スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大江戸捜査網が…

どうもここんとこずっと『大江戸捜査網』(時代劇)のテーマ曲が頭の中にフラッシュしててたまらないので、昨日はその曲が入ったサントラCDがないか探したりしてました。
(ダウンロードできるところはもちろんあるんですけどCD派なので… ^^;)

B00005HU5G.01._SCMZZZZZZZ_V52138695_.jpg「死して屍拾う者なし」でしたっけ?
……有名な台詞です。

この曲の作曲は玉木宏樹さん。カッコ良いんですよね、これが!!
インストなんですけど、ファンキーでスパイ映画みたいでウェスタンにも聴こえるという時代劇離れした(日本離れした)欧米的な曲ですよ。ホルンがテーマメロディを高らかに吹いて、サブでトランペットが出てきますね。リズムも変わって行く変拍子といってもいい曲です。

そんなわけで『大江戸捜査網』テーマ曲が入っているアルバムを2枚見つけました。
まだ購入には至りませんけどいつか欲しいですね~♪

chyonmage.gif

時代劇のテーマ曲を集めたオムニバス。
手前二人は絶対悪いやつらだ!!
*触りだけ試聴できます
19曲目『大江戸捜査網』テーマ(インスト)


ooedo.gif


ずばり!
サントラがありました。
しかし、アンタッチャブルって^^;


mishiba.gif


その他、元「筋肉少女帯」のピアニスト三柴理氏が
ソロアルバムで『大江戸捜査網』を弾いてます。
あの曲を好きな人多いのかな?


ま、私の携帯の着メロはドアーズの「Hello,I Love You」から
『大江戸捜査網』テーマ曲へと変わりましたが。
昨日はそんな小さな変化があった記念すべき日でしたよ、うふふ
スポンサーサイト

THE DIRTY PROJECTORS 「NEW ATTITUDE」

  • 2006/09/28 21:20
  • Category: D
Dirty3.jpg


US(西海岸)発、奇才若手アーティストDave Longstrethのソロプロジェクトである
ダーティー・プロジェクターズの7曲入りEP。


以前書いたアルバムの記事はこちら
「SLAVES'GRAVES & BALLADS」
「THE GETTY ADDRESS」オススメ☆

dirtyprojectors4.gifダーティー・プロジェクターズの音は、言葉で表現するのが難しいのですが、主に、アコースティックギター、土着的なリズム、民族楽器、コーラスを特徴とする、フリーフォームなフォーク~アヴァン・ポップ。

iTunesで試聴
https://itunes.apple.com/us/album/new-attitude/id283085718

今作では民族楽器を使ったオリエンタルなフォーク曲から、女性コーラスを配したオペラチックな曲、ストリングスを壮大に使った美しい曲、エレクトリックなサンバとでもいいたい曲などなど、溢れてくる狂気を垂れ流しにせず、最終的にポップにまとめているところにとても才能を感じます。

メロディは掴みどころがないのですが、ヨレた歌にはソウルを感じ、コーラスをうまく使ったヴォーカルワークは、まるで雲の上から聴こえる聖歌隊のように美しいです。

今まであまり目立たなかったエレクトリック音も今作では溶け込ませ、これまで自然と戯れていた少年が、文明社会へと片足だけ突っ込んだかのようにも思えるのでした。
ただそれが進化なのか冒険なのかはわかりませんけど。

【2006/MARRIAGE】

The Dirty Projectors



XIU XIU 「AIR FORCE」

  • 2006/09/26 22:05
  • Category: X
airforce.gif

ジェイミー・スチュアート(アメリカ)のソロプロジェクトバンド、シュウ・シュウの5作目。
(前作『LA FORET』の記事はこちら

ジェイミーの魔力に惹きつけられ、今年も新作買いました。
今回は同じレーベルメイト(5RC)で「Deerhoof」のドラマー、Greg Sauniersがプロデュースしています。

ナルシスティックなジェイミーのボーカルと、アコースティックとエレクトロニックなコラージュが重ねられた屈折したサウンドに、今回は少しドリーミーさを加味したような仕上がり。ポストロックとアートロックが入り交じったかのようで、楽器も多種多彩に使われ、音が予想外にいろいろ飛び出してくる。「壊れていく美しさ」…この表現が一番的確かと思うのです。何かが次々に壊れていくような楽器の使い方が、暴力的でありながらXiu Xiuの魅力かと…。

