音楽にまつわる話 その1「アルバムジャケット」



iTMS【iTunes Music Store】(アイチューンズ・ミュージックストア)の日本向けの有料音楽配信サービスが始まって結構覗いているんですけど、今のところ購入したい曲は探せていません。



ん~、早く何か買いたい。



こういう一曲単位の楽曲配信って、これから先、アーティストの作る曲の質向上にも繋がるような気がして、予てから喜ばしかったのですが、どうなんでしょう。

そんなの、ただの幻想に過ぎないのでしょうか。。



しかし、気になってくるのは『アルバム』の価値。

   さらにアルバムジャケットの存在。



レコードからCD主流へと移行しつつあった時期に、

「アルバムジャケットの写真や画が小さい」と嘆いた若かりし時が今は懐かしい。

アーティストが作った曲と同じくらい気持ちを込めるジャケットって、私にはすごく大事なもの。実際聴いた事無いアルバムですら、ジャケットを見て「ああ、あのアルバム」ってわかったりする。



おおげさに言うと、ジャケットを見ると音が聴こえてくる。かも…

アーティストの作った作品のシンボル…アルバムジャケット。



●アルバムジャケットに焦点をあてながら(私はそう思っている)レビューを書いている TONE COLORED MUSIC さん。

とてもスタイリッシュで、レビューも丁寧。私が好きなのは、ジャケットの色合いでアルバムを分けていたりするところ。



Topの > ENTERから入ってみてください。






ちなみにパイクマンが買おうかどうかずっと迷っているアルバムのジャケットが

こちら。▼

 


beefolk|Place Dramatique



<ジャズっぽいロックに変テコヴォーカルが乗っているオーストリアのバンド>

内容は興味あるのですが…ジャケットが難かも。

なんというか…センスが問われるというか…やっぱやめようかな。。

 …ほらね、やっぱりアルバムジャケットは大事でしょ



by パイクマン

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/165-08c05ad7

Comment

Yorkie('・c_・`)

パイクマンさんがご購入を考えてらっしゃるCDジャケット、前衛モダンバレエ軍団ってカンジですね。

レコードが廃れない理由も
パイクマンさんがおっしゃってるように
その辺にあるかもしれないですね。
わたしが聴いてる60年代ものの
貴重な音源は未だにCD化されてなかったりするのが
多いのでレコードって
わたしは現在は聴ける環境ではないのですが
ジャケット画像も含めて魅力的です。
ITMSがそういったCD化されていない
音源も出すようならもうちょっと興味も
沸くかもしれません。
  • URL
  • 2006/12/16 23:07

millicent

「でかジャケ」のCDも売れてるみたいですからね。
パッケージとしてのCD媒体が完全に廃れる事はないでしょう。
でも何らかの付加価値を持たせていかないと厳しいかも。
やっぱり日本のCDは高すぎますよ。
  • URL
  • 2006/12/16 23:08

パイクマン

Yorkieさん

>パイクマンさんがご購入を考えてらっしゃるCDジャケット、前衛モダンバレエ軍団ってカンジですね。

アハハ。…でしょ?!全員バンドメンバーなんですけど、何を考えてこんなジャケにしたのか謎です。

>レコードが廃れない理由もパイクマンさんがおっしゃってるようにその辺にあるかもしれないですね。

DJでレコードを回している人とかには必要不可欠ですし、私が聴いているような盤については、海外ではレコードも出ているようですね。(私もレコードではなくて、今ではCD派です)レコード愛好家というのも多いですし、密かに今レコードが流行してはいるみたいですね。

>ITMSがそういったCD化されていない音源も出すようならもうちょっと興味も沸くかもしれません。

日本では無理でしょうねぇ。私が書いていきたアルバムもほとんど見当たりませんし…。ITMSの日本以外のサイトだとかなり欲しいのがみつかりますけど。もしかして、この楽曲配信で勢い付いて、輸入盤規制に拍車がかかるのでは…という心配もあるんですけど…。

millicentさん
でかジャケって売れているのですかー。
ちょっと欲しい気もしますが、他のCDとサイズが合わなくて、保管、整理に困る気がします(笑

>でも何らかの付加価値を持たせていかないと厳しいかも。やっぱり日本のCDは高すぎますよ。

アメリカは、楽曲配信で曲を数曲買った人、試聴した人が、その後アルバムも買う率が高いという統計が出たそうですが、日本は試聴システムだのの規制が大きいし、他の国に比べてアルバムに限らず、一曲の値段が150、210yenと高いですし…高くならざるを得ないのは、やっぱりあの組織が複雑に絡んでいるせいでしょうか?!


