、アーティストでもあるんだな~とつくづく思いました♪(^^)
特に衣装替えが面白かったなー。

>「シエラのファルセットは母親で、ビアンカの声は子供。
女性の母性と、相反する幼児性の魅力の両方を兼ね備えているのがCocoRosieの魅力」
ナイスです☆ばっちりな表現です!!!

ライブだと特にハッキリわかりました(^^)
この二人が合わさってからこそのココロージーですね☆

>関西軍団は涙を飲みましたが、パイクマンさんのライブレポートを
読み、たくさん想像できました、ありがとうございます♪
シエラ&ビアンカ、さすがの2人、タダモノじゃねーぜ。ですね☆

次回は関西軍団も楽しんでくださいね(^^;)
あんまり時間を空けずにまた来日するようなことを
インタビューで言っていたと思います。


>そして、ところでジョアンナニューサムが歌い方をがらっと変えたと
書かれていたので、急いで検索しました☆本当だーー。どうしてだろう。
あの舌足らずなのがとってもよかったのだけど。。今の歌い方も美しいけれどねー。

3rdアルバムから往年の女性シンガー・ソングライターのような
歌い方に変化しましたね。声変わり…ということはないと思うので(汗)
戸惑いました~。曲も落ち着いた感じでいいのですが…(^^)

また次のアルバムではどんな顔を見せてくれるのか
楽しみでもあります!

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:19歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。