スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NOUVELLE VAGUE「NOUVELLE VAGUE」

  • 2006/06/21 00:15
  • Category: N


Marc CollinとOliver Libauxというフランスのプロデューサーの企画ユニット。その名もヌーヴェル・ヴァーグ!

このユニット名が確信犯的ですが、内容もかなり確信犯!
80年代のパンク、ポスト・パンク、ニューウェーブ、ゴスバンドの曲をボサノヴァ、ジャズ、60年代ポップス風に、全曲カヴァーだけで仕事をしているユニットです。

アコースティック中心の爽やかなシンプルアレンジで、数人の女性シンガーが取っ替え引っ替えで歌っているんですが、

これがまたいいんですよ~♪


ともかくアルバム収録曲はこちら。( )内はオリジナルバンド名。

1.Love Will Tear Us Apart (Joy Division )
2.Just Cant Get Enough (Depeche Mode)
3.In A Manner Of Speaking ( Tuxedmoon )
4.Guns Of Brixton (The Clash)
5.(This Is Not) A Love Song (P.I.L)
6.Too Drunk To Fuck ( Dead Kennedy's )
7.Marion (The Sisters Of Mercy)
8.Making Planet For Nigel (XTC)
9.A Forest (The Cure)
10.I Melt With You (Modern English)
11.Teenage Kicks (The Undertones)
12.Psyche (Killing Joke)
13.Friday Night, Satuday Morning (The Specials)

nouvellevague.gif一番最初に知ったきっかけは、右(写真)のシングルCDをたまたまジャケ買いしたら、パンクバンドの「THE UNDERTONES」と初期4ADレーベル所属のバンド「MODERN ENGLISH」の曲をカヴァーしていたのでビックリしてアルバムまで購入したというわけです。

「THE UNDERTONES」にしても「MODERN ENGLISH」にしても、知名度的に微妙な選択だったので、「このヌーベル・ヴァーグって、なにもの?」と思うのは当たり前ですよね。

このユニットのポリシーはその曲の基本コードをシンプルに保ち、オリジナル曲を聴いた事のないシンガーを起用するということだそうです。

その辺が功を奏してか、原曲を知っていたら力が入ってしまいそうな「P.I.L」はサラリと。
さらに力が入ってしまいそうなハードコア・パンクバンド、デッケネ.失礼、「DEAD KENNEDY'S」はジャズに処理し、脱力の艶っぽい歌で決まり!!


このオリジナルバンドの面々を見ても、原曲を知らない世代でも楽しめるアルバムです!なんてことは安易に言えないですね。
やっぱり原曲を知っている人だからこそ楽しめるアルバムでしょう。
(知ってても知らなくても結構面白いんですけどね…)

当時、「うるさい!」とか「「なにこれ?!」とか「変なの~」(泣)などと言われ、親や友達に煙たがられていたサウンドが、こんなお洒落に形を変えました。80年代パンク・ニューウェーブを聴いて大人になった旦那さん、奥さん、恋人などにプレゼントするのにも良いかと思います。


20060620014323.gif


ところで、フランス盤、UK盤、US盤,日本盤などでボーナストラックの内容や曲数が違いがあり、少しややこしくなっています。
私の持っているUS盤でもジャケットが2種類ありますよ。

見て見て!↓↓↓
nu3.gif

タバコを吸っているジャケと吸っていないジャケットがあるんですが、タバコを吸っていない方のジャケは「DEAD KENNEDY'S」の“Too Drunk To Fuck”が入っていなかったりするので注意です。汚い歌詞もタバコも排除したその名も『クリーン盤』だそうですよ!


