スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JOANNA NEWSOM「Ys」

  • 2006/11/06 22:50
  • Category: J
20061105231735.gif

ハープの弾き語りで注目を浴びたカリフォルニア出身の女性アーティスト、ジョアンナ・ニューサム。プロデュース&アレンジにヴァン・ダイク・パークスを、録音にスティーブ・アルビニを、ミックスにジム・オルークを迎えた2ndアルバム。

一話12分で読む5篇の童話集。だと思った。
1stアルバムは、何も飾らないまっ裸な彼女自身だった。
そしてこの2ndアルバムでは、突然ストーリーテラーになってしまった。

joannanewsom3gif.gifハープと、ギター、パーカッション、バンジョー、マンドリン、そして総勢32人のオーケストラを従え、バンドスコアから練りに練った緻密なクラシカルなアレンジによる壮大なスケールの楽曲。約12分の曲が5曲で、クラシックの組曲の様な構成ともいっていい。

美しいメロディ(個人的にはケイト・ブッシュに似てきたと思う。)を童女のような声質で、静かに…そして時に激しく抑揚をつけながら唄い、前作の時とは発声の仕方を少し変えたようで自然に聴こえる。しかし今回はファルセットも駆使して表現に一層磨きがかかった印象。

曲の長さに比例して、歌詩はイマジネーション豊かな怪物のように長く、それでも溢れ出てくる詩のほんの一部を描写したに過ぎないのだろう。ちなみに、アルバムタイトル「Ys」(イース)は、フランスのブルターニュ地方の一夜にして消えた都市のことらしい。


内容に圧倒され「参りました」とひれ伏しても、このアルバムをうまく形容する言葉も見つからずに、「ハープを抱えた天女がこの世に舞い降りた」としか言えないのでした。

*ひとこと追加です!
このアルバムは一曲が長い為、ある程度リスナーの耐久性も必要になるかと‥。

【2006/DRAG CITY】


Drag City

myspace.com

Emily

:::購入先::: TOWER RECORDS
AMAZONはコチラ(日本盤)


おまけ映像
~YOU TUBE~

ハープから離れて突然歌い出すJoanna Newsom。
堂々としてて好き


アルバム「Ys」収録の曲かな?ライブ映像です。
<

Pagination

Trackback

Joanna Newsom / YS from No Need To Argue

■Amazon.co.jpJoanna Newsom / YS■Myspaceは現在消失中■試聴Listen.jphttp://listen.jp/store/album_pcd24181.htmJoannaがDJをした時のもの(?)&quot;Emily&quot;&quot;Monkey & Bear&quot;&quot;Only Skin&quot;の3曲がフル試聴できます。その他Van Dyke ParksやSandy
  • 2006/12/07 23:12

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/475-6196b1c1

Comment

溜め息

こんばんは~。
すごい豪華な人達にサポートしてもらってますね!
1stの頃からこの人のことすごく気になってたんですが、実は声が苦手だったりしました。でも、今作でヴォーカルもちょっと変えたようですね。いい機会なので、また聴いてみたいと思います^^
  • URL
  • 2006/11/06 23:05

miura

こんばんは。

>一話12分で読む5篇の童話集。だと思った。

全く同感です。

>1stアルバムは、何も飾らないまっ裸な彼女自身だった。
そしてこの2ndアルバムでは、突然ストーリーテラーになってしまった。

全く同感。

>美しいメロディ(個人的にはケイト・ブッシュに似てきたと思う。)

やはりそう思いました。

とても美しく、曲も素晴らしいと思いました。...が、僕にはスケールが大きすぎるのか、ファーストのコンパクトでまっすぐなかんじが馴染めてしまってたりもします。最初こちらの2ndを聴いた時、オーバープロデュースなのでは..なんてVanDykeParksさん(こちらも好き)には失礼ながら思ったり、言葉が多過ぎ..なんて、全くもって失礼なことも感じてしまったのでした...。
でも、まだ聴いたばっかりだし、好きなことには違いはないのだからじっくり時間をかけて聴いてみようと思っています。
いえ、ほんと美しいですね。

パイクマン

こんばんは!

>こんばんは~。
すごい豪華な人達にサポートしてもらってますね!

そうなんです。
特にヴァン・ダイク・パークスにビックリなんですが、(あっそんなに詳しくない)、綺麗なアレンジをしていて、それでいて出しゃばらずな感じです。
でも圧倒的存在感のJoannaさんにこんなロック界の仕掛人が集まらなくても大丈夫という気もするんですけど(ライブはほとんど彼女一人だし)、レーベル側の意気込みも伝わってきます。

>1stの頃からこの人のことすごく気になってたんですが、実は声が苦手だったりしました。でも、今作でヴォーカルもちょっと変えたようですね。いい機会なので、また聴いてみたいと思います^^

そうですか、声が苦手だとどうしようもないかもしれません。
ギーっていうような、喉をわざと締めたような歌い方は少なくなりましたけど…。
あっ、でも機会があったら聴いてくださいネ♪
  • URL
  • 2006/11/06 23:42

パイクマン

今晩は!

