スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の戦士 レインボーマン サウンドトラック

4190SDECFKL.jpg

作詞 - 川内康範 / 作曲 - 北原じゅん

日本人を殺そうと企てている「死ね死ね団」から日本を守るために戦う70年代のカルトヒーロー、
レインボーマン(1972年 –1973年) のサウンドトラック。


「レインボーマン」ではなくて「愛の戦士 レインボーマン」が正式名称なんですって。
学校ではレインボーマンの替え歌が流行ったけど、今ではとても歌えるようなしろものではありません。

だいたい、♪インドの山奥で〜 と始まる主題歌と
♪死ね、死ね,死ね死ね死ね死ね死んじまえ〜 の放送禁止(放送自粛?)の過激な歌詞は
本当にインパクトがありますよ。
この歌詞を書いた川内康範による森進一の「おふくろさん」騒動、あの一件も驚きましたっけ。

それに、こういうヒーローものやアニメなどは、オープニングはとっても快活で、
エンディングは大体バラード曲と相場は決まっているようなものなのですが
レインボーマンのエンディング曲の場合は、かなりやさぐれた歌詞のブルース調に変わります。

240901_rainbowman02.jpg

作曲している北原じゅん先生の方に着目してみると、素人のくせになんなんですけど、
主題曲や「死ね死ね団」のテーマ曲はよくできていると思います。
しかし、ヤマト・タケルがダイバダッタの弟子になって
インドで修業していた頃のシーンで挿入されるサウンドトラックの数々が、
かのマーティン・デニーさながらのエキゾチカ風なのです!
舞台がインドですからインドエキゾチカ。と言いたいのですが、
明らかに中国みたいな曲調が多いんですね。
インドらしい旋律をうまく出せていない無国籍的なところがちょっと変です。
YouTubeではそこら辺の曲が見当たらず残念ではあります。

e3e5ba184cbecb53bf131dcf51045619_400.jpg

このアルバムに関してですが、「死ね死ね団」のテーマ曲はワンコーラスのみなので
注意した方がいいですね。
このテーマ曲をちゃんと聴きたい方は、ヒーローものや特撮ものの主題歌を集めたコンピなどを
調べて買った方がいいかもしれません。
さて、実は実写のレインボーマンそのものに関してはうろ覚えなところが多いので
お正月休みを利用してDVDでも観たいと思っています。


♪オープニング曲


♪死ね死ね団のテーマ  
画像はナゴムレコードのバンド、その名も「死ね死ね団」のアルバムを使っているので誤解のないように。
曲自体はオリジナルです。



スポンサーサイト

Jean-Luc Godard / Histoire(s) De Musique ゴダールの映画音楽

zgodard300.jpg

ジャン=リュック・ゴダール監督の映画サントラ集。
ゴダールの映画音楽は、誰でも知っているドラマチックな音楽…
とは云えないまでも印象的な曲が多い。

バルドー主演、ジョルジュ・ドルリュー作曲『軽蔑』の“カミーユのテーマ”には
胸が締め付けられるような深みのある美しさがあるし
ミシェル・ルグラン作曲の『女と男のいる舗道 』は、物悲しいバッキングにオーボエ(違うかも?)
の旋律が被ってきて、静かに絶望感が溢れ出してくる。
『中国女』のMao Maoは、Claude Channesなるシンガーのヴォーカル入りのポップス曲で、
途中で女の子のヴォーカルと入れ替わったりして、やけに耳に残る。
この曲を持っていたくてこのコンピレーション盤をわざわざ購入したんだっけかな。

映像より前に出ない奥ゆかしさがありつつ、映像と離れても静かに光を放っているゴダールの映画音楽。

「軽蔑」から


「女と男のいる舗道」から


「中国女」から
Mao Mao と「中国女」予告


プレイガール&プレイガールQ 

playgirl.jpg

1969年から1976年までTV放映されていた女性アクションドラマ、
『プレイガール』と『プレイガールQ』のサントラ集。
音楽は山下毅雄。『ルパン三世』なんかでもおなじみの作曲家。

