スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SELDA「SELDA」

  • 2007/01/10 17:26
  • Category: S
selda.gif

1971年にデビューしたトルコの女性歌手、セルダことセルダ・バージャンの1stアルバムにボーナストラック5曲追加の再発盤。サイケでファンキーでプログレでパワフルでカッコ良過ぎです。

中近東の独特な節回しのメロディに、エネルギッシュでパンチの効いたヴォーカルがなぜか馴染めます。

そしてなんといってもバックバンドにやられた!
ファズのかかったビーンとしたギターの音量といいい、シタールを始め民族楽器のアンサンブルはエキゾチック中近東(インドにも聴こえますが)。
プログレっぽい側面も感じさせ、変則なビートが追い打ちをかけつつファンキーでグルーヴィー。

って、もう「カッコイイ」連発です。
なんですか、これは?!
おとなしそうなジャケに騙されてはダメ。
大音量で聴いて欲しいです。

【1975(2006) / TURKUOLA RECORDS(FINDERS KEEPERS B-MUSIC)】

selda2.gif

Finders Keepers Records
レーベルサイトからも数曲試聴できます。

Meydan Sizindir
Ince Ince

:::購入先:::AMAZON


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/516-f96235c2

Comment

miura

こんばんは。
テンプレート、やわらかいかんじになりましたね。ちょっと春っぽいかんじで菜の花とか卵とか、ぽわんぽわんっていうかんじ。

それとは全く異なこの方ですが、レーベルのサイトで試聴してみましたけど、すごいミキシングだったりで楽しいですね。
70年代って60年代からいっきに技術力や情報化が進んだためか洋服もそうだけど、表現のバリエーションがとても豊かになった印象があります。
なので個性の出し方・アプローチもとても激烈になっている気が..最近そんな風に思うのです。なんか面白いですね。

パイクマン

こんばんはー。

>テンプレート、やわらかいかんじになりましたね。ちょっと春っぽいかんじで菜の花とか卵とか、ぽわんぽわんっていうかんじ。

ドーナツかベーグルなんですけど、色が黄色でぽよよんとしてますね。菜の花とか卵っていい表現ですねー。
Windowsだともっとベージュに近い色なんですよ。

>それとは全く異なこの方ですが、レーベルのサイトで試聴してみましたけど、すごいミキシングだったりで楽しいですね。

えへへ。。
テンプレと、書いてる音楽の感じが違ってしまってすみません。
ミキシングに関してはすごく生々しいですね。

>70年代って60年代からいっきに技術力や情報化が進んだためか洋服もそうだけど、表現のバリエーションがとても豊かになった印象があります。
なので個性の出し方・アプローチもとても激烈になっている気が..最近そんな風に思うのです。なんか面白いですね。

ちょっとおばちゃんみたいに見えるけど大人っぽいルックスなのに強烈です、この方は(^ - ^;
音楽だったらなんでもあり!の時代は80年代だったと今でも思ってますけど、70年代も探してみると面白いのが出てきますね。ポップなサイケデリックにヒッピー文化も加わって、よりドラッギーでドぎつくなるのでしょうか。しかしセルダさんはトルコという土地柄だから生まれた音なのかも。。
  • URL
  • 2007/01/10 23:02

chitlin

パイクマンさん、こんばんは!
これはどこかの販売サイトで目にしました。その時は試聴できなかった覚えが。

極彩色に包まれそうな音像が素敵です。

>おとなしそうなジャケに騙されてはダメ
地味で売れない歌手のように見えますが、ホント大違いですねー。
  • URL
  • 2007/01/10 23:03

パイクマン

こんばんは!

>これはどこかの販売サイトで目にしました。その時は試聴できなかった覚えが。

そうだったんですか。
試聴してたら買ってた???かな。
……どうかな(^-^;)

>極彩色に包まれそうな音像が素敵で
す。

頭がグルグルしてきますネ♪
「次は何が出てくるんだろう」って、あちこちから出てくるいろんな楽器の音が楽しくて楽しくてしょうがないのです。

>>おとなしそうなジャケに騙されてはダメ
>地味で売れない歌手のように見えますが、ホント大違いですねー。

そうです。
騙されてはいけません(^^)
こんなジャケ写真(他のアルバムのジャケもそうみたいなんだけど…笑)ですけど、平然とこんな狂ったようなサイケデリックな音楽やってるんですから。
  • URL
  • 2007/01/10 23:41

gogleman

こんばんはー

妖しい感じですね~パイクマンさん面目躍如系の隙間チック度も高めですね。
でもサイケデリック感もあり、たしかにカッコイイです。
これは要チェックしました。

テンプレもパイクマンさんが目がないというドーナッツですね。
&今月の【影響を受けた一曲】が…ヴォックス(独自略)のHymnに…
このアルバムは聞き込みましたね~今はどっか行っちゃってるんですけど(^^;
REAP THE WILD WINDやWE CAME TO DANCEなども好きでしたねー
懐かしの音源ありがとうございます!
  • URL
  • 2007/01/11 00:31

