スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANTONY AND THE JOHNSONS「THE CRYING LIGHT」

  • 2009/01/12 13:15
  • Category: A
antony3rd1.gif

特別な存在による特別な歌。
そういうものに時々出合えると
神でも見つけた気になるから
音楽は聴かずにはいられない。

シンガー・ソングライターのアントニー・ハガティ率いる
Antony and The Johnsons(アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ)
の3rdアルバム。暗黒舞踏で有名な大野一雄氏の写真をジャケットにして。



周りの人間とは違う宿命を背負った人間が格別な美意識を持って
芸術に向かっていくととてつもない才能を発揮して
感動を人々に与えたりするものです。
アントニーのかすかに震える美しき歌声は
熟成された声そのもので、
悲しげでゆったりしたテンポの曲を
自由にピアノとフォルテを操って
いつだって水のように滑らかです。

antony3rd2.gif

ピアノ、弦楽器、ドラムをおごそかに使い、
暗い陰が漂う曲調のアレンジはクラシックな美に溢れていますが、
その歌は、メロディは、ブルースのように深く悲しいので
聴いている自分でさえ、
たった今、悲しい出来事があったかのような錯覚を覚えてしまいます。

いつかスタンダード曲を歌ったアルバムを出すべきで、
それがもっと彼を一般的に知らしめる方法の一つのような気がします。


【2009 / SECRETLY CANADIAN】


Antony and The Johnsons
myspace.com

下の試聴曲は削除されるだろうと思っていたら案の定消えていました。
また後で正当なのを探して載せておきます。

アルバム収録曲♪The Crying Light


アルバム収録曲♪Aeon


今回のアルバムには収録されていませんが、ライブ光景です。
♪ The Guests(レナード・コーエンのカヴァー)




AMAZONは コチラ


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/867-4eb5c010

Comment

バニラ

こちらにも失礼します(^^♪

ビブラートが悲しげですね。ビブラートの聴かせ具合がハートにきます。特に♪The Crying Light!やられた☆です。
悲しげなところになめらかに歌われているので、優しさも加わっていますね。

ほんと、スタンダードな曲を独特に料理してもらいたいと思いました☆
ハートがある歌ってこの世に存在しますね☆

wai

こんにちわ。
もう、リリースされているんですね。
ワタシは1月23日の日本盤まで待とうと思ってます。
こんな表現はそぐわないですが、新春の目玉ですよねぇ。楽しみです。

パイクマン

バニラさん、
こちらにもありがとうございます(^^*)

>ビブラートが悲しげですね。ビブラートの聴かせ具合がハートにきます。特に♪The Crying Light!やられた☆です。
悲しげなところになめらかに歌われているので、優しさも加わっていますね。

なぜにこのタイプの(中性的な)方は
古くはマークアーモンドやボーイ・ジョージ
などのように歌が卓越しているんでしょうね~♪一般の歌手が唄うよりもハートにきますですね!!素晴らしい★

>ほんと、スタンダードな曲を独特に料理してもらいたいと思いました☆
ハートがある歌ってこの世に存在しますね☆

広告費をかけてメジャーから出してもらって、
クラシック、シャンソンあらゆるジャンルを聴いている人たちにも聴いてもらえればな~と思います。
彼が望むならですけども(汗)

パイクマン

こんにちは。

>もう、リリースされているんですね。

昨日、ふらっとタワーレコードに行ったら
売っていたので、手に持ってレジに並んでました(*^ー^*)

>ワタシは1月23日の日本盤まで待とうと思ってます。

なんか、前作の日本盤は彼の意向があって
日本語の歌詞もつかなかったらしいじゃないですか?!
今作も日本盤を買っても歌詞がなかったらいやだな~と、
輸入盤にしました!

>こんな表現はそぐわないですが、新春の目玉ですよねぇ。楽しみです。

そうですね~☆
ついでに新春のお年玉ということで
もうちょっと安くしてくれればなぁ(^^;)
私は抽象的にしかまとめられなかったので
waiさんが聴いたら
ちゃんとしたレビューを御願いします!

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。