スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭の中(2)第二楽章のこと

今年はベートーヴェンを弾く年にすると自分に誓ったのに
あまり練習できていません。

ただ、ちょっとした発見があって考えてみたりするのです。
それは第二楽章のこと♪


モーツアルトとかベートーヴェンなどの古典ピアノソナタを弾こうとすると、
第一楽章と第三楽章を弾くのがほとんどで、第二楽章は抜かしてしまいます。
高校生までの本格的現役レッスンにしても
大人になって再開してからにしても抜かされていた運命…それが第二楽章!

これは交響曲などにおいてもいえます。


なぜか…第二楽章はゆっくりテンポだからです!

曲の主題の第一楽章とフィナーレに向かって華やかな第三楽章に挟まれ
第二楽章は休息の曲なのか、テンポが遅くて癒し系?です。
早く弾く技術がいらないので音大受験用には不向き。
そして聴く人もよりテンポが早く技巧的な曲を聴きたい。
という需要もあるのかと思います。


私も第二楽章は嫌いです( ┰_┰)


よって、ないがしろにされる第二楽章ですが、単独で名曲もあるんです。
たとえば、ドヴォルザークの『新世界』交響曲の第二楽章は“家路”。


ベートーヴェンのピアノソナタでいうと、
『悲愴』の第二楽章。


ちょうど、『悲愴』第二楽章の対照的な二人の演奏を見つけまして
それが面白かったので。
バッハ弾きで有名なグレン・グールドと
指揮者でもあるダニエル.バレンボイム。
同じ曲を弾いてもまったく違います。


Beethoven Piano sonata No8 Pathetiqu 2nd movement / ダニエル・バレンボイム



Beethoven Piano sonata No8 Pathetique 2nd / グレン・グールド


バンドにあてはめると
メロディー、バッキング、ベースでできている曲なんですが
ダニエル・バレンボイムはメロディーをくっきり浮かび上がらせて
たっぷりと豊かな表情をつけて弾いています。
観衆はこのような演奏に惹かれると思います。私も素晴らしいと思います。


対してグレン・グールドはメロディー、バッキング、ベースとも同じような音量で
どのパートも大事に弾きながらメロディーを出しています。
これは、詳しくは書きませんがバッハの弾き方のようです。
こういうグレングールドの音楽の捉え方が好きです。
そして必要以上にテンポを変えずに、まるで体内メトロノームがあるかのようです。
深く感動呼ぶような演奏ではないのでしょうが、
案外クラシック好きじゃなくてもこの演奏を好きな人がいるかもしれません。
淡々と音楽を奏でているようで一音一音に魂がこもっている様な気がしてなりません。


ということで、苦手な第二楽章のような存在にも目を向けて
今後は生きていきたいなぁと、なんとなく思いました(。-_-。 )


しっかし
ロード (THE 虎舞竜) の第13章ってのは長過ぎじゃあるまいか。
スポンサーサイト

クライスレリアーナ  No.7 & No.8

久し振りだというのに、ピアノ日記だ。。



ピアノの師匠からご褒美!

ショパンのエチュードをお休みして

シューマンの『クライスレリアーナ』のNo.1,5,7,8 の4曲を

練習することとなった♪


正確には、No.1,5,7はもう練習しているけど、

最終曲も追加したことになる♪

嬉しい

ピアノ練習が楽しいぞ~

シューマンが大好きなのだ (*^▽^*)


(あまり好きではない)ショパンはお休みするけど
そもそも『クライスレリアーナ』は
ショパン氏に献呈されているので許してネ。



プレトニョフによるNo.7とNo.8(2:13くらいから)の連続演奏。
これは良いと思った。

No.7は、速くて激しくて目まぐるしい。その中にロマンがあるのだ。
中間にフーガが出て来たと思ったらそれほど続けずに切る!(シューマンだから)
最後は唐突なエンディング。ガラッと変わります。
しかしプレトニョフのような表現は初めて聴いた。
ここまでフォルテピアノをはっきりさせているとは…

