THE KONKI DUET「MOUNTAIN MOUTON」

  • 2007/01/18 17:30
  • Category: K
konkiduet1.gif

Kumi(日本)、Tamara (ロシア)、Zoe(フランス)の3人による女性トリオ、コンキ・デュエットの2ndアルバム。

ドリーミーな音楽を紹介されている、その名も「ドリームポップ研究所」hamnieさんにトラックバックさせていただきました。こちらでデビューアルバム『Il Fait Tout Gris』について書かれていますよ


彼女ら曰く、アルバムの音は「チェンバー・ネオ・プログレ」!!
なんとな~くわかりますし、聴いていると情が湧いてきて愛しくなります。
1stアルバムについては未聴ですが、2ndはかなり進化しているというショップのレビューからも、前作とは随分違う音になっているはず。

ドラム、ギター、ベース、トランペット、チェロ、ピアノなど他様々な楽器が交差して、インディ・ロックの中にクラシックな室外楽曲のアレンジが飛び出し、少々プログレ的な展開を見せていく曲もあり、叙情的なメロディや、(あまり上手ではないけど)ヴォーカルとコーラスも活かされていて良いです。

日本人だってのに、英語の中に日本語の曲が突然流れてくるとビックリしてしまいますが、フランス語の曲もあったりして、これぞ3カ国バラバラのトリオの特権!
音楽の国際交流や~(汗)

M-8の“ No one Knows ”は Queens Of The Stone Age
M-11の“ Punk's Dead ”はMarie Daubert(ちょっとわかりません。)
のカヴァーです。

彼女らの魅力が凝縮してできた幻想曲の数々に身を委ねるのもいいかも。

【2006/ACTIVE SUSPENSION】

thekonkiduet2.gif

The Konki Duet
myspace.com

Daylight Song
Birds
Punk's Dead

:::購入先:::
p*dis
(元plop)
AMAZONでは取り扱いなし。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/522-c7013a14

Comment

cell

かぶったー(笑)。まさにこれ今お気に入りで、レビューしようしようと思いつつ扁桃腺腫らしてたところなんですよ!音楽のユリ・ゲラーや~。これぞまさにBGMにならない音楽という感じで、なにかしながら流しててもはたと動きを止めてしまう箇所が多々ありますよね。いや~音楽って本当に(略

パイクマン

こんちわー☆

>まさにこれ今お気に入りで、レビューしようしようと思いつつ扁桃腺腫らしてたところなんですよ!

えっ!被ってしまいましたか?!
またやってもうた。こういうことがよくあるんですよ~(笑)
自称『偶然を引き寄せる女』(;ーー)
だいぶ前に出たアルバムなのに、すみませんです。
気にせず書いて下さいね。TBさせていただきます!!
扁桃腺にも伝えてくださいませ。

>音楽のユリ・ゲラーや~。

ウマイ!!
「音楽の国際交流や~。」はあまりにも普通過ぎるのでこれから訂正しようと思っていたのに、もう読まれてしまったのですね(^-^;)

>これぞまさにBGMにならない音楽という感じで、なにかしながら流しててもはたと動きを止めてしまう箇所が多々ありますよね。いや~音楽って本当に(略

いや~音楽って本当に……の後は何が続くのですかー!!!(><)

コンキ・デュエットは、ありがちなエレクトロニカだと思って敬遠してたのに、手を出してみて良かったです、ほんとに。
まるきりプログレな短い曲が入っていたのもお茶目たし(笑)
斬新ではないけど、今までにない感触の音楽に出合った感じで
嬉しいです♪BGMにはなりませんね。

  • URL
  • 2007/01/18 18:15

バニラ

パイクマンさん☆

声の感じや言葉の響きがいいですね♪
ウィスパーっぽく歌っているのが好きです。

myspaceの3曲目のIl fait tout qrisはVISAGEの
Fade To Grayのカヴァーですね!
いやはや嬉しいです!!(*^_^*)

Daylight songは憂いがあって前奏からしてちょっと
劇的な感じがします。

Tree Trailはつぶやいているようでそれもまた
いい感じですね♪

1枚目のも2枚目のもよさそうです☆☆
  • URL
  • 2007/01/18 18:46

パイクマン

こんばんは~。

>>の感じや言葉の響きがいいですね♪
ウィスパーっぽく歌っているのが好きです。

ウィスパーヴォイスの新しめなグループはもうお腹いっぱい(^-^;)状態だったはずなのに、このKonki Duetのヴォーカル好きです。

>myspaceの3曲目のIl fait tout qrisはVISAGEの
Fade To Grayのカヴァーですね!
いやはや嬉しいです!!(*^_^*)

ほんまや(?)、気が付かなかった…というかちゃんと聴いてなかったけど、ヴィサージや~!
まさにカヴァー曲の魔術師や~!!(汗)
フランス語のMCが可愛くて良いではないですか?!

