スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAPAN「TIN DRUM」

  • 2007/03/16 22:45
  • Category: J
tindrum.gif

イギリスのニューウェーブバンド、ジャパンの5枚目にしてラストアルバム。

不条理音盤委員会片桐真央さんが、ジャケ違いの同アルバムを
こちらで詳しく書いていらっしゃるので、そちらも併せてお読みくださいまし♪

久々のデビシル!そしてミック・カーンのふにゃらけベースも好き!
なんだかんだいってもJAPANの中で一番聴いたアルバムはこの「TIN DRUM」。
邦題は直訳したまんまの「ブリキの太鼓」。
(当時、デビちゃんはドイツ作家のギュンター・グラスの「ブリキの太鼓」(後に映画化)に影響されていたのですかね?)

アルバム制作時のメンバーは
デビシル(exデビッド・シルヴィアン):Vo, Keybord Programming, Tapes, G,
スティーヴ・ジャンセン:Dr, Per, Electronic & Keyboard Percussion
リチャード・バルビエリ:Keyboads, Keyboad Programming, Tapes
ミック・カーン:Fretless Bass, African Flute, Dida

ギターリストのロブ・ディーンを脱退させエレクトロニクスを駆使し、様々なシンセの音を使ってる割にはシンプルでくっきりとしたところや、中国特有の旋律、多様なリズム、その中から浮かび上がってくるデビシルの内向的で翳りのあるヴォーカが特徴的です。

M-5の“Ghosts”がチャート5位で、ジャパンの中では一番成績が良かった曲というのも不思議です。(こういう曲がねぇ…。)
そもそもジャパンは日本だけで人気があったバンドだったし、アイドルバンドだったことも考えると、たった5枚のアルバムを作った過程のほぼ5年間のうちに、ヨーロッパの美意識とニューウェーブをうまくつなげたジャパンならではのサウンドを完成させたというのも、随分ハイスピードだったのですねぇ。

【1981/VIRGIN】(オリジナル)

:::購入先::: さすがに忘れました。
AMAZONはコチラ


~YouTubeおまけ映像~

 アルバム収録曲“Ghosts”のスタジオライブのようです。
デビシルが大好きな坂本龍一がシンセで参加しているので、にやけ顔のデビシル。
ミック・カーン(bass)は出番がない為に、後ろに座ってしょぼくれてます。
余談だけど、デビシルって、私の爺ちゃん並みに目が小さい!


ミック・カーンのフレットレスベースが大活躍のアルバム収録曲“Canton”
これは解散ツアーコンサートの模様ですね。
交流のあった土屋昌巳(ex.一風堂)も参加しています。
映像が悪く、もやがかかったようにしか見えないのが残念です。


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/563-f8975f7a

Comment

loosecube

こんにちは。
自分はそんなにJAPANは好きではないのですが、
このアルバムは凄く好きです。
アナログシンセの名機、「プロフェット5」を
余す所なくおいしく使っていますよね。
プロデューサーのスティーヴ・ナイ(ex:ペンギン・カフェ・オーケストラ)の功績も大きいのかと。

「カントン」のこのビデオ、当時よく見たなぁ~確か元からもやの様なものが掛かっていた様な…

もしかして、パイクマンさん所のコメント一番乗り?初めてかも。

片桐真央

Japanですかぁ~~。懐かしいですね。
とても良いアルバムで、片桐も未だに聴いております。
全く関係のない話ですが、この解散ツアーに参加している土屋昌巳さんは、同時に「すみれセプテンバーLOVE」で日本でも売れていましたね。歌番組の際にロンドンから衛星生中継されていましたが、残りの2人はスタジオでしょんぼりしていた光景を思い出します。

旧版でやったやつを新版に移行してきました。ひねくれモノなのでジャケットはオリジナルではなく、リマスター盤のジャケです。
http://mao4735.blog85.fc2.com/blog-entry-86.html
  • URL
  • 2007/03/16 23:55

パイクマン

こんばんは~!