本当はもう第二弾のアルバムが発売されているはずだったので、そちらも合わせて書こうと思っていましたが、まだ発売されていないのか日本ではまだ入手出来ないようなので、1stだけ先に書きました。ちなみに2ndアルバムでは、さらにマニアックな選曲がされています。


…ヤバイ、すごく長くなってしまった!
鼻の下。じゃなくて文字数が、、


【2004/PEACE FROG】


musicのところから新譜も合わせて試聴できます。
Nouvelle Vague

1st2曲、2ndから2曲(エコバニとヤズー)聴けます。
My Space.com

(This Is Not) A Love Song
Too Drunk To Fuck

:::購入先::: AMAZON

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/406-dadaca51

Comment

gogleman

なにこの豪華面子!?全部分かるというのはウソで1/3くらいなら原曲分かりますね。
でも分かる人は全部分かるくらいじゃ?
しかも強引にボサノヴァ仕立てにしていてすね。良いです。
買うかどうかまでは分かりませんが(^^;、試みとしては最高です。
デッケネがイイので買うならそっち収録盤ですね!
しかし女の人も鼻の下が長くなるとは知りませんでした…少し意外です。
  • URL
  • 2006/06/21 01:09

パイクマン

こんばんは。

>なにこの豪華面子!?全部分かるというのはウソで1/3くらいなら原曲分かりますね。
でも分かる人は全部分かるくらいじゃ?

私の場合、もちろんバンド名は全部わかりますが、曲が浮かんで来たのは8曲でした~♪
全部わかる人はわかりますよねー。

>しかも強引にボサノヴァ仕立てにしていてすね。良いです。
買うかどうかまでは分かりませんが(^^;、試みとしては最高です。

無理矢理のボォッサ仕上げですが、なかなかでしょう?
インディっぽさがあるところもいいですよ。

>デッケネがイイので買うならそっち収録盤ですね!
しかし女の人も鼻の下が長くなるとは知りませんでした…少し意外です。

デッケネがシングルカットされてもいいくらいですよね。
購入される場合はタバコの吸っている方を買えばデッケネが入っています。でも一番いいのはUK盤(ジャケデザインが全く違う)だそうです。ボーナストラックも多いとか…。

鼻の下、ビョーンと20センチ伸びますよ~(ー∠ー)
意外ですか??
  • URL
  • 2006/06/21 01:35

gaku69ab

こんにちは!また面白いアルバムを見つけたんですね!
内容もいいけどこういうのってジャケットのセンスが問われるような気がしますが、ジャケットもすごくいいですね。なんかタバコヴァージョンとタバコなしヴァージョンっていうのも面白いしシングルのジャケットもあの時代のインディー系を思わせるような。それからデッドケネディーズってデッケネって言われてたんですね。知らなかったです(笑)。
  • URL
  • 2006/06/21 15:00

パイクマン

gakuさん、こんばんは。

>内容もいいけどこういうのってジャケットのセンスが問われるような気がしますが、ジャケットもすごくいいですね。

雰囲気のあるジャケですね。
ヌーヴェルヴァーグというくらいだから、それなりにお洒落で60年代のおフランスでないと、困りますね(笑)
写真だともっと良かったのにと思ったりしてま~す!

>なんかタバコヴァージョンとタバコなしヴァージョンっていうのも面白いしシングルのジャケットもあの時代のインディー系を思わせるような。

タバコなしヴァージョンの方は腑に落ちないところもありますけど、普通の街のショップに置く為にクリーンなイメージが必要だったんでしょうかね?!

>それからデッドケネディーズってデッケネって言われてたんですね。知らなかったです(笑)。

そうです、デッケネと略していましたよ~(^^;)
それを知っていることが恥ずかしくなってきましたが、昔はカッコイイと思って聴いていました。赤面です。。
  • URL
  • 2006/06/22 00:11

Mao.K

何故か全曲オリジナルを知っている片桐です(笑)。「Too Drunk To Fuck」での脱力バージョンには笑いましたが、The Sisters Of Mercyをこんなに明るくしていいものか?と心臓がひっくり返るほど驚きました。きっとAndrewは少ない髪の毛を逆立てて怒るんだろうなぁ~と密かに思ってしまいました。というか、割とダークな曲を敢えて選んでいるような気がして、その辺のわざとらしさにちょっとあざとさを感じます(笑)。

パイクマンさんがデッケネを聴くとは意外でした(驚)。ビアフラ師匠は現在もお元気にパンクしておりますよ。今でも格好いいです(笑)。
  • URL
  • 2006/06/22 22:51

