スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V.A. / SITAR BEAT ! INDIAN STYLE HEAVY FUNK VOL.1

  • 2006/10/25 01:10
  • Category: Various
楽しみにしていたCDを買いにいったら、在庫がなくて本店から取り寄せだって…。
内金を1,000円支払って他のCDを物色していたら、店内で『今週のおすすめ盤』としてかかっていたBGMが気に入ってしまって、「今、かかってるの下さい!」と、忙しそうにしている店員の手を煩わせて探してもらったCDです。

sitarbeat.gif

60年代後期、70年代、80年代初期に渡るインディアン・ディープ・ファンク・サイケデリック・コンピレーション!どうやら無数に生まれては消えて行くインド映画のサントラ音源から直録りした音源をコンパイルしたシリーズ「SITAR BEAT」で、EPを4枚リリースした後にこのCD化に至った模様です。

アーティストについてもよくわかりませんが、下記の通り。
Klaus Doldinger / Kalyanji Anandji / Sapan Jagmohan / Asha Boshle w/ R.D. Burman(インド映画の作曲者) / Serge Gainsbourg / Ananda Shankar(インド映画の作曲者) / R.D. Burman / 他。

あれれ、セルジュ・ゲンスブールの曲も入っていますね。

インド映画といっても、シタールやらファズギターやら、オルガンやらフルート(「コンドルは飛んで行く」のパクリっぽい曲もあり)やら、60年代後期サイケロック、日本の60~80年代映画やドラマ(火曜サスペンス劇場のテーマに似ている曲まであり)、スパイ映画、モンド、全部ひっくるめて、ヴォーカルありからインストまで、これでもかと襲いかかる怒濤の21曲!

どうやらインド映画のサントラは、いろんな国のポピュラー音楽から頂戴して(いや、ちがう…勉強して)いるらしいことがわかりましたぞ!

黒い煙や紫の煙(!)が、とぐろ巻いてそうな神秘のファンキーシルクロード。
あ~、、ディープ過ぎててちょっとショッキング。
決して茶化しているわけではなくて、このグルーヴ感やファンキーさは本当にカッコいいのですよ。
ショップ同様に大オススメ盤です。

【2006/GUERRILLA REISSUES】

Sitar Beat
Dhamatma Theme Music
Theme From Don
Hum Tumhe chate Hain

:::購入先::: Jet Set Records
AMAZONでは取り扱いなし。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/468-13c817d5

Comment

gogleman

こんちはー
インチキ臭いですね~でも中々です。これは結構欲しいかも。探します!
ショップで目当ての物が見つからず、他の物買っちゃうってよくありがちですが、
それっていわば衝動買いなので失敗する公算も大きいのですが、
パイクマンさんみたいにしっかり試聴して買うのは手堅いですね。
&その獰猛な(隙間?)音楽探求精神、ぜひ見習いたいものです。
しかしインドは映画といい音楽といい胡散臭い国ですね~
  • URL
  • 2006/10/25 13:47

パイクマン

こんばんは!

>インチキ臭いですね~でも中々です。これは結構欲しいかも。探します!

インチキ臭いと言えばインチキ臭いですが、楽しいしカッコいいですよ♪
私はインド映画の「踊るマハラジャ」にハマったことがあるので、こういうのに
あんまり抵抗ありませんでしたが、それとは全く別ものの音楽でした。

このEPシリーズって、ものすごく人気だったらしいです。

>ショップで目当ての物が見つからず、他の物買っちゃうってよくありがちですが、それっていわば衝動買いなので失敗する公算も大きいのですが、
パイクマンさんみたいにしっかり試聴して買うのは手堅いですね。
&その獰猛な(隙間?)音楽探求精神、ぜひ見習いたいものです。

偶然かかってたBGMを気に入っただけですけどね^^;
音楽探究精神はあんまりないかもしれませんよ。
いい化粧品を探したり、洋服を探す方が楽しいし(笑)
ただ自分に寄ってくる音楽を聴いてるだけですもん。
隙間音楽探究精神はgoglemanさんですよー♪

>しかしインドは映画といい音楽といい胡散臭い国ですね~

そうそう!上にも書いたけど、インド映画を観ると
胡散臭いってのがわかりますよ。
でも、面白いですよ!
  • URL
  • 2006/10/25 22:51

コメントをどうぞ
  • URL
  • 2006/10/30 00:27

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。