スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A HAWK AND A HACKSAW「THE WAY THE WIND BLOWS」

  • 2006/11/10 22:35
  • Category: H
ahawkandahacksaw.gif

「Neutral Milk Hotel」や「Bablicon」のメンバーで、「Bright Eyes」や「Broadcast」のドラマーのJeremy Barnes(ジェレミー・バーンズ)が結成したバンド、ア・ホーク・アンド・ア・ハックソウの3rdアルバム。哀愁の東ヨーロッパ紀行。バルカンフォーク!

■ジェレミー・バーンズの名前が気になったのは、以前書いた「BEIRUT」のアルバムに名前があったからで、このアルバムにはその「BEIRUT」の中心人物であるZach Condonも参加しています。 

ブラス(トランペット、サックス、チューバ)、アコーディオン、ピアノ、パーカッション、ストリングス(バイオリン、ビオラ)による、東欧の伝統ミュージックから、マリアッチ、アメリカン・フォークまで昇華したシブいボーダーレスミュージック。

インストと重唱(2,3人)による曲で構成された悲しげな旋律が特徴的な民族の歴史を思わせるかの様な味わい深い楽曲に加え、厚みあるリズミカルなブラス隊のマーチなどは、迫力があってスリングにも聴こえます。

このバンドがどこまで東欧の伝統ミュージックに近いのかはわからないですが、村で行われる結婚式やお葬式に呼ばれるブラスバンドや、街からちょっと外れた公園のアコーディオン弾きなど、東欧の国々のあちこちから聴こえる音風景を脚色したようなアルバムだと思っていただければわかりやすいと思います。

一度こういう音にハマると逃れられません。。

【2006/THE LEAF LABEL】

A Hawk And Hacksaw
myspace.com

In the River
There Is a River in Galisteo

:::購入先::: AMAZON

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/477-36797c1f

Comment

溜め息

こんばんは~。
まさか、ニュートラル・ミルク・ホテルやブライト・アイズで活動してたとは思いませんでした。
個人的に、こういう伝統的な要素を上手に取り入れたバンドに弱いです。もの悲しい感じも今の季節にぴったりだし、これを聴きながらメソメソするのも良さそうですね(笑)。
LEAF LABELも気になってます。
  • URL
  • 2006/11/10 23:54

miura

毎度~!
ここしばらくこのアルバムよく聴いていましたよ。好きですよ、このアルバム。
確かルーマニアという国名に惹かれてワルシャワさんで買いました。
ルーマニアには行ったことがないのでイメージはやっぱり大雑把な東欧になってしまうのですけど...。
90年代初頭前後のピーター・グリーナウェイ映画のマイケル・ナイマン?って思ったり。
それはそれとしても馴染めるんですよね~こういうもやがかかったような(音像は明瞭ですけど)寒~い(いや、これも聴き方によっては濃く熱い)空気感...これ以外はA HAWK AND A HACKSAWは聴いていないので少しづつ聴いていければいいかなと思っています。

意識はしていませんが、映像を換気させられるような音に反応がいくようです。やっぱり職業病でしょうかしら??(笑)じゃなくて、そうだから職業になってるのですよね、と書きながら思いつきましたです。

iTunesのPodcastのdublabで短いですけどスタジオライブも聴けました。

Bonne nuit!

パイクマン

こんばんは!

>まさか、ニュートラル・ミルク・ホテルやブライト・アイズで活動してたとは思いませんでした。

ニュートラル・ミルク・ホテルの初期のメンバーだったようですよ。

>個人的に、こういう伝統的な要素を上手に取り入れたバンドに弱いです。もの悲しい感じも今の季節にぴったりだし、これを聴きながらメソメソするのも良さそうですね(笑)。

