スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DAVID BOWIE「LODGER」

  • 2006/11/02 20:34
  • Category: D
いかん!ブログを書いている間にデヴィッド・ボウイのお薦めアルバムを書くというのが目標の一つということをすっかり忘れていました

lodger.gif

この「Lodger」は『ベルリン三部作』と言われている3枚のうちの一番最後のアルバムで、ボウイのソロ作としてはカヴァーアルバムやライブアルバムを含めて15枚目。

David Bowie (1967)
Space Oddity (1969)(書きました。)
The Man Who Sold The World (1970)
Hunky Dory (1971)
Ziggy Stardust (1972)
Aladdin Sane (1973)
Pin Ups (1973)
Diamond Dogs (1974)
David Live (1974)
Young Americans (1975)
Station To Station (1976)
Low (1977)
"Heroes" (1977)
Stage (1978)
Lodger (1979)
Scary Monsters(1980)(書きました。)

『ベルリン三部作』(精神状態が悪くなったボウイがベルリンで過ごし、その時期に作られた3枚のアルバムのこと。)の前二作「Low」「Heroes」でのブライアン・イーノのシンセを起用したインストは一切含まれていないポップ回帰の作品で、特に大きなヒット曲がないこともあって、ファンの間では評価が低めのアルバムなんですが、逆にボウイのファンでない人、特にボウイのシングルヒット作が嫌いな方々が好きになれるのではないかという逆療法?でもってお薦めます。

私自身はこのアルバムが大好きなんですが、その理由としては、このアルバムの中でのボウイは本来のスターの座を放棄し、Lodger(間借り人)というタイトルからもわかる通り、異国人という立場で世界を覗いており、なんとも頼りなくて情けない心情が音にも出ていて、歌もどこかひょろひょろとしていて親しみが湧くからです。

ブライアン・イーノは前作に引き続き参加しつつもその影を潜め、エイドリアン・ブリュー(ex.キング・クリムゾンなどに在籍したギタリスト)が初参加していることも大きく影響し、当時注目を浴びたワールド・ミュージックを取り入れたアレンジも垣間見られ、全体にオリエンタルな雰囲気に包まれたポップ曲が揃っておりますね。
もちろんエイドリアン・ブリューのギターはところどころで炸裂してるんですけど、各プレイヤーの領域のバランスが取れていて、時々現れるヴァイオリンもいいアレンジをしていて好きです。

●アフリカンなリズムが躍動感に満ち、ボウイの早口が冴えるM-2の“African Night Flight”
●テープの逆回転を利用したサウンド(何の曲を逆回転にしたかは忘れた!)が印象的なM-3の“Move On”
●オリエンタルなシンセのフレーズとボウイのひょろ~っとしたヴォーカルがなんともいえない表情を作ったとぼけたようなM-4の“Yassassin”
●エイドリアン・ブリューのうねるようなギターが技巧的な
M-5“Red Sails”

(確か)少しだけヒットした3曲
M-6の“D.J.”
M-7の“Look Back in Anger”(この曲のタイトル「怒りを込めて振り返れ」がいいですねー。)
M-8の“Boys Keep Swinging”
などなど。

大体、ベルリン三部作の3枚なんて、レコード会社が広告活動を一切やらずに放置してしまったアルバムなんで、このアルバムだって世間の(低い)評価なんてのもあてにならないわけですわ!
隠れた名盤をどうか聴いてくれ~!!

【1979/ EMI 】

:::購入先:::忘れました。
AMAZONはコチラ(試聴あり)

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/473-e8ff1f44

Comment

gogleman

うはっ間借人ですね。イイアルバムですよね。
少ないですが知ってるボウイのアルバム中2番目くらいに好きです(1番はわからないんですけどね…
ダサいジャケ(と一般的には言われてるようですがかっこいいですよね)の所為か?
ベルリン三部作中一番地味&おっしゃるように人気のないアルバムなのかもしれませんが、
個人的にやはり知ってるアルバム中一番不良な感じがして好きです。
ですがパイクマンさんの
>異国人という立場の頼りなくて情けない心情が音に出て、どっかひょろひょろとしていて親しみが湧くからです。
この見解&表現は非常に面白いです。
確かにその他アルバムではどこかというか大いに浮世ばなれしたボウイですが、このアルバムでは一番人間的かもしれません。
ということで私は不良という言葉を使いました。