>自分はそんなにJAPANは好きではないのですが、
このアルバムは凄く好きです。

そうなのですね~。
特に初期のJAPANとloosecubeさんは結びつかないところがあります(^^;)。
私もTIN DRUMをリアルで聴かせてもらった後に1stを聴いたのであまりの音の違いに面喰らいましたっけ。。

>アナログシンセの名機、「プロフェット5」を
余す所なくおいしく使っていますよね。
プロデューサーのスティーヴ・ナイ(ex:ペンギン・カフェ・オーケストラ)の功績も大きいのかと。

私は楽器使いについては詳しくわからないのですが、耳で聴く分にはいろんな音色を出したり、いろんな風に使ってるなぁと思ってて面白いな~と(^^;)。
アナログシンセの音はやっぱりいいですね!
というよりも、この時代はアナログシンセが主流なわけだから、
今考えてみるといい時代だったのかもしれません♪

プロデューサーの事は全く考えてなかった(汗)。。
なるほど、スティーヴ・ナイさんのプロデュースというのも大きかったのですね。

>「カントン」のこのビデオ、当時よく見たなぁ~

そうなんですか?
「カントン」はインストにしてはあまりに印象的でずっと頭に残る曲ですよね。

そういえば、昔歌番組に出演してた土屋昌巳のバックでは
逆にJAPANが演奏してたような気がしてます…(^^;)

>もしかして、パイクマンさん所のコメント一番乗り?初めてかも。

はい!一番乗りでした~(^^)
  • URL
  • 2007/03/17 00:40

パイクマン

こんばんは~。

>Japanですかぁ~~。懐かしいですね。

ダリス・カーのアルバムを見つけて買ったら
やっぱり良くなかったので、ついついJAPANを引っ張り出しました!

>とても良いアルバムで、片桐も未だに聴いております。

ニュウェーブ界隈では名盤ですよね。

>全く関係のない話ですが、この解散ツアーに参加している土屋昌巳さんは、同時に「すみれセプテンバーLOVE」で日本でも売れていましたね。歌番組の際にロンドンから衛星生中継されていましたが、残りの2人はスタジオでしょんぼりしていた光景を思い出します。

土屋昌巳は顔が研ナオコに似てましたね(ーー;)
一風堂は3人だったのか…と思うほど、土屋昌巳以外のメンバーの記憶がありません(汗)
しょんぼりしていた2人の顔すら全然わからないです。
残されてた2人かわいそ~。
チェッカーズのフミヤと他メンバーのことも思い出してしまいました!!

>旧版でやったやつを新版に移行してきました。ひねくれモノなのでジャケットはオリジナルではなく、リマスター盤のジャケです。
http://mao4735.blog85.fc2.com/blog-entry-86.html

あ~~!(笑)
ほんとに復刻盤の方のジャケを載せてますね~!
私、どうもそちらのジャケはあんまり…(^^;)
どうしてジャケを変えたのか全然わかりません。
同じくVirginから出してるはずなのに。。
  • URL
  • 2007/03/17 01:05

片桐真央

>昔歌番組に出演してた土屋昌巳のバックでは
逆にJAPANが演奏してたような気がしてます…(^^;)
・・・解散ツアーと、土屋昌巳氏のソロ・アルバム「Rice Music」にはSteveとRichardが参加しています。この時にベースを弾いていたのはMickの師匠ともいえるPercy Jonesでした(顔も似ているし、カニ歩きベースも一緒でしたね)。

→loosecubeさんも言っていますがSteve Nyeは元々キーボード奏者だったので、Prophet-5の使い方は上手いですよね。Tin Drumで使った音はそのまま高橋幸宏さんのアルバムで聴くことが出来るのですが、Propehet-5って、綺麗な音よりもノイズっぽい音で人気がありました。
  • URL
  • 2007/03/17 07:14

loosecube

再び失礼します。

>一風堂は3人だったのか…と思うほど、土屋昌巳以外のメンバーの記憶がありません(汗)