  • URL
  • 2006/12/16 23:08

はじめ

こんにちは。

CDって廃れていくんでしょうか??
何にせよ、MP3配信の時代へと移っていくのは
それはそれで近未来的で魅惑でもあるんですけど
個人的には…。

ちなみにレコードもまだまだ根強いですよね。
僕がレコードを聴くようになったのは
NWにはまってからなんですけどね。
昨今のようなブームが来るとは露知らず
NW期の主要作品は軒並み廃盤でしたもの!
あ、あとP-MODEL!これもレコードじゃないと
なかなか無かったんですよー。
今はテクノ系のシングルを聴くには
やっぱレコードプレイヤーがないときついですね。

という、極めて個人的な話なんですけど、すみませんです。
  • URL
  • 2006/12/16 23:09

パイクマン

はじめさん、こんにちは!
蒸しますね~。。

>CDって廃れていくんでしょうか??

どうなんでしょうね~。レコードも無くなるのかと
思ってたらそんな事無いですし。海外(日本も?)の音楽業界がどういう事を考えているのかで、一般の我々はそれに呑み込まれていくとしか言えないですよね。。楽曲配信主流になったら、その音源をどこに置いて音楽を聴くのか…で今度ハード部門が売れるので経済効果もありますね(笑)
今回の場合アップルは上手でしたね!だってiPodと連動していたわけですから…。
でも、今まで作ったアルバムCDもレコードみたいに手に入りにくくなるのは嫌ですね!
10年後を考えて、今のうち(私の場合は)CDを買いあさります。だって、CDが廃れたら今持ってるCDにプレミア付きそうだもん!!(笑

>ちなみにレコードもまだまだ根強いですよね。

レコードは特にクラブ系では必要ですよね。あと、クラシック愛好家がレコード好きな人が多いですよね。NW系はここ数年でCD化がススンで良かったですけど、未だに権利の為にCDにならなかったりっていうの、探すといっぱいありそうですね。あと、既にCDが廃盤になってるものとかも!

>P-MODEL!これもレコードじゃないと
なかなか無かったんですよー。

はじめさん、P-MODEL好きだもんねー!
やっぱこれもレコード会社絡みで難しかったんでしょうね!

今でもレコードのブチブチノイズが好きです(笑
「エレクトロニカ」というジャンルのコンピューターノイズが、レコードノイズみたいで好きだったりしますですよ。(←はじめさんっぽく)

  • URL
  • 2006/12/16 23:10

はじめ

こんばんは!

あ、レコードはジャズ愛好家にも人気ですよね。
よくおじさんみたいな人から若い人まで
ジャズの中古屋さんにはいますですよ。

僕もよくよく考えれば、最近はジャケ次第で
CDにしたり、よっぽど気に入ったジャケだったら
レコードにしたりと、まあ適当ですね。
でもまあやっぱり、シングルとか
CDとの比較で安い方を買うという感じです。

レコードのノイズは味があっていいんですけど
一旦CDに慣れちゃうと、あのA面B面って
ひっくり返すのが異常に面倒なんですよね…。

>10年後を考えて、今のうち(私の場合は)CDを買いあさります。だって、CDが廃れたら今持ってるCDにプレミア付きそうだもん!!(笑

なんか、パイクマンさんのレヴューで取り上げられているやつとかって
本当にそうなる気がしますよね。
当時はそんなに滅茶苦茶ヒットしなかったけど
後世への影響は…みたいなのというか。

僕の当面のレコード捕獲目標は
リップリグ+パニック、ディスヒート、レインコーツです!!
何でCD化してくれないのーーーーー!?です(涙
  • URL
  • 2006/12/16 23:10

パイクマン

はじめさん。

>あ、レコードはジャズ愛好家にも人気ですよね。

あっ!そうそう。ジャズの人もレコードの方が
好きですよね。CDだと音が軽い感じがしますもの。

>レコードのノイズは味があっていいんですけど
一旦CDに慣れちゃうと、あのA面B面ってひっくり返すのが異常に面倒なんですよね…。

やっぱりそうですよね…。
確かに面倒かもしれませんね。
そいえば、レコードだと、わざわざひっくり返して聴くB面の1曲目って印象に残りますね。どのアルバムだったか忘れましたが、B面の一曲目なのに、A面の一曲目だとずっと勘違いしていた…ということがありました。

