スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paavoharju / Yha Hamaraa

  • 2005/08/19 18:52
  • Category: P
paavoharju_yha-panorama.jpg

Fonal Recordsというフィンランドのレーベルの新人バンド、PAAVOHARJUのデビュー盤。
フィンランド語で歌っています。

iTunesで試聴
https://itunes.apple.com/us/album/yha-hamaraa/id262589711

不条理音盤委員会さんの詳しいレビューもどうぞ!

エレクトリックとアコースティック・ギターを核としたサウンドに、リヴァーブなどのエフェクト効果でサイケデリック感が漂い、知らない世界に迷い込みそう。

寂しげでオリエンタルなメロディーに独特のエフェクトがかかって覚醒的な女性ヴォーカル。北欧的でモヤがかかったようなつかみ所がないサウンドですが、そんな中で、古くてピコピコとしたキーボードの音が暖かく感じます。男性ヴォーカルが入った曲はフォーク調で親しみやすくもあり、これからいろんなアプローチができそうなバンド。

ジャケットの女の子のイラストも可愛い。
もちろん、ジャケ買い!
余談ですが、間違って2枚買ってしまったので後からもう一枚届きます(泣)

♩Valo tihkuu kaiken läpi



【2005/FONAL】


Pagination

Trackback

PAAVOHARJU / YHA HAMARAA from しみじみ

フィンランドのフリー・フォーク・シーンはNYのそれにも通じるということで、PAAVOHARJUのデビュー・アルバムを聴いてみました。で、個人的にこれは大好き。エキゾチックな旋律のフリ
  • 2006/04/17 16:27

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/37-4eb30da1

Comment

gogleman

パイクマンさん、こんばんは。

大丈夫でしょうか?いろいろとお忙しい事とは思いますが、
無理をされませんように。
コメントへのレスなんてあっても無くてもどっちでもイイような物ですので、気になさらず。
こちらこそパイクマンさんに余裕が出来た時に、
更新されることを心待ちにしておりますよ!
この音源もドラムン調だったりして、興味深いですね。
  • URL
  • 2006/03/03 23:44

Yorkie('・c_・`)

パイクマンさんへ。
謹んでお悔やみ申し上げます。
先日、帰省したばかりなのに
パイクマンさんもパイクマンさんのご両親も
たいへんですね・・・(><)
どうぞ悲しみのあまり、お体を壊されないよう
大切にして下さい。
パイクマンさんが
落ちついてネットが出来るようになるときまで
のんびりお待ちしております。
  • URL
  • 2006/03/03 23:45

パイクマン

Yorkieさん&goglemanさん

心配して頂いて有り難う御座いましたm(__)m
亡くなったのが東京に住む叔父で、16日に亡くなっていたんですが、発見されたのが19日で、警察にお世話になったりして大変でした。私といとこ夫婦だけが東京に住んでいる親族でしたので、両親がうちに寝泊まりしたり音楽を聴ける環境ではありませんでした。火葬だけ済ませて、田舎で葬儀をすることになりましたが、日取りも決まっていません。なんだかんだと忙しい数日で、みんなヘトヘトです。
そこそこ社会的地位がある叔父だったんですが、離婚したりして、結局亡くなる時は一人きりで、寂しかったと思います。私はやっぱり一人きりで死ぬのは嫌だな…なんて思っちゃいましたよー。

また少しづつ更新していきますので、ヨロシクお願いしま~す
  • URL
  • 2006/03/03 23:45

Yorkie('・c_・`)

パイクマンさん、お疲れ様。
人の死に接すると、それについて
考えちゃいますよね。身近な人の死だと特に。
わたしも一人で死ぬのは嫌、かなあ。
それともし、年齢や病気などで
自分の死を感じることがあったら
いつ死んでもいいように準備できたら
いいなあとも思います。
残された人が困らないように。

またパイクマンさんの記事を楽しみにしています。
(PAAVOHA、おもしろいですね。歌声がユニークだな~って思いました。ヨダレ掛けが似合いそうな声)
  • URL
  • 2006/03/03 23:46