でも、XIU XIUってキュアーが引き合いに出されてるの?
ちょっと違う気もするなぁ。

【2006/5RC】

5RC
Xiu Xiu
Myspace.com

Boy Soprano
Save Me Save Me

:::購入先::: AMAZON

SYLVIE VARTAN「THE BEST OF」

  • 2006/09/25 11:10
  • Category: S
baltan.gif


昨日、友達とウルトラマンに出てくるバルタン星人(フォッ、フォッ、フォッ)の話をしていたんですが

「バルタン星人の名前はシルヴィ・バルタンから取られたんだよ」

って得意げに言ったらことごとく反論されてしまいました。
違うの?!……そんな噂を聞いたことがあったので、てっきり本当だと思ってたのに~。
バルタン星人名称の由来は、『命名は第2話の監督・脚本を担当した飯島敏広により、ヨーロッパの火薬庫といわれ紛争の絶えなかったバルカン半島に由来すると言う説』(ウィキペデアによる)が有力みたいですね。

ザリガニそっくりのバルタン星人を思い浮かべる時、シルヴィ・バルタンの麗しい姿も同時に頭に浮かんでいたのになぁ。。


20060925014806.gif

フレンチポップ歌手でアイドルのシルヴィ・バルタン(1944年生まれ)のベスト盤。

この手のベスト盤はたくさん出ていると思いますし、どれがいいとかそういうのはわかりませんけど“アイドルを探せ”と“あなたのとりこ”(サントリーの緑水のCMや、映画ウォータボーイズの挿入曲)が聴ければいい!という私には十分。シャンソンにロックの要素を取り入れたいわゆる「イエイエ」からバラード調まで大人っぽい声で歌います。
私が感じる彼女の魅力は、歌がうまいけど憂いを帯びてて少し陰を感じるところ。(実際、離婚したり自殺したり、自動車事故も度々起こしていたようです。)

アメリカンポップスのフランス語のカバーが結構多く、「イエイエ」の草分け的存在がシルヴィ・バルタンだったこともこのアルバムのライナーで知りました。レナウンのワンサカ娘のCMを歌ったことでは有名ですが、ヒット曲を飛ばした頃、私はまだ生まれてないってのに知ってる曲が多いのは、これまで至る所で彼女の歌を聴いているからなのですかね?

保守的なフランスがシャンソンから一歩抜け出した60年代のポップスって、曲がいいし、バンドもオーケストラもポップスの基本中の基本のアレンジをやっているので気持ちがいいっす!

【1998/BMGジャパン】

:::購入先::: disk union
AMAZONはコチラ

おまけ映像~YouTube~

<アイドルを探せ♪>
ワンピが可愛い!


<あなたのとりこ♪>
いろんな意味でスゴい!

遅れてますm(_ _)m

すみませ~ん。
更新&コメントの返信、珍しく?遅れてます。

この間の連休中から家全体の模様替えを始めたら
収拾つかなくなってしまいまして、
大掃除までやるはめになってしまいました。
人が住めるような部屋になったらブログに手をつけさせてください。

今日はようやくテーブルと椅子がセットされると思います。

SUKIA「CONTACT ESPACIAL CON EL TERCER SEXO」

  • 2006/09/15 01:45
  • Category: S
sukia.gif

アメリカ西海岸のモンドな4人組バンド、スキアの96年のアルバム。
「ポルノ映画のサントラ」をコンセプトに制作したというSF超大作!?


良く書くとムードミュージック、ソウル、ジャズ、ガレージの要素が詰まったエキゾチックでサイケな宇宙のラウンジミュージック。ふるーいアナログシンセの怪しげな音を好き放題に出しまくってますが、どう聴いてもこれは普通じゃないでしょう?!どうぞ、宇宙へトリップしてね!
それに、ポルノ映画のサントラをコンセプトにしている割に全然ヤらしさは感じないし、あなたたち、そんなの通り越しているでしょ?!
そしてこのローファイな感じ…60~70年代に作られた作品と思ったら大間違いで、ほんの10年前の作品なのですよ。
sukia2.gif
歌詞については
ゲイリーはマッチョ、マッチョ…とか
(ゲイリーは内ジャケットの男かな→)
お尻を叩いて…
という歌詞はわかりましたが、なんせ英語が聴き取れません。今作だけはそういう私の英語力に感謝です。
トイズ・ファクトリーから日本盤も発売されているので、そちらの方を購入すれば詳しい歌詞や曲の詳細についてわかるかと思います。