地味とも言われてますが、LP(で持ってるので…)でいう所のB面初っ端3曲は今風にいうとアゲアゲですよね(笑
わかりやすい私はその3曲が特に好きなんですが、パイクマンさん的には、試聴の3曲なのでしょうね。
"African Night Flight"なんて男版ケイトブッシュって感もありますね!
>(何の曲を逆回転にしたかは忘れた!)
あげられてるアマゾンリンク先では「すべての若き野郎ども(All the Young Dudes)」では?とか書かれてますが、本当かどうかは分かりません…
エイドリアンブリューのエレファントトークギターも確かに冴えてますね…
とにかく、素晴らしいアルバムです。アップサンクスです!
  • URL
  • 2006/11/03 00:10

パイクマン

こんにちは。

>うはっ間借人ですね。イイアルバムですよね。
少ないですが知ってるボウイのアルバム中2番目くらいに好きです(1番はわからないんですけどね…
ダサいジャケ(と一般的には言われてるようですがかっこいいですよね)の所為か?
ベルリン三部作中一番地味&おっしゃるように人気のないアルバムなのかもしれませんが、
個人的にやはり知ってるアルバム中一番不良な感じがして好きです。

ジギー・スターダストなどのグラム期などより不良と思えるって言うのは
面白いですねー。
ジャケは地味ですけど、アルバムの内容と照らし合わせると、とても合ってると思えます。ベルリンの裏街で酒飲んで酔っぱらいに絡まれて殴られて鼻が曲がったのかもしれないし…(笑)

>>ですがパイクマンさんの
>異国人という立場の頼りなくて情けない心情が音に出て、どっかひょろひょろとしていて親しみが湧くからです。
この見解&表現は非常に面白いです。
確かにその他アルバムではどこかというか大いに浮世ばなれしたボウイですが、このアルバムでは一番人間的かもしれません。
ということで私は不良という言葉を使いました。

(すみません。後から「歌もひょろひょろして」という表現に変えました。)

ベルリンで過ごした最後のアルバムで、張りつめてたいたものもなくなってきて
肩の力が抜けたような内容になったんではないでしょうかね。。
緊張感のある前2作をつくったからこそ。という気もします。
いずれにしてもベルリンでブライアン・イーノと出会って、音楽的にも充実して、リハビリになったんではないかと思えます。
それで最後には人間らしさを感じるアルバムができた。とか??
不良っぽいと言われればそうかもしれません。

>地味とも言われてますが、LP(で持ってるので…)でいう所のB面初っ端3曲は今風にいうとアゲアゲですよね(笑
わかりやすい私はその3曲が特に好きなんですが、パイクマンさん的には、試聴の3曲なのでしょうね。

アゲアゲっていうんですか(笑)
盛り上げ系の曲とか、アルバムの中でヒットした曲のことなんですかね。
“D.J.”“Look Back in Anger”“Boys Keep Swinging”
はもちろん好きですよー。
敢えて試聴は作りませんでしたが。

>"African Night Flight"なんて男版ケイトブッシュって感もありますね!

ちょっとだけモンドミュージックみたいな気がしますけど(笑)
ケイト・ブッシュが唄いだしたらそれも素敵ですねー。

>>(何の曲を逆回転にしたかは忘れた!)
あげられてるアマゾンリンク先では「すべての若き野郎ども(All the Young Dudes)」では?とか書かれてますが、本当かどうかは分かりません…

AMAZONのところに誰か書いてますけど、、、
私も記憶が定かではないけど、ボウイ自身の曲だったような気がしているんですけど、それも曖昧なので…^^;

>エイドリアンブリューのエレファントトークギターも確かに冴えてますね…

そうだ、エレファントトークギターって言われてましたっけ!
goglemanさん、よくご存知で(^-^)

>とにかく、素晴らしいアルバムです。アップサンクスです!

わ~、goglemanさんがこのアルバムをそんなに好きだなんてちょっと予想外でしたが、嬉しいですね♪
  • URL
  • 2006/11/03 10:50

chitlin

パイクマンさん、こんばんはです。

『Ziggy Stardust』なら聞いたことがあるのですが(いつの間にか売り払ってしまいましたが)、それにも増して1970年代後半の作品ってまったくわからないんですよ。

試聴した限りではなかなか奮っているようですね~。

来年早々に1970年代前半のアルバム群が紙ジャケットCD化されるので、David Bowieのことがにわかに気になっているというのは、ここだけの話です。
  • URL
  • 2006/11/04 00:00

パイクマン

こんばんはで~す!

