スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CALVIN JOHNSON AND THE SONS OF THE SOIL

  • 2007/04/24 01:00
  • Category: C
calvinjohnsonthesons.gif

K レコーズのレーベルオーナーにして、自ら「ビート・ハプニング」「ダブ・ナルコティック・サウンド・システム」等で活動してきたUSインディ界の隠れヒーロー、キャルビン・ジョンソンのプロジェクト、キャルヴィン・ジョンソン・アンド・サンズ・オブ・ソイル

インディペンデントならではのよれよれローファイポップを演奏し、クセになる低音のへっぽこヴォーカルが魅力のキャルビン・ジョンソン!
このプロジェクトの正体はというと、「キャルビンジョンソンに、ちゃんとした演奏をバックに歌わせる」というコンセプトを元に、2003年に結成されたプロジェクトで、ツアーなども行っていたそうです。そして、どうやらその時のライブ音源とスタジオの録音をミックスしてできたアルバムらしいのです。

私もこのアルバムが出る事を知り、
「彼がしっかりした演奏で歌ったらどうなるのよ、ねぇねぇどうなるの~?」
と興味津々だったわけですが…

ソロの1st アルバム、「ダブ・ナルコティック・サウンド・システム」、「ヘロ・ベンダーズ」からのキャルビン・ジョンソンのベストとも言える曲を「ちゃんとした演奏団」こと、Kyle Field (Little Wings)とAdam Forkner (Yume Bitsu)らが中心となりバックアップしています。
いい意味でのローファイさはそのままに、ギター、ベース、ドラムのオルタネイティブなロックは、なかなかカッコよく仕上がってますよ。

で、肝心のキャルビンのヴォーカルはどうなのよ?!
どう変わって聴こえるの?!ってことですが…
いつものへっぽこヴォーカルが楽しい~!(えっ。)
このプロジェクトは成功してないってことですか?

【2007/K RECORDS】

K Records

Lies Goodbye

:::購入先::: AMAZON

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/583-dd1a781b

Comment

atpaleys

こんばんは。

「怖いもの聴きたさ」で久しぶりに聴いてしまいました、この声を。
一度でやめれば良いのに、二度までも。
Heavenlyのセカンドでのデュエット曲「C Is The Havenly Option」を
初めて聴いたときの悪夢が蘇りました。

でも気のせいか、なんとなく歌に聴こえました。

クセになる前に
「お耳直し」にEl Perro del Marでも聴いて寝ます。
お休みなさい。
  • URL
  • 2007/04/24 02:17

ヨージク

すごい、すごいですね、歌の出だしでイスから「ズルッ」とすべりおちそうな、
しかしやけに堂々としたへっぽこぶり……
この人に「ちゃんとしたバックで歌わせよう」という男気あるスタッフにも感動しました。
なんていうか、イメージ的には美川憲一が場末のキャバレーにいるみたいな、、、、
ある意味ココロのある部分をささくれだたすような歌い方しますね。
よれよれインディ時代のがどんなか興味深いです。

  • URL
  • 2007/04/24 09:10

ころん

「K」ってLOISとかいうとんでもないヘッポコ歌手がいたレーベルでしたっけ?「ばたふらい・きす」とかいうアルバムを持ってたような気がします。うーむ、激しく脱力系。

以上、脱力へっぽこポップスの本場はタイだと思っている、ころんでございました。
  • URL
  • 2007/04/24 16:34

パイクマン

v-522atpaleys さん、こんばんは!

>「怖いもの聴きたさ」で久しぶりに聴いてしまいました、この声を。
一度でやめれば良いのに、二度までも。
Heavenlyのセカンドでのデュエット曲「C Is The Havenly Option」を
初めて聴いたときの悪夢が蘇りました。

え~っ!!
Heavenlyのアメリアさんとデュエットしてるんですか?
それは聴かねばです。
瑞々しいアメリアさんの声にキャルビン・ジョンソンの声がかぶさるなんて…(^^;)確かに悪夢かもしれません。。

>でも気のせいか、なんとなく歌に聴こえました。

歌ですよ~!(汗)
多分歌かも。。
もしかしたら歌かも。。

>クセになる前に
「お耳直し」にEl Perro del Marでも聴いて寝ます。
お休みなさい

ほら、クセになるってことは好きってことかもしれませんよ~、うふふ。
El Perro del Marは泣き声で歌ってるように聴こえますね。
一緒に泣いちゃったりしないように(^ー^)/
  • URL
  • 2007/04/24 17:43