現在SUKIAは解散し、
メンバーの2人がDJ ME DJ YOUという名義で活動中。

ボロクソ書いているようで、内容的には大満足。
好事家の為のアルバムにしておくのは勿体ない。
今のところ一緒に墓に埋めてほしいアルバム(番外編)の3位以内です。
(…ちょっと離れたところに埋めてネ!)

【1996/NICKELBAG RECORDS】


Feel'n Free
The Dream Machines

:::購入先::: 近所の中古店。
AMAZONはコチラ

PARKER AND LILY 「HERE COMES WINTER」

  • 2006/09/12 23:03
  • Category: P
herecomethewinter.gif

ニューヨークの男女デュオ、パーカー&リリーの2ndアルバム。

本格的な秋はもうすぐそこ。夏の終わりから秋の気配を感じる頃、必ずといっていいほど心にぽっかり穴が開いて、軽い寂しさと焦燥感がやってきます。
こんなおちゃらけた人生を送っている私でも、そんな気分になるんですねぇ。不思議です。


ローズピアノやハモンドオルガン(風)などのビンテージっぽいキーボードと、リズムマシーン、エレキギターのほんわかしたチープな音がドリーミー。
男女ヴォーカルのけだるい歌とスライドギターの響きがメランンコリックに拍車をかけていき、寂しくてやりきれないメロウな空気が包み込んでくるようで、
これは秋から冬のアルバムに決定!

例えばDAMON &NAOMIなど、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドに影響を受けた浮遊感のある音を好む人にはいいかもしれないと思いつつ、このデュオはもうちょっとキッチュで可愛らしく憎めない面もあるのです。

夏に聴くと少しだらだらしててやんなっちゃうけど、だんだん気分にフィットしてきて、手持ちの音盤は季節に合わせて聴くのも良いなと思いますね。

【2002/MANIFESTO RECORDS】


20060912211426.gif

Perker and Lily

Hello Halo
My Aparyment Complex

:::購入先:::AMAZON

ELECTRONIC

elecroronicbest.gif

NEW ORDER のバーナード・サムナーと、元THE SMITHSのジョニー・マーのユニット、エレクトロニックのベスト盤『Get the Message: The Best of Electronic』がもうすぐ出るのだけど、なぜ今頃こんなのが出るのか、とっても不思議。

CD journal

最近のジョニー・マーのニュースは
しみじみの溜め息さんが書いてますのでご参考に!

エレクトロニックって、91年にアルバムデビューし、3枚目のアルバムを出してから自然消滅状態になってましたよね?!バーニー(バーナード・サムナー)とジョニー・マーの息抜きバンドだって認識があったんだけど、本人たちは意外にも本気で取り組んでいたんですね。
音の方はどちらかというとジョニー・マーの陰は薄いエレポップという捉え方をしてましたけど、改めて聴き直すとジョニー・マーのギターもなかなかセンス良く絡んでいます。

今頃ベスト盤が出るなんて、イギリスのロック界で未だに頼みの綱はニュー・オーダー、スミスなどの大御所のネーミング?

AMAZON
●CD+DVD限定盤はコチラ
●通常盤はコチラ


ヒットしたかどうかわからないけど、昔ラジオで良くかかってた
“ Getting Away With It ” のオリジナルビデオ





goglemanさん、私も貼付けちゃいました!
一度You Tubeに頼ると、頼り切りになりそうで怖いです。

SUSANNA AND THE MAGICAL ORCHESTRA 「MELODY MOUNTAIN」

  • 2006/09/09 21:18
  • Category: S
20060909115046.gif

ジャズヴォーカリストのスサナと鍵盤奏者モッテン・クヴェニル(ex.元Jaga Jazzist)によるノルウェーのデュオ、スサナ&マジカル・オーケストラの、10曲全てカヴァー曲による2ndアルバム。
レナード・コーエン、プリンス、AC/DC、キッス、デペッシュ・モード…

