スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ENNIO MORRICONE「MORRICONE IN THE BRAIN」

  • 2007/03/02 20:40
  • Category: E
enniomorricone.gif
イタリア映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネがヨーロッパのアートムービーの為に書き下ろしたサウンドトラックをCHERRY RED RECORDSが初リリース。

非常に幅の広い音楽性を持っているエンニオ・モリコーネへの敬意やら、今自分が魅かれている音楽の原点が、幼き日に自然に耳にしたマカロニ・ウエスタン映画のサントラ作品が多少影響しているかもしれないと思い始めたことなどを含め、この作品についてちょっとだけ。

60年代の後半から70年代初頭のアートムービー17作品のサウンドトラックの小曲が27曲収録されてます。60年代のアイドルが歌い出しそうなポップスから、優雅なサロンミュージック、サイケデリックなロック、切り貼りしたようなサウンドコラージュ風の曲など、バンドを含むオーケストラで映し出した、モリコーネの脳内世界!

アートムービーに音楽を付けるのは実験的な試みだったのかもしれませんね。
アルバムにこうやって一つにまとめると、壊れ過ぎていない上品なサイケデリックアルバムに聴こえます。映画作品はもちろん観た事はないので、目まぐるしく変わる曲調の多彩さに目を回しながら、どういう感じの映像作品なのだろうと想像する楽しみもありますよ。
左脳の訓練にもどうぞ!

【2007/CHERRY RED RECORDS】

Ennio Morricone
myspace.com
紹介したアルバムの曲は聴けませんが、「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗」のカッコよすぎの名曲(♪Main Theme)を、フルで聴けます。

トラック7
トラック17
トラック18

:::購入先:::AMAZON

Pagination

Trackback

ONCE UPON A TIME IN AMERICA / OST from KEMPIRE音楽詩集

TBさせていただきました!
  • 2007/03/14 22:29

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/553-6dd0e597

Comment

gogleman

こんばんはー
イイっすねモリコーネ。モリコーネ好きな私としてもたまりません。
なんて詳しいわけもなく、このアルバムはもちろん持ってませんが、これは良さそうです。
特に3曲目がすかしてていかしますね~かっこいいです。
「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗」も最近書きましたコールドカットのメガミックス曲で使われて「やっぱりかっこいいな」と思ってました。
映画音楽(&ムードミュージック)は奥が深そうで今後要注意課題の一つですね。
でもやっぱりモリコーネだとかニーノロータだとかヘンリーマンシーニだとかポールモーリアだとか渾然一体となってるんですけどね…自分の中では。
そこら辺の区分分けもこれから聞いていって明確化したいですね~

おっしゃるようにイマジネーション広がります。脳の訓練か…なるほど。
  • URL
  • 2007/03/02 22:24

パイクマン

こんばんは!
(って、さっきも書いた気がしますが…^^;)

>イイっすねモリコーネ。モリコーネ好きな私としてもたまりません。
なんて詳しいわけもなく、このアルバムはもちろん持ってませんが、これは良さそうです。

goglemanさんは以前書いていましたよね!
モリコーネさんはまた書くので、その時にgoglemanさんの記事を探してTBさせて頂きますネ。

モンド系のアルバムが2枚出てますけど、それとどちらにしようかと悩んだんですけど、こちらも面白そうで貴重音源らしいのです。
Cherry Redから出てるのもミソです(笑)

>特に3曲目がすかしてていかしますね~かっこいいです。

サイケロックみたいでかっこよいですね♪

>「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗」も最近書きましたコールドカットのメガミックス曲で使われて「やっぱりかっこいいな」と思ってました。
映画音楽(&ムードミュージック)は奥が深そうで今後要注意課題の一つですね。

コールドカットのメガミックス曲ですか?!
全然わかりませんが、多分どこかで聴いているかもしれません。
続・夕陽のガンマンを使うなんていいわぁ~♪

「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗」はめちゃくちゃカッコいいです!ハゲタカの鳴き声みたいなのとか入ってますが、一体どういう楽器の使い方してるんだろうかとか声の使い方なども不思議です。あと、トランペットの早吹き(?)のところもいい!!

>でもやっぱりモリコーネだとかニーノロータだとかヘンリーマンシーニだとかポールモーリアだとか渾然一体となってるんですけどね…自分の中では。
そこら辺の区分分けもこれから聞いていって明確化したいですね~

モリコーネは、ニューシネマ・パラダイスなどの美しいオーケストラの曲から、マカロニ・ウェスタンの男臭い曲やら、このアルバムのようなサイケデリックな曲までいろいろ多彩だなと思います。
ニーノ・ロータはフェリーニ監督とペアの作曲家ですけど、ロマンティックだし、イタリアのお祭り騒ぎのような少し派手で明るいオーケストラ曲ですよね。
うまく表現できなくてすみません。
ヘンリー・マンシーニの曲は聴かないとはよくわからないなぁ。。
ポール・モーリアはあの通り(笑)。

