良子先生(仮名)の幸せへの道のりとパイクマンの苦悩

  • 2005/09/11 22:52
  • Category: あほ
ピアノの先生が再婚することになった。
私も招待された。

先生はTG大学のピアノ科卒で、日本のクラシック音楽界ではエリートだ。
気さくで性格も良いけど、レッスンは厳しくて吐きそうになる。
先生の名前は良子(仮名)。推定で43歳くらい。
見た目は若いけど、手のシワが凄いのでもっといってるかもしれない。


良子先生の服装はズレている気がする。
最近は特におかしいと思っていた。
昨日は花柄のタンクトップに白いプリーツのミニスカート。しかもなま足!
そのスカートには黒いカビが点々と付いている。
きっと20年くらい前、若くてキラキラ輝いていた頃にはいていたスカートだ。

タンスから引っ張り出して、はいているに違いない。
それにボロボロの真っ赤なパンプス!
そんな格好で電車に乗って来たの?!

結婚する彼の為にお洒落しているのかとも思ったけど、
昨日、たまたまご主人になるという旦那さんを見掛けてしまった。

明らかに年下。小麦色の肌に黒いTシャツ。ちょっと茶髪で、男性にしては長めで前髪などは横にサラッとするようにセットしていた。バブル期の胡散臭い青年実業家っぽさがあって、一目で遊び人ということがわかってしまった。

先生、騙されてない?大丈夫?なんだか心配になってしまった。
当日、「新郎が来ない~」と泣いている先生の顔や、
一ヶ月後に「別れたの…」と言う先生の姿が浮かんだ.。


そして、パイクマンの苦悩

8月の中旬頃、先生から電話が掛かって来て、披露宴でピアノを一曲弾いて欲しいと言われ、断れないのでその話は受けた。

9月に入って、2曲弾いて欲しいと言われた。先生が鬼に見えた。その時から週に2回のハードレッスンが始まった。個人練習もかなりしんどい。

先週の土曜日にレッスンに行ったら、さらにスピーチもやって欲しいと言われた。
ピアノを弾く直前にスピーチ?

曲を全部忘れそうじゃない?
それに私はレッスンの時の先生しか知らない。

もう泣きそうだ!

披露宴は25日。2週間後。
さて、どんな結婚式になるのやら、、
それに、生徒が先生に払うご祝儀っていくらなんだろう。。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/147-58e3b808

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの

proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:22歳 (1997.6.30 − 2019.04.16)
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