スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEUNG PHAK (MONO PAUSE)

  • 2009/01/22 00:15
  • Category: N
neungphak.gif

サンフランシスコを拠点にしつつ、インチキ東南アジア系ポップスを演出する
アヴァンギャルド集団Neung Phak。2004年にリリースされていた作品のリプレス。

アー、なにこれ。枕元に置いて一緒に寝たいアルバムです。
タイやカンボジアやベトナムのポップスを色々と脚色して演奏しているみたいで
オリジナル曲だと思うのだけどカヴァーもあるのかも。
極論を言うと、エセアジアンの姿で西洋のロックして遊んでいるバンドなのだ。
いや,遊んでいるのではなくてかなり本気なんだろうけど。

トランペットやトロンボーンなどのホーンや、ブルージーなエレキギター、
日本人にも耳馴染みのよいメロディーなど
私の耳では60~70年代のサイケな歌謡曲に聴こえるし、すごく好き。
ボーカルはかなりネイティブなタイ語で、
タイ特有のあの言語と素っ頓狂な声がとてもキュートなのだわ。
ボーカルの女性はアジア系だと思われ。
しかしあとのメンバーはどう見ても白人でしょ。
neungphak2.gif


曲は牧歌的な民謡調のインストから始まり

2曲目の♪Tui Tui Tuiは大袈裟なホーンとキャチーなアレンジと可愛らしい歌が
一度聴いたら忘れられないアジアンエキゾティックなディスコ歌謡。
3曲目の♪Inside The Programと4曲目♪Low Tideは男性ヴォーカルに変わるのだけど、
民謡調にスカのリズムが心地よいですね。

またインストを挟み、

6曲目♪Cheerはまたまた可愛い女性ヴォーカルさんに変わり
秋葉原のアイドルとヲタ芸の男コーラス(?)が
70年代にタイムスリップしたかのようなシンセも使ったサイケ歌謡。
7曲目の♪Diew Tob Diew Tobはピンクレディの「サウスポー」の
イントロかと思った。ショッキング・ブルーの曲(曲名忘れた)に一部が似ていたりと
やはり60~70年代を意識していてる感じ。ギターがわざとその時代の音を出してるしね。

以下省略ですけど、全15曲、どれも飽きさせません。
ツッコミどころは多いけど書ききれません。
東南アジアの音楽云々と書きましたけど
日本の民謡や歌謡曲も研究しているのではないかと思われるフシもあります。
色モノと見るか否かはあなた次第です(汗)
 


このバンドについて調べてなんとなくわかったこと

サン・シティ・ガールズ
のアラン・ビショップという人が参加しているバンドだそうな。
アラン・ビショップという人は、アジア系民族音楽の音源とか集めているマニアでだそうで
サン・シティ・ガールズのレーベルであるAbductionから今回のアルバムがリリースされています。

アルバムタイトルに書いてある
(Mono Pause)
バンドの名で、
そのバンドの中心人物Conheimは
Neung Phakのメンバーでもあるようです。

それから、このバンドのメンバーは過去に北朝鮮へ渡り
そこでレコーディングを行ったシングル「Fucking USA」も出しています。
すごい肝っ玉。。

【2009(2004) / ABDUCTION】


neungphak.net
myspace.com

Tui Tui Tui

Cheer


AMAZONはコチラ

アルバム収録曲 ♪Tui Tui Tui


アルバム収録曲♪Cheer


ライブ光景♪Wai Wai Wai(これはアルバムに収録されていません)



Pagination

Trackback

Thai Elephant Orchestra / Thai Elephant Orchestra from KEMPIRE音楽詩篇

あまり関係ありませんが(汗)TBさせて頂きました。面倒でしたらこちらへは特に要りませんですよ。
  • 2009/02/08 23:55

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/873-6f77e7d1

Comment

gogleman

アーなんですかこれは?
タイ語をしゃべれる女性を軸に、というかそのネタだけで作っちゃった似非アジアンポップスの確信犯的バンドみたいですが…
遊び心満載ですね~でも少し狙いすぎかな?とも思いながら、もの凄いクオリティ&テクで模擬をしているので許せる、というか単純に楽しいですね。
これはアジアンポップス全般に相当愛がなければ出来ない技ですよね。書かれてる人のマニア度の高さも伺えます。
タイということで、
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_m?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dpopular&field-keywords=thai+elephant
こんなのも気になってて買おうかどうか、微妙な値段なので迷っておるgoglemanでした。
  • URL
  • 2009/01/22 01:31

