スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ENNIO MORRICONE 「 CRIME AND DISSONANCE」

  • 2007/08/29 00:50
  • Category: E
crimeanddissonance_20070826235330.gif

映画音楽の巨匠Ennio Morricone(エンニオ・モリコーネ)の作品集。
マイク・パットン(ex.フェイス・ノー・モア、ミスター・バングル、ファントマズ他 )のレーベルIpecac Recordingから。2枚組CD。ライナーはジョン・ゾーン。

以前書いたEnnio Morriconeのアルバム。
ENNIO MORRICONE「MORRICONE IN THE BRAIN」

60~70年代の映画作品「幻想殺人」「ヴェルーシュカ」「歓びの毒牙」「ある夕食のテーブル」「大空を裂くジェット野郎」「シシリアの恋人」「レディ・イポリタの恋人/夢魔」「明日よさらば」「新殺しのテクニック次はお前だ!」「猫」他、日本では未公開映画作品のサントラ音源。

マカロニ・ウェスタンからオーケストラを使った壮大な楽曲まで、イタリアの映像音楽魔術師エンニオ・モリコーネの裏の顔とも言えそう。多分、変態(褒め言葉)マイク・パットンが選曲を手掛けているのだと思いますが、それにしても映画音楽として考えない方が無難です。ここで聴けるのはシタールが怪しく響く怪しいエスニックなサイケデリック、フィードバック・ノイズ、女性スキャットが淫美なアンビエント、スペース・サイケ、ジャズ、ファンクなどです。

エンニオ・モリコーネは目の前に映像さえあればノンジャンルでなんでもやってのける人だったのです!
(NHK大河ドラマ『武蔵』のオープニング曲なんて作ってる場合じゃなかったのだ。)

美しい人食い花なんてのが存在するのならまさにそんなアルバムです。
だって大巨匠のアルバムだと思って買ったらこんな内容だし。
毒が仕込んである美しい曲もまた多いですし。

ただ、このCDは2枚組ってこともあるけど通して聴くとかなり疲れるということは書いておきます。


【2005 /IPECAC RECORDING】

Ennio Morricone

Giorno Di Notte
Ric Happening
L'Attentato

:::購入先:::AMAZON

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/664-a4ec74fe

Comment

カレーの拳!

こんばんは

モリコーネはすごいですね。この人いったい何作品手掛けたのか知りませんが
やはり特徴は超大作もやるが、B級、C級作品も平気で受けちゃったことじゃないでしょうか

インド人も片っ端から引き受けてしまいますが、彼らは彼らはワンパターンという悪い癖が...
その点、モリコーネの引き出しは豊富ですからすごいです

はじめて裏の顔を知った時には、あのモリコーネ師匠が!と思ったもんですよ。まさかこんな事やってたなんて想像もしなかったですから。

モリコーネが映画音楽だ!といっていいでしょう、もう。フェリーニが映画なんで、表の映画界はイタリアに譲ります。インドは裏映画界なんで(笑)
  • URL
  • 2007/08/29 21:08
  • Edit

パイクマン

v-374カレーの拳さん、こんばんは!

>モリコーネはすごいですね。この人いったい何作品手掛けたのか知りませんが
やはり特徴は超大作もやるが、B級、C級作品も平気で受けちゃったことじゃないでしょうか

ほんとに凄いですね。
作品の数も多いようですけども、こういう前衛作品のスコアをちゃんと書いているのだと思うと、これが真の音楽家という気がします。目の前に映像作品さえあればなんでも音を付けちゃうんだろうなぁ。

>インド人も片っ端から引き受けてしまいますが、彼らは彼らはワンパターンという悪い癖が...
その点、モリコーネの引き出しは豊富ですからすごいです

インド音楽は、踊らなければならないという使命の上に曲ができている感じですよね(笑)。
憎めませんけども(^^)

>はじめて裏の顔を知った時には、あのモリコーネ師匠が!と思ったもんですよ。まさかこんな事やってたなんて想像もしなかったですから。

モリコーネはやっぱり60年代、70年代が面白いですね!
そうですね、マカロニ・ウェスタンの曲とこのアルバム収録のような曲を同時に手掛けていたなんて、信じられませんですもん。。

>モリコーネが映画音楽だ!といっていいでしょう、もう。フェリーニが映画なんで、表の映画界はイタリアに譲ります。インドは裏映画界なんで(笑)

そうですか、カレーの拳さんはフェリーニ好きなんですね(^^)
インド映画とフェリーニ…どちらも好きだなんて~。あっ、カンフーものもですね!…もう、わけわかんなくなってきましたが、私も好みがぐちゃぐちゃなのでなんとなくわかります(笑)

モリコーネは深いのでね~、
今後もいろいろと聴いてみたいと思います♪
  • URL
  • 2007/08/29 22:42

gogleman

こんばんはー
凄いですね裏モリコーネ。『武蔵』のオープニング曲くらいしか知らないモリコーネ初心者としては、まるで淑女の裏の顔を見てしまったようで少し引きますね(笑)マンドラゴラアルバムなんですね。

きっと師匠にしてみれば「こんなんいくらでもできるぜ」といったような作品群なんでしょうね。実際こんな音源&未公開音源は無尽蔵にあるのでは?

