スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人形展へ

  • 2011/02/23 14:00
  • Category: 芸術
yaso.gif


yaso2.gif


夜想
『ベルメールと日本の球体関節人形』展を観に行った。

ハンス・ベルメール(Hans Bellmer, 1902年3月13日 - 1975年2月23日)は、
ポーランドのカトヴィツェ(当時はドイツ帝国領)出身の画家、グラフィックデザイナー、写真家、人形作家。

~Wikiより~


人形展は、吉田良をはじめとする人形作家の作品を展示。
人形にもベルメールにもさほど興味はありませんでした。あくまでもアート作品のひとつとして観にいきました。
ただ、球体関節人形の関節の作りを触ってみたかったんですが一切触ることができません(当たり前か…)。私が小さい頃遊んだリカちゃん人形は、膝や肘がまっすぐで曲げられなかったのでその過去の欲求不満から人形の関節を良く見たかったんです。というのもあながち冗談ではないんです。


作家さんたちの作風はそれぞれに違います。美を追求した人形もありますが、もちろん表現としてのロリータ、性倒錯、人体(人形)切断など思わず目を背けたくなる作風もありました。ただ、吉田良の人形がこの世のものとは思えぬ美しさだったことが印象的でした。

人形の体の一部を無くしたり、溶かしたり、かなり太らせたり、ねじったりと奇形にしなければならない人形作家さんたちの精神構造の方に興味があります。人体はこうあるべきという概念を人形で壊しているのかどうなのか。異質なものを感じた自分は、せいぜいぬいぐるみで充分ですね(笑)


会期2011年2月14日[月]~3月14日[月]
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
■水曜休館 
■入場料:500円
■展覧会 会場:parabolica-bis[パラボリカ・ビス]

■東京都台東区柳橋2・18・11 ■TEL: 03-5835-1180 

ベルメール 作品 ※嫌悪感を生ずる方もいらっしゃるかと思います



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://pikeman.blog5.fc2.com/tb.php/1006-338cfae4

Comment

武士じゃん

ども。拙者ってば、意外とこういうの好きで観に行きましたよ。展示がもう少し多いとよかったな。
んで、拙者のいとこ君が「エコールド・シモン」(お人形造り学校)に通いたがってたのを思い出したよ。材料費も含め結構なお金額がかかるようでかなり悩んでたな。
あとあとぉ、パイクマン氏ご紹介のベルメール映像にちょこっと出てた、押井守監督「イノセンス」にはだいぶはまりましたよん。攻殻機動隊サイコー!

ちなみに、最近好きなのは禁書目録Ⅱかな。
パクマン氏の食欲&知識はインデックスなみかもよ。天然もぶりもだよ。
  • URL
  • 2011/02/23 18:09

パイクマン

こんばんは!

>ども。拙者ってば、意外とこういうの好きで観に行きましたよ。展示がもう少し多いとよかったな。

エ。行かれたんですか!?こりゃちょっと意外ですね(^^)
でも昔「夜想」を読んでましたよねー
武士道に目覚めたのでそれ以来こういうのとは無縁なのかと思っていました。

>んで、拙者のいとこ君が「エコールド・シモン」(お人形造り学校)に通いたがってたのを思い出したよ。材料費も含め結構なお金額がかかるようでかなり悩んでたな。

いとこ君て、メガネの…(^^;)
やっぱりお金かかるんですね、材料費、どんだけかかるんじゃ、、
でも独学で学んでいる人たちも多いみたいですね!

>あとあとぉ、パイクマン氏ご紹介のベルメール映像にちょこっと出てた、押井守監督「イノセンス」にはだいぶはまりましたよん。攻殻機動隊サイコー!

「イノセンス」う~ん、、すみません。あとで調べてみますね(^^)
映像のあそこの部分、なんだろと思ってましたから。
攻殻機動隊は固そうですね~

>ちなみに、最近好きなのは禁書目録Ⅱかな。

禁酒目録Ⅱに見えました!!!

>パクマン氏の食欲&知識はインデックスなみかもよ。天然もぶりもだよ。

コメントの文章を読んでいると
「武士道じゃん」さんの方が天然のような気がします。
それに、私の知識より武士道じゃんさんの方が知識は豊富かと思いますよ~
(^^)/

ヤゲロー

おはようございます。
このなんとも不気味な匂いに惹かれます、、。
が、ちょっと恐くて一人で見に行く勇気はないです、、(笑)
こういう表現方法をとるに至った作者の精神構造に興味を持ってしまう
のは僕も同感ですね。何を表現したくて人の形をした人形を選んだんでしょうね?なんか掘り下げるのもまた恐いですけど、、(笑)
  • URL
  • 2011/02/24 09:21

miura

幼少の頃は少年らしく怪獣の人形で遊んでましたよ^^。
思い出したよ。懐かしい。。
やっぱり関節は曲がらなかったよ.....