>『Ziggy Stardust』なら聞いたことがあるのですが(いつの間にか売り払ってしまいましたが)、それにも増して1970年代後半の作品ってまったくわからないんですよ。

1970年代後半の作品だと、一部私はニューヨークパンクや初期(ロンドン)パンク周辺を聴いていますが、chitlinさんはそうではないんですね。
もちろんリアルではなくて、後聴き作品の方が多いですけれど。

『Ziggy Stardust』はファッション性は強くて、音の方はギタリストのミック・ロンソンが活躍していますが、割とスカスカのロックですよね!
(そんなことファンが言うな! ^^;)

>試聴した限りではなかなか奮っているようですね~。

はい、奮っております(笑)
なかなか楽しめるアルバムですよー。

>来年早々に1970年代前半のアルバム群が紙ジャケットCD化されるので、David Bowieのことがにわかに気になっているというのは、ここだけの話です。

そうですか。70年代前半っていうと不得意年代です^^;

ボウイのアルバムについては、『Ziggy Stardust』以前の4枚のアルバムは、フォーク~アシッドフォーク~フォークロックという感じでアコースティック性が高いです。でもなかなか良い曲も入っているので聴いてみて下さい。
ディランなどのアメリカンなフォークではなくて、
もっと風変わりな感じですよ(^^;)

Pin-Upsというアルバムは、全曲入っておりますが、「ゼム」とか「シドバレット」など、60年代中心のカヴァーアルバムで、これもなかなかのおすすめ盤です。それ以降はソウルフルになって「ベルリン三部作」に突入します。
長くなるのでこの辺で!!
…すみません。。

アルバムの詳細をしっかり調べてから、ボウイも買ってみてくださ~い♪
  • URL
  • 2006/11/04 01:48

はじめ!!!

こんばんは&お久しぶりです。
プロバイダー乗り換えて復活です♪

ボウイのこれって以前に確か推薦されて購入した記憶があります。
「ボーイズ~」がー!「ルック~」がー!
…というように、ボウイといえば、ジギーよりもこの辺の方が好きです。

余談ですが、改めて聴いたら、良いかも~♪と淡い期待を持ちつつ、レッツ・ダンスも購入したんですが
そちらの方はあまりグッとくるものは無かったです…(涙

パイクマン

今晩は~。お久し振りです!
どうしたのかと思ってましたよー(;;)
元気そうで良かったです。

>プロバイダー乗り換えて復活です♪

引っ越しかなんかでしょうか?!
そちらへ伺いま~す♪

>ボウイのこれって以前に確か推薦されて購入した記憶があります。
「ボーイズ~」がー!「ルック~」がー!
…というように、ボウイといえば、ジギーよりもこの辺の方が好きです。
そうそう、はじめさんもボウイのアルバム書いてて、『LOW』かな…
その時にコメント欄で誰かと私で『LODGER』もいいよ!って
言ってた気がするんですわ!
それ、goglemanさんだ!!
アハハー(^0^;)

>余談ですが、改めて聴いたら、良いかも~♪と淡い期待を持ちつつ、レッツ・ダンスも購入したんですが
そちらの方はあまりグッとくるものは無かったです…(涙

『レッツ・ダンス』もかなり聴き込んだけど
ミーハーアルバムですねー。このアルバムから聴いた人が多くいるようで
コンサートでもアルバム『レッツ・ダンス』の曲以前の曲は
盛り上がらなかったようです。
  • URL
  • 2006/11/07 23:43

nasumayo

こんにちは。
ロジャーはボウイの中で正直特別好きなアルバムではないのですが重要なアルバムだと思います。
もしかしたら一番実験的かも知れませんね。

私はボウイの全アルバムレビューを目標にしていますがあまり好きじゃない作品は(80年代とか)あまりテンション上がりませんね(;´∀`)

  • URL
  • 2008/12/02 14:52

パイクマン

どうも、はじめまして(*-*)
ボウイのところにコメントを有り難うございます!

>ロジャーはボウイの中で正直特別好きなアルバムではないのですが重要なアルバムだと思います。
もしかしたら一番実験的かも知れませんね。

実験的かもしれませんね!
私は十代の頃にこれを聴いて、
当時すでにパンクとかニューウェーブを聴いていたんですけど、
このアルバムは、大御所ミュージシャンであるDavid Bowieの中に、
ものすごくパンキッシュな魂を感じたんです、きっと♪

>私はボウイの全アルバムレビューを目標にしていますがあまり好きじゃない作品は(80年代とか)あまりテンション上がりませんね(;´∀`)

それはすごいですねーー!
私もレッツダンスで終わってしまいましたが、
それでもやっぱり、ボウイのファンであると言い切ります!
最近のとか、聴いてないけど(。。;)

しかしすっかりボウイを書くのをやめてしまていました。
いかんいかん!
来年はボウイを書こうと思います。

後でゆっくり伺わせてもらいます。
よろしくお願いします。
リンクまで貼っていただいてたみたいですね、
ありがとうございますm(_ _)m

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。