キーボードの見岳章は、美空ひばりの「川の流れのように」の作曲が有名ですね。当時、おニャン子やとんねるず等、作詞の秋元康と組んでよく曲を提供していました。
ドラムの藤井章司は、伝説のバンド、スモーキー・メディスン(金子マリ、Char、ナルチョ、佐藤準)のドラマーでもありました。

片桐真央さんの説明されていますSteve Nye絡みの高橋幸宏作品の中では、自分は「NEUROMANTIC」が好きです。

Prophet-5は、片桐真央さんの仰る通り、ノイズっぽい音に魅力がありますが、独特な倍音の響きも魅力ですね。

パイクマン

こんばんは~。

>・・・解散ツアーと、土屋昌巳氏のソロ・アルバム「Rice Music」にはSteveとRichardが参加しています。この時にベースを弾いていたのはMickの師匠ともいえるPercy Jonesでした(顔も似ているし、カニ歩きベースも一緒でしたね)。

SteveとRichardだったのですねぇ。
夜ヒットだったかあるいは他の歌番組だったかわからないんですが、一緒に出演していた記憶がありますよ~!
その時のベースはPercy Jonesさんだったかどうかは全くわかりませんけども、Mickのベースがオリジナルのものでなくて残念至極(笑)
あと、NHKのレッツゴー・ヤングにもJAPANが出演してましたよ。
多分小学生だったと思うんですが…(^^)
ハデハデでした~♪

>→loosecube さんも言っていますがSteve Nyeは元々キーボード奏者だったので、Prophet-5の使い方は上手いですよね。Tin Drumで使った音はそのまま高橋幸宏さんのアルバムで聴くことが出来るのですが、Propehet-5って、綺麗な音よりもノイズっぽい音で人気がありました。

そういえばその昔、Propehet-5は8音ポリだったら使い勝手が良いのにな、と思った記憶がありますよ。聞くところによると、触ると必ず欲しくなると言っているようですね!
Tin Drumにはノイズっぽい音は全然入っていないように聴こえるけど、形容しがたい不思議な音色がいっぱいですね
(その音をノイズというのかも知れませんネ ^^;)
  • URL
  • 2007/03/17 19:36

パイクマン

こんばんは~。

>キーボードの見岳章は、美空ひばりの「川の流れのように」の作曲が有名ですね。当時、おニャン子やとんねるず等、作詞の秋元康と組んでよく曲を提供していました。

あー、そうでしたか(^^)!
秋元康はわかったのですけど、見岳章は名前すらわかりませんでした(汗)。
おニャン子とかとんねるずの曲っておちゃらけてる感じもありますけど、だいたい聴くとわかるので、良い作曲家として活躍してたのですね♪

>ドラムの藤井章司は、伝説のバンド、スモーキー・メディスン(金子マリ、Char、ナルチョ、佐藤準)のドラマーでもありました。

そのバンドは全くわかりません(^^;)
わかるのは金子マリとCharだけです。
Charは「気絶するほど悩ましい」が子供だったくせに、大好きでしたよ!!(おっと、…横道に逸れた。)

>片桐真央さんの説明されていますSteve Nye絡みの高橋幸宏作品の中では、自分は「NEUROMANTIC」が好きです。

高橋幸宏ってちゃんと聴いてないんですよね~、残念。
「NEUROMANTIC」ってニューロマンティックなアルバムなのかしら(^^;)

>Prophet-5は、片桐真央さんの仰る通り、ノイズっぽい音に魅力がありますが、独特な倍音の響きも魅力ですね。

上にも書いたのですけど、どこがノイズっぽい音なのかわからなくて…多分シンセの専門用語的な意味での「ノイズ」なのかなぁ~。。
なるほど、倍音がたくさん出るというところが複雑で面白い理由なのかも知れませんね!
アナログキーボードにしては随分と優秀だったんですね~♪
安いなら購入して遊びたいところです。