>>一話12分で読む5篇の童話集。だと思った。
>全く同感です。

ありがとうございます^^

>>1stアルバムは、何も飾らないまっ裸な彼女自身だった。
そしてこの2ndアルバムでは、突然ストーリーテラーになってしまった。
>全く同感。

ありがとうございます^^

>>美しいメロディ(個人的にはケイト・ブッシュに似てきたと思う。)
>やはりそう思いました。

ありがとうございます^^

>とても美しく、曲も素晴らしいと思いました。...が、僕にはスケールが大きすぎるのか、ファーストのコンパクトでまっすぐなかんじが馴染めてしまってたりもします。最初こちらの2ndを聴いた時、オーバープロデュースなのでは..なんてVanDykeParksさん(こちらも好き)には失礼ながら思ったり、言葉が多過ぎ..なんて、全くもって失礼なことも感じてしまったのでした...。

最初は曲が同じように聴こえてしまいましたが、繰り返し聴くうちにそれぞれの曲の個性が少しづつですが掴めるようになってきました。
でも、確かにスケールが大き過ぎで難解かもしれないですね。
しかし、この冒険には頭が下がります。

(私が上で書いたコメントとmiuraさんが書いてくれたコメントの時間が重なったようなのですが…)

オーケストラなどは控えめに感じたのですが、彼女のハープの音色に邪魔だと感じた部分もありました。ただ、言葉の多さ(歌詞)を考えると、バックに音がないとバランスが取れないとかで、こんな大袈裟なプロデュース(主に音数)になったことも考えられますねー。

>でも、まだ聴いたばっかりだし、好きなことには違いはないのだからじっくり時間をかけて聴いてみようと思っています。
いえ、ほんと美しいですね。

美しいし、一度聴き始めるとのめり込んでしまいます♪
  • URL
  • 2006/11/07 00:00

片桐真央

早速買いましたか、仕事が早いですね(笑)。
このアルバムはある意味でアメリカ的な色が濃いアルバムのような気がします。優雅なストリングスの中に隠された陰影のようなものも含めた寓話的な感覚と言うべきか。。。。。
まぁ、豪華面子のせいもあるんでしょうが・・・滝汗。
個人的にはちょっとストリングが過剰かな?という気がします。歌い方は随分コントロールしているようですね。1STとはかなり印象が違いますよね?
  • URL
  • 2006/11/07 14:01

パイクマン

こんにちは!

>早速買いましたか、仕事が早いですね(笑)。

4日に買っていたんですが(笑)、聴き込むのに時間がかかりました。

>このアルバムはある意味でアメリカ的な色が濃いアルバムのような気がします。優雅なストリングスの中に隠された陰影のようなものも含めた寓話的な感覚と言うべきか。。。。。
まぁ、豪華面子のせいもあるんでしょうが・・・滝汗。

ろくにライナーも読んでいないんですが、彼女自体はアメリカの古いフォークシンガーに影響されたり、カレッジで学んだ作曲法もアメリカナイズされたもののようだったようですね。
全体には寓話的なところありますね!そこが好きです。
アメリカってどうも派手なイメージがあるので、こんな風にオーケストラなんか使ったら、バンバン前へ出るアレンジとかしそうなのに、私はとても繊細にやっていると思いました。まぁ、面子が面子なので(笑)

>個人的にはちょっとストリングが過剰かな?という気がします。歌い方は随分コントロールしているようですね。1STとはかなり印象が違いますよね?

ストリングスはなきゃないでいいですよね!
ハープがポロンポロンという音色なので、フルートとかならいっぱい絡んでもいいのにと思いましたよー。

歌い方なんですが、特に最後の2曲などは、声の出し方が戸川純か?と思いましたー(笑)。
1stの歌い方とは違って2ndは大人の歌に聴こえましたね♪
  • URL
  • 2006/11/07 15:38

バニラ

パイクマンさん、こんにちはー。

ジョアンナニューサムだー!って嬉しくなりました。

歌い方、変わりましたねー。ビックリ。
まえの歌い方の時は、個性的な声の人だなあってそればかり
思ってましたが、この分はうまいなあって思いました。

どちらも好きですが、まえの意外な感じのする歌い方が
面白かった感じがします。
2ndアルバムの歌の方が、安心して聴けるけれど。

ほんとすごい人にサポートしてもらってますね。。

ハープなしで歌ってるの、いい味出してますね☆
さすがミュージシャンだと思いました。
ミュージシャンというよりか表現者!です。

しかし歌い方、驚いたーー。


BRIAN ENO のThird Uncle 、好きですーー!
バウハウスとまた違ってね。
さすがイーノさまだ。


  • URL
  • 2006/11/07 15:59

オオシマ

こんにちは。
前作は苦手だったので買わないつもりでしたが、パイクマンさんが「参りました」とひれ伏しても、このアルバムをうまく形容する言葉も見つからないくらいなのなら買わないといけませんね!

