スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PIT ER PAT「PYRAMIDS」

  • 2006/10/22 11:30
  • Category: P
pitarpat2.gif

シカゴに拠点を置くトリオバンド、ピット・アー・パットの2ndアルバム。
■1stアルバム『SHAKEY』の記事はこちら

ドラム、ベース、キーボードのトリオバンド。
手数の多いドラム、フリーキーなキーボードとベースが絡む、男女交代ボーカルのアートロック~ポストパンクを彷彿とさせる混沌としてめちゃくちゃな音。

…だったはずだったのに、この2ndアルバムは違ってました。

ドラムはピタッと大人しくなって、キーボードも整理されて、ヴォーカルはキーボーディストである女性のフェイ・デイヴィスちゃんの可愛い舌足らず歌だけになりました。暗く掴みどころのないメロディはそのままで、ドラムとキーボードの音が減り、その分ベースが目立ち、深みを増して音響的に傾いています。なりふり構わなかったあの3人のセッション的な無謀さが面白かったバンドなのに、全体的にボヤけてしまった印象です。

各レビューは絶賛で、カンタベリー、ポスト・ロック、フリー・フォークというジャンル文字が並び、「Tortoise」のジョン・マッケンタイアと「ピット・アー・パット」メンバーによる共同プロデュースになっています。

このアルバムから聴いた人が気に入ったのならもちろんそれで良しですけど、
前作が好きだった私としては、ちょっと残念です。
なので、私個人は敢えておススメはしませんが、書かせてもらいました。

【2006/THRILL JOCKEY】

myspace.com

レーベルサイトで試聴ができます。
Thrill Jockey

:::購入先::: AMAZON(試聴あり)

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/466-78b7524a

Comment

gogleman

鼻毛天使さま、もといパイクマンさん、こんにちは。

どうやら庶民の感覚とは違い、逆絶賛のようですね。
音響派~ポストロック、って詳しくないですが、どうも煮詰まっちゃってる感があるようで、
こういうバンドも試行錯誤中なのかもしれませんが、
そこからどう脱却していくかも楽しみと言えば言えるのでは?
ざっと聴きましたが、決して悪い印象は持ちませんでした。
でもパイクマンさんにしてみれば普通過ぎるのかもしれませんね。
  • URL
  • 2006/10/22 14:15

パイクマン

こんばんは。
酔いどれ鼻毛天使で~す!
鼻毛、鼻芸、鼻下、鼻ゲッ!!

>どうやら庶民の感覚とは違い、逆絶賛のようですね。
音響派~ポストロック、って詳しくないですが、どうも煮詰まっちゃってる感があるようで、
こういうバンドも試行錯誤中なのかもしれませんが、
そこからどう脱却していくかも楽しみと言えば言えるのでは?

1stはノンジャンルで面白かったんですよね。
どうしてそういう良さを削ってしまうのか、よくわかりませんねー。
あのまんまでポップになる方法ってのもきっとあったと思うんだけど。。
Thrill Jockeyの思惑なのか、バンドメンバーの意志なのかわかりませんけど
音響派~ポストロックの枠に閉じ込めようとしてるみたいに感じられます。

>ざっと聴きましたが、決して悪い印象は持ちませんでした。
でもパイクマンさんにしてみれば普通過ぎるのかもしれませんね。

もちろん悪い印象はないし、普通過ぎてる音もご存知の通り、
嫌いじゃないんだけど…
やっぱり、誰かの意向でもって、元々あったバンドの個性を失わせたんだとしたら、それはとても残念だと思いますねぇ。
  • URL
  • 2006/10/22 21:00

オオシマ

おはようございます!(いつから鼻毛天使に?

結局シングルのみ購入で1stも聴いてませんが、2ndはポストロック的な音になっているんですね。余程バンドの個性が高くないと、ジョン・マッケンタイアさんには負けてしまうだろうと思います。でもプロデュースに参加させたと言うことは、このような音にしたかったのかもしれませんね。

でも試聴すると気になる感じなので、出来れば買いたいなあと思います。
やはりポストロックって限界なのかなあ。(温かみの無い印象があります。
  • URL
  • 2006/10/23 11:27

パイクマン

こんばんは、鼻下天使です。

>おはようございます!(いつから鼻毛天使に?

一昨日くらいからです(笑

>結局シングルのみ購入で1stも聴いてませんが、2ndはポストロック的な音になっているんですね。余程バンドの個性が高くないと、ジョン・マッケンタイアさんには負けてしまうだろうと思います。でもプロデュースに参加させたと言うことは、このような音にしたかったのかもしれませんね。

そうですね、ポストロックっぽい曲とフリーフォークっぽい曲で構成されてるアルバムという印象がありますけども。ジャンルとしては…う~ん、難しいところです。トータスもちょいかじりでちゃんと聴いていないのですけども、やはりジョン・マッケンタイアの影響なんですかね。。

>でも試聴すると気になる感じなので、出来れば買いたいなあと思います。
やはりポストロックって限界なのかなあ。(温かみの無い印象があります。

気になりますか~。決して悪くないアルバムですよ。っていうよりも、ベタ褒めしているレビューを見たのでそちらの方のレビューを信じた方が無難だとも思います。私も大分主観的に聴いているので^^;
ポストロックでもLOWなんかは好きだし…。
単にバンドや曲の好き嫌いだったりしますけども。

ポストロックの限界についてはわかりませんが、私は飽きてきました。特に大所帯のバンドのライブを観たら、多くの楽器を使ってるのにチューニングが合ってなくて雑音になってたりっていう日本のバンドをいくつか観てしまって、ウンザリです。
  • URL
  • 2006/10/23 18:26

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。