かれき

パイクマンさん、はじめまして、かれきと申します。
以前からちょくちょくお伺いしておりました。

このNouvelle Vagueですが、発売当初から結構話題になっていたのでどんな内容なのかは知っていたのですが、よくよくチェックしていませんでした。そしたらSir AliceとCamilleがヴォーカルをとっている曲があるとだいぶ後で知り、あわてて購入した次第です(二人のソロアルバムが好きなもので)。
収録されている原曲のほうは一つも知らなかったのですが(汗)、今度はオリジナルのほうも聴いてみたいと思います。やっぱりその方が楽しめますよね~。私もジャケットはオリジナル版が好きなのですが、アメリカ盤もなかなか素敵だと思います。

今後も素敵な音楽を紹介されてるのを楽しみにしています!
  • URL
  • 2006/06/23 16:54

パイクマン

Mao.kさん、こんばんは。

>何故か全曲オリジナルを知っている片桐です(笑)。

そうなんですか?!それは素晴らしい!
では、2ndの方も全曲制覇できるかもしれませんよ。
ローズ・オブ・ニュー・チャーチとかクランプスとか、あとブラマンシェ(だっけか?)もやっているみたいですよ。あとバズコックスとかも♪早く手に入んないかな~(*^-^*)

>「Too Drunk To Fuck」での脱力バージョンには笑いましたが、The Sisters Of Mercyをこんなに明るくしていいものか?と心臓がひっくり返るほど驚きました。きっとAndrewは少ない髪の毛を逆立てて怒るんだろうなぁ~と密かに思ってしまいました。

Sisters Of Mercyはこのアルバムでも一押しみたいで、タイトル名が大きく書いているんですけど(笑)。
あまりにいい曲に仕上がっているので、こんなにいい曲だっ
たのかと再発見です。個人的には「ミッション」の方が好きだったんですけどね。。

>というか、割とダークな曲を敢えて選んでいるような気がして、その辺のわざとらしさにちょっとあざとさを感じます(笑)。

アハハ。。意表をつく選曲で楽しませようと言うサービス精神かもしれませんよ!!

>パイクマンさんがデッケネを聴くとは意外でした(驚)。ビアフラ師匠は現在もお元気にパンクしておりますよ。今でも格好いいです(笑)。

デッケネは今ではベスト盤しか手元に残っていないのですけど、好きですよー。昔は「早い早い(テンポ)、カッコいい!」って友達(音大生 w)と聴いていました。

LARD(ラード)までは聴いたんですけど、元気なんですね。ビアフラ、80歳までパンクしてそうですね(笑)
  • URL
  • 2006/06/23 20:50

パイクマン

かれきさん、はじめまして。
コメントありがとうございます!

>このNouvelle Vagueですが、発売当初から結構話題になっていたのでどんな内容なのかは知っていたのですが、よくよくチェックしていませんでした。そしたらSir AliceとCamilleがヴォーカルをとっている曲があるとだいぶ後で知り、あわてて購入した次第です(二人のソロアルバムが好きなもので)。

結構話題になっていたんですね。
そういう音楽の話題って、一体どこで話題にしているのかが、全くわからない私です(笑)

シンガーの方々は全くわからないんですけど、上のコメントで話題になっているデッケネのカヴァーを歌っている、ちょっと色っぽい歌い方のシンガーが気に入ったので、調べてみようかなと思ってました!
かれきさんのブログを読めばわかりそうですね♪

>収録されている原曲のほうは一つも知らなかったのですが(汗)、

いやいや、私なんて、年寄りなのでわかるんですよー!
それよりも、かれきさんのように、シンガーに興味があって
このアルバムを聴かれる方々もいるんですよね。

>今度はオリジナルのほうも聴いてみたいと思います。やっぱりその方が楽しめますよね~。

ビックリすると思いますよ!
こっちを聴いてからオリジナル曲を聴くのって、かなり面白い試みかと思います。

>私もジャケットはオリジナル版が好きなのですが、アメリカ盤もなかなか素敵だと思います。

オリジナル盤が高かったので妥協したのですが、オリジナル盤も見つけたら買っちゃうかも!

>今後も素敵な音楽を紹介されてるのを楽しみにしています!

