スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PAAVOHARJU「LAULU LAAKSON KUKISTA」

  • 2008/05/21 20:10
  • Category: P
paavpharju2.gif

フィンランドの6人組グループ、Paavoharjuの2ndアルバム。
Fonal Records からです。


打ち込みとアナログシンセ音と生楽器と
ソプラノ女性ヴォーカル(男性ヴォーカルの曲もあります)が、
過去と未来を行ったり来たりするかのような、
幻想的に重ねられたレイヤードサウンド。
洞窟から聴こえてきそうなローファイな響きに、
フィンランドの民謡?を思わせる
哀愁のメロディーがエスニックに彩ります。

ふわりふわりとした幻聴のような音響に満ちたアルバムですが、
バンドの音楽性の輪郭をはっきりと表した牧歌的なフォークソングにはうっとりし、
80年代のフロアにひとっ飛びしたようなディスコ風ポップソングには
夢から現実に連れ戻される思いがします。
実験的なアンビエントさも心地良くて、
音に身を任せる事が出来ますよ。

それにしても、この音大好きなんだけど、
ジャンルにしたら何に入るのか聞かれたらキツい。
唯一無二の音、としておきたいです。

【2008 / FONAL RECORDS】

Paavoharju
myspace.com

Kevatrumpu

:::購入先::: warszawa
現時点でAMAZONでは取り扱っていないようです。


これは前作で好きだった曲 ♪Valo tihkuu kaiken läpi


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/786-9abae5f0

Comment

miura

こんばんは、良い天気でしたね!気持ちよい日でした。

このアルバムやはり好きです。(昨日ワルシャワさんから届いて聴いてましたよ(^^))
前作も好きでしたが、今回のはより一層凝りまくった?音作りと一瞬インド音楽かと思わせるような変態ポップ感が素敵な印象でした。
そして、ほんと洞窟から聴こえてきそうです。

フィンランドのプロダクトデザイナーというか人間国宝かな??でタピオ・ウイルカラという作家さんが作った60年代あたりの照明の持つイメージがちょっと思い浮かびました。
以前記事にされていた「ゆらゆら感」ですね、あのかんじが、この音にも感じますし、タピオ・ウイルカラの照明作品にも感じるなって思ったわけです。
ピアノの音色とかゆらゆらきらきらしてて気持ち良いし...。

屈折してるんだけど、なんかふわふわとしてるんですよね~。
好きな世界です。


パイクマン

こんばんは!

>良い天気でしたね!気持ちよい日でした。

久し振りに快晴で嬉しかったです♪

>このアルバムやはり好きです。(昨日ワルシャワさんから届いて聴いてましたよ(^^))

そうでしたか。
2ndはまだ出ないのかと待ちわびていましたら
やっと出ましたね。
しかしワルシャワさんは入荷がどれもこれも早いですね!

>前作も好きでしたが、今回のはより一層凝りまくった?音作りと一瞬インド音楽かと思わせるような変態ポップ感が素敵な印象でした。
そして、ほんと洞窟から聴こえてきそうです。

あ、インドの洞窟音楽かもしれないですね(笑)
メロディとか、フィンランドの節回しなのかもしれないけど本当にインドっぽいです!
前作よりも潤いがあるし、バンドの方向性が見えてきたかな、と思いました。でもこんな感じでずっといってほしいですね。(この先、変な方向にポップ性を追求しなくて欲しいな、と思います)

>フィンランドのプロダクトデザイナーというか人間国宝かな??でタピオ・ウイルカラという作家さんが作った60年代あたりの照明の持つイメージがちょっと思い浮かびました。
以前記事にされていた「ゆらゆら感」ですね、あのかんじが、この音にも感じますし、タピオ・ウイルカラの照明作品にも感じるなって思ったわけです。
ピアノの音色とかゆらゆらきらきらしてて気持ち良いし...。

録音段階ではなくて、ミキシングでなのかもしれないですけど、やけにヴォリュームの上げ下げが大きくて、それもゆらゆらしている要因かと思いました。残念ながらタピオ・ウイルカラさんは存じ上げないです(^^;)しかし、照明だったり、ロウソクの焔が揺れている感じですか?あれそっくりですね!

