スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ultravox! / ha!-ha!-ha!

  • 2012/11/14 18:40
  • Category: U
ultravox!hahaha.gif

イギリスのパンク/ニューウェーブバンド、
ウルトラヴォックスの2ndアルバム(1977年)。


1stはそれほど好きではありませんが、この2ndを聴いてから
ウルトラヴォックスへの愛着が湧きます。ウルトラヴォックスはかなり聴きました。
リアルタイムより遅れることウン年、短大時代に下宿していた私は
諸事情からレコードプレーヤーを部屋に置けなかったのですが、
ありがたい事に短大でロック好きの友人に巡り会えて、レコードをレンタルしては
その友人の間借りしていたアパートで、カセットテープに録音して楽しんでおりました。
このウルトラヴォックスもよくレンタルしていたひとつ。
その友人は以前に、このブログを見てくれていると連絡をくれたので、
もしかしてこれも読んでくれているかもしれぬと期待し、この場を借りて感謝の気持ちを!
Y子さん、その節は本当にありがとうございました♪

ultravoxmember.gif

さて、この頃のウルトラヴォックスというと
ジョン・フォックス氏のクセのあるヴォーカルと
とらえどころのないメロディーが逆に耳に残ります。
鍵盤楽器みたいなラインを引くギターや人工的なアナログシンセの音色、
ドラミングは単一的でリズムマシーンも登場する曲もあり、
2ndと3rdのウルトラヴォックスのサウンドは、
ニューウェーブとパンクが化学反応した生々しさと
無機質の摩擦によってできた結晶のような「エレクトリックなパンクバンドサウンド」です。
あくまでも生のバンドの雰囲気を壊さないエレクトリックさを出しています。

この2ndでの特徴的な曲は、M-4“Distant Smille”のイントロで
アンビエントさを出したりするところとか、
M-5“Man Who Dies Every”は、ジャーマン的無機質感に
シンセとギターの歪みを加えたりと、
エレクトリックなサウンドが台頭してくる時代を予感させます。
しかしウルトラヴォックスは曲調がノリノリでも暗いんですよね。
ジャーマンロックには実際影響されていたんでしょうね。

そして当時はかなりインパクトが強かったアルバムの最終曲、
M-8の“Hiroshima Mon Amour”
…えっ?ヒロシマ?モナムール?
 チープなリズムマシーンにサックス&フルート。「ヒロシーマモナム〜」って…
……一度聴いたらもう忘れる人にはいないでしょうよ。
ウルトラヴォックスは只者ではない!と思いました。
プロデューサーは
U2などを手掛けていたスティーヴ・リリーホワイト(Steve Lilywhite)です。

ultravox.org.uk
iTunesで試聴

♪Rockwroc


♪Hiroshima Mon Amour


♪Hiroshima Mon Amour ライブ!



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/1181-4995c266

Comment

miura

こんばんは。
ぼくの10代の頃、最も影響されたバンドのひとつです♫
たぶん、3rdとジョンフォックスの1stは時差なしだったような…

紹介されてる2ndは後から聴いたんだけどヒロシマモナムールやディスタントスマイルなど、その他もいいですよね。

でもプロデュースにイーノとか絡んでなかったけ?アンビエントっぽいのはその影響かと思ってた。勘違いしてたよ…

ちなみに、今でも時々聴くアルバムです。
  • URL
  • 2012/11/14 20:30

パイクマン

どうもです♪

>ぼくの10代の頃、最も影響されたバンドのひとつです♫
たぶん、3rdとジョンフォックスの1stは時差なしだったような…

ウルトラヴォックス、いいですよね〜。
miuraさんとウルトラヴォックスはちょっと繋がらなかったので少し驚きましたけど。

すごい!時差なしで聴いたんですね(^ー^)
私はジョン・フォックスが抜けた後のを先に聴いちゃいました。
なのでちょび髭のミッジユーロ期も好きなんですよ♪(* ̄ー ̄)

>紹介されてる2ndは後から聴いたんだけどヒロシマモナムールやディスタントスマイルなど、その他もいいですよね。

うん、いいいい!
一曲目のRrocWrokと、
5曲目のMan Whoナントカも好きです☆

実はベスト盤も聴いてるから、アルバムの順番(出た曲の順序)はごっちゃになっているんですけどね(^^;)

>でもプロデュースにイーノとか絡んでなかったけ?アンビエントっぽいのはその影響かと思ってた。勘違いしてたよ…

意外にもイーノがプロデュースしたの
はデビュー盤でした(^ー^)

>ちなみに、今でも時々聴くアルバムです。

どんどん聴いちゃいましょう!