『プレイガール』は東京では夜間放送していたらしいですが、
私の場合は実家で過ごしていた子供時代、
このドラマの再放送が夕方に放映されていたので
学校から帰ってTVをつけると『プレイガール』が流れ、
ミニスカのおネエちゃんたちが男たち相手に足蹴りをいれるシーンやら
沢たまき扮するボスのやさぐれたイメージに圧倒されておりました。
男を蹴り倒す場面では毎回パンツが見えてましたけど、
そういうのもなんとも思わず普通のことだと思っていましたよ、
あはは(>▽<;;
『水戸黄門』の由美かおるの入浴シーンとかお話にならないくらいの
お色気シーンも満載でしたもんね。
ここで出演者に関して語っていると長くなるのでよしておきますが、
管理人の好きな緑魔子(love)も出演してます!

ドラマに関しての詳細はこちらを。
プレイガール

playgirl22.jpg


『プレイガール』のオープニング曲ですけど、
ジャズテイストのスキャット入りラウンジサウンドがいい雰囲気で
一度聴いたら忘れられませんね。
どちらかというと
エンディング曲の方がしっかりメロディーがあるので耳に残ってましたけど。
70年になると曲のテーマはそのままに少しファンク調のアレンジになったりと、
いろんなヴァージョンを作っていたようですから、
作曲の山下毅雄さんの趣味の世界と言ってもいいのではないかと思う『プレイガール』。
妖しいヨーロッパ的なサウンドと劇画チックなドラマの相乗効果で、
いつまで経っても色あせないエロティックなアクションドラマ。ステキ。


♩『プレイガール』オープニングテーマ曲。これがオリジナルです。


♩『プレイガール』エンディング曲



♩オープニングテーマ。かなりファンキーなヴァージョン。
美輪明宏の出演も確認できました。





Saxana -The Girl On A Broomstick

saxana.gif

チェコ(チェコスロヴァキア)で1972年に公開された子供向け魔女映画
「Saxana -The Girl On A Broomstick」のサウンドトラック再発盤。


チェコアニメのスコアを書いているAngelo Michajlovがサウンドを手掛けているんですが
当時(70年代初期)の最先端サウンドだったのではないかな、
サイケでファンキーでスペイシーでジャズラウンジーで
映画を観ていなくても充分楽しめるサントラですよ。

saxana2.gif
一応魔女映画なので打楽器類やシンセなどで怪しい雰囲気が施してあり、
テーマ曲以外は全て1分以下や1分台という短いインストで
モンドな香りがプンプンしておりますので、好き者?の方にもアピール!
そしてレトロな音処理も魅惑的!
またそういうノリとは逆に、映画のテーマ曲でシングルにもなっている“Saxana”は
キャッチーなハピネスソング♪というギャップも楽しいですよ。

コチラで試聴

★テーマ曲&映画のクリップ



魔女っ子というと
日本ではサリーちゃんとメグちゃんです!(古っ;)
megandsally.gif

今回紹介した映画
「Saxana -The Girl On A Broomstick」の魔女っ子Saxanaちゃんは
サリーちゃんに似ていますね。
映画も是非観たいです!
sally2.gif
マハリクマハリタ〜
 Saxana〜が 日本上映にな〜れ!







ひなぎく Daisies サウンドトラック

daisies1.gif

ヴェラ・ヒティロヴァ監督による1966年のチェコ・ヌーベルヴァーグ作品
Daisies(ひなぎく)のサウンドトラック。


公式ホームページ

レトロで町に出ようのバニラさんが
この映画について書いてらっしゃいますので、
そちらの方もどうぞご覧下さい♪
以前書いていたブログ、ガラスの墓標2。

予告?
映画のワンシーン?
イェツィンカとヤルミラのふたりの姉妹が主人公。
実は映画はまだ観ていないので大体のことしかわからないのです。






:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

サントラが出た時に飛びついて買ったのだけど
映画はまだ観ていないという本末転倒ぶり。。。

サントラですから、シーンに合わせてツギハギツギハギで、
2分くらいの短い曲が19曲です。
オーケストラや太鼓とトランペットでマーチング、バロック、
ピアノ、歌付き、合唱付き。コミカルではちゃめちゃです。
これでは、映画もぶっとんでいてシュールでしょう!
音楽を聴いているだけで本当に面白そうなので、
なんとかDVDを手に入れたいのですが…