>屈折してるんだけど、なんかふわふわとしてるんですよね~。
好きな世界です。

摩訶不思議世界ですよね。
空中にいるみたいな感じもします。

片桐真央

ますますふにゃふにゃ感覚がパワー・アップしたようなこのアルバムが気にいってます。
やはり、仰るとおり唯一無二の音ですよね。
このPV実は怖いですよね。女の子が飛び降りてしまうんじゃないかとハラハラしてしまうんですよ。実際、雪の中にダイブする瞬間のシーンは初めて見た時にはドキリとしました。
  • URL
  • 2008/05/22 22:58

パイクマン

こんばんは♪

>ますますふにゃふにゃ感覚がパワー・アップしたようなこのアルバムが気にいってます。

片桐さんも購入されたんですね!
前作もめちゃくちゃ気に入っていましたよね?(^^)

ふにゃふにゃ感!(笑)
前作にも増してほんやらほわほわして、それがバンドの音にピッタリですね。ライブ映像を見るとふにゃふにゃ感はCDほどではないけれど女性ヴォーカルさんの歌い方はやっぱりふにゃふにゃしてました!

>やはり、仰るとおり唯一無二の音ですよね。

エレクトロニカを経過した音でしょうけど
なんて表現していいかわかりませぬ!

>このPV実は怖いですよね。女の子が飛び降りてしまうんじゃないかとハラハラしてしまうんですよ。実際、雪の中にダイブする瞬間のシーンは初めて見た時にはドキリとしました。

ヴォーカルの女の子ですよね?
1stジャケの女の子のイラストの雰囲気と同じで可愛らしいです~☆
ダイブする前に、カメラ目線で斜め横を確認してニタッと笑っているところもいいですね!
しっかり映っています。
しかし、このPV、ダイブする瞬間は少しビックリするけど、すごく安上がりにできてますね。。

code-r

v-345前作の音が好きすぎたので、待ちに待ったセカンドです!
これから聴くんですが、すごい楽しみv-291
fonalだったら、この人達が一番好きです
  • URL
  • 2008/05/23 22:44

パイクマン

おぉ、久し振りです!
こんばんは(^^)

>前作の音が好きすぎたので、待ちに待ったセカンドです!
これから聴くんですが、すごい楽しみ

購入されたんですね!
もしかしたら、
前作より気に入る人は気に入るかもしれないですよ♪
別世界に行ったみたいです。

>fonalだったら、この人達が一番好きです

私もそうかもしれないなぁ。
マニアックなレーベルですけど、Paavoharjuは中毒性があります。意外にポップなところがありますし。
Lau Nauも購入したんですけども、そちらは私がこれから聴くのが楽しみにしています。あれっ、Lau Nauはfonalじゃなかったでしたっけ?(^^;)

バニラ

こちらにも失礼します(^^♪

Kevatrumpu、いいですねー☆
ディスコっぽい音がかっこいい!ボーカルが浮遊感があって不思議☆☆

warszawaでついこの間、この人たちのmyspaceをチェックした覚えがあります。でもその時はこの人たちのよさに気づかなかったです(-_-;)1曲目もいいし、2曲目なんてすっごく好きな感じなのにねー。2曲目の不思議なところと3拍子な部分と教会のような音が感激モノです。4曲目はギターの音?これも渋いです(^^♪

youtubeの曲もメロディがインドのようですね☆
つかみどころのない、一言では説明できないバンドですね!いやはや、よかったです☆



パイクマン

こちらにもありがとうございました♪

>Kevatrumpu、いいですねー☆
ディスコっぽい音がかっこいい!ボーカルが浮遊感があって不思議☆☆

カッコイイ&エスニックな曲です!
ヴォーカルさんはほんとに不思議な歌い方をします。床にベタッとしゃがみこんで歌っているライブ映像がありましたよ。

>warszawaでついこの間、この人たちのmyspaceをチェックした覚えがあります。でもその時はこの人たちのよさに気づかなかったです (-_-;)

パッと聴いてもはっきりしないというか、実験的なので音楽性を捉えるのが難しいと思います。CDでじっくり聴かないと確かにわかりにくいですよ。

>1曲目もいいし、2曲目なんてすっごく好きな感じなのにねー。2曲目の不思議なところと3拍子な部分と教会のような音が感激モノです。4曲目はギターの音?これも渋いです(^^♪

マイスペの2曲目は、今作の8曲目なんです!
教会のオルガンみたいなの、感動的でいいですよね♪
4曲目は前作に入っていた曲で、悲哀的な曲ですけどこれまた不思議な音ですよね。久し振りに聴いたけどギターの音色が確かにいいです!

>youtubeの曲もメロディがインドのようですね☆
つかみどころのない、一言では説明できないバンドですね!いやはや、よかったです☆

みなさんインドメロディに似ていると思うみたいですね!
今思ったんですけど、Paavoharjuの曲は、なんとな~くブロンド・レッドヘッドのメロディにも似ていると思いました。
(似てないかな ^^;)

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。