私もこういうの弱いです。もの悲しい感じはあるんですけど、力強さも感じられるところは伝統音楽の重みかもしれませんね。
私はメソメソ状態が9月から続いていましたが最近はメソメソは直りました(汗)
溜め息さんがなんでメソメソしているのかわかりませんけど、バイトでもすれば直るかもしれません(笑)
私は学生の頃から一人暮らしなのでバイトせずにはいられませんでしたねー。
田舎の両親は反対したんですけど、好奇心が勝ってこっそりバイトやってたなぁ。ま、否応無しに来年から社会人になるのだから、今のうち遊んでおけばいいのでは?お金がなくなったらCDを売りましょう(笑)
そちらには書きにくかったのでここに書かせてもらいましたよ~。

>LEAF LABELも気になってます。

そうですね♪
私も好きなアーティストがここから出しています。
Hanne Hukkelbergとか、Psappとか。
この辺は溜め息さんとはちょっと好みが違うかもしれませんけど。
  • URL
  • 2006/11/11 00:35

パイクマン

毎度で~す!

>ここしばらくこのアルバムよく聴いていましたよ。好きですよ、このアルバム。
確かルーマニアという国名に惹かれてワルシャワさんで買いました。
ルーマニアには行ったことがないのでイメージはやっぱり大雑把な東欧になってしまうのですけど...。

そうでしたか、良く聴いていましたか♪
このアルバム、ワルシャワでも扱っていたんですよね~。
以前、「他店に買いに行ったら取り寄せになってしまって内金を払って、他のアルバムを買った」っていうことを記事に書いたんですけど、取り寄せたアルバムってこのアルバムなんです(泣)
素直にワルシャワで買えば良かったと思ってます。

ルーマニアのバルカンフォークグループがこのアルバムに参加しているようです。ジェレミー・バーンズがリスペクトしているグループらしいですよ。

>90年代初頭前後のピーター・グリーナウェイ映画のマイケル・ナイマン?って思ったり。
それはそれとしても馴染めるんですよね~こういうもやがかかったような(音像は明瞭ですけど)寒~い(いや、これも聴き方によっては濃く熱い)空気感... これ以外はA HAWK AND A HACKSAWは聴いていないので少しづつ聴いていければいいかなと思っています。

マイケル・ナイマンは作品によって好き嫌いがあるんです。
でもこういう作風だったらいいですね♪
前作とはそんなに変わりませんが、今作の方が若干しっとりしているのかもしれませんよ。あくまでも前作は数曲試聴しただけですけども^^;

>意識はしていませんが、映像を換気させられるような音に反応がいくようです。やっぱり職業病でしょうかしら??(笑)じゃなくて、そうだから職業になってるのですよね、と書きながら思いつきましたです。

miuraさんはお仕事の為にも、良い音楽を聴いていった方がいいと思います!!

東欧の映画(ブルガリアとかセルビアとかルーマニアとか??)を観たら、こういう音楽が使われているのだろうな~と思ってしまいます。
今までに観た事あるかなぁ。
…「白猫 黒猫」というユーゴスラビアの映画は、このアルバムのような音楽が使われていました。

>iTunesのPodcastのdublabで短いですけどスタジオライブも聴けました。

ええ、そうなのですか。試してみます!
Bonne nuitで~す。
  • URL
  • 2006/11/11 01:07

gogleman

私も毎度~
またまた変わった音楽ですね~ブロードキャストマニアなわたくしですが(少しウソ)
これはその面影は一切感じられないぶっ飛び具合ですね~素敵です。
以前のBEIRUTもそうなんですが、マリアッチが相当好きな方々なようですね。
お蔭さまでこちらまでマリアッチ気になりだし&好きになりそうです…
この傾向は今風なのでしょうか?さすが流行最前線発信基地のAntenna.blogです。
  • URL
  • 2006/11/11 02:20

パイクマン

こんばんは。

>またまた変わった音楽ですね~ブロードキャストマニアなわたくしですが(少しウソ)これはその面影は一切感じられないぶっ飛び具合ですね~素敵です。

goglemanさんはブロードキャストも聴くんですね^^
いつものエントリーにはあり得なさそうなジャンルです。
ぶっ飛びだとは思わないんですけど、こういうのがぶっ飛びだと思うってことは、
goglemanさんには新鮮に聴こえるということなんですね♪

>以前のBEIRUTもそうなんですが、マリアッチが相当好きな方々なようですね。
お蔭さまでこちらまでマリアッチ気になりだし&好きになりそうです…
この傾向は今風なのでしょうか?

