エイリアン VS ヴァネッサ・パラディ



「エイリアン VS ヴァネッサ・パラディ」という映画を観て来ました。

「エイリアン VS ヴァネッサ・パラディ」公式サイト

B級はちゃめちゃムービーです。

ボロクソ言われているみたいですけど、何年かしたらカルトムービーとして再評価されることでしょう。

「エイリアン VS ヴァネッサ・パラディ」というタイトルは邦題で、
原題は「Atomic Circus」
監督はディディエ・ポワロー、ディエリー・ポワロー兄弟
(フランスのミュージック・ヴィデオ界の人気作家。)

日本の映画配給会社の客寄せの為かどうかはさて置き、タイトルで誤解を招きそうですが、エイリアンとヴァネッサが戦うわけではありません。

実際には、恋人のスタントマンが戦います。

出演の目玉はもちろんヒロイン役のヴァネッサ・パラディ。
バンドをやりながらシンガーを目指す役で、かなり歌っています。


登場人物はみんな一風変わったおかしなキャラクター設定です。

エイリアンはクラゲみたいでショぼいし
頻繁に出てくる飼い犬は、動くぬいぐるみだったりします。
血もビュービュー吹き出すし
ラストは、もう少し考えて欲しかった。

それでも、監督がリスペクトする映画作品のワンシーンをところどころに散りばめてあったり、あり得ないストーリーの展開もテンポが良くて考える暇もないし、笑いどころも多数あって(映画館で笑ってたのは私とひとりだけだった…)B級映画の醍醐味を味わえます。

ただ、ストーリーを読んだり調べたりした時点で「おかしな映画」だということに気が付かない方には不向きな映画と言えます。
「おかしな映画」ということに気が付かないで映画館に足を運び「おかしな映画」と酷評している方が私にはおかしいと思えます。




パイクマンが腑に落ちなかったことはたったひとつ!

ヴァネッサのプロフィールに載っていた身長と体重が私と同じなのに、

「どうしてヴァネッサは細くて、私はプヨ~ンとしているの?」

この事ばかり考えながら家路に着きました。


要するにこの映画は

「エイリアンが町にやってきた」

こんなタイトルで充分だと思います。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/124-4b9760ac

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの

proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:22歳 (1997.6.30 − 2019.04.16)
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