人形のこういうアートって、とても精神的なものなんだろうなあって思います。
表面的には書かれてりとおり性倒錯的なニュアンスが強くて、趣味的ですけど、
なんかこう作家さんの楽園指向とでもいうか現実の向こうにある彼岸のような何かを
人形で象徴させることによって個々の内面に具現化するような....
書いている自分がわけわからなくなりましたww....意味不明(笑)。

好きずきですよね。違和感はないかなあ....


パイクマン

こんばんは!

>このなんとも不気味な匂いに惹かれます、、。
が、ちょっと恐くて一人で見に行く勇気はないです、、(笑)

もし観に行くのなら、
彼女さんを連れていくよりは一人で観た方がむしろいいかもしれない!
って強く思います(^^;)

>こういう表現方法をとるに至った作者の精神構造に興味を持ってしまう
のは僕も同感ですね。何を表現したくて人の形をした人形を選んだんでしょうね?なんか掘り下げるのもまた恐いですけど、、(笑)

それはもう自分の願望を人形に投影させているのではないか
と思うと、それは怖いのですが、
自分の傷ついた心を人形に表しているとか、
そういういうことなんですかね~
臨床心理学では使えますね、人形療法として。

パイクマン

>幼少の頃は少年らしく怪獣の人形で遊んでましたよ^^。
思い出したよ。懐かしい。。
やっぱり関節は曲がらなかったよ.....

まぁ、miuraさんも可愛く人形遊びをしていたんですか♪
そもそも怪獣って関節が固そうですよね。

>人形のこういうアートって、とても精神的なものなんだろうなあって思います。
表面的には書かれてりとおり性倒錯的なニュアンスが強くて、趣味的ですけど、
なんかこう作家さんの楽園指向とでもいうか現実の向こうにある彼岸のような何かを
人形で象徴させることによって個々の内面に具現化するような....
書いている自分がわけわからなくなりましたww....意味不明(笑)。

miuraさんがおっしゃることはだいたいわかる気がします。
人形作家さんの作る人形がなぜ女性だけなのかということに答えが詰っている気がします。
人形の性的な表現を見ていると、男性の人形作家なら、趣味的なエロスを人形に吹き込んでいるような気がしますし、女性の人形作家ならば、心の傷の投影なのかもしれないなぁと思います。

>好きずきですよね。違和感はないかなあ....

人形が男性だったとしたら、
また違う見方になるかもしれませんよ~(^^)

バニラ

こちらにも失礼します☆

人形展には行ったことがないのですが、興味がわきました。
世界観が日常とは違うんだろうなと想像します。
そうそう、リカちゃん人形はひじやひざ、曲げれませんでしたね。
妹はそれにいらっとしたのか、足をはずして芯を出して
私から受け継いだリカちゃんを破壊してました(+_+)

>人形の体の一部を無くしたり、溶かしたり、かなり太らせたり、ねじったりと奇形に
しなければならない人形作家さんたちの精神構造の方に興味があります。

パイクマンさんと同じく精神構造の方に興味がわきますね。
次はどのように変形させようかとか考えるのも大変。。いやいや、
天からアイデアが降ってくるのでしょうか。
「こういった作品を作られていて、現実とつながりそう。。とかは
思いませんか?」と聞いてしまいそうですが、
「そんなつきなみな、つまらないことは聞くなよ。」と作家さんを
怒らせてしまいそうです。

アート的な人形のかなりのレアーなファンがたくさんいそうです。
そしてそれが、音楽にもつながってそうです。

話変わって、
萬福食堂で満腹になられたんですね(^-^)
坦々麺は油っこくはなかったのですか?山椒がきいていると
いうのがミソですね♪杏仁豆腐の食感がよい感じに伝わって
きたので、私も試してみたいなあ。。。
マーボー豆腐もとても美味しそう。店内のレジ後ろの家具や
テーブル、椅子たちがいいですね!
  • URL
  • 2011/02/26 16:11
  • Edit

パイクマン

こちらにも有り難うございました(^^)

>人形展には行ったことがないのですが、興味がわきました。
世界観が日常とは違うんだろうなと想像します。

かなり違いますね。
ファッションでいうと、ゴスロリ系の男子?とか
いましたけど、黒っぽい感じの。
昔でいうとポジパン男子かな。。

>そうそう、リカちゃん人形はひじやひざ、曲げれませんでしたね。
妹はそれにいらっとしたのか、足をはずして芯を出して
私から受け継いだリカちゃんを破壊してました(+_+)