マリアッチっぽくもありますが、バルカン地方の伝統音楽に近いようです。
この傾向が今風なのかどうかわかる手段がないので…というのも、試聴して気にいったら買うというスタイルがずっと続いているので。
多分今風ということではないと思いますよ.

>さすが流行最前線発信基地のAntenna.blogです。

むしろ、流行最前線より後退しているブログです!!!
  • URL
  • 2006/11/11 22:08

溜め息

こんにちは~。
先日変えると言っていたブログ名ですが、本日「立ち食いアジテーション」に変更しましたので、お手数ですがブログ名の変更をお願いします。
用件のみでスミマセン。。
  • URL
  • 2006/11/12 14:12

片桐真央

バルカン半島音楽ファンの片桐と言います。
あ、これもいつかはやろうと思っていたのに(笑)。
これって、もろロマ・ミュージックですよね。Beirutの方は割とイメージ主体で作った東欧風という感じでしたが、こちらは現地のミュージシャンも参加していることもあって、結構本格的だと思います。
ハンガリーのチャルダッシュやブルガリアのコパニスタに近い雰囲気をもちながらいたるところで中近東色の香りがするところもまた個人的には非常に気に入っています。
この方面ではBalkan Horses Bandというオールスターズ的なユニットが最高ですよ。多分ザビエルで入手可能だと思います。
http://www.mp3.de/musik/genre/band/100000/282513/1
  • URL
  • 2006/11/12 14:15

パイクマン

v-15溜め息さんへ

こんばんは。

>先日変えると言っていたブログ名ですが、本日「立ち食いアジテーション」に変更しましたので、お手数ですがブログ名の変更をお願いします。
用件のみでスミマセン。。

はい、了解しました(^-^)/
立ち食いなんすね!


v-15片桐真央さんへ

こんばんは。

>バルカン半島音楽ファンの片桐と言います。
あ、これもいつかはやろうと思っていたのに(笑)。

あ、、、すみません。またやってもうた。。
でも、片桐さん!この3rdだ出たのって結構前ですよ~^^;

>これって、もろロマ・ミュージックですよね。Beirutの方は割とイメージ主体で作った東欧風という感じでしたが、こちらは現地のミュージシャンも参加していることもあって、結構本格的だと思います。

今日はこの街、明日はどこぞ…みたいな(笑)、
さすらい人の哀愁が音楽に感じられます。
Beirutよりもズシリとくるのは本格的なせいなんですよねー。

>ハンガリーのチャルダッシュやブルガリアのコパニスタに近い雰囲気をもちながらいたるところで中近東色の香りがするところもまた個人的には非常に気に入っています。
この方面ではBalkan Horses Bandというオールスターズ的なユニットが最高ですよ。多分ザビエルで入手可能だと思います。
http://www.mp3.de/musik/genre/band/100000/282513/1

ハンガリーのチャルダッシュやブルガリアのコパニスタは、わからないです。
すみません^^;
確かに中近東を感じるフレーズが出てくるので、それも気になっていました。
ザビエルで入手可能、ということはザビエルとかでしか買えないアーティスト(笑)ということが全てを物語っているかもしれませんネオンプ
試聴してみたら、使われている楽器が明らかに違いますね。
よって雰囲気も違っていて、土臭い感じがするところなどはもろ片桐さんの好みのような気がしました。私のようなロック上がりの鼻下野郎にはちと重いかもしれませんが、よいバンドを教えて頂きました。
毎度有り難うございます★
  • URL
  • 2006/11/12 22:40

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。