>Daylight songは憂いがあって前奏からしてちょっと
劇的な感じがします。

アルバムの一曲目で目玉曲っぽいですよ。
いろいろ展開が変わっていくのでなかなか面白く聴けますし、彼女らがいう「チェンバー・ネオ・プログレ」に該当する曲かもしれません。

>Tree Trailはつぶやいているようでそれもまた
いい感じですね♪

うん、いいですね。コーラスが綺麗ではないですか♪
こちらは「ムーンドッグ」のカヴァーで、トリビュート盤に参加した曲みたいです、どうやら。

>1枚目のも2枚目のもよさそうです☆☆

ほんとですねぇ。一枚目も安く買ってみようかしら。
また欲しいのが増えていきますわ。
嬉しい様な悲しい様な…(^ー^*)
  • URL
  • 2007/01/18 19:42

miura

こんばんは。
確か、ちょっと前にどこかのショップ、ワルシャワさんだったかな...で試聴した記憶がるのですけど、印象が変わりました。その時はなんだかいまいちかなあ~気分じゃない...ぐらいのかんじだったのですけど、今こちらで試聴させてもらったら案外なじみます。
時間の経過って不思議なものですね。
この盤も気にしておくことにします。
ではでは。

パイクマン

コンバンワー。

時間の経過!
音楽も変わりますねっ…ていうか、自分の聴く耳が変わっていくのでしょうか。
不思議ですが、自分の状態と音楽のかかわり方は繊細なようです。
あまり好きじゃないなと思っても、寝かせてまた聴いてみるのはいいかも♪
昔の曲を寝かせてまたカヴァーするのって、流行りましたけど(今もかな?)寝かせ時と起こし時ってのはあるんじゃないかな。。
あと、以前から言ってるけど季節とか気温とか湿度にも関係あるみたいだし(笑)
  • URL
  • 2007/01/18 21:41

オオシマ

こんにちは。

1stは買ったのですが聴きこんでいなくて・・・。

試聴する限りでは、セカンドの方が聴きやすくて好きそうな気がします。思ったほどは、お国柄がでているバンドではないと思いますが、ちょっと変わった感じが良いと思いますね。
  • URL
  • 2007/01/19 16:06

かれき

こんばんは。

クラシカルな音が入っているところがミソですね。
かなりインディロックっぽい(?)音ですけどチェロとかの音が入っているだけで雰囲気違いますし。
あと、声の重ね方が手作りっぽくて密な感じでそれが耳心地よくて微笑ましかったです。
  • URL
  • 2007/01/20 00:00

パイクマン

こんばんはー。

>1stは買ったのですが聴きこんでいなくて・・・。

持ってらしたんですね。
1stもよさそうなので、私はこれから1stを買うかも知れません(汗)

>試聴する限りでは、セカンドの方が聴きやすくて好きそうな気がします。思ったほどは、お国柄がでているバンドではないと思いますが、ちょっと変わった感じが良いと思いますね。

3カ国の個性が出てるというより、3人の好きな音が集まったという感じなのでしょうかね。最近ロシアのバンドのCDを見つけて聴いていますが……プログレ色のバンドが多いかも知れません。
このアルバムにお国柄が出ているとすれば、ロシア色が少し出ているかも?!
  • URL
  • 2007/01/20 00:12

パイクマン

こんばんは!

>クラシカルな音が入っているところがミソですね。
かなりインディロックっぽい(?)音ですけどチェロとかの音が入っているだけで雰囲気違いますし。

チェロの音色はいいですねー。
しずか~で厳かな音色もいいですが「ギューン」っていう音色も捨てがたいです。
オルタネイティブな音や、ちゃんとした室内楽曲というのではないですけどクラシック要素や少しネジの緩んだ現代音楽風(?)のアレンジが、この方達の持ち味みたいですね。

>あと、声の重ね方が手作りっぽくて密な感じでそれが耳心地よくて微笑ましかったです。

コーラスはあまり上手に聴こえなかったんだけど(すみません…)、本気を出すとすごく綺麗なのかもしれませんね。
バシっと決めてないところは確かに手作り感があって、それはそれでいいですよね。インディっぽいし(笑)
  • URL
  • 2007/01/20 00:22

hamnie

プログレというか、ブリティッシュフォークというか、そんな肌触りはなんとなくありますよね。
純粋なプログレはほどんど聴かなくなってしまいましたが、プチプログレくらいには反応しているあたり、やっぱりプログレを捨てきれていないのかも知れません。
  • URL
  • 2007/01/20 16:24

パイクマン

こんばんは。

>プログレというか、ブリティッシュフォークというか、そんな肌触りはなんとなくありますよね。
純粋なプログレはほどんど聴かなくなってしまいましたが、プチプログレくらいには反応しているあたり、やっぱりプログレを捨てきれていないのかも知れません。

あははー。実は私も「チェンバー・“ネオ”・プログレ」よりも
“プチ”・プログレの方が良いのではないかかと思ってたんですよ。ネオよりは「ちょっとだけプログレ」の方が彼女たちらしいですね。

hamnieさんはプログレがお好きでしたか?!
私はそんなに聴きたくなることはないんですが、キング・クリムゾンは好きですよ。
  • URL
  • 2007/01/20 20:34

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの

proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:22歳 (1997.6.30 − 2019.04.16)
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