パイクマン

Yorkieさん。
どうもありがとうございます

>自分の死を感じることがあったら
いつ死んでもいいように準備できたら
いいなあとも思います。
残された人が困らないように。

本当ですね。どういう形で死んでいくのかわからないけれど、お葬式の細々した事や、残されたCDまで(笑)どうするのか、ちゃんと遺言書を書こうと思いましたよ。
今回の叔父の死はちょっとだけ複雑な問題が絡んでいて、その段取りで手間取ったりしたんですが、家族や親族の関係も悪くしないで生きていたら、一人きりで亡くならないで済んだんですよね。。

>またパイクマンさんの記事を楽しみにしています。
(PAAVOHA、おもしろいですね。歌声がユニークだな~って思いました。ヨダレ掛けが似合いそうな声)

ヨダレ掛け~?!赤ちゃんっぽい?(笑
またまたYorkieさんの名言が飛び出しましたね!!!
名言集が出来そうですね!
コメントから拾い出して作ろうかしら(笑
  • URL
  • 2006/03/03 23:46

はじめ

おかえりなさい&お疲れ様でした。

実際、僕もまあちょっと前に本気で死に直面というか
まあそうしたことがあったので、コメント読んで考えてしまいましたですね。
僕も一人暮らしなんで、家で首吊ってたら誰にも分からないままかぁ…
とか思ったりですよ…。

これからもアップ楽しみにしてますね。
あ、内容に関係無かった…。
  • URL
  • 2006/03/03 23:47

パイクマン

はじめさん。
どうも有り難うございます。
湿っぽいコメントが繰り広げられてしまいましたが

>実際、僕もまあちょっと前に本気で死に直面というかまあそうしたことがあったので、コメント読んで考えてしまいましたですね。僕も一人暮らしなんで、家で首吊ってたら誰にも分からないままかぁ…
とか思ったりですよ…。

やはり、どんなに苦しくても寿命を全うせねばならないと思いますよ。腐敗した体を人にさらけ出したくはないと、せめて自分は綺麗な死体を皆に見せたいと…今回思いましたよ。

>これからもアップ楽しみにしてますね。
あ、内容に関係無かった…。

フフフッ。ブログを始めてから3日以上PCを立ち上げなかったことはないんですが、家にいながら、一度もPCに触らなかったことが、今回驚きでした(笑
まだゴタゴタしていて田舎の葬儀にも行かなければならないんですが、なるべく時間をみてUPします。いろいろありがとう!!
  • URL
  • 2006/03/03 23:47

クロエ

パイクマンさん、こんばんは。

だいぶ前にダニエル・ダックスのことでコメントさせていただいたものです。おひさしぶりです。覚えていらっしゃいますでしょうか。。
ご親戚のご不幸、心よりお悔やみ申し上げます。

こちらのCDわたしも購入しまして、とても気に入って聴いています。一緒にIslajaのセカンドも買ったのですが、これもすごくよかったです。Lau Nauとか、最近フィンランドには素敵なアーティストがたくさんいるので、ほかにもいろいろ聴いてみたい気持ちでいっぱいです。また遊びに来ます。更新とても楽しみにしています。どうぞお体にはお気をつけてください。
  • URL
  • 2006/03/03 23:48

パイクマン

こんばんは、クロエさん!

しっかり覚えていますよ。
ダニエル・ダックスのところでコメント頂いて
すごく嬉しくて、クロエさんもどこかで書いて
いるのかなぁ‥と思ったりしていましたよ!

>ご親戚のご不幸、心よりお悔やみ申し上げます。

有り難うございます。
こんな関係ない記事のところで、不幸話を
しているなんて、なんというか…おかしなことになっていてすみません。

>こちらのCDわたしも購入しまして、とても気に入って聴いています。

そうなんですか?!
2枚も購入してしまって
(もう一枚はまだ届いてませんが‥)
もう一枚を欲しい方に安く売ろうかと
思っていたんですよ。オシイ!!(笑

>一緒にIslajaのセカンドも買ったのですが、これもすごくよかったです。

1stが出てからそんなに経っていない気が
したんですけど…私も買ってみます。

>Lau Nauとか、最近フィンランドには素敵なアーティストがたくさんいるので、ほかにもいろいろ聴いてみたい気持ちでいっぱいです。

私もいろいろ聴いてみたいです。
でも、アルバムを買ってじっくり聴いてみたい派(?)なので、金銭的に追いつきません(笑)。
北欧圏の音ってオリエンタルで不思議ですけど、
そいえばダニエル・ダックスもオリエンタルですよね!
クロエさんも聴いて良いのがあったら、
是非これからも教えてくださーい♪

>また遊びに来ます。更新とても楽しみにしています。どうぞお体にはお気をつけてください。

有り難うございます。
でも、お気付きのことと存知ますが、
ジャンルがあちこち飛びまわりますので
それだけ御了承ください(笑)。
クロエさんも体に気を付けて、
暑い夏を乗り切りましょう。
もう一踏ん張りですね!