ちなみに私が今まで使ったシンセは、
ヤマハのDX-21とKORGのM-1だけです(ーー;)
  • URL
  • 2007/03/17 19:57

片桐真央

マニアックなネタには即座に反応する片桐と言います。
>一風堂は3人だったのか…と思うほど、土屋昌巳以外のメンバーの記憶がありません(汗)
・・・初期の一風堂には赤尾敬文さんというベースの方もいたので、本来は4人組でした。でも、解散時には土屋さんと見岳さんの二人になってしまいましたが(笑)。

>キーボードの見岳章は、美空ひばりの「川の流れのように」の作曲が有名ですね
・・・片桐も持っていますが、カルチャー・クラブの「君は完璧さ」を見岳さんはカバーしたシングルを発表しています。

>Propehet-5は8音ポリだったら使い勝手が良いのにな、と思った記憶がありますよ
・・・当時5音ポリが限界だったような記憶があります。対抗機種がRolandのJupiter-8、これが8音ポリでしたね。片桐はどういうわけか弾けないのにDX-7 Ⅱを持っています(爆)。

>高橋幸宏ってちゃんと聴いてないんですよね~、残念。
「NEUROMANTIC」ってニューロマンティックなアルバムなのかしら(^^;)
・・・旧版の記事を新版に移行しておきましたのでご笑覧ください。ちなみにSteve Naye氏はエンジニアと口笛でクレジットされています。
http://mao4735.blog85.fc2.com/blog-entry-88.html






  • URL
  • 2007/03/17 21:57

パイクマン

>・・・初期の一風堂には赤尾敬文さんというベースの方もいたので、本来は4人組でした。でも、解散時には土屋さんと見岳さんの二人になってしまいましたが(笑)。

土屋氏のワンマンぶりに、みなさん嫌気が差していく図式が見えるようです。そうですか、4人組バンドでしたか。

>>キーボードの見岳章は、美空ひばりの「川の流れのように」の作曲が有名ですね
>・・・片桐も持っていますが、カルチャー・クラブの「君は完璧さ」を見岳さんはカバーしたシングルを発表しています。

あはは!
日本語で歌っているという事ですねー。
どんな歌詞がついているのか想像すると面白いですね。
「君は完璧さ」の君は土屋氏のことを歌っていたりして…(コラッ!)

>・・・当時5音ポリが限界だったような記憶があります。対抗機種がRolandのJupiter-8、これが8音ポリでしたね。片桐はどういうわけか弾けないのにDX-7 Ⅱを持っています(爆)。

Jupiter-8はですねー、過去の記憶が蘇ってきましたが、
ネーミング共々憧れてました、実は。
音楽雑誌の広告で眺めるだけでしたが、実際楽器店で初めて見たときの感動といったら…。カッコ良かったですよね!
DX-7は当時高くて買えなかったんです。
DX-21は13万くらいでしたねー。
DX-7で充分遊んで下さいね~、弾けなくてもいろいろ遊べそうですもん♪

>>高橋幸宏ってちゃんと聴いてないんですよね~、残念。
「NEUROMANTIC」ってニューロマンティックなアルバムなのかしら(^^;)
>・・・旧版の記事を新版に移行しておきましたのでご笑覧ください。ちなみにSteve Naye氏はエンジニアと口笛でクレジットされています。
http://mao4735.blog85.fc2.com/blog-entry-88.html

ご笑覧だなんて…
またまた有り難うございます!
ロキシーのメンバーも参加してるんですね~。
teve Naye氏はベースのビョ~ンとした音を彷彿とする
口笛を吹いてたりして…(^^)
  • URL
  • 2007/03/17 23:01

はじめ

こんばんは。

ブリキの太鼓良いですね。
西洋人が思いっ切り偏見で作った東洋チックなやつとか、印象に残りますです。

皆様ふれていらっしゃることですが
デビシルって土屋昌巳に似てますね。
そして土屋正巳は研ナオ子さんに似てます。
研ナオ子さんはETに似てます。
…ということは総合すると、デビシルはETに似ているということになるはずですが
デビシルは男前さんですね~。不思議です…。

デビシルは元カンのホルガー・シューカイと組んだりしてましたね。
あと、最近のかよく知らないんですが
友達の家で、これまた元カンのヤキ・リーベツァイトのアルバムにも参加してましたね。
あ、ロバート・フリップとも共作してたし…
特にデビシルのファンだった記憶がなくてソロも一つも記憶に無いんですが、気づいたらやたらデビシルに出会っていましたです…。
デビシル、恐るべしー
  • URL
  • 2007/03/18 00:02

パイクマン

こんばんは~!

