Pigeons / They Sweetheartstammers

  • 2011/11/22 21:30
  • Category: P
pigeons.gif

ブロンクスを拠点にする男女デュオPigeonsの最新作。

今のところはCD未発売みたいです。サイケデリックなロック&フォークに気怠い女性Vo.がフェミニンでいい!やたらブルージーなギターでアメリカンな曲もフレンチVo.で素敵に感じるマジックがあったり。全体にドリーミーなんだけど曲によってはサイケデリックに走る走る…。(多分)フランス語で歌ってる曲が多いのに、シタールが入ってきてインドに行っちゃったりと、さりげなく多国籍感あり。眠る前に聴いたらどんな夢が見られるんだろ。


Pigeons.com
iTunes

♪Tournoi


♪Red Sky




Prince Rama / Trust Now

  • 2011/11/11 09:00
  • Category: P
princerama.gif

ブルックリンの姉妹デュオTaraka & Nimai Larsonによる
Prince Ramaの5作目。


イメージは、南アジア~中近東~東南アジアの音楽に呪いをかけた音。とでもいいますか…
原始的で呪術的でありますけど、シンセなど電子音などの人工的な音が入っていることでなんとなく逆にホッとします。ドラム、ギター,ベース、強烈なシンセとヴォーカルの黒魔術ロック。Animal CollectiveのPaw Tracksより。

 ひぃーー
princerama2.gif


iTunesで試聴
myspace.com




PUMAJAW / FAVOURITES

  • 2009/12/04 00:20
  • Category: P
pumajaw.gif

home
myspace.com


大人のサイケ。軽くめまいもしますが、
クールさがあってシブい。あと案外リズミカル。
スコットランドのPinkie Maclure とJohn Willsによるデュオ、
PUMAJAWの(多分)2ndアルバム。

写真を見る限りずいぶん、おとな。


pumajaw2.gif


ギター、マンドリン、コンサーティーナ(小さなアコーディオンみたいな楽器)、
サックス、サンプラー等々で怪しげなインストゥルメントを作り、
ちょっとハスキーな女性ボーカルがそれに重なると
お子ちゃまには真似のできないアダルトな雰囲気。

ジャンル分類が難しいけど、エレクトリック感はありつつも、
ライブの音や様子からはフリーフォークに入るのかもしれない。
聴くほどに深みにハマる無限地獄、いや夢幻地獄。
『ドグラ・マグラ』の夢野久作とか、江戸川乱歩なんかも頭をよぎる。
あと、80年代前半頃の火サスね。

(インスピレーションは浮かぶんだけど、毎度解説文が浮かばない。汗)


【2009 / FIRE】




The Bending Wood


Frozen in Sleep




The Bending Wood







PATTERN IS MOVEMENT「ALL TOGETHER」

  • 2009/01/07 09:35
  • Category: P
patternismovwment.gif

フィラデルフィアのインディ・ロックユニット、
Pattern Is Movement(パターン・イズ・ムーヴメント)の2ndアルバム。


アンドリュー・シボルドー (Andrew Thiboldeaux) と
クリス・ワード (Chris Ward)は
ヒゲずら熊男の二人組で、実際目の前にいたら避けたい男のタイプなんだけど
(あんたらも私をさけると思うけど)
音楽がいいんだからしょうがないよ。
エモの熱さと、マスロックの激しさと、プログレの捻くれた感覚と
クラシックの耽美性が掛け合わさってすごくいいから。

ギター、ドラム、ベースにキーボードや弦楽器や管楽器をさりげなく使い
めまぐるしく変わる変拍子に
アンドリューのクラシカルなヴォーカルワークが豊かで美しい。
ロックなんだけどポップスのような。
ケーキのような爆弾のような。


Sound Of Your Voice



Bird




【2008 / HOMETAPES】


myspace.com

AMAZONは コチラ





PSAPP「THE CAMEL'S BACK」

  • 2008/11/27 20:51
  • Category: P
psapp-thecamelsback.jpeg

ロンドンのエレクトロポップ男女デュオ、Psapp(サップ)の3作目。
日本盤も出ているみたいですね。


夜、人間が寝静まるとぬいぐるみやおもちゃが動き出して
ガチャガチャとそれらが会議を始めるのは知っていますでしょ?
その光景はやっぱり可愛いとは言い難く、大変不気味なのですが、
サップはそんな光景を音楽的にしたみたいな音を作るな、
と思っています。

psapp4.gif

おもちゃの楽器とか壊れたピアノとか、ラップトップとか、
トイ感覚のエレクトロポップにバンドを取り入れた曲もあって、
おもちゃっぽさに少しオーガニックな人力素材を加えた感じですね。