コメント返信、長くなりました(^^:
  • URL
  • 2006/03/03 23:49

Yorkie('・c_・`)

パイクマンさん!!
新しいテンプレがステキですわよ!
すっごく好みなデザインで羨ましいです。
いつもパイクマンさんがブログの模様替えを
されるたびに思うのですがヤプログって
デザインがオサレですよねぇ。
それに比べうちの生扉ときたら。
変なデザインばっかで
もう、もう、もうっ・・・・゚・(ノД`)・゚・。

ヨダレ掛け、ですがPAAVOHAの歌声が
聴いているとヨダレが垂れてそうなカンジに
思えませんか?(アリ?わたしだけ?
  • URL
  • 2006/03/03 23:49

パイクマン

Yorkieさん、こんばんはー。
トイレに起きたらちょうど携帯のブログコメント用の着信音が鳴りましたー(爆

久し振りに夜更かししたので、
気分転換にテンプレ変えてみました。
でも、第一候補と第二候補のテンプレに変えたら
ぐじゃぐじゃになってしまったので
コレにしてみましたが…ブログタイトルよりも
「BLING BLING」とかいう光り物が(笑)目立っていておかしいですね!
おまけにコメント欄にはまたまた時間が表示されてないし、とうとうヤプログにも広告表示がトップ記事の下にくっ付いたし。。
ブーブー言いながらもヤプログ使い続けている意固地な私です(笑

私はライブドアさんのデザインはシンプルで好きですけどね~♪Yorkieさんが前に使っていた、浜辺のデザイン(波)が素敵でしたけども。

>ヨダレ掛け、ですがPAAVOHAの歌声が
聴いているとヨダレが垂れてそうなカンジに
思えませんか?(アリ?わたしだけ?

そう!Yorkieさんだけ!!(笑
多分一緒に歌っているとヨダレ出るのかもしれませんねぇー。フィンランド語で歌えるYorkieさんってスゴい!ですよ~
  • URL
  • 2006/03/03 23:50

はじめ

こんにちは~。
前回は全く関係無いコメントですみませんでしたです。

何か2曲目の歌メロがインドっぽいですね。
フィンランドなんですよね?
すごくオリエンタルで不思議な感じですね。
でもジャンル「Blues」…(笑

関係無いですけど
テンプレート変更したんですね。
「BLING BLING」という文字が大きすぎて
ブログ名自体を変更しちゃったのかと思いましたです(笑
  • URL
  • 2006/03/03 23:50

パイクマン

こんばんは~、はじめさん!

>前回は全く関係無いコメントですみませんでしたです。

そんなことないですよ~!!
お互い様です(笑)

>何か2曲目の歌メロがインドっぽいですね。
フィンランドなんですよね?
すごくオリエンタルで不思議な感じですね。
でもジャンル「Blues」…(笑

アッ!ジャンル「Blues」って出ました~?!
確認していませんでしたけど、iTunes(?)も
ジャンル決めるのに困るのかな(笑

オリエンタルなメロディですよねー。
2曲目はどっかの民謡みたいだと思いましたよ。
なんか日本的なところもある気がして溶け込んじゃいましたが、はじめさんはインド風に聴こえたのかー、と思うと、そういう風にも聴こえたりして…。不思議な曲を作りますね、あちらの方たちって!!

>関係無いですけど
テンプレート変更したんですね。
「BLING BLING」という文字が大きすぎて
ブログ名自体を変更しちゃったのかと思いましたです(笑

アハハッ、困ったなぁ~。。どうしよう。
でも、いっか~!もっといいのが出てくるまで「BLING BLING」で!
ウソ!「Antenna.blog」でお願いします
  • URL
  • 2006/03/03 23:51