あらー、壊しちゃったの~?(^^;)
痛そうですね。
私はリカちゃんの髪を必ず短く切ってショートにしてたなぁ。

>パイクマンさんと同じく精神構造の方に興味がわきますね。
次はどのように変形させようかとか考えるのも大変。。いやいや、
天からアイデアが降ってくるのでしょうか。
「こういった作品を作られていて、現実とつながりそう。。とかは
思いませんか?」と聞いてしまいそうですが、
「そんなつきなみな、つまらないことは聞くなよ。」と作家さんを
怒らせてしまいそうです。

そうですね~
現実とつなげたいという欲求なのかもしれませんし
こういうのは作家さんのみぞ知る、ですよね(^^)
どういうことを思って作った、とか
コレコレを表現しています、みたいな
ことも作品に書いてあったりしたら嬉しいけど、
それを知っちゃつまらなくなるのかもしれませんね!
音楽と一緒ですね♪


>話変わって、
萬福食堂で満腹になられたんですね(^-^)
坦々麺は油っこくはなかったのですか?山椒がきいていると
いうのがミソですね♪杏仁豆腐の食感がよい感じに伝わって
きたので、私も試してみたいなあ。。。
マーボー豆腐もとても美味しそう。店内のレジ後ろの家具や
テーブル、椅子たちがいいですね!

満腹になりましたよ~!!!(^^)
担々麺は全然油っこくなくて、ほんと、初めての味でした!
杏仁豆腐も美味しかったです☆
家具類はいいな~と思って見てたけど
ホムペで改めて細かな雑貨などを見て、さらに好感が持てましたよ!

☆★☆

こんばんは。

えぇ~、私の大好きな世界です。ハイ。

人形にはかなり興味がありまして…。

私が大好きなクレイアニメ系と通じる何か?があります。
特に「ストリート・オブ・クロコダイル」!
おすすめです。

私のブログの「シネマ」カテゴリーで紹介しています。
動画リンクですべて閲覧できますので、
宜しければみてくださいませ。



世界の人形マニアの間では、
アニメ的デフォルメが浸透しているのをご存知ですか?

スーパードルフィーという球体関節人形です。
かなりコアな世界です。

フランスのアパレルブランド「アニエス・ベー」と
コラボした写真集が、ちょっと前に話題になりました。


宜しければ、「スーパードルフィー」で、画像検索お願いします。

ベルメールを現代的に解釈した二次元の三次元が展開されます。



イノセンスは面白いですよ。

甲殻機動隊は、かなり時代を先取りした作品だったと思います。

日本が移民で溢れて、それを情報操作して、
核を発射させるなんてストーリーは、この先、現実になる可能性もあります。


では。



  • URL
  • 2011/03/01 01:19

パイクマン

こちらにもありがとうございました(^^)

>えぇ~、私の大好きな世界です。ハイ。

人形にはかなり興味がありまして…。
私が大好きなクレイアニメ系と通じる何か?があります。
特に「ストリート・オブ・クロコダイル」!は
おすすめです。

ストリート・オブ・クロコダイルは知っていましたが観ていません、ごめんなさ~い(^^;)
クレイアニメというのではないですがチェコの映画や音楽にちょっと興味がありまして最近もまた短編映画などを観ました。監督の名前は忘れましたが、実写と粘土を使うのがチェコ映画の技法?のひとつですね。ハリウッド映画だったら実写ではできないシーンだけ粘土を使っていて、なるほどな~という感じです。

>私のブログの「シネマ」カテゴリーで紹介しています。
動画リンクですべて閲覧できますので、
宜しければみてくださいませ。

はい。
あとで拝見しますね♪


>世界の人形マニアの間では、
アニメ的デフォルメが浸透しているのをご存知ですか?
スーパードルフィーという球体関節人形です。
かなりコアな世界です。

フランスのアパレルブランド「アニエス・ベー」と
コラボした写真集が、ちょっと前に話題になりました。

うん、なんとなくわかりました。
日本のアニメ的な、ということですかね。
子供の頃に遊んだリカちゃん人形やバービー人形はもっとシャープな顔立ちで
目鼻立ちもバランスよく整っていたなぁ。美人だった。

>宜しければ、「スーパードルフィー」で、画像検索お願いします。
ベルメールを現代的に解釈した二次元の三次元が展開されます。

ベルメールにはエロスを感じましたが、
スーパードルフィーは幼ないですね

>イノセンスは面白いですよ。

甲殻機動隊は、かなり時代を先取りした作品だったと思います。

日本が移民で溢れて、それを情報操作して、
核を発射させるなんてストーリーは、この先、現実になる可能性もあります。


あっ、友人がコメントをくれていたんですけど、↑調べると書いていて調べてませんでした~(ーー;)
日本が移民で溢れて……ってのは現実になりますね、確かに。
面白そうですね(^^)

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:19歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。