しかし日本未公開映画のタイトル群も凄いですね。ビデオ化に際して無理やり付けたものなんでしょうけど。
テキトーなモノも多いですね~
「大空を裂くジェット野郎」「新殺しのテクニック次はお前だ!」「猫」
あたりがお気に入りです。
  • URL
  • 2007/08/29 23:08

パイクマン

v-17goglemanさん、こんばんは!

>凄いですね裏モリコーネ。『武蔵』のオープニング曲くらいしか知らないモリコーネ初心者としては、まるで淑女の裏の顔を見てしまったようで少し引きますね(笑)マンドラゴラアルバムなんですね。

あれ、以前モリコーネアルバムを書いていたような気がしてました。。
裏モリコーネは引きますがクセになりますよ。
以前ここでも書いたアルバムはラウンジっぽくて箱庭的なところのある作品を集めたものでしたが、これもまた全然違うテイストです。

>きっと師匠にしてみれば「こんなんいくらでもできるぜ」といったような作品群なんでしょうね。実際こんな音源&未公開音源は無尽蔵にあるのでは?

そうなんでしょうね。
これからいろいろ聴いてみたいですよ♪

>しかし日本未公開映画のタイトル群も凄いですね。ビデオ化に際して無理やり付けたものなんでしょうけど。
テキトーなモノも多いですね~
「大空を裂くジェット野郎」「新殺しのテクニック次はお前だ!」「猫」
あたりがお気に入りです。

「大空を裂くジェット野郎」と「新殺しのテクニック次はお前だ!」はタイトルでウケたのでわざわざ選んで書いてみました(^^)
goglemanさんはジェット野郎ですか?!(笑)
(意味なし^^;)

それから、私の書き方が悪かったのですが、映画のタイトルを書いてあるのに関しては日本で公開されています(ごめんなさい。。)
他には日本未公開の映画のサントラが多数アルバムに入っています(汗)
  • URL
  • 2007/08/30 00:28

バニラ

こちらにも登場でーす☆☆

Giorno Di Notte 、かっこいい曲ですね。ドラムがタイトな感じがして、ベースがメロディ的な担当をするなんて!ギターも自由でかっこいいです☆おサイケですね!!

Ric Happening は思わず、ごめんなさいーーっていってしまいそうな、きたーっって感じのする曲ですね。笛ですかね?その音が登場した時にはその音で攻めてきたか。。と思いました(^^)エスニックのにおいのするサイケな曲ですね。

L'Attentato もシンセの音がすごくスパイスになっていますね☆殺人シーンで使われてるのかな??

どんな頭の構造の人なのだろうか☆
  • URL
  • 2007/08/30 16:42
  • Edit

パイクマン

v-380バニラさん、こちらの変態ミュージックにもコメントありがとうございます!!(笑)

>Giorno Di Notte 、かっこいい曲ですね。ドラムがタイトな感じがして、ベースがメロディ的な担当をするなんて!ギターも自由でかっこいいです☆おサイケですね!!

ファンキーなハードロックバンドみたいですが、やっぱりおサイケですねー。ちょっとジャズ風味(インプロ)のところもあるし、ブルースギターのようにも聞こえるし、すごいなと思いました。こういう曲を作るバンドだったとしたら、「伝説のサイケバンド」として名を馳せていたかもしれませんよね♪

>Ric Happening は思わず、ごめんなさいーーっていってしまいそうな、きたーっって感じのする曲ですね。笛ですかね?その音が登場した時にはその音で攻めてきたか。。と思いました(^^)エスニックのにおいのするサイケな曲ですね。

この頃のエンニオさんて民族音楽的なところもすごく多いみたいです。やっぱりサケデリックな音って他のバンドもそうだけど、民族音楽(インドなどを始め)に影響をうけているようですね~。
笛みたいに聞こえるのは…なんだかわからないのですが、テルミンのようであり、シンセなのかもしれませんね。う~ん、民族楽器なのかも??

>L'Attentato もシンセの音がすごくスパイスになっていますね☆殺人シーンで使われてるのかな??

映画は全然知らないけど、どんなシーンに使われているのか確かに知りたくなります。
怖い音楽ですよね~(^^;)
サスペンスやホラーには間違いないと思うけど。

>どんな頭の構造の人なのだろうか☆

エンニコさんは巨匠であり、やっぱり天才肌の人だと思いましたが、頭の中は…かなり整理されているのかなとか、様々な音を作れるので切り替えの早い人なのかと思いました。でもやはり音楽的な素養があるからなんでしょうねぇ。。
  • URL
  • 2007/08/30 22:40

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。