ヴァン・ダイク・パークスとスティーブ・アルビニ!
ミックスもアルビニさんでよいのに。
  • URL
  • 2006/11/07 18:02

パイクマン

バニラさん、こんばんは。

>ジョアンナニューサムだー!って嬉しくなりました。

ジョアンナ.ニューサムで~す♪

>歌い方、変わりましたねー。ビックリ。
まえの歌い方の時は、個性的な声の人だなあってそればかり
思ってましたが、この分はうまいなあって思いました。

どちらも好きですが、まえの意外な感じのする歌い方が
面白かった感じがします。
2ndアルバムの歌の方が、安心して聴けるけれど。

前作はまず最初に声でやられましたよね!
あれが普通の声や歌い方なのかと思ってたら、今作は違ってるし…
(声変わり?とか思ったり…^^;)
隠れた才能がまだまだありそうです!
あと、1stの方の曲はなんとなく歌えるけど、2ndの曲はなかなか頭に浮かんで来ないので難しいです。そういう意味でも私も1stの方が愛着はあります。

>ほんとすごい人にサポートしてもらってますね。。

これでもかってくらい(笑)

>ハープなしで歌ってるの、いい味出してますね☆
さすがミュージシャンだと思いました。
ミュージシャンというよりか表現者!です。

しかし歌い方、驚いたーー。

会場がガヤガヤしてて、少し頭に来たのかな?!
なんて考えてしまいましたー^^;
だって動きながら歌い出してるし!
考え過ぎかな。。

>BRIAN ENO のThird Uncle 、好きですーー!
バウハウスとまた違ってね。
さすがイーノさまだ。

バニラさんも1stアルバム書いてましたね、あれっ3rdかな?
(間違ってたらごめんなさい。。)
Third Uncle、カッコいいよねー!!(*^^*)

HPの方はちょこちょこ読ませて頂いていますよ。
「フレンチ」のところでブリジット・フォンティーヌなど出てきてうれしいですよ!時々読んじゃうもんねー(笑)
  • URL
  • 2006/11/07 18:04

パイクマン

こんばんはー。

>前作は苦手だったので買わないつもりでしたが、パイクマンさんが「参りました」とひれ伏しても、このアルバムをうまく形容する言葉も見つからないくらいなのなら買わないといけませんね!

ありゃ、聴いて良くなかったら責任を負わねばいけませんねー。
オオシマさん、前作は苦手だったんですね^^;
今作は…ジャンルとしての「ロック」って、今や多岐な音楽に渡って使われていますが、「ロック」で収まなずに、広い意味での「音楽アルバム」という感じがします。クラシックの分野の人が聴いても納得できそうな。。

という意味で参りましたです^^

>ヴァン・ダイク・パークスとスティーブ・アルビニ!
ミックスもアルビニさんでよいのに。

もうちょっとザラーっとした感じになるやもしれませんね!
今のままでも美しいのですけども…。

なんか…俄然、アルビニがミックスしたのも聴いてみたくなりましたー。
面白そう!
アルビニとジム・オルークのミックス違いの2種類を発売して、
好みの盤を買えたりなんかしたら
…なんて空想をしてしまってま~す♪
  • URL
  • 2006/11/07 18:16

gogleman

こんばんはー
相変わらず不思議な音楽ですね。けれど歌声はビョークなんですね。
そこら辺の評価というか批評的な事は言われてないのでしょうか?
多分散々言われてると思いますけれど(^^;
ハープを弾くビョーク、という事ではオリジナリティありますよね。
&やはり少しビョークばりの情念系でもありますね~
パイクマンさんのイメージにもぴったりです!
  • URL
  • 2006/11/09 00:58

パイクマン

こんばんはー!
夜更かしで~す^^

>相変わらず不思議な音楽ですね。けれど歌声はビョークなんですね。
そこら辺の評価というか批評的な事は言われてないのでしょうか?
多分散々言われてると思いますけれど(^^;

歌声はビョークなんでしょうか?
ちょっと赤ちゃんぽいですかね。
1stがあまりにもインパクトがあって、そんなこと思いませんでしたけど
そう言われればそうかもしれません。

私、今思ったんですけどこういう歌い方とか子供っぽい声とかに惹かれるのは
女性の方に多いと思うんですけど、それは赤ちゃんや子供の声を思い起こさせるからではないのですかねー。母性が目覚めるというか、守らなくちゃ、とか!

