スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKIKO YANO「SUPER FOLK SONG」

  • 2006/08/11 01:00
  • Category: Y


少女お母さん。
お母さんのように周りを包み込み、時折自然に子供に返れる人。
矢野顕子さんの、ピアノと歌のみのカヴァー集の第一弾アルバム。


少しずつ試聴できます
コチラ

この人を天才という方々は、どの部分を天才と言うのでしょう?
私には矢野さんが天才かどうかはわからないけど、歌とピアノをデュエットさせるメロディとアレンジが好きです。そして、テクニックがあるのに、それをひけらかさないピアノの演奏に、とても優しさを感じます。
歌を歌いながらピアノを弾くので、歌を邪魔するような派手なテクニックには走らないの?
…いいえ、細部に渡って音色を変える高度なテクニックは素晴らしいのです。

でも、わかりやすく書いているはずの曲は玄人受けしてしまい、
カヴァーすると、その曲の持つ良さを最大限に引き出して
オリジナルがタジタジになってしまいます。

このアルバムの中に入っている「中央線」というラブソングのカヴァーは、少女お母さんの歌う方が、男の人が歌うよりもずっと愛を感じてしまうのでした。
一番のお気に入りは、糸井重里作詞の「スーパー・フォーク・ソング」!…というよりも、「スーパー・童謡・ソング」です。

( )はオリジナル歌手
1.SUPER FOLK SONG (糸井重里)
2.大寒町 (あがた森魚)
3.SOMEDAY (佐野元春)
4.横顔 (大貫妙子)
5.夏が終る (小室等)
6.HOW CAN I BE SURE (THE YOUNG RASCALS)
7.MORE AND MORE AMOR (WES MONGOMERY)
8.スプリンクラー (山下達郎)
9.おおパリ
10.それだけでうれしい
11.塀の上で (はちみつぱい)
12.中央線 (THE BOOM)
13.PRAYER

ホールでの一発録りで、ライブ感が味わえます。

【1992/SONY】


矢野顕子オフィシャルホームページ

:::購入先::: あまりにも昔で忘れました。
AMAZONはコチラ

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/429-bcc2bfb7

Comment

オオシマ

私は矢野さん母性的なところが好きです。
天才にも色々ありますが、言葉よりも音の人ですよね。初期に童謡を歌っているのとか聴いても、崩しても崩れないなんともいえない魅力があります。

パット・メセニーが参加してたりますが、ジャズの一面もあり、録音も日本ではトップクラス(海外録音が多いけど)です。学生の頃に聴いた「グラノーラ」が好きです。
  • URL
  • 2006/08/11 09:17

k-hiko

ピアノ道に精進している方の彼女に対する見方を聞いてみたいと思っていました。うちの上司の娘さんも大学院に行って、その後海外に留学するとのこと。
そういう技術論をある意味ポピュラーミュージックのフィールドでは軽んじてしまい、天才という言葉を羅列するようにも思えてしまうんですけど、彼女自身小さい頃から青森→東京へピアノを習いに行っていた(寝台列車で)ということで、彼女なりの挫折もあったのでしょう。
それについて、イチイチ突っ込みませんが、天才という形容詞自体彼女自身笑って、歌にしてしまいたいくらいでしょうね。

gaku69ab

こちらにも失礼します。
彼女に関してはパイクマンさんとまったく同じように思ってます。まったくその通りです。ほかに言う事ないです(笑)。パイクマンさんに一票ってことで。
  • URL
  • 2006/08/11 20:26

パイクマン

オオシマさんへ

>私は矢野さん母性的なところが好きです。
天才にも色々ありますが、言葉よりも音の人ですよね。

ところが、カヴァーアルバムを聴いているとわかるんですけど、矢野さんはオリジナル歌手よりも、言葉を染み渡らせているように思えるんですよね。はじめはそんなに言葉を重視していないのではないかと私も思っていましたが。
ただ、矢野さんの書く歌詞そのもの(特にラブソング)は好きです。

>初期に童謡を歌っているのとか聴いても、崩しても崩れないなんともいえない魅力があります。

一度崩して構築し、かなり計算していると思います。


>パット・メセニーが参加してたりますが、ジャズの一面もあり、録音も日本ではトップクラス(海外録音が多いけど)です。学生の頃に聴いた「グラノーラ」が好きです。

「グラノーラ」聴いていないかも^^;
このアルバム「SUPER FOLK SONG」については、音が悪く聴こえる人もいるというのを聞いたことがあります。
私は気にしないんですけど。(つうかわからないんですけど;)