Mao.K

古いエントリーにすいません。かなり前から気になっていたアルバムですが、ようやく入手できたので(滝汗)。Lau Nauさんもエクスペリメンタルな世界を展開していましたが、さらにそれの上を行く音ですよね。ちょっとオフ気味でモノラルっぽい音とヴォーカルのかけられたエコーの空間的な拡がりはまた幽玄としか言えないのですが、エフェクトのかけ方もまた凄まじいものがあります。これをジャケット買いしたパイクマンさんは偉い!出てきた音に驚いたのではないでしょうか??Musta katuのレゲエ風の音がちょっと懐かしいです(笑)。
フィン族のアジア的な音に関しては真面目に探求中です(謎の本業にかかわってくるので。。。。)。
・・・・このCD渋谷のW店で買ったんですよね?どういうわけかWの表記ではPaavohaになっていますが、Paavoharjuが正しいのとちゃいますか??
  • URL
  • 2006/09/14 02:48

パイクマン

こんばんは。
お久しぶりです!

>古いエントリーにすいません。かなり前から気になっていたアルバムですが、ようやく入手できたので(滝汗)。Lau Nauさんもエクスペリメンタルな世界を展開していましたが、さらにそれの上を行く音ですよね。ちょっとオフ気味でモノラルっぽい音とヴォーカルのかけられたエコーの空間的な拡がりはまた幽玄としか言えないのですが、エフェクトのかけ方もまた凄まじいものがあります。これをジャケット買いしたパイクマンさんは偉い!出てきた音に驚いたのではないでしょうか??Musta katuのレゲエ風の音がちょっと懐かしいです(笑)。

ぼにょぼにょしたエフェクトのかかりかたとヴォーカルのエコーが凄いですね。
この感じ、どこかの国の露店で買ったとか言われて頂いたカセットテープのエフェクトのかかりかたと似ているような気がするんですけど、そのカセットテープは紛失いたしました。。単に音が悪かったカセットだったかもしれませんが(笑)
上に「北欧的な」という表現を使ったのですが、ヴォーカルはインドっぽい感じもして無国籍ですね。メロディは美しくてM-2が特に好きです♪
こんなに可愛いイラストなので、ジャケット買いはどうしてもやってしまいますね!イラストと内容のギャップに驚いたとしてもです!(笑)

>フィン族のアジア的な音に関しては真面目に探求中です(謎の本業にかかわってくるので。。。。)。

フィン族の民謡などがあったら紹介してくださいね♪
楽しみです!!

>・・・・このCD渋谷のW店で買ったんですよね?どういうわけかWの表記ではPaavohaになっていますが、Paavoharjuが正しいのとちゃいますか??

ほんまやわ~!
「ju」が足りまへん!
今まで気が付かなかったなんて、アホと違う?!
訂正さてもらうさかいに、堪忍してなぁ~。

いや、冗談抜きにいつも有り難うございます!(汗&感涙
  • URL
  • 2006/09/14 23:47

Mao.K

フィンランド音楽探求家の片桐です(笑)。
話せば長くなり専門的にもなりますが、元々シベリア西部に起源を持つフィン族の集団は10~12世紀の頃までに現在のフィンランドの土地に移住してきたようです。Paavoharjuのアルバムを紹介する時に書かれているSavoとはフィン族の有力な4集団の一つを指すようです。というわけで元々アジアに近いところが出身なので音楽にもそういった要素(特にヴォーカルとかですね)が強いのは当然といえば当然なのですが、フィンランドという国自体はスウェーデンの長い支配にあったためにトラッド曲の多くがゲルマン風に変容してしまったようですね。そのためにゲルマン風の音とアジア的な発声がミックスされてしまったというのが実情のようです。と小難しいことを言っても始まらないので、フィンランドの音楽をざっと紹介したBBC-Radio 3のアドレスを
http://www.bbc.co.uk/radio3/world/guidefinland.shtml
ついでにちょっとフィンランド関連のCDまで注文してしまいましたので、届いたらレビュりますね(笑)。
  • URL
  • 2006/09/23 02:07