>おっしゃるようにイマジネーション広がります。脳の訓練か…なるほど。

左脳の訓練って書いたつもりだったのに
間違ってしまった(^^;)
直しておかねば!!
  • URL
  • 2007/03/02 23:55

ヨージク

こんにちはー
実はものすごく好きです。モリコーネさん。
でもこんなにこの人幅広いとは気づきませんでした。
トラック7の口笛音楽、いいですね。大好きです。
紹介してくれてありがとうございますー!
  • URL
  • 2007/03/03 12:18

june

モリコーネはエロ・モンドなラウンジ系が大好きです。
これもそんな匂いがとってもしますねぇ。気になります。
モリコーネは持っているのはコンピレーションが多いんですが、
サントラでは「ある夕食のテーブル」がスキャットがエロくてすきでっす。

パイクマン

■ヨージクさんへ

こんばんは~♪

>実はものすごく好きです。モリコーネさん。
でもこんなにこの人幅広いとは気づきませんでした。

モリコーネさんも幅広いですが、ヨージクさんもいろいろ聴いているんですね!
モリコーネ全作品を聴こうと思っても何百という作品があるみたいなので、なかなかどれを聴いたらよいのやらわからなかったりです(^^;)

>トラック7の口笛音楽、いいですね。大好きです。
紹介してくれてありがとうございますー!

トラック7、いい曲ですよねー☆
とぼけてていい感じ。
モリコーネさんはよく口笛を使っているようですが(多分),口笛を使う曲は名曲揃いという気がします。


■juneさんへ

こんばんは~。

>モリコーネはエロ・モンドなラウンジ系が大好きです。
これもそんな匂いがとってもしますねぇ。気になります。

エロ・モンドですか~!
女の人のふぅーとかはーとかのスキャットが入ってるのかなぁ。
そういう曲もこのアルバムに入ってますよ(^^)
現代音楽にも、モンドにもサイケにもラウンジにも取れる様な摩訶不思議曲が満載で面白いです。

>モリコーネは持っているのはコンピレーションが多いんですが、
サントラでは「ある夕食のテーブル」がスキャットがエロくてすきでっす。

「ある夕食のテーブル」っていうサントラ、良さそうですね♪
マカロニウェスタンから抜け出してそういうのも聴いてみようっと!
  • URL
  • 2007/03/03 21:33

chitlin

こんばんは~

ウチはもうサントラのカテゴリが名ばかりになっております。

適当にカートに放り込んであるのですが、この人の場合もどれから選んで良いのか判らない状態です。

試聴させていただきましたら、これがまた格好良いですね!

サントラも奥が深いですよね。深過ぎますね~
  • URL
  • 2007/03/03 23:52

パイクマン

こんばんは!

>ウチはもうサントラのカテゴリが名ばかりになっております。

カテゴリにサントラがあるのですね♪
…私はカテゴリーに「サントラ」があるのをすっかり忘れてました。このアルバムもサントラに入れなければ(^^;)

>適当にカートに放り込んであるのですが、この人の場合もどれから選んで良いのか判らない状態です。

アルバムとしては何百とあるようですよ。
代表作やベスト盤などから手を付けてみると傾向がわかるかもしれません。上でjuneさんが紹介されてる「ある夕食のテーブル」がちょっとエロっぽいらしいのでchitlinさんがお好きかも知れませんよー(^-^)

>試聴させていただきましたら、これがまた格好良いですね!

このアルバムは短かい曲がたくさん入っていて、カッコいい曲からわけわかんない曲までいろいろです♪

>サントラも奥が深いですよね。深過ぎますね~

私もあまり持ってはいませんが、B級ポルノ映画のサントラ系のコンピとか面白いです。結構モンドなんですけどカッコ良いです。
  • URL
  • 2007/03/04 01:15

chitlin

おはようございます!

色々とアドヴァイスをありがとうございますね。

>「ある夕食のテーブル」がちょっとエロっぽいらしい
実はこれを持ってはいます。やはり、ちょっと、ですね。
印象は強烈だったのですが、結構、中身が軽いのでなかなかエントリするきっかけというかはずみがなかったりするんです。機が熟していないのかも知れません。なんてなー

あとは予算が・・・←毎度のことですけれど。(大汗)
  • URL
  • 2007/03/04 11:05

パイクマン

こんにちは♪

>色々とアドヴァイスをありがとうございますね。

あまりアドヴァイスになっていませんでしたー(^^;)
私はいい映画を観てもサントラまで買うという気にはあまりならないので、作曲家別でベスト盤やら、60年代のナニナニ映画のコンピとかそういうのを買っていたりします。
作曲家別といっても、ニーノ・ロータとエンリコ・モリコーネだけで、あとは偶然出会った怪しいコンピとかを買うくらいです。

>>「ある夕食のテーブル」がちょっとエロっぽいらしい
>実はこれを持ってはいます。やはり、ちょっと、ですね。
印象は強烈だったのですが、結構、中身が軽いのでなかなかエントリするきっかけというかはずみがなかったりするんです。機が熟していないのかも知れません。なんてなー

あら♪お持ちでしたかー、さすが!
エントリするにはそれなりの理由というのが確かに必要ですよね。
難しいです。。

>あとは予算が・・・←毎度のことですけれど。(大汗)

予算はやり繰りが大変です!
一月に欲しいものが10枚もあったりしたら、どれを先に買ってどれを後回しにするか相当悩みます。
その割には目の前に欲しいCDを出されるとすぐレジへGo!!なので
、結局計画通りにはいかないですね(ーー;)
  • URL
  • 2007/03/04 12:28

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。