パイクマン

v-530ヨージクさん、こんばんは~。

>すごい、すごいですね、歌の出だしでイスから「ズルッ」とすべりおちそうな、
しかしやけに堂々としたへっぽこぶり……

イスから「ズルッ」ってすべりおちそうって、ドリフのギャグみたいですね!
この人、音痴の様でそうでもないような…微妙なラインをいったりきたりする危うさが、まるで綱渡りしているようでドキドキしてしまいますよね。
…これは恋かしら(^^;)んなわけないけど。。

>この人に「ちゃんとしたバックで歌わせよう」という男気あるスタッフにも感動しました。

ほんとうですよね。よれ~っとした歌はもしかしたらバンドのせいかもしれないし…。
でも結局どういうバンドでも同じみたいですけど(汗)

>なんていうか、イメージ的には美川憲一が場末のキャバレーにいるみたいな、、、、

美川憲一並みに声が低いですよね~。
キーを高くしたらもう少し良くなりますかねぇ。。

>ある意味ココロのある部分をささくれだたすような歌い方しますね。

なるほど、それは思わなかったですが確かにあります、そういう変な感覚。
私のドキドキもその現象のひとつかもしれませんし(笑)

>よれよれインディ時代のがどんなか興味深いです。

今もソロ他でいろいろ活動していますけど、所属していた代表バンドの「Beat Happening」などはバンド名通り、ハプニングいっぱいでしたよ~(^^)
  • URL
  • 2007/04/24 18:11

パイクマン

v-524ころんさん、こんばんは。

>「K」ってLOISとかいうとんでもないヘッポコ歌手がいたレーベルでしたっけ?「ばたふらい・きす」とかいうアルバムを持ってたような気がします。うーむ、激しく脱力系。

LOISって聴いた事はないけど、雑誌で名前は知ってました。
アルバムジャケが可愛かったので(笑)
結構歳がいってた女性でしたよね。
現在レーベルサイトを覗いたらLOISって名前はなかったけど
昔Kから出していたこともあるかもしれませんよね。
やっぱり脱力系なんですね~(^^;)

>以上、脱力へっぽこポップスの本場はタイだと思っている、ころんでございました。

タイ語自体が脱力してしまいますよね~♪
  • URL
  • 2007/04/24 18:27

gogleman

こんばんなー(一応わざとね…
パイクマンさんの裏?(表はシドバレットかボウイ?)アイドルのキャルビンさんの記念すべき1stなんですか。
少し真面目そうな演奏にやる気なさげなボーカルで何故か相乗効果でばっちりですね。
キャルビンさんだってやる気は満々なんだと思うんですが。
巷で安かったら買うところです。
  • URL
  • 2007/04/24 23:23

パイクマン

v-518goglemanさん、こんばんなー(´ー`)

>パイクマンさんの裏?(表はシドバレットかボウイ?)アイドルのキャルビンさんの記念すべき1stなんですか。

キャルビンさんは裏アイドルになるかどうか…傍観して楽しむ類いのファンです。
(のめり込まない)
このアルバムは1stソロアルバムではなくて、あくまでもプロジェクト(しっかりしたバックでキャルビンに歌わせるという…^^;)アルバムですよ~。
そしてキャルビンさんは既に2枚ソロアルバムを出していますの♪♪

>少し真面目そうな演奏にやる気なさげなボーカルで何故か相乗効果でばっちりですね。
キャルビンさんだってやる気は満々なんだと思うんですが。
巷で安かったら買うところです。

安いの見つけて下さい!
でも安いのって、中古でしょ?!
買った人が売りにいかないと中古は出ないんでしょ?
買う人いないってば!!(・・)

しかし、やる気はあるのにどうしてこうダラ~っとしちゃうのでしょう。
歌がヘタなんですね、きっと(今更ですが;)
でも…そういうところが結構スキスキ☆
しかしこうなると、キャルビンさんは曲作りに徹して他の人に歌わせるというのが
一番いいのではないかと思えてきますね。
  • URL
  • 2007/04/25 00:28

chitlin

ここまで脱力しているバリトンってどうかなと思うchitlinです。

いえ、嫌いじゃないんですよ。
ただ、聞き続けるのはツライかなと。
Beat HappeningのCDは確か2枚くらいしか持っていませんです。
でも、根強い人気がありますよね。

>Heavenlyのアメリアさんとデュエットしてるんですか?
最後の4枚目のアルバムでも1曲デュエットしてますよ。
  • URL
  • 2007/04/25 00:51

gogleman

あらら、1stとか前に書かれてましたっけ?あくまでプロジェクトですね。了解。

もち中古狙いですけど、買う人がいない、んでなくて傑作過ぎて売る人がいないとか、ありえるな。

>キャルビンさんは曲作りに徹して他の人に歌わせるというのが
一番いいのではないかと思えてきますね。

そうなるとステファンやフューチャー・パイロット・AKAっぽくなるのかな。
  • URL
  • 2007/04/25 01:01

パイクマン

v-527chitlinさん、こんばんは~。

>ここまで脱力しているバリトンってどうかなと思うchitlinです。

はぁ~、もうちょっと声のトーンが高かったら今よりマシなのかなぁ。
声質の問題なのか、もともとはずしっぺ(音痴)なのか…(^^;)
歌を聴いていると、キーが低すぎるんじゃないかという気もしてくるんだけど
一度もっと高いキーで歌ってくれないかなと思うパイクマンです。