No.8(2:11くらいから)はリズムが際立つ傑作だと思う。
プレトニョフは落ち着いたテンポで弾いてます。
だからこそシューマン先生の、「ここに入れるのか」と唸るほどの、
主題部分の妙なアクセントの位置やわざとずらした左手ベースの技がよくわかりやすい。
行き場のないシューマンの精神状態、陰鬱な世界。
華があるピアノ曲ではなく、中音域と低音域が主の曲だが
派手な技法のピアノ曲と違った趣き、ロマンがあるのだ。






ショパンによる緊縛練習曲

久し振りにクラシック♪
私はあまり好まないショパンですが(汗)
今回はショパンのことを。

chopinchopin.gif

ショパンの曲はどれも甘ダルい曲に聴こえるんですけど
私、ショパンは実はサディストだったんじゃないか、と思ったんですよ!

なんでかというと、

ショパン・エチュードという練習曲があるんですが、
ピアノを弾いている人が必ず通る教則本であり
有名な名曲(「別れの曲」とか、「革命」とか。)も
たくさん入っている曲集です。
その練習曲の中の、

♪エチュード第2番 イ短調 Op.10-2

いうパッとしない曲を5ヶ月くらい練習していたんですが、
この間、インテンポでようやく弾けるようになった難曲でした。
ショパン・エチュードには他にも難曲といわれる曲が数曲入っているんですけど
私にはこのイ短調 Op.10-2が一番難しかった(T_T)

なのに、単純で簡単に聴こえる損な曲です。
(全部聴かなくても最後まで同じ感じのつまらない曲なのですよ)

Gorlatch イ短調 Op.10-2



半音階の練習ですね。
聴いただけでは難しくもなく華やかでもない曲なのに毎日練習して
5,6ヶ月かかってようやくまともに弾けたんです。
ほんと、大変だったー。私の指の長さも関係していると思うんだけど、
実は、上のピアニストさんの生演奏もいくつか音が抜けてしまっています。


で、何が難しいのかというと

映像でわかると説明しやすいのですが、
右手の98%の音を、中指と薬指と小指の3本だけで弾きます。
そして拍の頭だけに、毎回親指と人差し指で三度の和音を入れます。
意味がわからないかもしれませんけど(汗)
指を縛られて弾いているようで、
指や甲や腕が痛くて毎日毎日の練習がとてもつらかったです。
縛られ趣味はないのでね
( ̄ー ̄; )


ショパンてね、私は軟弱な王子系のヤツ( ̄∠  ̄ )だ
と思い込んでいましたが
こういう難曲を弾いてみると案外Sだったのではないかと
ニヤついています(* ̄∇ ̄)

ショパンを大好きな方々に怒られそうだから
この辺で。。

シューマン「森の情景」

はぁ~、ショパンは弾かないとだめだと言われ、苦手で嫌いなショパンを弾いているんです。気持ちを偽っている気がして、あまり気持ちのいいものではないですね。
例えば…その男性は嫌いだけど、お金持ちだから付き合っているという打算的な女性の気持ちのようなもの。(はっ? 笑)

で、久し振りに大好きなドイツのクラシック作曲家シューマンのピアノ曲を聴きました。
「森の情景」という作品に焦点をあてて。
ピリスというピアニストの演奏のCD。
ピリスの演奏が好きというわけではないのです。
たまたま家にあるのがピリスの演奏したシューマン作品だったから。
私には、誰の演奏がいいとかは重要じゃなくて、作曲家の作った曲そのものが
重要です。
ちなみに、私はシューマンをまるでポップス曲のように聴いています。


piris1.gif収録作品:
1. 子供の情景op.15
2. 森の情景op.82
3. 色とりどりの小品op.99~3つの小品
4. 色とりどりの小品op.99~音楽帳
5. 色とりどりの小品op.99~前奏曲
AMAZON



pris2.gif収録作品:
1. 森の情景op.82
2. アラベスクop.18
3. 3つのロマンスop.28
4. ウィーンの謝肉祭の道化op.26
AMAZON


