スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JESSICA BAILIFF「FEELS LIKE HOME」

  • 2006/10/09 21:06
  • Category: J
jessica.gif

98年にデビューした女性シンガー・ソングライター、ジェシカ・ベイリフのソロ4枚目。

夏に買って、夏の強い日差しには合わなかったこのアルバム。
昨日、空が低くなったのを確認して、庭の鉢植えをより日の当たる場所に移動させた後に聴いてみたら…ほらね!やっぱりこの季節にだんだん似合ってきた。

以前も書いたけど、音楽は季節に合わせて衣替えするように聴くのもいい。
今までもこんな風に工夫して聴いていたのなら、あんなにCDを売らずに済んだのに、
と後悔(笑)。

アコースティック・ギターと必要最小限のストリングス、ピアノ、ベース、パーカッションで紡ぎだす、どこかサイケデリアなフォーキーソング。
冷え冷えとした音響に、爆発しそうな歌への情熱はギターノイズに託され、
沸点に上りつめるのを避けるように淡々と歌う。
旋律は完成するのを拒むように、終わりのない夢のよう。

このひんやりとした音をどう受け止めていいのか迷った夏には終わりを告げて、
今の気持ちで聴く。地味だけど、氷のように透明で美しく、永久にそこにいてくれそうな音。

【2006/KRANKY】

jessica2.gif

Jessica Bailiff

We were Once
If we Could

:::購入先::: AMAZON

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/460-9a0eb0ed

Comment

hamnie

久しぶりに名前ききました。このテの界隈の歌姫的な、存在感を持った人だと思います。いつも聴いていたいとは思いませんが。
私のこの人へのイメージは、ずっと"ブリザード"なんですよね・・・
  • URL
  • 2006/10/09 21:18

パイクマン

こんばんは。

>久しぶりに名前ききました。このテの界隈の歌姫的な、存在感を持った人だと思います。いつも聴いていたいとは思いませんが。

フライング・ソーサー・アタックの人ともアルバムも出してましたね。
前作(ソロ)を出してもう3,4年経ってたので、私も名前なんかすっかり忘れてました。
このアルバムならいつも聴けるかもしれないです(笑)

>私のこの人へのイメージは、ずっと"ブリザード"なんですよね・・・

吹雪の中の「雪女」のイメージもあります。
このアルバムではノイズはあまり出てきませんが、
冬の雪山で自由自在に吹雪(=ノイズ)を起こしている
雪女みたいですね。。
雪女はひどいので、「雪の女王」にしておきま~す!
  • URL
  • 2006/10/09 22:58

溜め息

こんばんわ。
僕も季節とか気候に合わせて音楽を聴く傾向にあります。
この作品は、夏にはちょっともの悲しいですね(ジャケットも含め)。今の季節にしっとりと聴きたいです。
でも、音楽をむしょうに聴きたくなるのって、今の季節から冬にかけてだったりします。寂しい人間なんでしょうか?(笑)
  • URL
  • 2006/10/10 00:07

パイクマン

こんばんは~。

>僕も季節とか気候に合わせて音楽を聴く傾向にあります。

それは感受性豊かですね!
(かといって、私の感受性は怪しいですが…笑)

>この作品は、夏にはちょっともの悲しいですね(ジャケットも含め)。今の季節にしっとりと聴きたいです。

これは、ほんとに夏には合わないアルバムでしたよ。
涼しくなるかと思いきや、そんなこともなくて暗さだけが目立ちました。
その暗さが日差しにマッチしてきて、今の季節に合ってきましたよ。
真冬に聴いたら寒すぎちゃったりしてネ(^^)

>でも、音楽をむしょうに聴きたくなるのって、今の季節から冬にかけてだったりします。寂しい人間なんでしょうか?(笑)

溜め息さん寂しいんだ!
きっと、寂しがり屋で人見知りでシャイなんですよ~^^
いえ、冗談です(笑)
ウーン。どうなんでしょう。
家にいる時間も長くなって、夜も長くなるから,
無性に音楽を聴きたくなるのかなぁ。
芸術の秋といいますからねぇ。
  • URL
  • 2006/10/10 00:35

gogleman

おはようございます。
これは中々良いでございますね。おっしゃるようにフォーキーとは言えアシッド感覚満載で、
同じフォーキーでもアーシーな物より相当好みです。
>フライング・ソーサー・アタックの人ともアルバムも出してましたね。
そうなんですか、それはいかにもですね。
これは要チェックのようです。
パイクマンさん文章もいつも以上に詩的でございますね。
  • URL
  • 2006/10/10 08:58

かれき

こんにちは♪

新作出ていたのですね(ジャケ写がすごく好み^^;)。
前作は氷点下の冷たーい空気だったなぁというイメージでしたが今作もひんやりしているのですね!
これからの季節にぴったり。確かにパイクマンさんが仰るとおり季節に合わせて聴くと印象ががらりと変わるかもしれませんね。一聴してちょっとイマイチかな?と思ってもワインのように寝かせて時機を見るのも一つの手かも(^^)。
  • URL
  • 2006/10/10 13:01

Mao.K

やはりこの人の音楽は秋なんでしょうかね。妙にしんみりとした味わいも感じます。それでいて、深みを感じさせるような。。。。美しくも儚い感じが好きです。

今月の影響を受けた一枚は「Violin」ですか。。。彼女にしては珍しく正統的なロック・サウンドの曲で、ヴォーカルもヴァイオリンのような突拍子もない(いつもかも・・・汗)フレーズを歌っていますが、どんな風に影響を受けたのか知りたいデス……(-。-) ボソッ。
  • URL
  • 2006/10/10 23:26

パイクマン

こんばんは!