矢野さんのピアノの基盤はジャズですね。
ジャズ+αです。
最近、他の方が紹介していた「ブローチ」というアルバムを聴いてみたくてしょうがないんです。
高橋悠治のピアノなんだそうですね。


k-hikoさんへ

こんばんはー。

>ピアノ道に精進している方の彼女に対する見方を聞いてみたいと思っていました。うちの上司の娘さんも大学院に行って、その後海外に留学するとのこと。

ということはクラシックですよね。
一概には言えませんけど、特にクラシックピアノの場合は、他ジャンルのピアノを嫌う傾向にあるみたいですね。
特にジャズピアノを嫌う傾向があるかもしれません。

私はクラシックにどっぷりはまることができなくて、音大受験をやめてしまいましたー^^;
脱落者で~す!

>そういう技術論をある意味ポピュラーミュージックのフィールドでは軽んじてしまい、天才という言葉を羅列するようにも思えてしまうんですけど、

音大に行っているからといって、日本のポップス界で活躍するというのは、最近増えてはきてますけど少ないですもんね。矢野さんのように音大でも教育を受けて、ジャズの世界に入り、ポップスの世界でも活躍するというのは日本では稀ですよね。

そう考えると、基礎ができている上で自分のスタイルを確立した矢野さんを、ただ天才と片付けるのはおかしいかもしれませんよね。矢野さんのそれまでの努力の積み重ねであって、ぽっと生まれたような天才ではないと、私も思いますよー。
矢野さんは、自分の世界にどっぷり入り込んで周りがみえなくなるような天才とはちょっ違うし、ジャズピアノ、いわゆるポピュラーピアノ、クラシックピアノの3つをうまい具合に混同させたピアノスタイルのように聴こえます。
特にジャズの割合が多いんですけど、とてもわかりやすく弾くんですよね!
でも、やっぱりジャズっぽいので一般受けしないで玄人受けするんだと思うんです(笑)
でも、既に書いていますけど、音色の作り方は上手ですね♪

>彼女自身小さい頃から青森→東京へピアノを習いに行っていた(寝台列車で)ということで、彼女なりの挫折もあったのでしょう。
それについて、イチイチ突っ込みませんが、天才という形容詞自体彼女自身笑って、歌にしてしまいたいくらいでしょうね。

音大受験するためには田舎から東京の音大の教授に教えてもらわないといけないんです。私も経験してます。
矢野さんの場合、芸大のピアノ科(音大の東大みたいなところ)なので相当な努力をしたと思います(@@)

なるほど「天才」という曲が
今後生まれるかもしれません!

わ~、長くなってすみませんm(_ _)m


gakuさんへ

gakuさん。こちらにもありがとうございます♪

>彼女に関してはパイクマンさんとまったく同じように思ってます。まったくその通りです。ほかに言う事ないです(笑)。パイクマンさんに一票ってことで。

一票ありがとうございます!!
gakuさんも矢野顕子を聴くんですね。

私と同じように思っているということは
同じように聴こえているんですね。
矢野さんは、何か自分の中でリセットしたいときとか
何かの節目で聴きたくなることが多いんです。
やっぱり、私の中ではピアノと歌だけのアルバムが
矢野さんなんですよねー。
  • URL
  • 2006/08/11 22:27

すとろんぐ魚

パイクマンさん、こんばんは!
恐怖体験↓を読ませていただいて、恐怖体験!!!
私も数年ぶりの激(゜ロ゜) な数日でした~。(水瓶座満月だったし!)
なんだかな~
こんど、「フフフ」で遊ばせていただきたいです~(祈願TT)

もしもピアノが弾けたなら...矢野さんの童謡ソング集(?)的、
「ころりころがるきのぉねっこ~」
を歌いたいです。ふふ。

ワンピカワイイ!ね~!しかし、ファッションは複雑!
とっても似合いそう!!
そして、私はやっぱりファーストインプレッション、
パイクマンさんは「シビラ」なのですよね~
しかし最近の「シビラ」は知らないのです。。。^^;
  • URL
  • 2006/08/12 01:56
  • Edit

gogleman

こんにちは。あーこれですかヤマタツカバーも入ってるという噂の盤は。
しかし私のカラオケ18番のスプリンクラーが少し残念なことに。

>「スーパー・フォーク・ソング」!…というよりも、「スーパー・童謡・ソング」です。

というのにはgakuさん風に言うと一票です。
  • URL
  • 2006/08/12 11:18

パイクマン

すとろんぐ魚さんへ

今晩わ~♪
明日田舎に帰りま~す。

>パイクマンさん、こんばんは!
恐怖体験↓を読ませていただいて、恐怖体験!!!
私も数年ぶりの激(゜ロ゜) な数日でした~。(水瓶座満月だったし!)
なんだかな~

