EUROS CHILDS「CHOPS」

  • 2006/04/05 21:06
  • Category: E
chops.gif

ウェールズ出身のクレイジーサイケポップバンド、「ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ」のフロントマン、エイロス・チャイルズのソロデビューアルバム。

ゴーキーズに出会ったのは初期シングルやEPをまとめた96年リリースの『Introducing』で、そのあまりの奇想天外なポップセンスに笑みがこぼれて、こんな人達が90年代にいることが、なんだかわからないけど嬉しかったのを覚えています。ソフト・マシーン、ケヴィン・エアーズ、特定はできないけど60年代から70年代のサイケやプログレなどに影響されたみたいな、どこから何が出てくるのか予測のできないメロディーや数々の楽器を駆使したゴーキーズワールドに振り回されました。

ところがその奇想天外なセンスは徐々に無駄がそぎ落とされていくように、初期のセンスは残しつつ、次第に素朴でフォーキーな音が目立つ様になっていきました。

残念ながら、現在ゴーキーズは活動休止中らしいのですが、活動歴15年でまだ30歳(!)のエイロス・チャイルズが、このソロアルバムを機に、どんどんフィールドを広げていく様な気がして楽しみです。


アルバムは、初期作品にも似たネジのハズれたサイケ・ポップなおもちゃ箱的な曲から、カントリー、フォーク、ロックンロール、それから美メロが映えるナイーブなバラード曲などで構成され、ゴーキーズの延長線である感触です。これを聴くとゴーキーズはエイロスのワンマンバンドだったとしか思えないですね。

それと曲に於ける転調の奇抜さ、これがなんともいえないサイケデリックな感じを受ける要因かもしれないです。とにかくポップでキャッチー、そして土臭さ(これはウェールズの土ね!)、奇妙な音使い、美しさがギュッと凝縮された作品になっています。

本人は『このアルバムをパーティーミュージックにしたかった』そうなんですが、パーティーをするなら、キノコやお花や動物のぬいぐるみを着て集まる仮装パーティーがおすすめ!会場は屋内ではなくてやはりあの森にしましょう(??)
最近はキノコがマイブームです。

しみじみさんにTBさせて頂きました。

【2006/WICHITA RECORDING(コロンビア)】


数曲試聴も出来ます
EUROS CHILDS

Donkey Island
Slip Slip Way
Circus Time

:::購入先::: AMAZON
ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキの初期作品が
日本盤で登場しているようです。AMAZON



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/364-df9c5e50

Comment

Mao.K

ウェールズ・サイケですね(笑)。ブリティッシュ勢よりもちょっと土着的なところもあったゴーキーズもコメントのようにどんどん素朴なアシッド・フォークになっていったのが個人的には残念です(涙)。このアルバムは本当に初期のゴーキーズのようなカラフル・サイケでこれからエイロス君にはがんばって欲しいものです。目指せケヴィン・エアーズ2代目というところでしょうか。。。。

→→ ところでヴァイオリンに弱いそうですが、ギター・ポップ系では、Bobby Valentino(The Bluebells等)、Steve Wickham(The Waterboys等)といった人のヴァイオリンの使い方が好きです。
  • URL
  • 2006/04/06 21:10

溜め息

予告通り、TBありがとうございます。
牧歌的な佇まいがたまりませんね、ゴーキーズとこのソロ作は。
でも、この作品は曲タイトルにしろ、海とか川っぽい感じがしました。
ゴーキーズは『バラファンデル+3』だけ持ってないんですが、再発されないかなぁ、と(´Д`) =3
  • URL
  • 2006/04/06 22:05

パイクマン

こんばんは!
いつもヘンテコな音楽にコメント有り難う御座います。

>ウェールズ・サイケですね(笑)。ブリティッシュ勢よりもちょっと土着的なところもあったゴーキーズもコメントのようにどんどん素朴なアシッド・フォークになっていったのが個人的には残念です(涙)。

だんだん大人しく(フォーキーに)なっていったので、この路線でずっといったら行き詰まるんじゃないかと思ていましたが、その辺がバンドメンバーとの行き違いやらなんやらがあった結果なのかな…とも思えてきますね。
フォーク系の曲でもグっとくる曲があるんですけどね!
「How I Long」(だっけか?)とかは好きだなぁ。。

>このアルバムは本当に初期のゴーキーズのようなカラフル・サイケでこれからエイロス君にはがんばって欲しいものです。目指せケヴィン・エアーズ2代目というところでしょうか。。。。

大部と元気そうな音ですよね(笑
ケヴィン・エアーズのように長く活動していってほしいです!
(ケヴィン・エアーズについては詳しくないのでわかりませんが…)

>→→ ところでヴァイオリンに弱いそうですが、ギター・ポップ系では、Bobby Valentino(The Bluebells等)、Steve Wickham(The Waterboys等)といった人のヴァイオリンの使い方が好きです。

Bobby Valentinoの「This Is Murder」持ってます!
あの、お兄さんの髭面も好きです(笑
The Waterboysは曲調がだんだん飽きてきたのですが、泣きのヴァイオリンいいですねぇ。
今はDirty Three(スペル合ってるかな?)のヴァイオリンの音色が一番好きかもしれません。ちょっと骨太ぽいですけど。
  • URL
  • 2006/04/07 00:30

パイクマン

こんばんは!

>予告通り、TBありがとうございます。

予告通り、TBさせて頂きましたー。
結構素早かったでしょ(笑

>牧歌的な佇まいがたまりませんね、ゴーキーズとこのソロ作は。
でも、この作品は曲タイトルにしろ、海とか川っぽい感じがしました。

ウェールズの風景なのか、摩訶不思議な街や島なのかわかりませんが、ピグミー族(アマゾン?)なども登場してくるなんて彼らしい題材ですね!
サーカスがやってくる街っていうのも趣があります。

>ゴーキーズは『バラファンデル+3』だけ持ってないんですが、再発されないかなぁ、と(´Д`) =3

ゴーキーズをよくそんなに集められましたねー!
私はアルバムはなかなか探せなくて困っているんですけど、
シングルは見つかるんですよ(笑
『バラファンデル+3』は現在amazonで3,980yenで出されているようですね!高いです。。
  • URL
  • 2006/04/07 01:05

Mao.K

「Barafundle」のMercury盤は入手できるのですが、「+3」の方がなかなか出てきませんよね(笑)。
  • URL
  • 2006/04/07 19:39

パイクマン

こんばんはー。

>Barafundle」のMercury盤は入手できるのですが、「+3」の方がなかなか出てきませんよね(笑)。

あれ、ほんとうだ。輸入盤だったら入手しやすいのに日本盤じゃないとダメなのかな。↑上の溜め息さん。
「+3」の3曲にこだわりがある方は日本盤じゃないといけないのかもしれないですね。
  • URL
  • 2006/04/08 00:44

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの

proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:22歳 (1997.6.30 − 2019.04.16)
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