スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『マドモアゼル』

mademoiselle.gif

原題 :Summer Fires
監督 : トニー・リチャードソン
脚本 : ジャン・ジュネ
製作年 : 1966
主演 : ジャンヌ・モロー

『トラウマ映画館』(思春期にテレビで繰り返し観て、「楽しくなかった。スカッともしなかった。それどころか、観ている間、グサグサと胸を刺され、観終わった後も痛みが残った」このような名画(?)を紹介した映画評論集)の表紙を飾っている映画のようです。

はい。トラウマになるかもしれません。


ストーリーは
小さな村に赴任して来た女性教師が自己の欲求不満解消の為なのか(?)
鳥の卵を握りつぶすは、村に水を流すは放火するは…の悪事ざんまい。
勿論秘密です。そして彼女、出稼ぎのイケメンイタリア人男性に目をつけています。
そのイタリア人男性には中学生くらいの男の子がいて…

と、簡単過ぎますがざっとこんな感じです。

文学界の異端児ジャン・ジュネの脚本。モノクロの世界で音楽は一切なし。
男性であるジャン・ジュネが、精神的、肉体的に
満たされない女性の心理がわかるとは、畏れ入ります。
怖い女性を描く映画など、サスペンスやホラーなどではたくさんあっても
同じ女性として女性をここまで怖いと思った映画は今迄ありません。
観る側にもトラウマとして残りそうですが、
ま、自分はここまで生きてきたので大丈夫です(汗)

心配なのは映画の中の男の子ですわ!
こんな、いたいけな子にトラウマを植え付けてしまいました。
この男の子の行く末を心配してしまいます。
男の子のその後を続編として描いても面白いかもしれません。

しかし、ジャンヌ・モローは陰のあるというか、毒のあるというのか
一風変わっている人間を演じるのが板についていますね。
美人なのにあの見事に口角が下がったヘの字の口元!
…これが満たされない女性を演ずるのに
功を奏していたように思えました。

さて、
人が人に愛されるのって大切ですね。
そのためにはまず自分から愛しましょう。


予告編っぽくない予告篇。




Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/1165-e4738528

Comment

Darts

こんにちは。

60年代・70年代の映画って精神的に後味悪いのが多いですよね。
そう言う映画は結構好きです。(Mでは無いけど。)
この映画は未見なので内容が良くわからないのですが、
今だと映倫も厳しくなっているので、
また違った表現方法しか出来なくて、
トラウマにもならない映画になっているかもですね。
エロ&バイオレンスと文学&芸術って紙一重ですし。

私の中ではへの字口元が似合う、狂気を秘めた美しき女優NO.1は
イザベル・アジャーニなのですが、
このDVDのジャケットに写る女性がイザベル・アジャーニに見えました。
  • URL
  • 2012/10/30 15:27

パイクマン

こんばんは!

>60年代・70年代の映画って精神的に後味悪いのが多いですよね。
そう言う映画は結構好きです。(Mでは無いけど。)

そう言われてみれば、ヨーロッパ映画なんて特にうんちくがかってたりわざと難しいテーマだったりと、娯楽映画とは程遠かったですね。詳しくはないですが、日本の映画もどれもアングラ(?)映画みたいなイメージがあります。「トラック野郎」等々は外しますけど( ̄  ̄;)

>この映画は未見なので内容が良くわからないのですが、
今だと映倫も厳しくなっているので、
また違った表現方法しか出来なくて、
トラウマにもならない映画になっているかもですね。
エロ&バイオレンスと文学&芸術って紙一重ですし。

この映画はエロスは少し漂いつつ、 露骨なものはないんですね。
ただただそういう風になってしまった女性教師の心が怖いです。
そういう意味では名画ですね☆
ちなみにTSUTAYAに置いてあります。

>私の中ではへの字口元が似合う、狂気を秘めた美しき女優NO.1は
イザベル・アジャーニなのですが、
このDVDのジャケットに写る女性がイザベル・アジャーニに見えました。

おぉ!イザベル・アジャーニさんですか!いいですよね♪
彼女の一番好きな演技は、映画『カミーユ・クローデル』のものです。
元気なんでしょうかね(*´∇`*)
最後に観た映画はやはり20年くらい前の『可愛いだけじゃダメかしら』とかいう映画でしたが、それは映画自体が面白くなかったです。。

相変わらずお美しいとは思いますが、ますますヘの字口が似合う女優になっているのではないですか!?

Qurocchi

こんばんは。
この映画、近所のTSUTAYAで見かけて、
J.モロー主演ってのが気になり、借りようか借りまいか迷ってました。
「マドモアゼル」借りてみようかな。
ちょっと観てみたくなってきました。
  • URL
  • 2012/10/30 20:59

パイクマン

こんばんは!

>この映画、近所のTSUTAYAで見かけて、
J.モロー主演ってのが気になり、借りようか借りまいか迷ってました。
「マドモアゼル」借りてみようかな。
ちょっと観てみたくなってきました。

数百円で借りれるなら観ておいて損はないかもですよ(^ー^)
未成年だと女性不信になりそうですが、
多分Qurocchiさんは大人なので大丈夫です(笑)
J.モローは演技が自然でいいですね♪
『死刑台のエレベーター』でも良かったなぁ。2771

ぶしみち

音楽なし、ってすごいですね。
ストーリーにリアル感を与えるのに効果的なんでしょうね。監督の力量ですね。
下手すると、陳腐な実験映画になっちゃうもんね。
  • URL
  • 2012/10/31 10:06

パイクマン

こんばんは♪

>音楽なし、ってすごいですね。
ストーリーにリアル感を与えるのに効果的なんでしょうね。監督の力量ですね。
下手すると、陳腐な実験映画になっちゃうもんね。

そう言われてみればそうですよね。生活音やらフィールド音というのかな?鳥の泣き声と人間の声だけでできているんです。BGMがないことにはまったく違和感はありませんし、何も支障がありませんよ。あまりにも音楽ありの映画に慣れてしまっていたんだなぁと、しみじみ今思いました。ぶしみちさん(武士道さん?)が気付かせてくれましたわm(;∇;)m

監督もそうですし、
あと俳優の力量もありますね!

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。