>これは中々良いでございますね。おっしゃるようにフォーキーとは言えアシッド感覚満載で、
同じフォーキーでもアーシーな物より相当好みです。

なんでしょうか、フォークとシューゲーザーものが混じっている感じも
するんですね。それでいてしっとり感もあるという…。
アシッドっぽいのはやはり響かせ方や楽器使いでしょうかね。

>>フライング・ソーサー・アタックの人ともアルバムも出してましたね。
>そうなんですか、それはいかにもですね。
これは要チェックのようです。

「Clear Horizon」というユニット名で
http://www.southern.com/southern/band/CLEAR/KRK62.php
で、一曲だけですが、試聴できるところがありました。
………ヒヤ~^^;

>パイクマンさん文章もいつも以上に詩的でございますね。

そうかな~(^^;)
詩人のgoglemanさんにそうおっしゃられて光栄ですわ~♪
よし、あんまり書く事がないときは、これで誤摩化そうっと!!(笑)

  • URL
  • 2006/10/11 00:33

パイクマン

こんばんは!

>新作出ていたのですね(ジャケ写がすごく好み^^;)。
前作は氷点下の冷たーい空気だったなぁというイメージでしたが今作もひんやりしているのですね!

新作、ずっと前に出ていましたよ~。
すぐ買ったのですが、その時はすぐCD棚にしまいました。
ひんやりムードで、前作と使われてる楽器が違いますね。
シタールとかもないし、ハーモニカも(多分)使われていなくて、荘厳な感じも薄れているかな…?前作の方が好みと言えば好みだったりしますが。

>これからの季節にぴったり。確かにパイクマンさんが仰るとおり季節に合わせて聴くと印象ががらりと変わるかもしれませんね。

こんなにも違うんだ!と思いました。
実感したのがこのアルバムでしたねぇ。

>一聴してちょっとイマイチかな?と思ってもワインのように寝かせて時機を見るのも一つの手かも(^^)。

面白い例えですね♪
ワインのように音も熟成していったりして…。
コクが出たとか(笑)
  • URL
  • 2006/10/11 00:47

パイクマン

こんばんはー。

>やはりこの人の音楽は秋なんでしょうかね。妙にしんみりとした味わいも感じます。それでいて、深みを感じさせるような。。。。美しくも儚い感じが好きです。

儚いですね。
夢のように儚い。

大袈裟だけど、秋になると、空も太陽も人の心も違ってくるように思えます。
今の季節は咲いている花も少なくて、一年を通して特別な時期のような気がします。そんな特別な短い時期にこそ似合う人ですね。

>今月の影響を受けた一枚は「Violin」ですか。。。彼女にしては珍しく正統的なロック・サウンドの曲で、ヴォーカルもヴァイオリンのような突拍子もない(いつもかも・・・汗)フレーズを歌っていますが、どんな風に影響を受けたのか知りたいデス……(-。-) ボソッ。

「今月の影響を受けた一枚」はさぼりがちになってきてますが…^^;

ケイト・ブッシュの中では一番好きなアルバムで、全曲好きなんですけど、
レコードに合わせて歌っていると一番高揚する曲で、20歳の頃仕事に行く前に
いつも歌ってから出かけてたので思い出の曲なんですよー(笑)
あと、ヴァイオリンが曲のモチーフになっているのって、面白いなと思ってて。
歌い方も含めて、その奇想天外ぶりが好きだったんですよ。
こういうところに載せるのなら普通は一曲目なんでしょうけど(笑)
  • URL
  • 2006/10/11 01:02

gogleman

たびたびおはようございます。

試聴サイトおしえていだきありがとうございます。
凄いですねいろんな意味で…やっぱりこれは要チェックだ!と認識を新たにしました。

>詩人のgoglemanさんにそうおっしゃられて光栄ですわ~♪
私が今のような詩人となりましたのは、なにを隠そうパイクマンさんの影響なのですが…
師匠からそのような勿体無いお言葉を賜りまして、光栄です。
  • URL
  • 2006/10/11 09:02

Mao.K

Jessica Bailiffさんのことをコメントしておいて、Claer Horizonのことをすっかり忘れていた。このユニットの作品に関しては片桐真央という人のBlogで見たことがあります(自画自賛)。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/33340/2451824#2451824
  • URL
  • 2006/10/11 16:48

パイクマン

goglemanさんへ

>たびたびおはようございます。

私はいつも「こんばんは」になってしまいます^^;

>試聴サイトおしえていだきありがとうございます。
凄いですねいろんな意味で…やっぱりこれは要チェックだ!と認識を新たにしました。

下でMao.Kさんが書いていた記事のURLを貼ってくれました。
そこから全曲少しずつですが、試聴できました。
(毎度ありがとうございます、Mao.Kさん!)
ソロより、「Clear Horizon」の方がgoglemanさん向きっぽいですよ♪
私もちゃんと聴きたくなりました。

>私が今のような詩人となりましたのは、なにを隠そうパイクマンさんの影響なのですが…
師匠からそのような勿体無いお言葉を賜りまして、光栄です。

エエッーー??
私、感情を込めて書く事もありましたが、詩のようなものは書いた覚えは
ございませんよ!そんなの全然わかりませんでした。
いやいや、真の詩人さんはgoglemanさんですよー^^


Mao.Kさんへ

こんばんは。
どうも有り難うございました!
書かれてたんですねー!!
Clear Horizonのジャケ、どこかで見たような気がしていたんですけども
Mao.Kさんのところだったのかも…^^;
じっくり聴かせてもらいま~す♪
  • URL
  • 2006/10/11 20:48

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。