ありがとうございます、かれきさん。
私もかれきさんのブログに遊びに伺いますので
宜しくおねがいします!
  • URL
  • 2006/06/23 21:08

miura

パイクマンさま。こんばんは。miuraです。作品見ていただいてありがとうございます。そしてコメントもありがとうございます。感謝!
で、合いそうな曲楽しみにしてます。何かな、ちょっと自分なりに予想して遊んでみようかな...なんて。あ、それからモチーフはないのです、でもそう言われると花みたいですね。不思議なものですね。
&ねこさん、飼いたいのですけどここのところ機会もなくて...。
ではでは。どうもです。

パイクマン

miuraさん、こんばんはー。

>作品見ていただいてありがとうございます。そしてコメントもありがとうございます。感謝!

大きなスクリーンでも見てみたいですね。
ダークな色調の中に綺麗な色(花じゃなかったんですね!)が浮き立ってましたね。私はアート関係は(も)全然詳しくないので、陳腐な言葉ばかり並べてすみません。

>で、合いそうな曲楽しみにしてます。何かな、ちょっと自分なりに予想して遊んでみようかな...なんて。

音がなくても充分なんでしょうけど、思わず音楽を流してしまいたくなりますよね♪
合いそうな楽曲というのは、これからまたじっくり探してみようかな、と思っています(手持ちの中からなのであまりなさそうですが…)。
私が持っている中では、似合いそうなのが静かなインスト(エレクトロニカやノイズ混じりのエクスペリメント)だったんですけど、ガーッとしたうるさいのでも、似合うのかもしれませんね!

miuraさんが選ぶのはどんな音楽なんでしょうか!
それも楽しみにしているので、もし選んだら教えて下さい!!

>&ねこさん、飼いたいのですけどここのところ機会もなくて...。

動物を買うのって、エネルギーがいりますよね。
一緒に過ごす時間がないと、可哀想ですしね。。
  • URL
  • 2006/06/26 00:43

かれき

こんにちは~♪

TBありがとうございました~(^^)。
先ほど初めてTBしたのですが失敗してないかな(汗)。
2重に送信しちゃったかもしれません(爆)。
す、すいません。
そういえば初めて書き込みをしたのもこのNouvelle Vagueの記事でした。
もう半年前になるのですね...なんだか懐かしいです(笑)。
ではもう一度こちらの1stのほうを聴き直してまいります。
  • URL
  • 2006/12/22 11:11

パイクマン

こんにちは!

>TBありがとうございました~(^^)。
先ほど初めてTBしたのですが失敗してないかな(汗)。
2重に送信しちゃったかもしれません(爆)。
す、すいません。

かれきさん、TBさせて頂きました。
かれきさんのTBは残念ながら届いてなかったですけど、
良かったら今後の練習用にここ使ってみて下さい(笑)
二重になっても良いですよー。

下に書いてあるTBのURLをコピーしてそちらのTBを貼付ける箇所にペーストして
送信すればできると思いますが、いろんな不具合があるようで出来ないこともたまにあるようです。込んでる時間帯とかも…。

>そういえば初めて書き込みをしたのもこのNouvelle Vagueの記事でした。
もう半年前になるのですね...なんだか懐かしいです(笑)。
ではもう一度こちらの1stのほうを聴き直してまいります。

そうです、確認したらかれきさんの「はじめまして」のコメントが入っていたので
思わず読み返してしまいました^^
私はもう一度2ndを聴き直してみようっと♪
  • URL
  • 2006/12/22 12:26

かれき

あれれ、どうもTBがうまくいかないみたいです~(><)。
どうしてだろう??
何か上手くいかない不具合があるのかもしれないですね。
もう一度勉強し直してまいります(苦笑)。
  • URL
  • 2006/12/23 10:21

パイクマン

かれきさん、メリークリスマスv-255

TBは無理みたいですね~。
うちはテンプレートを変えてから調子が良かったんですが
ここ数日FC2がいろいろあって不具合が出てるのかもしれませんね。
またいつでもトライしてみてくださーい。

どうぞ良いクリスマスを(^ー^)/
  • URL
  • 2006/12/24 01:17

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。