「森の情景」はシューマン晩年、精神を病んでいた頃作られた作品で、森に対する憧れやロマンや恐怖を、森の動物や花などの題材を通して表現した、短い小作品9曲からなる神秘的な作品です。
シューマンのロマンティシズムに溢れてはいますが、それはショパンのわかりやすいうっとりとしたロマンティシズムと似て非なるものです。
聴き手の感じ方はそれぞれでしょうが、どこか病んだ毒々しさを感じる人も多いでしょう。
(この作品に限らず、シューマンのどのピアノ曲にもそういう部分があります。)

「森の情景」で有名なのが7曲目の“予言の鳥”で、少し不協和音が混じるアルペジオが多く多用され、この曲集の中で最も神秘的です。


本屋の息子に生まれ、文学者を目指したこともあり、音楽に文学を取り入れた作曲家として有名なシューマンの側面として、当時は楽譜に詩を添えていたようですが、奥さんでありピアニストのクララにそれを削除されてしまったようで、現在は一曲だけに詩が添えられています。

4曲目の“不気味な場所”

花達は高く伸びているが、ここでは死の如く青白い。
その中で、一輪だけ紅い花が立っている。
それは人の血を吸ったからなのだ。


1曲目の“森の入り口”から9曲目の“別れ”まで、詩を読むように漆黒のリリシズムに酔いしれます。

試練は続くよどこまでも

ピアノコンクールの予選をはずみで通過してしまい
御陰様で決勝に進めることになりました!

syoujyou.gif

証拠の品 ↑


これもひとえに、普段皆さんがいい音楽を私に紹介して下さるからに
違いないです。自分でもいい音楽をもっともっと探したいね~。

当日は緊張して微熱が出まして、弾いている途中から指が震え出しましたが、今回は明るく軽快な曲だったので、[無理に]元気に楽しげに弾きましたよ~

会場のスタインウェイのピアノが弾きやすくて、速く弾きすぎたので、セーブするのに労力を使い、ミスもあったし、正直まさか受かるとは本当に思わなかったです。
スタインウェイは、鍵盤のタッチが違うし、ペダルに慣れていないとワンテンポずれて音が濁ってしまうので苦手だったんですが、あのスタインウェイは弾きやすかったー。
うちのピアノは昭和40年生まれの中古のボロピアノなので、えらい違いでした
案の定、審査員の先生方に、ペダリングは良くないと指摘されましたけどね (^^;

他には
「ピアノを叩かないように!」という講評があったので、苦笑してしまいました。
だってピアノを叩くの好きなんだけど。
ピアノって打楽器じゃなかったっけ?!

…こんなこと思うってのは、まだまだ修行が足りないってことですね。頑張りまーす!


そんなこんなで、決勝までまだまだ苦しいピアノレッスンが続きます。
とっても疲れたので、CDレビューの方もまだもうちょっと休みます。
それから、最近みなさんのブログ巡りもできずにいて、すみません。
あとからまとめ読みをして楽しみますよ♪


取り急ぎ、お知らせまで。

世界の国歌集

worldclassics.gif

世界の国歌が収録されたCDを買いました。

これは、前から欲しかったんです。
以前書いた記事

でも、予算をけちって1000円のCDを買ってしまいました。
おまけにAMAZONのギフト券500円分を使ったので送料込みで、しめて800円の買い物です。

サッカー・ワールドカップまでに買う予定だったので、目標は達せられました!

と、思いきや

歌は入っていなかったし、演奏しているイギリス室内管弦楽団は、アレンジに元気がなく、ゆったりしたクラシックを聴いている気分で、各国が国歌に込めた強い想いというものが、あまり感じられませんでした。クラシックアルバムなのでしょうがないといえばしょうがないんですけどね。各国の個性が出ていない気がしましたよ。。

4年前からファンになった(?)ブラジル国歌の、陽気でやたら長いイントロはどこへやら、堂々としたアメリカ国歌もふんわりしていて拍子抜けし、軍歌のような勇ましいトルコ国歌は入ってなかった(これは自分が確認しなかったミス)、という悪い結果のみでした。    

国歌集といっても奥が深く、管弦楽団、吹奏楽団のみの演奏、どこどこ交響楽団など演奏者が様々で、おまけに歌入り歌無し、など自分の好みに合った国歌集を探すのは至難の技のようですね。

その中でも、気に入ったのはケニアの国歌!
それとフランス国歌はやっぱりいいですね。
日本国歌は群を抜いて曲が短いです。。


今度は予算を惜しまずに、各国の演奏団が演奏した、歌入りの国歌集を買いたいと思います。
……こうして、世界の国歌集を求める旅は続きます。。

安物買いの銭失いはもうやめよう!