パイクマン

こんにちは。

>タイ語をしゃべれる女性を軸に、というかそのネタだけで作っちゃった似非アジアンポップスの確信犯的バンドみたいですが…
遊び心満載ですね~でも少し狙いすぎかな?とも思いながら、もの凄いクオリティ&テクで模擬をしているので許せる、というか単純に楽しいですね。

そうですね、こういうのは自分たちだけで空回りせずに聴き手に楽しさが伝わらないとどうしようもないですもんね~(^^:)
バンドは結構昔からやっていたみたいで(多分)、やけに説得力がありますでしょ?それにこういうのは可愛くなくてはいけないわけで、、私は合格だと思います(^^*)
それにしても音から「日本」も感じるのですけどね、、やっぱりアジアがごちゃまぜになっているのだろうなぁ~。

>これはアジアンポップス全般に相当愛がなければ出来ない技ですよね。書かれてる人のマニア度の高さも伺えます。
タイということで、
こんなのも気になってて買おうかどうか、微妙な値段なので迷っておるgoglemanでした。

ここで
http://www.myspace.com/davidsoldier
一曲だけなんとなく聴けました。
像の歩みのようなゆるやかアンビエントですけど、気持ちはタイにひとっ飛びしそうです(^ー^* )♪
David soldierさんはいろいろ使い分けて(いろんなユニットを組んで)音楽を作っている人なんですね。

ころん

おおっ、これは気になるブツです!ワタクシ以外にもアジア・キチガイはいるものですね。ゲットせねば!

アラン・ビショップ、相変わらずのクルクルパーですね。世界中から変な音源を集めてきて、テキトーにCDをリリースするという奇人振りが素晴らしい…のかな?

以上、世間から見たらワタクシも奇人変人の部類に入るのかなあと少々心配している、ころんでございました。象さんCD、欲しいでやんす♪
  • URL
  • 2009/01/22 12:50

パイクマン

こんばんは。

>おおっ、これは気になるブツです!ワタクシ以外にもアジア・キチガイはいるものですね。ゲットせねば!

どうぞ気にしておいて下さいね!
好みはどうかわかりませんが
なかなかポップでハジけてて
怪しいところが
なんともいえない盤だと思います(*^^*)


>アラン・ビショップ、相変わらずのクルクルパーですね。世界中から変な音源を集めてきて、テキトーにCDをリリースするという奇人振りが素晴らしい…のかな?

アラン・ビショップさんて
知る人ぞ知る方なんですね!
趣味が嵩じてなんとやら、
の類いなんでしょうか(^^;)
でも、羨ましい気がしますね☆

>以上、世間から見たらワタクシも奇人変人の部類に入るのかなあと少々心配している、ころんでございました。

いや、奇人変人だなんて思ってやしません。
大丈夫です!
でもう~ん、音楽ブログやっている人は
自分を含めて変わっている人が多いな
と思うこの頃です( ̄▽ ̄;)

>象さんCD、欲しいでやんす♪

GETしてくださいね~♪

片桐真央

ころんさんの元で東南アジア系のポップスの修行を積んでいる片桐と言います。
アラン・ビショップさんのユニットだったんですね。これはゲットしなければ。。。。
似たようなユニットにDengu Feverがいますが、こっちの方がニヤニヤ度高いですね。
って、いよいよパイクマンさんも怪しげなエスノの方面に足を踏み入れたんですね(祝)。
と、いうわけでタイもベトナムもよく知らないのですがラオスのポップ・ミュージックにハマっている片桐でした。