>ブリキの太鼓良いですね。
西洋人が思いっ切り偏見で作った東洋チックなやつとか、印象に残りますです。

ブリキの太鼓いいですよね~♪
東洋チックですけどもJAPANは何かと日本人のミュージシャンとも交流があって、軌道を逸した解釈はしていなくて、確かに中国っぽいところもありつつ、やりすぎていないところはセンスいいですね。まわりのスタッフにも恵まれていたようですし。

>皆様ふれていらっしゃることですが
デビシルって土屋昌巳に似てますね。

似てないかも~(^^)
多分、はじめさん今酔っぱらってる~、ウキキ♪
ただ、遠目から見ると…の話ですけども、
ニューウェーブっぽいヘアスタイルとか
顔が長いところ(とんがってるところ?)などは似ているかもしれませんねぇ。

>そして土屋正巳は研ナオ子さんに似てます。
研ナオ子さんはETに似てます。

それは本当だ!!
ほんとに似てるね~。
目が離れているところと髪型がサイド分けのところと顔の輪郭がそっくりですね!
研ナオコはETにも似ていて、昔TVに出るとWツッコまれていました。

>…ということは総合すると、デビシルはETに似ているということになるはずですが
デビシルは男前さんですね~。不思議です…。

えっと、まとめると…土屋昌巳がETと研ナオコは
ソックリ!という事ですね(笑)
デビシルは美男子ですけど、歌うときの顔のアップがなんかおかしい。。

>デビシルは元カンのホルガー・シューカイと組んだりしてましたね。
あと、最近のかよく知らないんですが
友達の家で、これまた元カンのヤキ・リーベツァイトのアルバムにも参加してましたね。
あ、ロバート・フリップとも共作してたし…
特にデビシルのファンだった記憶がなくてソロも一つも記憶に無いんですが、気づいたらやたらデビシルに出会っていましたです…。
デビシル、恐るべしー

う~ん、デビシルの最近の動向はあまりわからなくて申し訳ないんですけども、ホルガー・シューカイとコラボった作品は、アルバムだったか、12インチシングルだったか、一枚持っていましたよ。
でもアンビエントでしたよね~。
当時はそういうのは聴けなかったので、、、。

デビシルは、名だたるミュージシャンと一緒に作っているようですね。デビシルのポップな部分がちゃんと出ている作品だったら聴いてみたいんですが、どうなんですかねぇ。

偶然デビシルを聴いていたっていうはじめさんこそ
恐るべし!!(^^;)
  • URL
  • 2007/03/18 01:16

バニラ

パイクマンさん、こんばんは☆

Japanはなぜか、すごい好きな音なのにアルバム、
1つも持っていないんです。
友達が何人か、熱烈ファンだったので曲は
なじみ深いです。

名曲や好きな曲もが多いので、今更ながら
買い揃えていってもいいなあと思いました。

昔はスティーブジャンセンファンだったのですが、
今はやっぱりデビッドシルヴィアンのよさが
わかります。

改めて、ミックカーンのベースがすごいなあと
思いました。ポヨンポヨンと歌う、ベース、しみじみ
いいなあ。。


>ジャパンは日本だけで人気があったバンドだったし、アイドルバンドだったことも考えると、たった5枚のアルバムを作った過程のほぼ5年間のうちに、ヨーロッパの美意識とニューウェーブをうまくつなげたジャパンならではのサウンドを完成させたというのも、随分ハイスピードだったのですねぇ。