結成した当初は、オリジナル曲ではなく、カヴァー曲を演奏していたそうで、そういう意味ではこのアルバムこそ、スサナ&マジカル・オーケストラの真髄を紐解くアルバムといえるようです。デビュー盤『LIST OF LIGHTS AND BUOYS』(以前書いた記事)にいい知れぬ感銘を受けたのですが、それがどういう理由なのかは言葉にできなかったのです。でも、今回わかりました。このデュオの音楽に神聖さを感じるからです。

20060909205223.gif1stアルバムに比べても、足りないくらいの音数の少なさ。かすかな音量。教会オルガン、キーボード、ピアノ、チェンバロ、オートハープ、ビブラフォンの アコースティックな感触。それに、歌い上げるわけでもなく淡々と流すわけでもないそのスサナの歌のあり方……
AC/DCやKISSのロックンロール曲などを究極の形にまで削ぎ落とし、ゆったりとしたテンポでそれらの楽曲の本来の姿をみせてくれるその音に涙が出ます。

静謐で神聖さを感じるこのアルバムの、敢えてジャンルを言うのなら、60~90年代のロック全てを包み込んでくれる賛美歌のよう。。
キリスト教ではない自分が、生まれて初めて教会の中に入り、人々の祈りを目にした時の、震えた感覚にも似ていると思えるのです。


1. hallelujah (Leonard Cohen) 『Various Positions / 1984』
2. it's a long way to the top (AC/DC)『High Voltage / 1974 / 1976』
3. these days (Matt Burt)『Grumpy Groovy / 1997』
4. condition of the heart (Prince) 『Around The World in A Day / 1985』
5. love will tear us apart by peter hook(Joy Division)『 Substance / 1988』
6. crazy, crazy nights (Kiss) 『Crazy Nights / 1987』
7. don't think twice, it's all right(Bob Dylan)『The Freewheelin / 1963』
8. it's raining today (Scott Walker)『Scott 3 / 1969』
9. enjoy the silence (Depeche Mode) 『Violator / 1990』
10. fotheringay(Sandy Denny)『What We Did on 0ur Holidays / 1969』

【2006/RUNE GRAMMOFON】


Susanna And The Magical Orkestra

It's A Long Way To The Top
Crazy,Crazy Nights
Love Will Tearus Apart
Enjoy The Silence

:::購入先::: AMAZON

SOUL COUGHING「IRRESISTIBLE BLISS」

  • 2006/09/08 13:44
  • Category: S
soulcoughing.gif

90年代に出現し、ニューヨークを拠点としたバンド、ソウル・コフィングの2ndアルバム。

20060908104230.gifこれは、デビューアルバム「RUBY VROOM」(写真)と共に好きなアルバムなんだけど、なんで2ndを選んだかというと、
millicentさんが「The Mars Volta」の新譜の中に、空耳(ソラミミ)曲を見つけたので、羨ましくなって私も空耳(?)で有名な曲が入っているこのアルバムを書きました。
(…というのはウソで、最近ドライブの時にこのアルバムを聴いたもので。)


ソウル・コフィングは、ヴォーカル&ギターのドーティーを中心とした4人組。ロック、ジャズ、ソウル、ヒップホップなどが混在し、ソウルフルでグルーヴィーで、サンプリングが織り込まれている、脱力ミクスチャーとでも言うべきサウンド。それにどうでも良いような歌詞のダルダルなドーティーのヴォーカルがいい味を出していて大好きでした。
(解散したのは残念がっていたのに、3rdアルバムまで出ていたのは知らなかった私は滑稽です。)

当時の音楽誌のインタビューで、サンプラーをギターアンプに繋いで出していた、とかなんとか答えていましたが、その「ギギーーッ」とか「ギコギコ」としたサンプリング音がたまりません。

この2ndアルバムは、1stアルバムよりも曲のヴァリエーションも豊富ではっきりしていて、跳ねるような生ドラムやアコースティックベースがカッコ良いです。そして、やっぱり人気曲であるM-1の“Super Bon Bon”の歌詞が「スポポンポン スポポンポン」と聴こえて、一番楽しいです!
…ええ、そうです。
結局この空耳曲のことが書きたかっただけですよ。

【1996/SLASH RECORDS】


Super Bon Bon
White Girl

:::購入先::: 遠い昔で忘れました。
AMAZONはコチラ

Pagination

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:19歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。