  • URL
  • 2009/01/22 22:40

パイクマン

こんばんは。

>ころんさんの元で東南アジア系のポップスの修行を積んでいる片桐と言います。

そ、そうだったんですか(笑)

>アラン・ビショップさんのユニットだったんですね。これはゲットしなければ。。。。

あれれ、アラン・ビショップさんはやはり有名なのですね( ̄▽ ̄;)
ただ、このアルバムの解説には参加していると書かれた記述がみつかったんですが、このアルバムに具体的にアラン・ビショップさんの名前はないようなのですね。どうもすみません(^^;)
ただ、レーベルはアラン・ビショップさん絡みです。

>似たようなユニットにDengu Feverがいますが、こっちの方がニヤニヤ度高いですね。

YouTubeで少し聴けますね!
よりアジア風土的な土臭さと本気度を
感じました!!!(^^)/

>って、いよいよパイクマンさんも怪しげなエスノの方面に足を踏み入れたんですね(祝)。

いやいや、とんでもございません!!!
今回は本当にこのバンドの
曲が気に入っただけなんです(汗)

>と、いうわけでタイもベトナムもよく知らないのですがラオスのポップ・ミュージックにハマっている片桐でした。

ころんさんのところでは
なんとなく聴かせてもらっていますけども
タイもベトナムもラオス?も
まったく音楽の区別がつかない
パイクマンHGでした~(; ̄ー ̄)

※HG=花毛(鼻毛)

バニラ

こちらにもおじゃまします♪

一番上のyoutubeの後半でノリノリなのが、アランさんですか?ハイテンションがいい感じですね!

♪Cheerが、ちょっとだけ♪ジンギスカンに似てると思いました。
♪Diew Tob Diew Tob、聴いてみたいなあ。♪サウスポーに似てるんですよね(^^♪

女の人かわいらしいですね。鳥越マリって女優さんのようにキュートです☆☆

パイクマン

こちらにも有り難うございます!

>一番上のyoutubeの後半でノリノリなのが、アランさんですか?ハイテンションがいい感じですね!

多分ですがアランさんではないですね。
もっとお年を召した方だと思うんです。
なんかよくわからないのですよね~
アランさんという方(^^;)

>♪Cheerが、ちょっとだけ♪ジンギスカンに似てると思いました。

似てるのです、ほんとに。
私もそう思いました!

>♪Diew Tob Diew Tob、聴いてみたいなあ。♪サウスポーに似てるんですよね(^^♪

イントロだけなんですけど
「アレ?」て思いました(汗)

>女の人かわいらしいですね。鳥越マリって女優さんのようにキュートです☆☆

ふつ~の感じが私も可愛いなと思いました。
鳥越マリ、最近見ないなぁ。
サスペンスも見なくなっちゃったし(^^;)

「ゆ」

はじめまして。古い記事にすみません。

Amazonで試聴見つけて、なんかいろいろ混じってるし、ケーンとかインチキだし... で、こちらに辿り着き、事情がわかりました。道理でSublime Frequencies臭がする訳です(コンピからのカバーもある)。ありがとうございました。

楽しいバンドですね。CDは買わない... と思いますが、ライブは見てみたいです。

コメントにころんさんのお名前があって、ちょっとびっくりでした。

パイクマン

はじめまして。
北京住まいなのですね☆
超遅いレスですみません。  
いつか覗いて下さって
レスがあることに気が付きましたら
どうぞ読んでくださいましね。

Sublime Frequenciesは全く詳しくないのですが
インディーズのロック系を彷徨っていたら迷い込んでしまって(^^;
ここでもいくつかSublime Frequenciesのアルバムを書いていると思いますよ~!
Neung Phakはキュートでいいですよ♪

>コメントにころんさんのお名前があって、ちょっとびっくりでした。
ころんさんのお知り合いでしたか!?
ころんさん、お元気かしら。。

またどうぞ懲りずにいらしてください!!!
  • URL
  • 2009/07/18 21:22
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。