スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ハロルドとモード 少年は虹を渡る」

数年前だったか、ファッション雑誌『フィガロ』で紹介されて観たいと思っていた映画。
思い出して借りたらまぁとんでもなくいい!昨年も単館で上映されていたみたいだ。

ハル・アシュビー監督。1971年。
大金持ちの一人息子。母親の前で自殺を演じるのと、
他人の葬儀に出掛けるのが趣味の19歳のハロルド
同じく人の葬儀に参列するのが趣味の79歳の一人暮らしのおばあちゃん、モード
この2人の交流を描く。交流というかラブストーリーだ。
コメディー混じりでちゃんと伝えるものもしっかりわかるし
映像的にも好きで
★★★★★星5つの映画!


ファンが作った予告編。ザ・スミスの曲を使っています。


ハロルドの自殺演技場面は、手が込んでる。日本の「腹切り」なんてのも出てきちゃって…
この青年、高校の頃のあるきっかけで「死ぬのが面白い」と思ってしまってから
自殺演技を繰り返している。霊柩車が愛車なんだけど本人は真剣なのだ。

モードはとにかく破天荒でチャーミング♪ 列車を改造した家に住んでいてすぐ車を盗む。
でもお土産付きでちゃんと持ち主に返しているみたい。
道路脇の公共の樹木も「弱っている」と掘って他の場所に植えてあげたりと、心優しい。
常識は多少破ってもいいと思っていて小さなことは気にしやしない。


79歳のモードの一言一言は「詩」のように響いてくる。

「毎日何か新しい事をしなくちゃつまらないわよ」
「楽器はできた方がいい。だって音楽は宇宙の躍動よ!」
「壊すより育てなくちゃ」

モードと触れ合う度にハロルドは変化し始める。
  
二人は恋愛関係になるが…
予期できないモードの行動。ハロルドを想ってのことなのか。


この映画、他の登場人物も個性的で面白い。
フィガロ誌が紹介していただけあって70'sファッションも見もの(特にお母さん)。
見つけたら観るといいよ!





Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/1104-2a82eee6

Comment

chika

はじめまして。チカと申します。初めてお邪魔させてもらいました。
この映画私も大好きです。モードみたいにトシとれたら素晴らしいですね。魅力的ですよね。またちょくちょく覗かせて下さいね。
  • URL
  • 2012/05/19 13:04

パイクマン

chikaさん

はじめまして
こんにちは(^^)

>この映画私も大好きです。

素敵ですよね!
ユニークだし感動もあるしお洒落だし。

>モードみたいにトシとれたら素晴らしいですね。魅力的ですよね。

生き方を教わった気がします。
ああいう風にはなかな自由にはいかないけどね~

>またちょくちょく覗かせて下さいね。

はい、どうぞ。いらしてください(o^-^o)
どうもありがとうございます!

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。