【2006/BMG JAPAN】


あんまりオススメはできませんが、クラシックでのんびり国歌を聴きたいという方にはいいかも。。
:::購入先::: AMAZONはコチラ

シューマン礼賛☆その3

引き続き、懲りずにシューマン教室(ソロピアノ曲限定)

シューマンの音楽性を、わかりやすく書くとこんな感じです。


クラシックでは一応『ロマン派』という分類ですが、同じくロマン派の「ショパン」のように、左手は伴奏で右手はメロディといったような単純な音楽性ではありません。「バッハ」や「ベートーベン」に影響された対位法や和声を用いた少し複雑な構成で、いろんなところから予期せぬ音が飛び出してくるので聴きにくいかもしれません。

バッハの影響を強く受ける一曲として『ノヴェレッテ』の第8曲目の冒頭部分です。高音部の主題メロディが、中声部と低声部に次々と現われてきます。
Novelette No8

同じパターンの繰り返しが多く、とても美しいメロディが出てきたと思うと、すぐにぶった切って、唐突に他のパターンを登場させるので、とてもロマンティックには聴こえずにむしろ病的に聴こえます。

リストやショパンのようにピアニスティックな華やかさがまるでありません。高音域をあまり使わず、中音域から低音域が目立ちます。
どうやらシューマンは指を速く動かせるように自分で考案した装置!(どんな装置よ?)で無理な練習をしたため、指を痛めてしまったらしく、あまり右手(高音部)が動かせなくなったことに原因しているのではないかと思っています。(あくまでも私の推測です)

但し、指を痛めたのは「梅毒」が原因だったのではないかという説もあります。あちゃ~。

タッタター♪とかズンチャッチャチャー♪などの「符点」のリズムが多く見られます。これは躍動感が感じられますがダサくも聴こえるかもしれません。そしてリズムが次々と変わっていきますので、落ち着いて聴いていられません。

「シューマンが好き」というと「マニアックね!」と言われてしまいます



…こうやって書くとシューマン、だめじゃん!
ってことになるのですが、クラシック音楽のナルシスティックなところが苦手な私のような人間には、なぜかすんなり馴染めるんです。イマジネーションに満ち溢れていて、リリカルなのにどっぷりと浸からないところや、リズムが顕著なところなどですね。

「クラシックピアノはちょっと…」とか「ロマン派はちょっと…」という方こそ、逆にその良さがわかるかもしれませんので、この機会に(ブログ書いてる間に)シューマンをオススメしたいと、切に願うのであります。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました


結婚を反対したクララの父親への憤りかクララへの愛情なのか、激しい曲『クライスレリアーナ第1番』
Kreisleriana No.1

とても不思議な曲で、唐突なパターンの変化が精神分裂を表わしているようです。『クライスレリアーナ第8番』
Kreisleriana No.8

小曲を集めた『謝肉祭』(ピエロや大道芸で賑わったであろうウィーンでの謝肉祭での体験を描いた曲の中の一曲。「エストレッラ」
Estrella

シューマン礼賛☆その2

schumann.gif
もう一年以上前に「作曲家シューマンのことについて書きます」なんて言ったことがあって、自分でも書きたかったのに、一年以上が過ぎてしまっていましたが、今度シューマンのピアノ曲をコンクールで弾く事になったので、再開します。

このブログにクラシック音楽が登場するなんてギョッとしてしまうかもしれませんが、シューマンは純粋なクラシクでありながら、私にとってはロックやポップスと同じ路線上にある、きわめて希有な存在です。

