スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8ビート・ギャグ

kyoujyu.gif
80年代のロック漫画といえば、
シマあつこさんの8ビート・ギャグ
(現在ホームページが調子が悪いようです。)

「VIVA ROCK」と「音楽専科」という雑誌に連載され、やがて別冊としても店頭に並ぶ様になった、ロック好きの為のマンガ。


NW、ハードロック、メタル、パンク、ポップスのアクの強いミュージシャンが網羅され、洋楽好きには嬉しく、当時としては画期的なマンガでした。

(シマさんは現在もヴィジュアル系音楽雑誌で活躍しているようです。)



特に「ジャパン」のデヴィッド・シルヴィアンが坂本龍一に恋をしているという設定で描かれていましたが、今でも事実だと思ってたりして。


漫画のストーリー自体は支離滅裂ですけど、隅々まで読むと笑いのツボにハマる事が多くて



「暴動だ!暴動だ!」と叫んで走っている「クラッシュ」のワンカットを見たって、1stの邦題が「白い暴動」であるとか、歌詞をわかっていなければ笑えなかったわけだし、漫画のキャラクターを見ても誰なのか分からないと、全然面白くないのですよね。

(ジョー・ストラマーに合掌)


つまり、分かる人しか楽しめないマンガなのですが、今になってじわじわと読みたくなってきたので

是非、全巻復刻して下さ~い!!


by ぱ

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/84-1081b970

Comment

なお

はじめまして。
8ビートギャグ大好きでした。
そのころは中学生でひたすら立ち読みでした。

同じく復刻に一票(笑)
  • URL
  • 2006/12/16 22:11

gogleman

こんばんは。
これが今巷で話題沸騰の8ビート・ギャグですか。
と言うかかなり見たことありますねこの画。
ですが、まともに一本見た事は無いような。
「VIVA ROCK」は読んだ事あるので見てるはずですよね。。
記憶がどうも定かでありませんね…老化現象でしょうか…
これ確かに復刻してもらいたい気もしますが、同時に、
今見てもどうか…?って感もあるのですが、仰るように。
郷愁と懐古趣味的になりそうな、と言う意味で。
ソレでイイのでしょうが。。
  • URL
  • 2006/12/16 22:12

オオシマ

こんばんは。
私は硬派でしたので(うそ)、本当はそんなに読んだことないのですが、もう一度読んでみたいですね。当時は洋楽聴き始めの頃でしたので、クラッシュネタを書かれても解らなかったはずです。(ジョー・ストラマーに合掌)

このマンガが載っていた雑誌で、イアン・マッカロクが奥さんに、髪を立ててもらっていたのを知りました。(笑
皆、アイドルだったのですね。
  • URL
  • 2006/12/16 22:12

パイクマン

なおさん

はじめまして。
新春にコメントありがとうございます。

8ビートギャグは結構高かったですよね。
私も立ち読みが多かったと思いますよー。
数冊持っていたのに捨ててしまって、
今はちょっと後悔しています。
是非とも復刻して欲しいですネ!!
たまに8ビート・ギャグのサイトを
覗いてはニヤニヤしていますよ(笑)

goglemanさん

こんばんはー。

>これが今巷で話題沸騰の8ビート・ギャグですか。

アハハッ。巷で話題ですか(笑)

>「VIVA ROCK」は読んだ事あるので見てるはずですよね。。
記憶がどうも定かでありませんね…老化現象でしょうか…これ確かに復刻してもらいたい気もしますが、同時に、今見てもどうか…?って感もあるのですが、仰るように。
郷愁と懐古趣味的になりそうな、と言う意味で。
ソレでイイのでしょうが。。

ん~。
郷愁と懐古趣味で読みたい人もいると思いますけど、大袈裟に言うと、日本のロック少年少女の大事な財産みたいなもんですから(笑
サイトから読んでいて気が付いたんですが、ドリーム・アカデミーも出てた!とか発見があって楽しいんですよ。

古本屋やオークションでも簡単に手に入るんですけどね。。
  • URL
  • 2006/12/16 22:13

パイクマン

オオシマさん

こんばんは。

>私は硬派でしたので(うそ)、本当はそんなに読んだことないのですが、もう一度読んでみたいですね。当時は洋楽聴き始めの頃でしたので、クラッシュネタを書かれても解らなかったはずです。(ジョー・ストラマーに合掌)

オオシマさんは硬派だったんですかー
硬派の人は読まなかったと思いますよ(笑)
今読むと、ネタが良くわかっていいのになぁ。
でも亡くなっている人も結構いるんですよね。
インエクセスのマイケル・ハッチェンスとか。。

>このマンガが載っていた雑誌で、イアン・マッカロクが奥さんに、髪を立ててもらっていたのを知りました。(笑
皆、アイドルだったのですね。

エーッ!
イアン・マッカロクってそうだったんですか?!
そんな甘えっ子さんだったなんて。
そういえば甘えっ子顔してますよね、
イアンって(笑)
  • URL
  • 2006/12/16 22:13

Yorkie('・c_・`)

明けましておめでとうございます。
今年もパイクマンさんの鋭い視点の記事を
楽しみにしています。

わたし、この漫画、知りませんでした_○/|_ ガクッ
激しく不覚ですーーーーーーー!!
かなりツボなので読みたいです。復刊希望ー

漫画じゃないですけど
リリー・フランキーも洋楽雑誌で
挿絵が載っていましたよね。
まさか10数年経って
テレビでお顔を拝見することになるとは
思ってませんでしたー。
  • URL
  • 2006/12/16 22:14

パイクマン

Yorkieさん、明けましてです♪

私もYorkieさんの記事は楽しみです!
キュート且つマニアックなオールディーズもの、今年も楽しみです!!

このマンガはミーハーだし、ヴィジュアル系が好きな人が読んでいたかもしれないので、知らない人も多いかもしれませんよー。

>漫画じゃないですけど
リリー・フランキーも洋楽雑誌で
挿絵が載っていましたよね。
まさか10数年経って
テレビでお顔を拝見することになるとは
思ってませんでしたー。

リリー・フランキーの挿絵、見ているかもしれないけど、ちょっとわからんです。あの画風でミュージシャンとか描くのか~(笑
TVで観てるとただのすけべぇオヤジっぽいですが、自由気ままでだらしないっぽいとこはいいですね♪
  • URL
  • 2006/12/16 22:15

gogleman

過去記事&コメント移行作業、お疲れさまです。
またしても1分ごとに順調に移れさていくコメンツの数々にウットリ&
ニヤニヤしながら拝見しましたよ。
しかも8ビートギャグエントリーですか…
これはきっとこの後のエントリーの伏線ですなフフ。
草葉の陰からじっとりと応援してますよ。
  • URL
  • 2006/12/16 22:30

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。