>なんか、パイクマンさんのレヴューで取り上げられているやつとかって
本当にそうなる気がしますよね。
当時はそんなに滅茶苦茶ヒットしなかったけど
後世への影響は…みたいなのというか。

そうかな?!そうなるといいのだけれど…。
エヘヘッ。

僕の当面のレコード捕獲目標は
リップリグ+パニック、ディスヒート、レインコーツです!!
何でCD化してくれないのーーーーー!?です(涙

リップリグ+パニック、ディスヒート、レインコーツ、みんなCD化されているんじゃなかったっけ?
入手しにくいだけじゃないのかな。リップリグ~の「GOD」は店頭で新品見た気がするけど。幻だったかもしれません。
  • URL
  • 2006/12/16 23:11

Ryotar

こんばんは。リンクありがとうござんす。嬉しいですわー。
もっとアルバムジャケットに焦点をあてながら書きたいものですが、
なかなか含蓄が少ないのでちらっとしか触れられません。
勉強勉強。

ジャケットが趣味じゃないと買わないことってありますね。
僕はジョンゾーンのネイキッドシティのぐろジャケシリーズが苦手でいまいち手が出ません。
音は好きなんだけど、見た目が生理的なボーダーラインに乗ってしまいます。
以前鷲田清一さんがテレビで
ペットボトルに入っている水と、
尿瓶に入っている水の、どっちを飲みますか?
というのをやっていて、なるほど分かりやすいと思い、
よく引用します。
ぼくはたまに一般的に尿瓶と思われがちな器の水を飲むことがありますけども(笑)。
でもそういうときは確信があって飲むので他人になにか言われても反論できる自信をもっています。
人間でも何でも入り口として容姿、デザインは常に大変重要ですな。

そのゲイの開花みたいなジャケット、好きですよ(笑)。

>はじめさん
ディスヒートはCD化されていますよ。
お店ではなかなか買えませんが、
御茶ノ水のジャニスにあったと思います。
他のもあるかも?

長文になっちゃいました。失礼!
  • URL
  • 2006/12/16 23:11

パイクマン

Ryotarさん、おはようございます!
お身体の方は大丈夫でしょうか。。

>こんばんは。リンクありがとうござんす。嬉しいですわー。

以前、確認を取らせて頂いたので、こんな形ですけどリンク貼らせて頂きましたよ~♪

>ジャケットが趣味じゃないと買わないことってありますね。僕はジョンゾーンのネイキッドシティのぐろジャケシリーズが苦手でいまいち手が出ません。音は好きなんだけど、見た目が生理的なボーダーラインに乗ってしまいます。

なるほど、そうですね~。ジョン・ゾーンは昔聴いたことありますけど、今は手元に無いんですよね。つまり売ったんですけど、ジャケットが良かったら売ってなかったと思います。
つまり、買う時もそうですが、CDやレコードを売る時にも、最後の決め手はジャケだったりするんですよね。もう聴かないのに、ジャケットがいいから、なんとなく飾っておいたりとかね!
ジャケットは私にとってはアートの一部になっているかも。。

>ぼくはたまに一般的に尿瓶と思われがちな器の水を飲むことがありますけども(笑)。
でもそういうときは確信があって飲むので他人になにか言われても反論できる自信をもっています。

尿瓶に入った水は確かに飲みたくなーいけど(笑)、ものすごく好きなアーティストがどうしようもないCDジャケを作ったとか、見た目はこんなだけど中身はいいんだとか、売れてないし皆は嫌いかもしれないんだけど、自分は好きなんだ~、とか
そういうことですかね?!
それだったら、私は普段からそういうの多いなぁ。(笑)
音楽に関係なくても『一般的に尿瓶と思われがちな器の水を飲む』ってこと、多々ありますよね!!
…でもって、そういう時は人の目は気にしないかも!

>人間でも何でも入り口として容姿、デザインは常に大変重要ですな。

そうですね。その対象物に全く予備知識がない場合は、見た目や好みで選んでしまいますね♪

>そのゲイの開花みたいなジャケット、好きですよ(笑)。

そうですか~?Ryotarさんは変わった趣味も持っていますね。私も笑っちゃって面白いと思うんですけど、このデザインだと、いくら内容がいい!と力説しても、信用してもらえないな…というのはわかります(笑)

はじめさん宛のコメントは伝えておきますね。
どうも、ありがとう
  • URL
  • 2006/12/16 23:12

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの

proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:22歳 (1997.6.30 − 2019.04.16)
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