ぶしみち

こんばんにゃ。
当時はパイクマンさん云うところの、「エレクトリックなパンクバンドサウンド」が少々苦手でした。いま聞いてみると良いですね。
入手しようかなぁ。ちゃんと聴いてみようっと。ニンニン。
  • URL
  • 2012/11/15 00:02

gogleman

こんばんは。
これは名盤でしょうか。
どちらかというとジョンフォックス時代よりもミッジユーロ時代の方に馴染みがあるので、はずかしながらこの2ndは持ってないのですが、ざっと聞く限り、すごくいろんな要素が次々と出てくる気がしてなんとなく精神不安定な躁鬱的とすら感じてしまうのですが、もしかしたらそういった部分も書かれてるような深みを感じさせる要素なのでしょうか。
ジャンル的にもほんとに当時のクロスオーバーな雰囲気ですよね。パンクありNWありグラムロック風ありクラウトロックからの影響も大というような、そこも複雑さでしょうか。
これはなんとしても買って最低100回くらいは聴きこむべき盤ではないか?と思わされてましたよ…さっそく買うか!(-_-)
  • URL
  • 2012/11/15 00:06

パイクマン

おはようございます!

>当時はパイクマンさん云うところの、「エレクトリックなパンクバンドサウンド」が少々苦手でした。いま聞いてみると良いですね。
入手しようかなぁ。ちゃんと聴いてみようっと。ニンニン。

なるほど。ウルトラヴォックスって音楽的にというかジャンル的に
中途半端な危うさがあるんですよね。
ニンニン(^ー^)
ジョンフォックス在籍しているこの期間は特にそんな気がします。
聴いているとぶしみちさんなりの良さを発見できるかもしれないので、
試しに聴いてみるのもいいかもしれませんね♪
YouTubeでも結構試聴できるし〜(* ̄ー ̄) V

パイクマン

おはようございます!

>これは名盤でしょうか。

まぁまぁ名盤かと(^ー^)

>どちらかというとジョンフォックス時代よりもミッジユーロ時代の方に馴染みがあるので、はずかしながらこの2ndは持ってないのですが、ざっと聞く限り、すごくいろんな要素が次々と出てくる気がしてなんとなく精神不安定な躁鬱的とすら感じてしまうのですが、もしかしたらそういった部分も書かれてるような深みを感じさせる要素なのでしょうか。

goglemanさんのところで以前ウルトラヴォックスを書いていたのは覚えていたんですけど、ミッジ時代(笑)だったんでしたっけ?私もミッジ時代()も好きですよ。ニューロマンティック的ロック曲(?)の代表「聖歌」とか未だに神と仰いでいますもん(o^∇^o)

精神不安定になるようなところは、詳しくわからないですけどもシンセやギターのせいなのかな。う〜ん、翳りはありますよね。すごいベタさも感じるんですよ。演歌っぽさも感じます。カッコ良さは感じないですね(^ー^;)

>ジャンル的にもほんとに当時のクロスオーバーな雰囲気ですよね。パンクありNWありグラムロック風ありクラウトロックからの影響も大というような、そこも複雑さでしょうか。

そうなんだ。あまり考えなかったけど、ウルトラヴォックスってとても複雑な音を出しているバンドなんですね。もちろんいい意味として捉えます♪ありがとうございます☆

>これはなんとしても買って最低100回くらいは聴きこむべき盤ではないか?と思わされてましたよ…さっそく買うか!(-_-)

わーい!
2ndも気に入って頂けて嬉しいで〜す
(=v=)
実は近いうちに3rdを書こうと思っていました。世間の評価だと3rdの方が名盤として君臨しているのかもしれません。そちらもチェックしてみてください!

Darts

こんばんは。

私はサントリー・ウィスキーのCMでウルトラヴォックスを初めて知って、
アルバムもヴィエナからなので、ミッジ・ユーロのウルトラヴォックスしか知らないですね。
掘り下げて聴かなかったので・・。

Hiroshima Mon Amourを聴いていると、何となくジャパンやゲイリーニュマンなんかを思い出すのですが、
77年頃ってそう言う方向性をしたグループが多かったのかもですね。

ところでレンタル・レコード、
懐かしですね〜。
聴きたいだけLPを買うお金も無かった学生時代、救世主のような存在でした!

  • URL
  • 2012/11/16 01:14

パイクマン

おはようございます!

>私はサントリー・ウィスキーのCMでウルトラヴォックスを初めて知って、

そうだ、昔CMで流れてましたよね!

>アルバムもヴィエナからなので、ミッジ・ユーロのウルトラヴォックスしか知らないですね。
掘り下げて聴かなかったので・・。

そうなんですね。でも「ヴィエナ」から順番に聴けているなんていいですね♪私なんて,レンタルやさんのウルトラヴォックスコーナーに入っている盤を全部聴いたので,アルバム順もわかりませんでしたよ(^ー^;)

>Hiroshima Mon Amourを聴いていると、何となくジャパンやゲイリーニュマンなんかを思い出すのですが、
77年頃ってそう言う方向性をしたグループが多かったのかもですね。

そうですよね。ゲイリー・ニューマン
がウルトラヴォックスのファンで公言したことから、ジョン・フォックス時代のウルトラヴォックスが注目されるようになった…とかなんとか
(^ー^)
確かネットの情報だったと思いますけど(笑)

>ところでレンタル・レコード、
懐かしですね〜。
聴きたいだけLPを買うお金も無かった学生時代、救世主のような存在でした!

Dartsさんもレンタル利用してたんですね(= ̄ー ̄=)
ほんとに貧乏学生には助かりました!
今TSUTAYAなどでCDは借りられますが、昔のレンタルやさんとは雰囲気違いますね(^^;)

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。