たった5年の活動期間だったんですね!濃厚な5年です。
日本だけで人気があったのは意外だなあ。。
アイドルバンドだったというのも意外。
ルックスがよすぎて、それが先行してしまって
いたのでしょうか。。。音もいいのにね☆

そういえば、デビュー当時はルックスとかしか
評価してもらえず、苦労したみたいなこと言われていたのを
みた記憶があります。

TIN DRUM、改めて試聴しましたがやっぱり名盤ですね!
持っておかないといけない1枚です。

youtubeの映像どちらもよかったです☆
ありがとうございます♪
デビッドシルヴィアンの声、やっぱりいいなあ。。。

>NHKのレッツゴー・ヤングにもJAPANが出演してましたよ。

出てましたね!私も記憶にあります。
当時は変わったバンドだなあと思ってました。
デビッドジルヴィアンのヘアースタイルが
前と後ろで2色パックだ!と驚いたのを覚えています(^^)
レッツゴーヤングってたまに大物外タレミュージシャンが
出てましたね。

うろ聞きなので、どうともいえませんが。。
デビッドシルヴィアンってアメリカ人と結婚して
影響か、明るい雰囲気になったと聞いたことがあります。
実際、雰囲気がすごく変わった写真も見た気もします。




  • URL
  • 2007/03/18 03:36

miura

こんにちは、またもやごぶさた気味です。
JapanはTin Drumも当時非常によく聴いてましたが、どちらかと言うと3枚目のQuiet Lifeの頃(たぶん、書かれているレッツゴーヤングに出演した頃かな...)が好きかもしれません。
あと、David Sylvianさんについては、昨年Nine Horsesというバンドを弟さんやなんかとスタートさせていて、たぶん最近も新しいのが出ていたと思います。その昨年出た方は聴きました。ポップではないですけど、どの曲もじわっとしみいるかんじの良い曲でしたよ。もちろん歌ものです。
そんなこんな実のところSylvianはソロになってからの方がお好みです。いろんな大御所の方たちとコラボしてるのも好きです。まあ、我が道を行くみたいな方ですよね!
  • URL
  • 2007/03/18 16:52
  • Edit

パイクマン

こんばんは~!
最近ブログをじっくり読む時間がなくてなくてごめんなさい
(;ー;)

>Japanはなぜか、すごい好きな音なのにアルバム、
1つも持っていないんです。
友達が何人か、熱烈ファンだったので曲は
なじみ深いです。

名曲や好きな曲もが多いので、今更ながら
買い揃えていってもいいなあと思いました。

JAPANは今から聴いても遅くないし、楽しめますよね。
結構有名だったしみんな聴いていたのかとも思ってたけど
そうでもなさそうです。好き嫌いがあるんだろうな、きっと。。

>昔はスティーブジャンセンファンだったのですが、
今はやっぱりデビッドシルヴィアンのよさが
わかります。

スティーブのファンでしたか!(^^)
私はみんなカッコよいので一人に決められずにいましたが(汗)、
ルックスでいうとスティーブかな。
デビシルは競争率激しそうでしたし(笑)

>改めて、ミックカーンのベースがすごいなあと
思いました。ポヨンポヨンと歌う、ベース、しみじみ
いいなあ。。

ミック・カーンのベースね、ミックのオリジナル奏法だと思ってたけど、上でコメント下さった方が教えてくれてるのだけども、他に先駆者がいたみたいでしたー(^^;)
Percy Jonesという方です。
でもやっぱり、ミックのベースは好きです♪

>たった5年の活動期間だったんですね!濃厚な5年です。
日本だけで人気があったのは意外だなあ。。
アイドルバンドだったというのも意外。
ルックスがよすぎて、それが先行してしまって
いたのでしょうか。。。音もいいのにね☆