【2007 / FINDERS KEEPERS】


AMAZON CD コチラ

AMAZON DVD



「ロシュフォールの恋人たち」サウンドトラック

rochefort.gif

ジャック・ドゥミがシナリオ、ミシェル・ルグランが音楽を担当した『シェルブールの雨傘』とともに、フランスのミュージカル映画最高峰『ロシュフォールの恋人たち』(1966年)のサウンドトラック。

映画は観ていないのに使われた有名なトラックだけは知っているというのがたくさんありますが、これもそういう映画です。カトリーヌ・ドヌーヴフランソワーズ・ドルレアック演じる双子姉妹の物語。それぞれバレリーナと音楽家になるのが夢で理想の恋人も探したい。
あとの細かいストーリーは知りません(汗)
サントラだけ聴いて映画に憧れているなんてちょっぴり寂しいけど、
サントラだけでも充分楽しめるんです!

※2008年(来年)のフランス映画祭において、
『ロシェフォールの恋人たち』の上映が決まっているようです。
フランス映画祭2007公式サイト

このサントラではミシェル・ルグランが書いたスコアは15曲収められていて、そのうち2曲がスキャットが入ったインスト。あとは歌です。(ミュージカル映画ですものね~。)

インスト曲の中で、車のCMで使われているM-1の“キャラバンの到着”が一番の目玉曲です。ジャズのビッグバンドとクラシックのオーケストラのいいところが凝縮されたかのようなアレンジとあのメロディ、たまりません。

全体にとってもカラフルで、身体が自然に動き出す楽しいジャズ風の曲からフランスのエスプリを感じるシャンソン曲まで。特に双子姉妹の歌うデュオ曲がとてもいいんです。ミシェル・ルグランの曲/編曲については素晴らしすぎて上手く書けませんけど、キラキラした音の湧いてくる噴水を浴びているみたいです。

【2007/PHILIPS】(オリジナルはわかりません)

とっても可愛い衣装の双子姉妹を演じるカトリーヌ・ドヌーヴとフランソワーズ・ドルレアックの二人。これも名曲で、そのタイトルもズバリ“双子姉妹の歌(Chanson des Jumelles)”


キャラバンの到着(Arrivee des Camionneurs)
:::購入先:::Tower Records
AMAZONはコチラ

OPERATION I.V.Y. ~スパイ映画サントラ~

operation.gif

007シリーズなどのスパイ映画や、スパイものTVドラマのテーマ曲を集めた日本企画盤。

しかし、オリジナル作品のコンピというわけではなくて、全曲を「226 LOVE GROOVE ORCHESTRA」というオーケストラバンドが演奏しています。
(ちよっとしょぼい。)
オリジナルのコンピを作るよりも、バンドに全演奏を任せて新たに録り直した方がコストが安いんでしょうね、きっと。

主な収録曲は「007のテーマ曲」と、「ミッション・インポシブル」「チャーリーズ・エンジェル」など21曲ですが、ほとんど007のテーマ曲やエンディング曲で占められています。

007では数々のアーティストがエンディングテーマ曲を歌っていますけど、
その歌すら誰だかわからない歌手に歌わせています。
つまり、本来ならポール・マッカートニーやシーナ・イーストンやデュランデュランが歌っているはずの007のエンディングテーマ曲を、無名の代役歌手に歌わせてるので、オリジナルを知っていると腰が抜けそうになります。

まっ、そういうところは目をつぶっておいたとして、

このアルバムを聴いていてとっても衝撃を受けたことがありました。

M-3「ナポレオン・ソロ」という
アメリカのテレビドラマのテーマ曲のイントロが、『ウルトラマン』主題歌のイントロとほぼ同じだったこと!!