パイクマン

こんばんは♪

>妖しい感じですね~パイクマンさん面目躍如系の隙間チック度も高めですね。
でもサイケデリック感もあり、たしかにカッコイイです。
これは要チェックしました。

面目躍如系???
なんだろう、それ。バカでわからなかったので調べましたー(笑)

大いに面目をほどこすこと。 いかにもその人らしい特徴が表れ、世間の評価が高まるさま。 「―たるものがある」 面目を失う. 名誉を傷つけられる。 面目を凌しのぐ. 面目ないのをたえ忍ぶ。 面目を施す. ほまれを得る。 名誉を高める。 ...って書いてありました(笑)

これでひとつ利口になりました!
ありがとうございます。

音の方は確かに妖しい(怪しい カナ?)ですね。
サイケデリックだけではないファンキーなところやインドにいっちゃったキングクリムゾンみたいだったりして…かなりカッコいいと思いますよ♪

>テンプレもパイクマンさんが目がないというドーナッツですね。

いえ、ドーナツではなくCDですよ?!

>&今月の【影響を受けた一曲】が…ヴォックス(独自略)のHymnに…
このアルバムは聞き込みましたね~今はどっか行っちゃってるんですけど(^^;

ミッジ先生のウルトラヴォックスですからね~。
ジョンフォックス先生はいませんから^^;
Hymnはとてもヒットしました。

>REAP THE WILD WINDやWE CAME TO DANCEなども好きでしたねー
懐かしの音源ありがとうございます!

このアルバムの曲はどれも好きですが、ヴォックス(!)の曲はジョン・フォックス時代のも含めてどれも好きなんですよねー。
いいなぁ、ヴォックスは!!
  • URL
  • 2007/01/11 01:13

バニラ

パイクマンさーん☆

す、すごい!かっこいいです!!
いやはや☆やられました。

ギターの音、最高!ボーカル、最高!
民族っぽい音も最高です。
ちょっぴりプログレな感じも。。!!

頭をぶちぬかれた感じです。
おとなしそうなジャケに騙されては
なりませんね。ナニモノだー。

ありがとうございます!!
このアルバムほしくなりましたです。
か、かっこいい。。。。。
  • URL
  • 2007/01/11 01:28

パイクマン

こんばんは~!

>パイクマンさーん☆

す、すごい!かっこいいです!!
いやはや☆やられました。

>ギターの音、最高!ボーカル、最高!
民族っぽい音も最高です。
ちょっぴりプログレな感じも。。!!

良かった~!バニラさんも気に入ってくれて。
ほんとカッコいいと思ったんですよ。
カッコいいっていうのも語弊あるかな…とか(笑)
ギターがビリビリきますし、エコー(?)も凄いですし、ボーカルもハイ状態がずっと続いてます。

>頭をぶちぬかれた感じです。
おとなしそうなジャケに騙されては
なりませんね。ナニモノだー。

まだ現役なんだそうですが、やはり初期が飛んじゃってる感じらしいです。トルコ人ってとこもミソですねー。

>ありがとうございます!!
このアルバムほしくなりましたです。
か、かっこいい。。。。。

是非フルで聴いてもらいたい気持ち(笑)
休む暇がないですよ~。

トルコ料理と合わせてどうぞ♪
  • URL
  • 2007/01/11 01:41

片桐真央

トルコでサイケデリックといえば守備範囲の片桐と言います。
・・・まさか、パイクマンさんのところでSeldaさんの名前を目にするとは思っていませんでした。この強烈なトライバル・サイケは最高ですよね。めちゃハマリます。2ndアルバムはアナトリア・サイケのMogollarと一緒にまるでAmon Duul2のような混沌世界を展開してくれてこれまたナチュラル・ラリ坊になりそうです。
トルコは結構この手のサイケ系のアーティスト多いですよ(ま、昔からドイツと仲が良いせいもあるのかもしれませんが)。
  • URL
  • 2007/01/11 22:02

