スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューマン「森の情景」

はぁ~、ショパンは弾かないとだめだと言われ、苦手で嫌いなショパンを弾いているんです。気持ちを偽っている気がして、あまり気持ちのいいものではないですね。
例えば…その男性は嫌いだけど、お金持ちだから付き合っているという打算的な女性の気持ちのようなもの。(はっ? 笑)

で、久し振りに大好きなドイツのクラシック作曲家シューマンのピアノ曲を聴きました。
「森の情景」という作品に焦点をあてて。
ピリスというピアニストの演奏のCD。
ピリスの演奏が好きというわけではないのです。
たまたま家にあるのがピリスの演奏したシューマン作品だったから。
私には、誰の演奏がいいとかは重要じゃなくて、作曲家の作った曲そのものが
重要です。
ちなみに、私はシューマンをまるでポップス曲のように聴いています。


piris1.gif収録作品:
1. 子供の情景op.15
2. 森の情景op.82
3. 色とりどりの小品op.99~3つの小品
4. 色とりどりの小品op.99~音楽帳
5. 色とりどりの小品op.99~前奏曲
AMAZON



pris2.gif収録作品:
1. 森の情景op.82
2. アラベスクop.18
3. 3つのロマンスop.28
4. ウィーンの謝肉祭の道化op.26
AMAZON


「森の情景」はシューマン晩年、精神を病んでいた頃作られた作品で、森に対する憧れやロマンや恐怖を、森の動物や花などの題材を通して表現した、短い小作品9曲からなる神秘的な作品です。
シューマンのロマンティシズムに溢れてはいますが、それはショパンのわかりやすいうっとりとしたロマンティシズムと似て非なるものです。
聴き手の感じ方はそれぞれでしょうが、どこか病んだ毒々しさを感じる人も多いでしょう。
(この作品に限らず、シューマンのどのピアノ曲にもそういう部分があります。)

「森の情景」で有名なのが7曲目の“予言の鳥”で、少し不協和音が混じるアルペジオが多く多用され、この曲集の中で最も神秘的です。


本屋の息子に生まれ、文学者を目指したこともあり、音楽に文学を取り入れた作曲家として有名なシューマンの側面として、当時は楽譜に詩を添えていたようですが、奥さんでありピアニストのクララにそれを削除されてしまったようで、現在は一曲だけに詩が添えられています。

4曲目の“不気味な場所”

花達は高く伸びているが、ここでは死の如く青白い。
その中で、一輪だけ紅い花が立っている。
それは人の血を吸ったからなのだ。


1曲目の“森の入り口”から9曲目の“別れ”まで、詩を読むように漆黒のリリシズムに酔いしれます。

Pagination

Trackback

クラシックのうんちく from クラシックのうんちく

ピアノ独奏曲音楽の夜会 Op.6即興曲「ヴィーンの想い出」 Op.9 ローベルト・シューマンの主題による変奏曲 Op.20:ロベルトの「''色とりどりの小品 Op.99''」の第4曲「アルバムの綴り第1番」を主題としている。ヨハネス・ブラームス|ブラームスが同じ主題で「変奏曲 Op.9」
  • 2007/03/17 16:56

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/559-3f2f3353

Comment

june

こんばんわー。
叔母に貸してもらったクラシックのほぼ半分はショパン(叔母はショパン好き)だったんですが、なーんか馴染めません。

なまっちょろいひ弱な男な感じがするからでしょうか?←ただの印象。

ピリスのショパンを演奏したCDもありまして柔らかい感じがしました。

陰鬱で病的なシューマン今度探して聴いてみます。
クララはなんで詩を消したんでしょうか?イジワル?

パイクマン

こんばんは!

>叔母に貸してもらったクラシックのほぼ半分はショパン(叔母はショパン好き)だったんですが、なーんか馴染めません。
なまっちょろいひ弱な男な感じがするからでしょうか?←ただの印象。

そうでしょう(^^;)
…なんつって、ショパン好きの人には申し訳ないけど
歯の浮くような、嘘っぱちの言葉を並べられてる様な曲に聴こえます(笑)

>ピリスのショパンを演奏したCDもありまして柔らかい感じがしました。

ピリスはモーツアルトが得意らしく、身体も手も小さいピアニストらしくて、ダイナミズムには少し欠けるようですよ。

>陰鬱で病的なシューマン今度探して聴いてみます。

周りの人でクラシックは聴かないけど、シューマンは好きだという人がチラホラといるんです。
juneさんももしかして気に入るかも!
「子供の情景」「森の情景」「謝肉祭」をまずオススメしますよ!
どれも小曲を集めている作品ですよ~♪
ピアニストに関しては情熱的なアルゲリッチが面白いかも。
あと、シフというピアニストもシューマン弾きみたいですね。

>クララはなんで詩を消したんでしょうか?イジワル?

いじわるではないと思うけど、(だってシューマンとラブラブだし)、私思うに、ちょっと病的な詩だったからではないかと…(^ー^;)
  • URL
  • 2007/03/12 20:09

かれき

こんにちは♪

ショパンというと「発表会」を思い出しちゃいます(^^;)。
一番みんなが弾く回数(曲目)が多いのがショパンで、ついでベートーヴェンとか。
割と有名でわかり易くて栄える感じがするからだと思うのですけど。
病んだ印象がするシューマンの曲も聴きなおしてみたいです。
  • URL
  • 2007/03/13 12:26

パイクマン

こんばんは~。

>ショパンというと「発表会」を思い出しちゃいます(^^;)。
一番みんなが弾く回数(曲目)が多いのがショパンで、ついでベートーヴェンとか。

ショパンを弾く人が多かったとは、随分上手な生徒が揃ってたんですね!あと、先生がショパン好きだったからとか(^^)
そういうかれきさんもショパンを弾いたわけですね♪

>割と有名でわかり易くて栄える感じがするからだと思うのですけど。

そうなんですよね。わかりやすくてピアニスティックなんです!
それでちょっとズルいんです(^^;)
テンポルバートをかけて、陶酔して弾きがちなところも苦手なんですけど、誰でもピアニスト!って感じになれるところも人気なんだと思いますよ~。
まぁ、良さもわかって嫌いといってるんですけども(汗)

>病んだ印象がするシューマンの曲も聴きなおしてみたいです。

かれきさんには「クライスレリアーナ」などの激しいのをおすすめ!
子供や若い頃にはよくわからないシューマンも
歳を取れば取るほどその良さがわかるのかとも思います(^^)
  • URL
  • 2007/03/13 19:27

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。