5枚目のTin Drumでようやくイギリスでも人気が出たんだと思いますよ。
(そういえば、クイーンも、最初に人気が出たのは日本からだったんですよね。そういうところは不思議ですね~)
それに、バンド名がJAPANっていうくらいだし(笑)。
さらに日本のミュージシャンとやたら交流が深かったし、本人たちも日本が好きだったんではないのかなぁ。。

>そういえば、デビュー当時はルックスとかしか
評価してもらえず、苦労したみたいなこと言われていたのを
みた記憶があります。

そうみたいですね~。
化粧なんかしてるし、線の細いところはミーハーな女子がファンになりがちだろうし。(私か ^^;)
でも考えてみるとルックスを売りにしてたんだから自業自得ですよね~。
グラビアアイドルが水着姿になりながら
「知性を認めてくれない」ってボヤくのと同じ気もする(^^;)

>TIN DRUM、改めて試聴しましたがやっぱり名盤ですね!
持っておかないといけない1枚です。

どのアルバムもそれぞれにいいんですけど、
芸術的に聴いてみると最高傑作といってもいいかもしれないですよね。

>youtubeの映像どちらもよかったです☆
ありがとうございます♪
デビッドシルヴィアンの声、やっぱりいいなあ。。。

教授がライブに参加してたのを見つけたもので…(笑)
あと土屋昌巳がちょっとツボで…(^^;)
ねちっこいデビシルの歌、いいですよね♪
私的にはあのルックスと低音のギャップがいいです!

>>NHKのレッツゴー・ヤングにもJAPANが出演してましたよ。
>出てましたね!私も記憶にあります。
当時は変わったバンドだなあと思ってました。
デビッドジルヴィアンのヘアースタイルが
前と後ろで2色パックだ!と驚いたのを覚えています(^^)
レッツゴーヤングってたまに大物外タレミュージシャンが
出てましたね。

レッツゴーヤングはいい番組でしたよね~。
ニューウェーブバンドなども出ていましたね。
ニック・ヘイワードは出てたのを知ってますが、ヤズーとかボーイ・ジョージなんかも出てた記憶があるんだけど、どうだったかな…あと、ラモーンズは出演してました。

当時のデビシルの髪型って、今見るとおかしいですよね(^^)
2色の色分けはちょっと趣味じゃないけども(笑)

>うろ聞きなので、どうともいえませんが。。
デビッドシルヴィアンってアメリカ人と結婚して
影響か、明るい雰囲気になったと聞いたことがあります。
実際、雰囲気がすごく変わった写真も見た気もします。

奥さんがアメリカ人なんですね~。
音楽も明るくなったんでしょうか。
最近のソロはさっぱり聴いてないんですが、聴いてみようかな。
  • URL
  • 2007/03/18 22:14

パイクマン

こんばんは!

>JapanはTin Drumも当時非常によく聴いてましたが、どちらかと言うと3枚目のQuiet Lifeの頃(たぶん、書かれているレッツゴーヤングに出演した頃かな...)が好きかもしれません。

あ、レッツゴー・ヤングに出てたのはQuiet Lifeの頃なんですか。
キャーキャーいわれてましたよね!
Quiet Lifeの頃も髪の毛長かったんですね。

>あと、David Sylvianさんについては、昨年Nine Horsesというバンドを弟さんやなんかとスタートさせていて、たぶん最近も新しいのが出ていたと思います。その昨年出た方は聴きました。ポップではないですけど、どの曲もじわっとしみいるかんじの良い曲でしたよ。もちろん歌ものです。

Nine Horsesは気にも留めてなかったですよー(汗)
弟ってスティーブ・ジャンセンのことですよね?!
私、デビシルと兄弟だって知った時はかなり驚きました(ーー;)
最近のソロ作もいいみたいなんですが、どうしても目が向かないというか…。でも今度聴いてみますね。
(マイスペなどで…笑)

>そんなこんな実のところSylvianはソロになってからの方がお好みです。いろんな大御所の方たちとコラボしてるのも好きです。まあ、我が道を行くみたいな方ですよね!