>ハープを弾くビョーク、という事ではオリジナリティありますよね。
&やはり少しビョークばりの情念系でもありますね~

情念って、奥深く眠る怖い情念もあるんですけど、欲求を素直に表現するとも言えると思うんですけど、そういう意味では情念系好きです(笑)
自分がそうだし、それってやっぱり赤ちゃんっぽいでしょ??(笑)
ただ、アーティストの方向性を考えると、ビョークよりケイト・ブッシュに近いものがあるようです。漠然とですがそう思います。

>パイクマンさんのイメージにもぴったりです!

有り難うございます♪
お礼を言っていいのかわからないけど、眠いから褒め言葉に取りま~す(^^;)
  • URL
  • 2006/11/09 01:46

miura

このアルバム、しっかりとなじんできました。
とっても素晴らしいです!

やっぱりJoanna Newsomさんのパーソナリティー、個の力といいますか...が聴いているうちに際立ってきた気がしています。しっかし強い個性(自我/表現欲求)、巻き込まれて知らず知らずのうちに感情移入してますもの。

他にもパイクマンさんが紹介された後、いろいろ感じ入るアルバムが多々ありますよん。
とりあえず、Joanna Newsomさんで。
失礼~!!

パイクマン

こんばんはー。

>このアルバム、しっかりとなじんできました。
とっても素晴らしいです!

購入されたんですね。
リスナーの忍耐力も必要なので、「いいアルバム」とは言えないのでは…と
思ったりもしましたが、じっくり聴けば聴くほどアーティスティックなアルバム
だと思います。

>やっぱりJoanna Newsomさんのパーソナリティー、個の力といいますか...が聴いているうちに際立ってきた気がしています。しっかし強い個性(自我/表現欲求)、巻き込まれて知らず知らずのうちに感情移入してますもの。

あんな可愛らしい外見のどこにあんな情熱が!!なんて思うのでありますが
すっごい自信に満ちあふれていて、それでいて慎ましやかな人なのだそうです。
自信のある人はきっと慎み深いのですね。
私もそういう人を目指したいです(笑)
感情移入はしてしまいます。いつの間にか手に汗握って聴いてたりして…。
というか、言葉を失いながら聴いてしまうというか。。

>他にもパイクマンさんが紹介された後、いろいろ感じ入るアルバムが多々ありますよん。
とりあえず、Joanna Newsomさんで。
失礼~!!

うへっ、ありがとうございま~すm(_ _)m
照れますネ
聴いて失敗したアルバムなんかもこっそり教えて下さい!
…な~んて^^;
  • URL
  • 2006/11/28 00:16

orangeflower

こんばんは。
というわけでTBさせていただきました。

好きですこのアルバム。
パイクマンさんとこのへんのアルバムの好みが合うのが一番嬉しいですw

ビョーク系って書いてしまったけど、ビョークは人間的というかすごいパワフルなんですよね。でもこの人は別の方向。どっちかというとケイトブッシュの方向だけど、ケイトはもっと魔性のものというか(笑)そんな感じがする。
どんな方向に行くのでしょうか。今から楽しみです。1stもかなり癖があったと思うのですよね。

パイクマン

こんばんはー。

>というわけでTBさせていただきました。

あ~~、orangeflowerさん、どうもありがとうございます。
気を遣わせてしまって申し訳なかったですm(_ _)m
でも、今度昼間の時間帯にチャレンジしてみます。
(このままじゃいけないので…汗)

>好きですこのアルバム。
パイクマンさんとこのへんのアルバムの好みが合うのが一番嬉しいですw

私もorangeflowerさんと好みとか、好きな部分が合って嬉しいですよ~♪
ものすごくアーティスティックな見方をしたorangeflowerさんの評価の仕方
とか、厳しいところも含めて時々ピタッと合うようです。
(意味が伝わらないかも…^^;)

>ビョーク系って書いてしまったけど、ビョークは人間的というかすごいパワフルなんですよね。でもこの人は別の方向。どっちかというとケイトブッシュの方向だけど、ケイトはもっと魔性のものというか(笑)そんな感じがする。
どんな方向に行くのでしょうか。今から楽しみです。1stもかなり癖があったと思うのですよね。

ジョアンナ・ニューサムに関してはビョークって浮かばなかったです。
1stアルバムで、もうなんというかそのまんまジョアンナ.ニューサムの個性に
惹き付けられたので。この2ndアルバムで、もうビョークでもなくケイト・ブッシュでもなく、ナニナニとかではなくて、「ジョアンナ・ニューサム」として確立されたのかもしれませんよね♪
  • URL
  • 2006/12/07 23:42

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。