スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wrong Way Up / Brian Eno & John Cale

  • 2014/01/13 20:48
  • Category: B
昨年の夏、福祉関係のある民間資格を受験しました。
そのテキストの中に『環境音楽』のくだりがあって…
以下、その説明文章。

“環境音楽とは、音楽のジャンル、または思想を表す言葉である。狭義の環境音楽では、イギリスの作曲家であり、「ロキシー・ミュージック」に参加していたロック・ミュージシャンでもあるイーノ(Eno,B)が唱えたアンビエント音楽という音楽思想を示す言葉の訳語である。” 
 云々と、本来はまだ続きます。

私は、突然真面目なテキストの中にイーノだの
ロキシー・ミュージックだのの名前が出てきたので
ドキッとしちまいました。
さらに、こういう解説を読んで環境音楽を知ろうとイーノのアルバムを探し、
『アナザー・ワールド』以前の妖しいアルバムを聴いちゃった人がいたら
その内容とのギャップにちょっとビックリしちゃうんじゃないか?
……そんなことを想像してひとりでドキドキしました。

enocall.jpg

ブライアン・イーノと元「 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」の
ジョン・ケイルとの唯一のコラボ作品。90年のアルバムです。

アンビエント路線から離れた見事なまでのヴォーカル入りポップアルバムを
真のイーノファンにどう評価されているのかわかりませんけども
この二人が組んでこんなに明るいポップなアルバムができるとは
思いもしない人が多かったのでは…?

enocall2.jpg

そしてまぁ、1990年のイーノがちゃんと歌っています!
ケイルと半々ヴォーカルをとっているのですが
この二人、声質が似ているので違和感なく聴けますね。
イーノの方がねちっこいですけどね。
もちろんイーノが打ち込み、ケイルは主に鍵盤、
他にベースやギターのメンバーもいます。
ケイルの方が完璧主義を発揮してしまい、イーノが怒って
この後の二人のコラボはなくなったという話ですので勿体ないですね。

少しだけ曲説明。
M-1の♩Lay My Loveは
印象的にリフレインされるヴァイオリンのフレーズと
リズムが絡んだアルバム中で最も好きな曲です。
高橋 幸宏氏がアルバム『Blue Moon Blue 』でカヴァーしてます。
M-6の♩ Spinning Away は文句なく美しいポップソングです。
この曲は人気だわね!

♩Lay My Love


♩Spinning Away



リマスター盤が2005年に発売されてますが
お高いですね、、、






Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/1232-ba4d2422

Comment

gogleman

こんばんは。
この盤は有名だと思うんですが、敬遠してました。
書かれてるようにイーノがケールとは二度とコラボらない!などと言ってたせいもあったと思うんですが、このジャケといいなんとなく中途半端そうな作品だなと完全に先入観を持ってました。しかし上げられてる曲を聴く限り、完璧に作り込まれてるような印象ですね。
これも書かれてるようにケール節?が炸裂したのでしょうか?きっとイーノは他の人とのコラボ同様、ある意味肩の力が抜けたセッション的にすることによって、逆にお互いのよさを引き出すというような手法と、やはり両者で食い違いがあったのかもしれません。
しかしそんなぎくしゃくしたような雰囲気は感じられない良曲の2曲ですね。
  • URL
  • 2014/01/14 00:09

パイクマン

こんばんは。

>この盤は有名だと思うんですが、敬遠してました。
書かれてるようにイーノがケールとは二度とコラボらない!などと言ってたせいもあったと思うんですが、このジャケといいなんとなく中途半端そうな作品だなと完全に先入観を持ってました。しかし上げられてる曲を聴く限り、完璧に作り込まれてるような印象ですね。

確かになんかパっとしてないですよね。
良い盤の風格が見えませんよね〜(>▽<;;

アルバム全体に
曲は練られている感じです。
そもそもアルバムに少なくとも2曲もいい曲があるなんて
もう名盤決定のようなものですか!?

>これも書かれてるようにケール節?が炸裂したのでしょうか?きっとイーノは他の人とのコラボ同様、ある意味肩の力が抜けたセッション的にすることによって、逆にお互いのよさを引き出すというような手法と、やはり両者で食い違いがあったのかもしれません。

このアルバムで二人がケンカしたというのは
書くにあたって初めて知った事実なんですよ〜
ごめんなさい^^;
イーノはデヴィッドバーンとも2回くらい一緒にアルバムをやってるし
仲も良さそうなので
ジョン・ケイルとは本当にやり方が合わなかったんでしょうね。

>しかしそんなぎくしゃくしたような雰囲気は感じられない良曲の2曲ですね。

ほんと、いい曲だと思います♩
  • URL
  • 2014/01/14 23:34

miura

パイクマンさん、ごぶさたぶりにコメントします!
かねてからのイーノファンなのでこのアルバムも発売当時、久しぶりにヴォーカルアルバムということで楽しみにして買った盤です。とても気にいってよくリピートして聴いてたなぁ....
その後、しばらく聴いてない時期があって数年前に久しぶりにiTunesで買い直して聴いてみましたが、どポップなspinning awayがやっぱりいちばん耳に残りますね。
ケイルとの逸話(?)は知らなかったですが、アーティストさんだし(クセのあるひねくれた人たちだろうし)作品が良ければそれで良いかなとか思います。
イーノについては最近のヴォーカル入りや語りっぽいのとかも好きで聴いていますよ。適度な緊張感を保ちつつ静かな攻撃性を残してるイーノ節みたいのが僕には落ち着くんでしょう。。

そんなかんじです。
寒い日が続いてますが、たくさん食べてお元気で!

では。

miura kenji
  • URL
  • 2014/01/19 21:07

パイクマン

こちらこそご無沙汰しております。

>かねてからのイーノファンなのでこのアルバムも発売当時、久しぶりにヴォーカルアルバムということで楽しみにして買った盤です。とても気にいってよくリピートして聴いてたなぁ....

そうでしたか、miuraさんはイーノファンなんですね♩
アンビエントじゃないイーノの方が好きって、
なかなか言えない気がしているんだけど、
実際は歌入りの方が好きな人も多いのでしょうかね。

>その後、しばらく聴いてない時期があって数年前に久しぶりにiTunesで買い直して聴いてみましたが、どポップなspinning awayがやっぱりいちばん耳に残りますね。

なるほど(o^-^o)

>ケイルとの逸話(?)は知らなかったですが、アーティストさんだし(クセのあるひねくれた人たちだろうし)作品が良ければそれで良いかなとか思います。

逸話?は結構有名な話みたいですね。
当時のロック雑誌にでも載ってたんでしょうか。
アーティストじゃないけど捻くれないように気をつけよう^^;

>イーノについては最近のヴォーカル入りや語りっぽいのとかも好きで聴いていますよ。適度な緊張感を保ちつつ静かな攻撃性を残してるイーノ節みたいのが僕には落ち着くんでしょう。。

音楽においての攻撃性については、
多少なりともそういうのを求めてしまいますね。

>そんなかんじです。
寒い日が続いてますが、たくさん食べてお元気で!

ほんとに寒いので
miuraさんもモリモリ食べてくださーい☆
  • URL
  • 2014/01/20 01:48

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:19歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。