スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MEREDITH MONK「DOLMEN MUSIC」

  • 2006/08/22 23:00
  • Category: M
dolmenmusic.gif

ヴォイスパフォーマーであるメレディス・モンクの1973~1979年までの作品をまとめたアルバム。

最近女性の美声を聴いていなかったので引っ張りだして聴きました。
このアルバムもジャケ買いしただけなので、そもそもメレディス・モンクについては詳しくわからないんですけど、とにかく「声の人」です。
我々が発している声を追求しているわけなんですけど、「なんとかパフォーマー」であったり現代音楽の持つ難解さとは違い、とてもわかりやすくてポップで可愛らしいんです。

ミニマルなピアノやチェロをバックに声を操り、歌のようにメロディのあるものから、笑い声や泣き声や話し声などをストイックに表現しています。発声法によるその声の違いに驚かされ、声の持つ魔力に魅了されますが、時に微笑ましくも聴こえ、愛嬌さえ感じますね。

楽器のように操られる豊かな声を聴いてみたいとか、声の美しさに開眼してみたいって方には楽しめると思いますよ。


メレディス・モンクREMIXコンテストなんてのも行われていたんですね。

【1981/ECM】


Meredith Monk

Gotham Lullaby (美しいです。)
The Tale (可笑しいです。)

:::購入先:::disk union
AMAZONはコチラ

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/437-e6b984ca

Comment

はじめ

こんばんはー。
まだまだ暑いですね~。

また奇天烈盤ですね!
「The Tale」って怖いです、これ…。
部屋真っ暗にして、大音量でヘッドホンで聴いたんですが
物凄い禍々しいものを感じますですよ。
あっち側の人と交信してるみたいで…。
でも「Gotham Lullaby」は確かに美しい曲ですね。

それにしてもやっぱパイクマンさん、凄い…ですね。

パイクマン

はじめさん、こんばんはー。
残暑が厳しいですね。
海でクラゲに刺されなかったですか?(笑)

>また奇天烈盤ですね!
「The Tale」って怖いです、これ…。
部屋真っ暗にして、大音量でヘッドホンで聴いたんですが
物凄い禍々しいものを感じますですよ。
あっち側の人と交信してるみたいで…。

あれっ、怖かったですかー!?
とっても可笑しくて、一緒に笑い出しそうになる曲なんですけども…。
この人は、奇天烈というよりも何か真摯なところが伝わってくるようで、とても好感度大なんです。

あっち側の人との交信は是非避けたいです^^;

>でも「Gotham Lullaby」は確かに美しい曲ですね。

ほんとに美しい曲です(途中から高音ヴォイスに耳をやられそうですけど)。ピアノの反復といい、ミニマルな音楽の美しさというのもありますね~。

>それにしてもやっぱパイクマンさん、凄い…ですね。

変なのばっかり聴いているという意味でしょうか???
心外だなー(笑)

  • URL
  • 2006/08/23 00:55

オオシマ

おはようございます。

パイクマンさんがメレディス・モンクを聴いている印象は無かったですが、そういえば綺麗な曲もあります。

現代音楽の人として私は聴いていますが、ポップで可愛らしいとして聴かれてるんですね。ボイス・パフォーマンスも素晴らしいです。でもECMなんですよね。
  • URL
  • 2006/08/23 09:57

Mao.K

メレディス・モンクはオオシマさん同様に現代音楽の人かと思っていましたが、案外聴きやすい人だと今回認識を改めました(笑)。ヴォイス・パフォーマーで怖いのはダイアマンダ・ギャラスでしょうか。。。。
  • URL
  • 2006/08/23 12:28

パイクマン

オオシマさんへ

こんばんはー。

>パイクマンさんがメレディス・モンクを聴いている印象は無かったですが、そういえば綺麗な曲もあります。

そうですね、最近の作品はよくわかりませんけれど。
難解な現代音楽は多分拒否反応を示しますが(私)、メレディス・モンクの場合はミニマルでわかりやすいし、なによりも声という身近な楽器?を使っているのでいいですね!

>現代音楽の人として私は聴いていますが、ポップで可愛らしいとして聴かれてるんですね。ボイス・パフォーマンスも素晴らしいです。でもECMなんですよね。

そういえばいかにもECMなジャケですね。
音もいいので感動です。

このアルバムではタイトルの「DOLMEN MUSIC」という23分の曲があるのですが、それがヴォイスパフォーマンスの様子に近いかもしれません。数人で早口でしゃべってたりして、面白かったでーす。


Mao.Kさんへ

こんばんは!

>メレディス・モンクはオオシマさん同様に現代音楽の人かと思っていましたが、案外聴きやすい人だと今回認識を改めました(笑)。

そうです、私は難しい音楽は聴きませんもの^^;
とっても聴きやすいですし、こんな風にいろいろと声を変化させられたらいいなぁ。(悪いことには利用しません。)

>ヴォイス・パフォーマーで怖いのはダイアマンダ・ギャラスでしょうか。。。。

ぎゃーー!!
ダイアマンダ・ギャラスは本当に怖いですね。
普通にしてれば、綺麗な人なのに。 
  • URL
  • 2006/08/23 22:10

パイクマン

あれっ、こんにちはー。
随分休まれていたようで、ご無沙汰してしまいました。

>わー、懐かしい!これボクも好きですよ!!
この盤はピアノやパーカッション、弦楽器も入ってたりして、彼女の他の作品と比べると割と聴きやすい盤なんですよね。

さすが、現代音楽通のatomicoさん!
彼女の作品を試聴できるところを探して少しづつ聴いたりしていますが
このアルバムが一番聴きやすいのかもしれませんね。
彼女の伝えたいことが、わかりやすくはっきりと伝わってくる感じがします。

>パイクマンさんはジャケ買いだったようですが、ECMは無条件でつい引き込まれてしまう様な、ジャケ買い衝動をくすぐる、印象的な美ジャケの宝庫ですもんね。
よく解りますよ、ジャケ買い心理。
滅多にしませんが、不純だと思ったことはないです。
ジャケやパッケージの出来も含めて作品ですしね。

そうなんです。ジャケやパッケージを含めての作品です。
アルバムジャケットを頭に描いてから、そのアルバムの曲が流れてくるんです。
(私だけかな…^^;)
曲名をいわれて思い出せなくても、ジャケを思い浮かべると「あっあのアルバムの何曲目!」とかね(笑)

おすすめのECM作品、是非ブログに書いて頂きたいです♪
  • URL
  • 2006/09/08 12:21

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。