(曲全体のビートも似てます。)
さすがにメロディは全く違うけど。

urtraman.gif 「ナポレオン・ソロ」はアメリカでは64年から、日本では66年から日本TV系列で放送され、「ウルトラマン」は66年から放送されたらしいです。(怪しい。。)
ちなみに「ウルトラマン」の作曲者は宮内 國郎(みやうち くにお)さんという方で、既にお亡くなりになっております。

ある作曲者が、この頃の日本はアメリカを始め海外のポップスやロックをコピーして取り入れることに没頭していたとTVのインタビューで語ってましたけど(今でも充分そうだと思いますが…)
それを思うと、懐かしのTV主題歌なんつーのも、調べてみたら海外のポップス、サウンドトラックから盗んだなんてのも多いのかもしれませんよね。
特にパ○リの基本はイントロのような気がしていますので、気をつけて聴いてみたらわんさか出てくるかもしれないと思うと、オリジナルではなかったことに対する一抹の寂しさとともに、発見する楽しみもありますね!

【1995/J!MCO RECORDS】

ちょっとだけ
Man From U.N.C.L.E.(ナポレオン・ソロのテーマ)
ウルトラマンですか?

The Omen(1976)サウンドトラック

theomen.jpg

最近、オカルト映画「オーメン」(1976年オリジナル)「オーメン2」「オーメン3」 をぶっ続けて観たんですけど、やはり一作目が一番面白く、子役で悪魔役のダミアンが可愛いくせに不気味でいい!

(*尚、今年(2006年6月6日)に公開されたオーメンリメイク作品の方はとうとう観れませんでした。)

オリジナルの監督はリチャード・ドナー。
音楽はジェリー・ゴールドスミスという人で、映画音楽家として活躍した47年間で、唯一アカデミー最優秀作曲賞を受賞した映画だそうです。
男女混合コーラスを中心に使った不気味なサウンドは、子供の頃に震えながら観た映画の内容と共にずっと記憶の片隅に残っておりまして、ある意味「オーメン」のサウンドトラックが思い出の一曲のひとつですね。

(自分のクリスマスが残念なことになってしまったから、クリスマス間近というのにオカルト映画のサントラなんか書いているわけではないので、その点は一応断っておきますよ!)

神(大抵はキリスト)VS 邪悪なもの(悪魔)という設定が大好きなんです。
正義VS悪というはっきりとしたものは好きなんですが、それだけではなくて、教会とか悪魔払いなどが神秘的に絡んでくると、どうしても引き込まれてしまうのでした。
これはきっと何かあると思っているのでオーラの泉に出演希望!

ところであなたの身体には『666』の数字が隠れていませんか?
私は…ヒミツですが。

ちなみに、昨夜は同じくオカルト名画の「サスペリア」を観たので
今日は「サスペリア2」を観るもんねー。

【VARESE SARABANDE】




FOUR ROOMS



クエンティン・タランティーノ監督
が息の合った3人の監督仲間と作った4話のオムニバス映画
『フォー・ルームス』のサントラ盤。

ホテルに集まった奇妙なお客さんと、新米ベルボーイが巻き起こすハチャメチャなブラック・コメディー。出演がブルース・ウィルス、マドンナ、アントニオ・バンデラスなどで、豪華でした。

音楽は90年代に流行った「ラウンジミュージック」を代表するグループ、コンバスティブル・エジソン。紅一点のリリー・バンケットを中心としたアメリカの5人組で、サブ・ポップからデビューしていました。

「ラウンジミュージック」って、ちょっと広めの空間で掛かっているのにちょうどいいポップミュージックでしょうか。大人の雰囲気のあるカクテル・ラウンジにピッタリで、あんまりうるさくないムーディーな音楽。

90年代に流行った「ラウンジミュージック」は、それに現代的な要素が加わって、クラブ・ミュージックとして生まれ変わりましたっけ。生音だったり、打ち込みにシンセやオルガンだったりと様々です。

シングルカットされたM-1“ヴァーティ・ゴーゴー“はコミカルでお茶目で、やけに耳に残る曲。今でもメディアで良く掛かっています。
M-4“お客様は魔女”は「奥様は魔女」のテーマ曲。

映画館で観る時には、大抵彼氏(フフッ)か、女友達と観ていますが、
この映画は、誰と観たのか覚えていないです。
一緒に観た方、名乗りを挙げてくださーい

【1995/ELEKTRA】


Verti GoGo

Pagination

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの


名前:マトリョミン(♀)
年齢:不詳
ロシアからやってきた来た歌姫
ほんとはテルミン
5オクターブ出るが
半径1m以内に近づけない
proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:21歳 (1997.6.30 − )
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。