緑 魔子「アーリー・イヤーズ」

  • 2005/12/19 20:13
  • Category: M
小学生の時分に観ていた『夢千代日記』(NHK)というドラマの事を、KEMPIRE音楽市場さんが書いてらっしゃいました。読んでいたらそのドラマに出ていた緑 魔子という女優さんの姿を思い出しました。



田舎町のストリッパー役で、子供ながらに鮮烈な印象があったのです。子供の頃、もしもこういう役柄の緑 魔子が私の家の近所に住んでいたのなら、親から「あの女の人に近づいちゃいけません」なんて言われたかもしれません。子供にもそれとわかる、普通の女優さんとは違う危険なオーラを彼女は発していました。


ライナーによると、緑 魔子はNHK演技研究所に所属後、風俗映画や不良少女もの悪女ものの映画に出演しながら、67年から70年まで歌手活動をしていたようです。

このアルバムはデビューシングルから歌手活動を休止するまでのシングル10曲と、その後映画の主題歌になった2曲と、ドラマ主題歌が1曲収められています。

初期はムード歌謡曲、次第にグループサウンズ傾向になり、ラテン歌謡曲、そして寺山修司が歌詞を提供し、アンダーグラウンドの匂いがするフォーク系へと変わっていきます。

可愛く艶っぽい小悪魔的な唄い方と、男に捨てられて、どうしようもない嘆きを唄っていたり、世の中には疲れたけど死ぬほど馬鹿ではないわ…なんて強いとこも見せていたりしていますが、そういう歌詞と緑魔子の魅力が堪能出来る内容となっております、ハイ。

緑魔子について書こうとすると、出演したアングラ映画や彼女を取り巻いていたアーティスト、映画監督なども深く書かなければ面白くないのですが、何から書いていいのやらさっぱりまとまらないので、ここまでにしておきます。

いつかまた書ければ良いですけど。。



誰でも知っていると思われるドラマ出演での代表作は『プレイガール』と、萩原健一主演『傷だらけの天使』『探偵物語』のゲスト出演などで、アングラな映画出演では、あがた森魚が監督した『僕は天使ぢゃないよ』が代表作です。

【2004/東芝EMI】

:::購入::: AMAZON

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/93-d358968c

Comment

miura

すいません、2nd Summer of loveななか、いきなりこんな正反対みたいなのを掘り返してしまいました。
今日、やっとAmazonから届いたCDに「Lau Nau」というのがあって、それを聴いていたらふつふつと緑魔子さんなどの映像が浮かんできてしまって。
昔の新東宝ものだったか..中川信夫の「地獄」(天知茂、いいですね!)とか...。緑魔子さんが出演していた「盲獣」なども同じような空気感だった印象があってですね。たぶん同時期ぐらいのカルト時代劇も奇妙なのがあり(タイトルとかは忘れてしまった...)...もうちょっとLau Nauは乾いてて、溝口健二がやった泉鏡花??
突然、失礼しました。

パイクマン

miuraさん、こんばんは♪

>すいません、2nd Summer of loveななか、いきなりこんな正反対みたいなのを掘り返してしまいました。

アハッ。マンチェというか…THE TIMESというか、エド・ボールが好きなもんで…。あんまりブームには影響されなかったんですけど。

>今日、やっとAmazonから届いたCDに「Lau Nau」というのがあって、それを聴いていたらふつふつと緑魔子さんなどの映像が浮かんできてしまって。

「Lau Nau」と緑魔子ですか?
ああー!歌など確かに緑魔子を彷彿としそうですねー(笑)
さすが、miuraさんです。呪術的な音?もとても雰囲気に合っています。

>昔の新東宝ものだったか..中川信夫の「地獄」(天知茂、いいですね!)とか...。緑魔子さんが出演していた「盲獣」なども同じような空気感だった印象があってですね。たぶん同時期ぐらいのカルト時代劇も奇妙なのがあり(タイトルとかは忘れてしまった...)...もうちょっとLau Nauは乾いてて、溝口健二がやった泉鏡花??
突然、失礼しました。

緑魔子の作品はちゃんと観てなくて、TV出演作品くらいしか知らないんですけどね…いつかは観てみたいと思ってるんです。レンタルであるのかしら。。
天知茂は怪人二十面相を土曜の昼間の再放送枠でかかさず観てましたねー(笑)
溝口健二ですか?「武蔵野夫人」は観てみたいですが…^^;

最近、Lau Nauが10年前に作ったというユニットの音源「CHAMELLOWS」を買ったばかりなんです。まだちゃんとじっくり聴いたら紹介しますね♪
  • URL
  • 2006/10/19 01:17

miura

こんばんわっ!

>>ああー!歌など確かに緑魔子を彷彿としそうですねー(笑)
さすが、miuraさんです。呪術的な音?もとても雰囲気に合っています。

そうですか?呪術合ってますかね...でも気がつくと妖しい方向に行ってますね、確かに(笑)。

>>緑魔子の作品はちゃんと観てなくて、TV出演作品くらいしか知らないんですけどね…いつかは観てみたいと思ってるんです。レンタルであるのかしら。。

3~4年ほど前には新宿東口のTSUTAYAに何本かありました。そんなにたくさんは観てないけど、ちょっとはまって貸りてましたよん!今はあるかどうかわかりませぬ。

>>最近、Lau Nauが10年前に作ったというユニットの音源「CHAMELLOWS」を買ったばかりなんです。まだちゃんとじっくり聴いたら紹介しますね♪

面白そうですね。やっぱりお化けが出てきそうなかんじかしら??楽しみにしてます!でわっ。

パイクマン

miuraさん、今晩は♪

>そうですか?呪術合ってますかね...でも気がつくと妖しい方向に行ってますね、確かに(笑)。

声とかしゃべり方とか、、彼女の歌というよりも芝居の彼女の雰囲気が合っている感じ。私がじっくり観た「夢千代日記」で踊る彼女のオーラが「LAU NAU」のアルバムの音にマッチしています。緑魔子ならこのアルバムの音に合わせて踊る事ができそう^^

>3~4年ほど前には新宿東口のTSUTAYAに何本かありました。そんなにたくさんは観てないけど、ちょっとはまって貸りてましたよん!今はあるかどうかわかりませぬ。

うちの近所のTSUTAYAにはあるかどうか…(笑
でも、観たい観たいと思っていると、どっかからひょこっと現れるかもしれません!(?)とりあえずTSUTAYAを探してみますね!
どうもありがとうございます!!

>>最近、Lau Nauが10年前に作ったというユニットの音源「CHAMELLOWS」を買ったばかりなんです。まだちゃんとじっくり聴いたら紹介しますね♪
>面白そうですね。やっぱりお化けが出てきそうなかんじかしら??楽しみにしてます!でわっ。

私、「まだちゃんとじっくり聴いたら…」なんて意味不明な日本語を書いてますね^^;
「まだじっくり聴いていないので、ちゃんと聴いたら紹介しますね」の間違いですm(_ _)m

「CHAMELLOWS」は、宅録でチープで混沌としてて、フィンランドの独特の音楽性はあまり見当たらないんです。ですが、もう少ししたら書いてみます。

miuraさんもお忙しそうですが、仕事頑張って下さいね!!!
  • URL
  • 2006/10/19 21:16

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの

proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:22歳 (1997.6.30 − 2019.04.16)
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