水瓶座満月だと何か恐怖ちっくなことがおきるんだろうか…。
最近筋トレもちゃんと読んでいなかったので勉強不足でしたー。
それにしても、すとろんぐ魚さんはどんな激(゜ロ゜) な経験をしたのか気になりますね。。

>こんど、「フフフ」で遊ばせていただきたいです~(祈願TT)

「フフフ」の威力が消えちゃわないうちに!
(消えないって…^^;)

>もしもピアノが弾けたなら...矢野さんの童謡ソング集(?)的、
「ころりころがるきのぉねっこ~」
を歌いたいです。ふふ。

「ピヨピヨピヨピヨ…」の夢のひよこもいいですね。
最近NHKみんなの歌で唄ってる水森亜土ちゃんの
「ラッコ、ラッコ、ラッコ、ラッコー」っていうのも
超カワイイです。(矢野顕子でないけど)

>ワンピカワイイ!ね~!しかし、ファッションは複雑!
とっても似合いそう!!
そして、私はやっぱりファーストインプレッション、
パイクマンさんは「シビラ」なのですよね~
しかし最近の「シビラ」は知らないのです。。。^^;

シビラは昔の色使いは好きだったけど、デザインがお嬢様っぽいからなぁ。。イトキンのHPで最新作品を見たんだけど、短いボレロにAラインのギャザースカートのツーピースなんてのもあって、ちょっとばかし引きました。
だって、先月、ピアノの先生がそれと同じデザインで、真っ赤なのを着てたんだけど、ギョギョッ@@としてしまったのだもの。。

ギャルソン類、あとで見に来てくだされねー!
冬物ワンピが多いでーす。


goglemanさんへ

こんばんはー。

>こんにちは。あーこれですかヤマタツカバーも入ってるという噂の盤は。
しかし私のカラオケ18番のスプリンクラーが少し残念なことに。

以前goglemanさんが書いていたた、スプリンクラーのカヴァーも入ってま~す。
でも、残念だったなんて残念です。
そういえばヤマタツもかなりの高音で唄いますね(笑)

>「スーパー・フォーク・ソング」!…というよりも、「スーパー・童謡・ソング」です。

というのにはgakuさん風に言うと一票です。

ありがとうございます(?)
でも、goglemanさんはあまり矢野顕子はお好きでないようですね。

良い夏休みを~^^
  • URL
  • 2006/08/12 21:00

gogleman

たびたびでございます。
あなにか誤解を招いてしまいましたが、上コメントは若干冗談ですので…
少しスプリンクラーな気分です…(?
矢野さん好きですよ。
『ごはんができたよ』は名盤かと思ってますし「春先小紅」なども良いですね。ミーハーですが。
ポスト矢野顕子は多分パイクマンさんですね。
パイクマンさんこそ良い夏休みを~(夏休み無しのわたくしより
  • URL
  • 2006/08/12 21:52

パイクマン

goglemanさん、こんにちは。
レスが遅れましたー^^;

>たびたびでございます。
あなにか誤解を招いてしまいましたが、上コメントは若干冗談ですので…
少しスプリンクラーな気分です…(?

誤解は招いていないと思いますよー。
何でもオリジナル曲がベストだとは思っているのですが
「スプリンクラー」は矢野さんの方を先に聴いてしまったのですよ。。
悲しい曲だと思ってたのに、ヤマタツさんの原曲を聴いた時に明るくて驚きましたー。

>矢野さん好きですよ。
『ごはんができたよ』は名盤かと思ってますし「春先小紅」なども良いですね。ミーハーですが。
ポスト矢野顕子は多分パイクマンさんですね。
パイクマンさんこそ良い夏休みを~(夏休み無しのわたくしより

『ごはんができたよ』は『ジャパニーズ・ガール』より好きです。矢野さんについては、実はバンドがくっ付くと
フュージョンっぽく聴こえて苦手だったりします。
フュージョンではないですけどね。
和風な部分が無理しているように聴こえてきたりして…(笑)
ということで、私の中では、矢野さんはピアノと歌だけのシンプルな曲がベストなのです。
  • URL
  • 2006/08/16 13:35

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。