スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「私が、生きる肌」

ikiruhada.gif

監督・脚本:ペドロ・アルモドバル
原作:ティエリ・ジョンケ『蜘蛛の微笑』
製作年:2011年
製作国:スペイン映画
主演:アントニオ・バンデラス
    エレナ・アナヤ


今観られていなくても、10年後20年後にカルト映画として紹介される映画
    ー パイクマン

第二のスケキヨ登場!
   ー パイクマン


唐突ですが、私の行く「TSUTAYA」ではレジカウンターが取り除かれて
機械数台が置かれていて店員の数が随分減り
自分でバーコードを読み取り支払いもその機械で済ませます。
全国的にそうなのかな?
この無人化計画で機械が苦手な世代が排除されてしまうのでは!?



ということで、この映画はパッケージの女スケキヨのインパクトで借りました。
最初の数十分はつまらないB級を借りてしまったかも…
後悔の念が沸々と沸き起こったのです。
マッドサイエンティストが皮膚に関する人体実験をするために人を監禁して
それがよかなる方向に向かっていくというよくあるストーリーかなと思ったんです。
確かにその通りなんですが、「トラ男」なる人物が登場した頃から
こ映画はいい意味で自分の予想を裏切ってくれる映画だという確信に変わりました。
全体に近未来的な色彩がベールのようにかかってある感じ。
ワンピとかカーディガンなどの衣装も可愛くて素敵で
インテリアの色合いなどはスモーキーがかった派手色が綺麗です。
衣装はジャン=ポール・ゴルチエです。

ikiruhada2.gif

自分の妻に似せてある人間の皮膚を再生させていくそれに至るエピソードと、
一体誰がそんな目に遭ってしまっているのか…ハッとするというかゲッとします。
「ハッとしてゲッ」です。
そしてアントニオ・バンデラスの「濃さ」に注目!
この外見の濃さが他の俳優陣とアンバランスでいい感じがしましたわ。

以上。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/1195-493722c3

Comment

cell

「ハッとしてゲッ」吹いた(笑)

エグい作品でしたねぇいろいろな意味で。
バンデラスの大根演技が逆にハマっているという家政婦のミタパターンですかね(笑)
  • URL
  • 2013/01/25 14:21
  • Edit

パイクマン

トシちゃんは
「ハッとしてグー」
(^ー^;)

>エグい作品でしたねぇいろいろな意味で。

私はエグい気はしませんでしたよ。
トラ男が出た時にこれはギャグ映画なんだと思って、ラストではヒューマン映画だったんだと思いました。

>バンデラスの大根演技が逆にハマっているという家政婦のミタパターンですかね(笑)

大根演技だったんですね〜--;
随分淡々とした演技だとは思いました。
表情がずっと一緒だし。
奈々子もそれで助かったドラマだったわけですね(笑)

あっ、今年も宜しくお願いします!

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。