>いえ、嫌いじゃないんですよ。
ただ、聞き続けるのはツライかなと。
Beat HappeningのCDは確か2枚くらいしか持っていませんです。
でも、根強い人気がありますよね。

Beat Happening聴いて悦に浸るというのではもちろんないんですけどね、
ノリで聴いてしまうと、楽しいというか(^^)
曲は短いしどうしようもない演奏なんだけど、しっかりしたボーカルに歌わせたら
なかなか良いのではないかという曲も多いんです。それを聴くのが好きで。
耳で修正しながら聴くかなければならないという面倒くさいバンドです(笑)
でも、そういうところは、例えばダニエル・ジョンストンに似ている気がします。

>Heavenlyのアメリアさんとデュエットしてるんですか?
最後の4枚目のアルバムでも1曲デュエットしてますよ。

そうなんですか!
そういえば、Tender Trapでしたっけ?
あれはKから出てます。。
な、仲がいいんですね~(ーー;)
  • URL
  • 2007/04/25 01:32

パイクマン

v-518goglemanさん、再度どうもです!

>あらら、1stとか前に書かれてましたっけ?あくまでプロジェクトですね。了解。

ブログに書いたのはソロ2ndとBeat Happeningの1stかな。
随分前の話です~。

>もち中古狙いですけど、買う人がいない、んでなくて傑作過ぎて売る人がいないとか、ありえるな。

大ファンは手放さないと思うんだけど、どうでしょうね。
私が売ったのをgoglemanさんが見つけて買うとか…あり得るので怖い(^^;)
ジャケにパイクマン印の「ぱ」って書いときますね、サインペンで!!

>そうなるとステファンやフューチャー・パイロット・AKAっぽくなるのかな。

でももうひとつ問題があるとです!
ギターもあまり上手ではないので…
まずフューチャー・パイロット・AKAにはなり得ない。
ということははっきりしていますね。。
つまり、演奏にも歌にも関与せずに、スコアだけ作る。とか(ーー)
  • URL
  • 2007/04/25 01:40

atpaleys

こんにちは。
再度の登場です。

>キャルビンさんは曲作りに徹して他の人に歌わせるというのが
一番いいのではないかと思えてきますね。

そういえばFuture Pilot AKAのところで、BMX Banditsの好きな曲が何曲かあると書きましたが、
そのうちの1曲がアルバム「Life Goes On」に入っている『Cast A Shadow』という曲です。
これは後で調べてみたらBeat Happeningのカバーでした。

そしてある日、CDショップでなんとなくBeat HappeningのCDを見つけて買ってみようかと思い
手に取ったのですが、Ameliaとのデュエットのことが頭をよぎり思いとどまったという過去があります。

>ほら、クセになるってことは好きってことかもしれませんよ~、うふふ。

きっと潜在的には好きなんだと思います。
YouTubeで見たのですが「Pine Box Derby」という曲は結構気に入っています。
音楽だけで聴くよりも、映像付きの方が普通に聴けました。

余裕ができたらこのCalvin Johnson and The Sons Of The Soil、
覚悟を決めて(?)買ってみようかなと思っています。
  • URL
  • 2007/04/25 14:09

パイクマン

v-522atpaleysさん、再度ありがとうございます!

>そういえばFuture Pilot AKAのところで、BMX Banditsの好きな曲が何曲かあると書きましたが、
そのうちの1曲がアルバム「Life Goes On」に入っている『Cast A Shadow』という曲です。
これは後で調べてみたらBeat Happeningのカバーでした。

うわっ、それは偶然でしたね♪
Cast A ShadowはBeat Happeningの「Black Candy」というアルバムに入っていました。そういえばこの曲についてはキャルビンさんの歌もそんなにハズれてなくて、軽快なインディポップの王道曲だと思いますよ。
カヴァーされて生きるビート・ハプニング!(苦笑)

>そしてある日、CDショップでなんとなくBeat HappeningのCDを見つけて買ってみようかと思い
手に取ったのですが、Ameliaとのデュエットのことが頭をよぎり思いとどまったという過去があります。

うはは。そりゃそうですよね(^^;)

>>ほら、クセになるってことは好きってことかもしれませんよ~、うふふ。
>きっと潜在的には好きなんだと思います。
YouTubeで見たのですが「Pine Box Derby」という曲は結構気に入っています。
音楽だけで聴くよりも、映像付きの方が普通に聴けました。

Pine Box Derbyはズンドコ節みたいなところがカッコいいですね!
それにキャルビンさんのヴォーカルもカッコいい使い方していてよいです♪
PVは観た事なかったんですけど、改めて観ましたらいいじゃないですか?!

