スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 「蛇娘と白髪魔」

最近、古い日本映画も続々とレンタル店に並ぶようになっていますね。
先日借りて観たDVDは、

楳図かずお原作の映画「蛇娘と白髪魔」(モノクロ)
hebimusume-umezu.jpg


公開年:1968年
製作:大映
監督:湯浅憲明
原作:楳図かずお



「週刊少女フレンド」(講談社)に連載していた少女向け恐怖漫画作品『赤んぼう少女』
『うろこの顔』、『ミイラ先生』をベースに、
その集大成として1968年に映画化されたのだそうです。
時代が時代なので特撮シーンやら特殊メイクを60年代にできる技術で、謂わば手仕事で、
恐怖映画の幻想的なシーンを表現しなければいけないのですから大変だったと思いますよ。
しかしそういうアナログの部分を今こうやって映画を観ている人が楽しめるのは
当時の映画人の功績ですね。

ネタバレになるのでストーリーは省きますけれど
蛇娘 タマミっていう可哀想な娘さんが登場するんですが
小学六年生のときに毒蛇に噛まれてからというもの、自らを蛇と思いこんでいるんですよ。
キツネ憑(つ)きっていうのは聞きますけどね〜
メイクは口裂け女みたいでちょっと怖かったですね。

hebimusume-antenna-1.jpg

子供たちの演技がシャンとしてて美しかったですよ。
モノクロ映画のせいなのかなんなのか。それだけではないと思うんだけど。

あと、
すごく若い楳図かずお先生が、タクシー運転手で少しだけ出演してます!
(…バラしてしまってすみません)

e30d9848.jpg

私は楳図関係の映画には「漂流教室」を始めとしてことごとく裏切られていますが
この古い映画が一番出来が良いのではないかと思いました。
さて楳図先生自身はどうお考えでしょうか。


残念ながら動画が見つかりませんでした。




Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/1282-40f11bf1

Comment

14歳武士

ちぃーっす
原作のワンシーンに自ら出演って、よいですね。
パイクマン師のおしゃる通り、この作品がベストなのは確かかもしれませんね。

自分は「14歳」を完読したいです。
お金ください(購入しますので)。
  • URL
  • 2014/05/21 17:07

パイクマン

ちぃーっす !

>原作のワンシーンに自ら出演って、よいですね。
パイクマン師のおしゃる通り、この作品がベストなのは確かかもしれませんね。

そうだといいのですが。
数年前に観た「赤ん○少女」(浅○温子が出てた)なんかも
ちょっとひどかった。。
楳図かずお作品に美を感じる人が作らないと
いいものは作れないんじゃないかなと思います。

>自分は「14歳」を完読したいです。
お金ください(購入しますので)。

奥さんに小遣いをもらってください(笑
チキン・ジョージ
彼が住んでいるのはキチジョージ!

  • URL
  • 2014/05/22 16:52

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。