スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SABO「8 SAISONS A L'OMBRE」

  • 2007/06/13 00:00
  • Category: S
sabo.gif

フランスの3人組バンド、Sabo(サボ)のデビューアルバム。
以前試聴して気に入ったのでリリースを待ってました!

よく、ロードムービーなどに登場する場末の居酒屋。
そこで演奏しているしがないバンド(ごめんなさい)のような雰囲気が逆に良いです。
でもどこの国の居酒屋なのかはわからない無国籍な感じ。

パーカッション、アコースティックギター、エレキギター、ベース、ローズピアノ、オルガン、ブズーキなどでポップ、ロックを演奏。
フランス語で歌われる歌詞以外、フランスのバンドの印象から外れるのが、西部劇調のギターフレーズ、ハワイアンのフレーズ、ルンバやボサノヴァやマンボのリズムを刻んだり、哀愁の男臭いマイナーコードの泣きのメロディ。
少しオルタネイティブな面をチラリと出しながらも、
インストを数曲含む12曲の酒場の歌には、古臭いカビの匂いと男臭さで涙が滲んでいます。
(あっ、でもバンドには女性メンバーもいました。)

【2007/RUMINANCE】

Sabo
myspace.com

Souvenir de Fevrier
Ami, Amie

:::購入先::: p*dis
AMAZONでは取り扱いなしのようです。
HMVにはありました。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/622-f8878b6c

Comment

gogleman

こんにちはー
なるほど、激渋な音楽ですね。
たしかに外は空風吹きすさぶ荒野にある場末の酒場で荒くれ者どもが肩を寄せ合ってちびちびとバーボンをやってるイメージです。
まさに男泣きする感じですね。黒田節にも通じます(通じないか!

この手の音は最近のトレンドみたいですね。やっぱりキャレキシコとかベイルートとか?
パイクマンさん的にもこの手のサウンドは最近のお気に入りみたいですね。
  • URL
  • 2007/06/13 12:28

ニコポル

こんにちはー。
色んな国の音楽の要素が入っていながらも
フランス語が入ってくるとそれだけでフランスオリジナルなものに聞こえてしまうのが不思議ですねぇ(・ω・`)

酒場音楽と言えば、同じフランスのRue d la GouailleとかLa Crevette d Acierってバンドもそんな感じですよ。

Rue d la Gouailleはバンジョーとかも入ってトラッドな酒場音楽ですけど。
La Crevette d Acierはタンゴな感じで、女性の声も入っていて多少華やかです♪

フランスには無国籍な酒場音楽系のヌーベルセーヌフランセーズというジャンル?があるらしいですねー。
このSaboという人達もそこら辺に属しているんでしょーか。

なんにせよ渋いの大好きでーすw
  • URL
  • 2007/06/13 13:00

パイクマン

v-17goglemanさん、こんばんは!

>なるほど、激渋な音楽ですね。
たしかに外は空風吹きすさぶ荒野にある場末の酒場で荒くれ者どもが肩を寄せ合ってちびちびとバーボンをやってるイメージです。
まさに男泣きする感じですね。黒田節にも通じます(通じないか!

黒田節ですか~?(笑)
通じるような通じない様な…。
でも日本でいうと演歌ともまた違う感じなので、「黒田節」っていい線なのかも?!
うん、このバンドの音はアルコールと切っても切れない仲ですね!!(^^)

>この手の音は最近のトレンドみたいですね。やっぱりキャレキシコとかベイルートとか?
パイクマンさん的にもこの手のサウンドは最近のお気に入りみたいですね。

男バンド(笑)だとこういう無国籍バンドが好きですね~。キャレキシコは新作が普通のロックになってたので少しガッカリでしたが、ベイルートは大好きですよ♪

「トレンド」だとは聞くんですが、日本ではそうでもないような気もします。
どうなんでしょうね~。。

一大ムーブメントではなさそうだ(笑)
  • URL
  • 2007/06/13 21:54

パイクマン

v-289ニコボルさん、こんばんは~!

>色んな国の音楽の要素が入っていながらも
フランス語が入ってくるとそれだけでフランスオリジナルなものに聞こえてしまうのが不思議ですねぇ(・ω・`)

私は、メロディのせいなのか、歌の言語がフランスのバンドだと意識させない所があるように思えましたですよ。それでもフランス語の響きは良いですね~(^^)

>酒場音楽と言えば、同じフランスのRue d la GouailleとかLa Crevette d Acierってバンドもそんな感じですよ。

Rue d la Gouailleはバンジョーとかも入ってトラッドな酒場音楽ですけど。
La Crevette d Acierはタンゴな感じで、女性の声も入っていて多少華やかです♪

あらら~、そんなに酒場バンドがあるですか?!今度聴いてみなければいけませんね☆
タンゴが入っているバンドというのは特に魅かれますね~。チェックです!!

>フランスには無国籍な酒場音楽系のヌーベルセーヌフランセーズというジャンル?があるらしいですねー。
このSaboという人達もそこら辺に属しているんでしょーか。

ヌーベルセーヌフランセーズ!
舌を噛みそうです(^^;)
でも初めて聴きましたよ~。
そのムーブメントもチェックですね。

このアルバムを出しているRUMINANCEというレーベルはフランスのレーベルなので、もしかしたらヌーベルセーヌフランセーズ組(?)なのかもしれないんですが、そのレーベルから出しているアーティストの面々を見るとそうでもないかもしれません。
…う~ん、でも詳しくはわからないなぁ。。

>なんにせよ渋いの大好きでーすw

渋いのいいですね♪
でもアレ?ニコボルさんてどちらかというと
可愛らしいのが好きなんだと思ってましたけど…人の趣味はひとつだけではないのですよね☆
  • URL
  • 2007/06/13 22:14

バニラ

パイクマンさん、こんばんは!

男の哀愁がただよう曲、酒場な感じもするしボーカルが渋いですね!
その渋いバンドに女性メンバーがいるなんてね☆

ほんとにいろんな国の要素が入っている風の音で、ギターなどのノリもいいので、すーっと入ってくる感じです。

やっぱりフランス語の響きっていいなあ。。
  • URL
  • 2007/06/14 01:48
  • Edit

パイクマン

v-324バニラさん、こんばんは!
風邪、大丈夫ですか?!
こちらも明日から雨で気温が下がりそうです。
寒暖の差は激しいです(;;)
気を付けてくださいねー。

>男の哀愁がただよう曲、酒場な感じもするしボーカルが渋いですね!
その渋いバンドに女性メンバーがいるなんてね☆

女性は顔の感じからすると年齢も結構いっているシブいおばちゃんです(^^)

哀愁、いいですね!!
こういうバンドがいる酒場に行ってみたいです(似合わないけど…)

>ほんとにいろんな国の要素が入っている風の音で、ギターなどのノリもいいので、すーっと入ってくる感じです。

さりげなくもラテンのノリがありますね!
リズムもそのまんまマンボとかやってるわけでなくてアレンジしてあるので、クセを感じないですし。

>やっぱりフランス語の響きっていいなあ。。

フランス語って、カドが取れた様な発音ですよね~(^^)
日本語はとんがってるけど、フランス語を聴くと英語の発音すらもキツい感じに思えます。
  • URL
  • 2007/06/14 02:10

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。