シューマンはあまり好まれないことも多い様ですが、私の周りではクラシックとはかけ離れた方々にシューマンを好きだという方が多いんです。なんででしょう???でもそれがとっても嬉しくて、シューマンをもっと普及させたいという思いもあるんですけどね。


シューマンについて知っていることを述べさせてもらうと

シューマン(Robert Alexander Schuman;1810~1856)はドイツ人で本屋の息子として生まれ、文学の才能もあり、子供の頃より執筆もしていたようです。そのためシューマンの曲は文学と密接に関わっています。
kurara.gif
音楽は全て独学で習得し、後にピアノを習った教師の娘で有名なピアニスト、クララ・ヴィークと恋に落ちましたが、父親に反対され結婚に漕ぎ着けるまでは、曲のほとんどをクララに向けて、またクララを想って作っています。情熱的で熱狂的な曲が多いのですが、クララへの思慕や不安から由来します。

クララ~

もともと幻想的な作曲家でしたが、最後は精神を病んで精神病院で亡くなっていて、精神を病んでからは現実的ではない奏法が目立ち、これが弾き手を悩ませます。

では、シューマンの曲で何が有名かと聞かれると困ってしまうのですが、小曲を集めた作品集『子供の情景』『森の情景』『謝肉祭』『幻想小曲集』『クライスレリアーナ』『ノヴェレッティ』『ダヴィド同盟舞曲集』『幻想曲』などでしょうか。。
『子供の情景』の中の「トロイメライ」「知らない国々」という曲が割と有名で耳にしたこともあると思われます。

行ったことのない異国へと思いを馳せる曲。
知らない国々
「夢」や「夢想」という曲のタイトル。どんな夢を見るのかな?
トロイメライ

長くなるので、今日はこれまで。

シューマン礼賛☆その1

先日(3月12日)ちょっとしたコンサートでピアノを弾いてきました。
舞台は暑かったし、長時間ピアノを弾くのにとても体力が必要なことがわかりました。
新しく買った太い二の腕が丸見えのトップスは、ピアノが弾きやすかったので良かったですし、おかげさまでなかなか好評でした!
全部で5曲弾いたんですけど、一番最後のベートーベンの『熱情ソナタ』で失敗しました

でもシューマンの『クライスレリアーナ』を弾いた時にブラボー拍手を頂き、まだ2曲残っていたので戸惑ってしまいました。
(そういう時は、手を振って応えれば良いのでしょうか?初めての経験でわかりませんでした…)。
でも、とても嬉しかったです。

正直言うと、クラシックについては良く知らないしあまり好きではありませんので、勉強の為に渋々ピアノ曲のCDを買うくらいです。ピアニストにも全く興味がないので、コンサートを聴きに行ったりしたことも全くありません。

つまり…ピアノを弾くのは好きだけど、やっぱりクラシック音楽の世界は馴染めないということです。


ただ、今クラシックピアノを頑張っていられるのは作曲家シューマン(Robert Alexander Schuman;1810~1856)のおかげです。シューマンはとても難しいけれど、弾いていてこの作曲家の感性が自分に一番合っているような気がします。

逆に、クラシック愛好家に多いショパンを弾くのが苦手です。腕や手をヒラヒラさせて、これでもかってぐらいのロマンティシズム溢れるメロディを奏でるのが性に合わず、おまけに、ショパン始めロマン派のピアノ曲は感性の音楽であるはずなのに、「ここはこういう風に弾きなさい」と表現方法まで先生の趣味で強制されるなんて、私には耐えられません。。

同じロマン派でも、シューマンはクラシック界では少し異端の位置にいて、シューマンの音楽を好む方は少ないです。
ピアノの先生がシューマンをあまり弾いていない場合が多いので、ピアノの発表会なんかでは、ショパンやベートーベンの曲が名を連ねているはずです。

シューマンは、このブログの文字通りマイナーな位置にありますので(笑)、シューマンの音楽性がいかにロックとの類似性があるのかを交えて、また後で書いて行きたいと思います。

今回はこれだけです。

Pagination

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★ピアノと目の前にある食材で料理を作るのが特技

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。