パイクマン

こんにちは、フィンランド音楽探求家の片桐さま。
わざわざ有り難うございます。

>話せば長くなり専門的にもなりますが、元々シベリア西部に起源を持つフィン族の集団は10~12世紀の頃までに現在のフィンランドの土地に移住してきたようです。Paavoharjuのアルバムを紹介する時に書かれているSavoとはフィン族の有力な4集団の一つを指すようです。というわけで元々アジアに近いところが出身なので音楽にもそういった要素(特にヴォーカルとかですね)が強いのは当然といえば当然なのですが、フィンランドという国自体はスウェーデンの長い支配にあったためにトラッド曲の多くがゲルマン風に変容してしまったようですね。そのためにゲルマン風の音とアジア的な発声がミックスされてしまったというのが実情のようです。と小難しいことを言っても始まらないので、フィンランドの音楽をざっと紹介したBBC-Radio 3のアドレスを
http://www.bbc.co.uk/radio3/world/guidefinland.shtml
ついでにちょっとフィンランド関連のCDまで注文してしまいましたので、届いたらレビュりますね(笑)。

なるほど、フィンランドの神秘的な音楽にはそんな歴史的背景があるんですね。
ざっとBBC-Radio3ラジオのところを覗いて聴いてみました。バンドはそれぞれが特色がありますけど、ファインランド独特のスケール(音階)もあるようで、ヴォーカル=メロディがやはりアジアっぽい(インドに近い感じ)がします。フィンランド独特の楽器使いというのも、神秘的な音楽の要因かと思います。
そういえば、ロシアのヴォーカリストのアルバムを聴いてみたことがあるんですけど、それにも感じが似ていると思いました。

フィンランド音楽の専門家目指してくださ~い!!
レビュー、お待ちしております♪
  • URL
  • 2006/09/23 10:54

Mao.K

こういったことが本業なので(謎)
>ファインランド独特のスケール(音階)もあるようで、ヴォーカル=メロディがやはりアジアっぽい(インドに近い感じ)がします。フィンランド独特の楽器使いというのも、神秘的な音楽の要因かと思います。
→→ 西洋古典音楽を学んでいるパイクマンさんであれば承知かと思うのですが、ヨーロッパの音楽理論ではできるだけ微分音や倍音は使わないようになっていますよね。一方でインドでは微分音階を駆使した音楽が普通なのもご存知だと思います。そういった響きをゲルマンやラテン系の民族は失ってしまったのかどうかは不明ですが、一時期(と言っても紀元前3000年頃ですが)インド・イラン系の祖先とフィン系の諸民族、それにスラブ系の祖先は中央アジア草原のどこかで隣近所の関係だったようです(基本的な単語を分析すると共通の単語があります)。パイクマンさんが感じたようなインド的な雰囲気はおそらく当時の中央アジアで歌われていた音楽をそのままフィン族が持っていたものではないかと考えられます。と、ちょっと調べてみたのですがなかなかスケールが大きい話でありました(謝X10000)。
  • URL
  • 2006/09/24 01:48

パイクマン

こんにちは!
またまたレス遅れててすみませんm(_ _)m

>>ファインランド独特のスケール(音階)もあるようで、ヴォーカル=メロディがやはりアジアっぽい(インドに近い感じ)がします。フィンランド独特の楽器使いというのも、神秘的な音楽の要因かと思います。

>西洋古典音楽を学んでいるパイクマンさんであれば承知かと思うのですが、ヨーロッパの音楽理論ではできるだけ微分音や倍音は使わないようになっていますよね。一方でインドでは微分音階を駆使した音楽が普通なのもご存知だと思います。そういった響きをゲルマンやラテン系の民族は失ってしまったのかどうかは不明ですが、一時期(と言っても紀元前3000年頃ですが)インド・イラン系の祖先とフィン系の諸民族、それにスラブ系の祖先は中央アジア草原のどこかで隣近所の関係だったようです(基本的な単語を分析すると共通の単語があります)。パイクマンさんが感じたようなインド的な雰囲気はおそらく当時の中央アジアで歌われていた音楽をそのままフィン族が持っていたものではないかと考えられます。と、ちょっと調べてみたのですがなかなかスケールが大きい話でありました(謝X10000)。

ニャーーッ!!!
難しい話ですね!ニャッ。
理論については楽典を一冊勉強しただけで、その上理論とはほとんど関わり無くピアノを弾いている私めなので、インドの音楽論なんてのもよくわかりませんが(^^;

>中央アジアで歌われていた音楽をそのままフィン族が持っていたものではないか
これがわかればいいです。かね?!

民族の歴史と音楽性が大きく係わっているのはMao.Kさんのコメントでわかりました(それだけかい!→ツッコミ)
でもこんな私に、研究結果を教えてくださって有り難うございます!!
  • URL
  • 2006/09/25 11:41

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。