パイクマン

こんばんはー。

>トルコでサイケデリックといえば守備範囲の片桐と言います。
・・・まさか、パイクマンさんのところでSeldaさんの名前を目にするとは思っていませんでした。

「トルコ」と聞いて片桐さん思い出しましたが、片桐さんも書いてましたかね?調べないで書いてしまいましたけど、これから調べてみます。

>この強烈なトライバル・サイケは最高ですよね。めちゃハマリます。

トライバル・サイケと言うんですか。
めちゃくちゃ気に入りましたが、なんでこんな発狂しそうな度サイケ度合いなんでしょうか(笑)

>2ndアルバムはアナトリア・サイケのMogollarと一緒にまるで Amon Duul2のような混沌世界を展開してくれてこれまたナチュラル・ラリ坊になりそうです。
トルコは結構この手のサイケ系のアーティスト多いですよ(ま、昔からドイツと仲が良いせいもあるのかもしれませんが)。

おお!では今度は2ndを入手します。
アナトリア・サイケときたか!!
サイケでも種類がそんなにあるとは知らなかった…^^;
聴き比べるのが楽しみですよ♪
一日中ナチュラル・ラリ嬢になります!!
  • URL
  • 2007/01/11 22:58

片桐真央

中近東からバルカン半島の音楽が好きな片桐と言います。
>トライバル・サイケと言うんですか
・・基本的にサイケ系の音楽の中でも民族音楽色が濃く、リズムも強調したものをトライバル・サイケと呼び、リズムを排した瞑想的な方(広い意味ではビートルズのインド趣味も入りますが。。。)をメディテーション・サイケとか呼びます(ま、呼び方はいろいろあるんすよ・・・笑)。

>アナトリア・サイケときたか!!
・・・トルコのサイケ系はSeldaさんを筆頭にアナトリア出身で民族音楽をメインとしたアナトリア系と、アンカラ、イスタンブールを中心としたヨーロッパ系の2つに大別されますよ。当然面白さはアナトリア、グチャグチャ度はヨーロッパです(爆)。

・・・あまりBlogには登場させないマニア殿高い音源はここから買っていたりします。(国内ですよ)
http://meditations.jp/shop/items.php?kw=Turkey%20/%20%83g%83%8B%83R
  • URL
  • 2007/01/12 00:35

パイクマン

>中近東からバルカン半島の音楽が好きな片桐と言います。

あまりこだわらずに、興味のある音を無差別(バラバラ)に聴いてしまうパイクマンと言います(^^;)

>・・基本的にサイケ系の音楽の中でも民族音楽色が濃く、リズムも強調したものをトライバル・サイケと呼び、リズムを排した瞑想的な方(広い意味ではビートルズのインド趣味も入りますが。。。)をメディテーション・サイケとか呼びます(ま、呼び方はいろいろあるんすよ・・・笑)。

そうなんですか~。上で書いてくれた片桐さんのコメントは永久保存版ですね。わかりやすく書いて下さって有り難うございます♪
説明を読んだ限りでは、メディテーション・サイケよりもトライバル・サイケの方が好みかもしれません。が、ちゃんと聴いて比較しないとわかりませんねー。

>>アナトリア・サイケときたか!!
>・・・トルコのサイケ系はSeldaさんを筆頭にアナトリア出身で民族音楽をメインとしたアナトリア系と、アンカラ、イスタンブールを中心としたヨーロッパ系の2つに大別されますよ。当然面白さはアナトリア、グチャグチャ度はヨーロッパです(爆)。

アナトリアとは地方を指すのですねー。
私はアナトリア好きかもしれません。
とすると、Seldaさんはアナトリア系のトライバル・サイケということか?!

>・・・あまりBlogには登場させないマニア殿高い音源はここから買っていたりします。(国内ですよ)
http://meditations.jp/shop/items.php?kw=Turkey%20/%20%83g%83%8B%83R

「Blogには登場させない」って……。
今も「不条理さん」は充分マニアックですけれども、
さらにマニア音源がたくさんあるんですねー(笑)
私もいまにこういうレコード屋さんで買う時がくるのかしらん。。
でも興味あるのでじっくり拝見させて頂きま~す。
Seldaさんの2ndも容易に手に入りそうで安心です(でもAMAZONで買うと思います。)

片桐さんも書いてらっしゃるかと思って
「不条理音盤委員会 Selda」で検索したんですが、見つからなかったのですけども、Seldaさんもマニア度が高すぎたのか…(^^;)
  • URL
  • 2007/01/12 01:22

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。