デビシルは確かに個性的ですね、難しい性格なのかな…。
  • URL
  • 2007/03/18 22:56

L-00

バイクマン さま
はじめまして
「ニック・ケイヴ」の検索で辿り着きました
とても素敵なブログですネ
まだいくつかしか読んでませんが
非常にワクワクしてます!
差し支えなければ
私のブログに「お気に入り」登録させて頂きたいのですが・・・

miura

こんにちは、ちょっとだけ返信。
>デビシルは確かに個性的ですね、難しい性格なのかな…。

直接は知りませんけど、TIN DRUMとか出してた頃にDavidやSteveと一緒に遊んだ(羨ましい!)ことのある友人の話によるとDavidはとても気の優しい、ちょっとかまってほしがりの、いいやつだったって...。
難しくはないみたいですよ!
  • URL
  • 2007/03/19 12:13
  • Edit

パイクマン

はじめまして!
コメントをありがとうございます♪

>「ニック・ケイヴ」の検索で辿り着きました

ニック・ケイヴはバースディ・パーティーを始めソロも好きで聴いてましたよー。
ここのブログではまだ前身バンドしか出てきません。
が、その理由は…
好きなのを先に書いちゃうと、後から何も書く事がなくなっちゃうので、バランスを取りながら書いてます!
(ちゃっかりものです;^^)

>とても素敵なブログですネ
まだいくつかしか読んでませんが
非常にワクワクしてます!

いえいえ、全然「素敵」とは程遠くて(ーー;)
一体何にワクワクされてるのかちぃともわかりませんけども
そう言って頂けると嬉しいもんですネ!
ありがとうございます☆

>差し支えなければ
私のブログに「お気に入り」登録させて頂きたいのですが・・・

こんなブログで良ければどうぞ登録してやってくださいm(_ _)m
私も後でゆっくり後で拝見します!
今後ともヨロシクお願いします!!
  • URL
  • 2007/03/19 18:32

パイクマン

こんばんは~☆

>>デビシルは確かに個性的ですね、難しい性格なのかな…。
>直接は知りませんけど、TIN DRUMとか出してた頃にDavidやSteveと一緒に遊んだ(羨ましい!)ことのある友人の話によるとDavidはとても気の優しい、ちょっとかまってほしがりの、いいやつだったって...。
難しくはないみたいですよ!

ヘェー!!
DavidやSteveと一緒に遊んだって…何して遊んだんですか?!
ということを言おうとしているわけではなくて、
ちょっぴり興奮してしまいましたー。
いいな♪いいな♪

デビシルがかまってほしがりって
なんとなくわかる感じはします。
デレ~っとした顔がちょっと甘ちゃんですよね!
母性本能くすぐりますもん(^^;)
そしてからかいたくなる感じですよね~。
いいな、いいな♪
  • URL
  • 2007/03/19 18:37

L-00

パイクマン さま
さっそくの快いご回答で
お気に入り登録させて頂きました

こちらは沖縄です
東京での豊富なイベント等
少し羨ましいです

CDなどの「モノ」は
昔より入手しやすくなりました

とにもかくにも
今後とも宜しくお願いします

パイクマン

>パイクマン さま
さっそくの快いご回答で
お気に入り登録させて頂きました

そうなんですか?!
ありがとうございます♪
私もBlog Listというのに登録させていただきますので
どうかヨロシクお願いします。

>こちらは沖縄です
東京での豊富なイベント等
少し羨ましいです

沖縄なんですか~、逆に羨ましい気もしますねぇ。
海が大好きなんです。
(ちなみに私の田舎は東北の太平洋側です^^)

東京にいてもイベントなんてさっぱり行きませんよ!
サマソニやらフジロックなんてのも東京じゃないし。

>CDなどの「モノ」は
昔より入手しやすくなりました

沖縄はそういう難点があるのですよね~。
配送に時間がかかっても、欲しい盤はGETしましょー!!!(笑)

>とにもかくにも
今後とも宜しくお願いします

こちらこそです♪
  • URL
  • 2007/03/20 00:43

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2007/07/18 00:48

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。