>余裕ができたらこのCalvin Johnson and The Sons Of The Soil、
覚悟を決めて(?)買ってみようかなと思っています。

え~、atpaleysさん、無理しないでー(^^)
それにこのアルバムはバックが荒っぽいところもあるので
atpaleysさんの好みじゃないかもしれないし…
購入なさるなら、Beat Happeningの中古がいいと思いますよ~!
でも、なんでatpaleys覚悟を決めたのか、考えるととってもオモシロいです(^^;)
  • URL
  • 2007/04/25 18:35

溜め息

あはは(笑)。
いつものキャルヴィンじゃないですか^^
最近ご無沙汰なビート・ハプニングをまた聴き直したくなる声です。でも、アルバム通して聴くのは辛いんだよなぁ・・・。
  • URL
  • 2007/04/27 15:12

パイクマン

v-355溜め息さん、こんばんは~!
連休ですね!ゆっくり休んでください(勉強かな?)

>あはは(笑)。
いつものキャルヴィンじゃないですか^^

そうなんです。いつもの…なんです。。
歌はそう簡単に変化するものではないですよね~。
演奏がヘタだから歌もヘタに聴こえるんだというのは
幻想に過ぎないんだとつくづく思いました(^^;)

>最近ご無沙汰なビート・ハプニングをまた聴き直したくなる声です。でも、アルバム通して聴くのは辛いんだよなぁ・・・。

文句いいながらも捨てがたいタイプですよね~、キャルビンさん絡みは。
これは愛されている証拠!かな?(^^)
ビート・ハプニングを聴くのが辛かったら、ソロがいいんじゃないですか?
こちらは歌を堪能できますよ~!(ーー;)

ビート・ハプニングの聴き方のコツは、、
いいところを探して喜ぶ!です。
今のドラムいいじゃんとか、キャルビンの歌がハズれて聴こえないじゃん、とかね♪
あと、「これでも長い間レーベルオーナーをやってるしっかり者なんだよな』と感慨に耽るとか……ね?
  • URL
  • 2007/04/27 18:15

バニラ

パイクマンさん☆

キャルヴィン・ジョンソンという人は、歌の感じから想像して
インパクトの強い、ロッカーだと思い描いたのですが
いかがなものなのでしょう??
ちょっとドランカーなイメージもあるのですが。。うん、やっぱり
ロッカーだな。酔っ払って歌っているわけではないのですよね(^^)

でもどんなことがおきようと、どんなすばらしい鳥肌が立つような
演奏がされていても、バックが演奏をまちがっても
動じないようなイメージもあるなあ。。


  • URL
  • 2007/04/27 21:39

パイクマン

v-326バニラさん、こちらにもありがとうございます!!

>キャルヴィン・ジョンソンという人は、歌の感じから想像して
インパクトの強い、ロッカーだと思い描いたのですが
いかがなものなのでしょう??
ちょっとドランカーなイメージもあるのですが。。うん、やっぱり
ロッカーだな。酔っ払って歌っているわけではないのですよね(^^)

全然酔っぱらっているわけではないんですけど(笑)
人物を見ていないと天然ドランカーのイメージがあるかもしれませんね!
ロッカーなんて言っちゃったら、キャルビンさんきっと喜びますよ~♪
ヘッポコインディ・ポップの人ですけど、
そういえば今は亡きカート・コパーン(ニルヴァーナ)も
キャルビンさんを好きだったんですよ、思い出しました!!

>でもどんなことがおきようと、どんなすばらしい鳥肌が立つような
演奏がされていても、バックが演奏をまちがっても
動じないようなイメージもあるなあ。。

そうそう(^^)
動じないところも好きです。
うん、バニラさんに言われて気が付いた!!
ダニエルジョンストンとかシドバレットなどもそうなんだけど
何があろうと動じない自分の世界で堂々とやってるところ、ありますよ!
バニラさん、有り難う♪
私、キャルビンさんて音痴だけどどこが好きだったんだろうと思ってて、
周りを気にしないで堂々としている所が自分に足りない部分なので(^^;)
きっとそういう人に憧れているんです!
バニラさん、気付かせてくれてほんとうに有り難うございますv-343
  • URL
  • 2007/04/27 22:53

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。