スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シド・バレットが天国へ

私の裏アイドル、シド・バレット(元ピンク・フロイドのメンバー。Vo&G)が数日前に亡くなっていた。

60歳だった。
悲しくて、悲しくて、ただそれだけ。
すみません。

Pagination

Trackback

シドバレットのブルース。 from ROCKの心象風景

こちらの世界ではすこし奇妙な響き方をするブルースだけど自分の中にもしかしたら存在してるかもしれないあちらの世界のことを少し感じさせてくれた。人の心の中はねじれた部分がきっとあってでもシドバレットは
  • 2006/07/12 19:48

Syd Barrett / The Madcap Laughs (1970) from とばすぜ ハイウェイ

 Syd Barrettが60歳にして人生の終わりを迎えたそうです。ご冥福をお祈りいたします。 手持ちのCDはわずかにソロ1作目の『The Madcap Laughs』のみです。どちらかと言えば、Television Personalitiesによる「I Know Where Syd Barrett Lives」を愛聴している訳です。  初
  • 2006/07/14 00:58

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/416-becce34e

Comment

オオシマ

7月7日に亡くなられたとの事。
残念です。
  • URL
  • 2006/07/12 14:39

パイクマン

オオシマさん、こんばんは。
どうもありがとうございます。

これから7月7日は七夕以外にも意味を持つことになりました。
もしも7月7日の夜の空が晴れていたら、シドバレット星☆が見えるかもしれません。
  • URL
  • 2006/07/12 18:47

マウリシオニャア.コニャニユルローニ

ピンクフロイドの1stを久しぶりに聴いてみようか。
合掌。
  • URL
  • 2006/07/12 18:56

パイクマン

はじめまして???
マウリシオニャア.コニャニユルローニ さん。
コピーペーストに感謝します。

フロイド1st是非聴いて下さい。
サイケデリックな音の中に、とても無邪気なシドバレットが垣間見えるはず。
合唱。
違う、合掌。
でも合唱したい気持ち。
  • URL
  • 2006/07/12 19:10

gaku69ab

ここで知りました。
なんて言ったらいいかわからないですけど
気持ちを共有できる人がいて嬉しいです。
TDさせてくださいね。
  • URL
  • 2006/07/12 19:47

パイクマン

こんばんは、gakuさん。

不思議ですね。
今まではその姿を見なくても、平気でした。
でも今は平気じゃないです。

たった5行ほどの文章に、トラックバックありがとうございます。

  • URL
  • 2006/07/12 20:45

Mao.Katagiri

原石はもうその輝きを永遠に失ってしまったのですね。
  • URL
  • 2006/07/12 23:39

パイクマン

Mao.Katagiriさん、こんばんは。

原石は一度輝き、
狂ったダイアモンドとなって姿を隠してしまいましたが
星となって再度輝く事になりました。

私ときたら、祖母が亡くなった時以上に悲しんでいるので
祖母に怒られそうですよ。。
  • URL
  • 2006/07/13 00:09

miura

こんばんは。
昼にYahooのニュースを見ていて知りました。今日はほとんどソロの2作とPink Floydの1stのみ。ご冥福をお祈りいたします。とても一時期影響を受け、メンタル的にも...。ありがとうございました。と、今日は寝る前に祈ります。

パイクマン

miuraさん、こんばんは。

今まではなぜオリジナル作品が3枚だけなんだ、と
寂しく思っていましたが
オリジナル作品がたった3枚で良かったと
今日初めて思いました。
選ぶのにあまり迷わなくてすみますから。。

シド・バレットの名前を普段聞くことは少なかったのに
昨日はそこかしこでシド・バレットの名前が
行き交っていたことでしょうね。
彼が生まれてから、一番彼の名前が語られた日かもしれません。

私も祈ります。
  • URL
  • 2006/07/13 00:34

Mao.Katagiri

片桐にとっても心の師匠5本指の一人なので、めちゃダウナーです。本当にアルバムが3枚だけでよかったと思います。繰り返し聴いても飽きることがありませんね。多分Sydがいなければ片桐の何割かは違った人間になっていたと思います。
  • URL
  • 2006/07/13 00:42

パイクマン

Mao.Katagiriさん

精神を壊したシドが、多くの人の心の支えになっているなんて皮肉な事だけれど、彼の存在意義は大きかったのですね。
どうやら彼の魂は救われているようです。
シドを好きだというと不思議がられたり嫌がられたり、あるいは知らなかったりと、なんだか堂々とシドを好きだと言えなかったけれど、それは思い込みだったかもしれません。

今、彼は天国で唄っているかもしれませんね。
何を唄っているのか想像すると少し楽になりますよ。
  • URL
  • 2006/07/13 01:02

chitlin

こんばんは。

いつかは、こういう日が来るのでしょうが残念なことですよね。
その身を隠して暮らすようになってから長いこと経ちましたよね。ですから、個人的にはピンと来ない部分がありますが、彼の与えた影響力の大きさについては多少なりとも解っているつもりです。

こちらからもトラックバックさせてください。

ご冥福をお祈りします。
  • URL
  • 2006/07/14 00:57

パイクマン

chitlinさん、TBありがとうございます!
本当は過去記事をTBしたんですけど
うまくTBできず、すみません。

シドは長く姿を見せてくれなかったですし、
私が初めて聴いた時にもシドはもう過去の人でした。
ただ、シドの音楽を聴くと、なんだか私が仕事で普段接している脳の障害のある方や精神の障害のある方たちへの想いがシドと重なったり、もちろん音楽で影響を多く受けたことなどで、すぐそこにシドがいるような…そんな存在です。
多分これからも。。
純粋な音楽を求めている自分にはシドの存在が大きかったというべきか…言葉に表せない想いです。

自分のことをダラダラとすみません。

死をきっかけにシドの音楽を多くの人が再度聴くということは、一番の供養の気もしますね。
  • URL
  • 2006/07/14 02:08

はじめ

おはよーございます。

シド、ショックですね…。
僕のギター・ヒーローでしたです。
究極のサイケデリック・ヒーローでしたですし、
何となく寂しいですね。
でも先人はいずれ死ぬんですよね。
そう考えて、彼の残された作品を聴きつつ
追悼ですね…。

パイクマン

はじめさん、お早うございます。

映画やTVのヒーローは決して死なないのに、はじめさんのヒーローは、私たちの前に姿を見せないまま死んでいきましたね。ヒーローとして活躍したのは短い時間でしたが、その残していった音楽で、何人もの人を助けたことでしょうか。

亡くなった事によって、シドを聴いたことのない若い世代の人達も、聴き始めているはず。シドはそれをニコニコして空の上から眺めているかもしれませんね。
  • URL
  • 2006/07/15 10:23

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。