ラブリーさとチープなところはそのままだけど
今までのアルバムよりもチャカチャカピコピコのエレクトリックな曲は少なく
メロディックなポップスへと変貌しているみたい。
個人的にはコットンクラブとかチャールストンを彷彿する
1920年代~30年代的なノスタルジック気分いっぱいの曲が気に入りましたよ。

♩I Want That



【2008/DOMINO】


THE POSTMARKS「BY THE NUMBERS」

  • 2008/11/21 21:10
  • Category: P
postmarks2.gif

キュートなティム嬢と、
やたら体格の良い男性二人によるマイアミのインディ・ポップ・トリオ、
The Postmarks(ポストマークス)の実質2枚目。


08年1月から8月にかけて音楽配信サービス、eMusic 限定で
リリースしてきたカヴァー曲をコンパイルしたアルバム。
新作ではないのね~、とガッカリするのは早い。
ほんとに秀逸なカヴァー集となってます!
ラウンジ風、ソフトロック風なノスタルジックでポップなサウンドと
憂いだウィスパーヴォイスの女性ヴォーカルが大きな魅力で、
尚かつ昨年一時期ラジオでかかりっぱなしだった名曲♪Good-Bye
のような曲を書けるメロディ・メーカーがいるバンドですから!

postmarks2a.gif


デヴィッド・ボウイ、ジザメリ、キュアー、ライド、
ポインター・シスターズ、ラモーンズ、バーズ、ナンシー・シナトラ
などのカヴァーとなっていまして、
ちゃんとアレンジし直されてる曲は若干原曲よりも緩やかなテンポに聴こえます。
アコースティック感のある控えめな音数はインディをインディたらしめる愛らしさ、
甘酸っぱくて、ノスタルジックです。
原曲は男性ヴォーカリストの曲が多いのですが、
女性(タラ嬢)が歌うと新鮮に聴こえますね。

それにしてもタラ嬢のヴォーカルは良すぎ!
音は違うにしてもMazzy Starのホープ・サンドヴァル並みの
カリスマ性を兼ね備えていると思うのですわ。


01. One Note Samba
02. You Only Live Twice
03. Three Little Birds
04. Ox4
05. Five Years
06. Six Different Ways
07. 7-11
08. Eight Miles High
09. Nine Million Rainy Days
10. Slaughter on Tenth Avenue
11. 11:59
12. Pinball Number Count


【2008 / UNFIL TERED RECORDS】


The Postmarks
myspace.com

One Note Samba
(ex. Antonio Carlos Jobim)

AMAZONはコチラ

PALMS 「IT'S MIDNIGHT IN HONOLULU」

  • 2008/10/16 22:45
  • Category: P
palms1.gif

よく実態が掴めない男女、Ryan Schaefer と Nadja Korinth のユニット、
Palms(パームス)のデビューアルバム。


内ジャケットに二人の写真が載せてありまして、
若き日の故セルジュ・ゲンスブール的色ツヤのある男性と、
ちょっと気の強そうな女性の方はジャケットのバレリーナ(?)本人のようです。

palms2.gif

一様にダークなトーンに覆われ、
フォーク、サイケ、ゴス、インダストリアル、クラウトロック、エレクトロニカなど
いろいろ詰め込んでいる割にはスッキリとした、80年代前期~末期の懐かしい感じ。
不完全型の魅力があるのと、
今後の変化が面白そうだなと思って聴いております。
曇り空のような音楽は自分には必要不可欠です!

【2008 / RARE BOOK ROOM】

myspace.com
(アルバム収録曲が3曲聴けます)

AMAZONはコチラ

PARENTHETICAL GIRLS「ENTANGLEMENTS」

  • 2008/09/20 13:00
  • Category: P
parengirls.gif

アメリカ、ポートランドのポップ・バンドParenthetical Girlsの3rdアルバム。「Xiu Xiu」と「Beirut」が一緒くたになった感じのアヴァン・ポップス!

parengirls2.gif

前作(下の写真↓)のジャケを見てなんとなく購買意欲をなくしてしまっていたので聴いてはいませんでしたが、大人にも耐えうる、甘くて捻くれたアヴァン・ポップをお探しの方におすすめ。1stアルバム同様に、「Xiu Xiu」のJamie Stewart と「Dead Science」のJherek Bishoff のプロデュース。だそうです。

コントラバス、ヴァイオリン、チェロ、パーカッション、ハープ、トランペット、フルート、クラリネット、プリペイドピアノ、ギター、etc…。アコースティックな音色を壊さないミックスを施し、クラシカルで民族的(東欧)で、耽美的なメロディとよれたボーカルがマッチした、ストレンジでいつつ、なんともドラマティカルな音!
素晴らしいです。

【2008 / TOMLAB】

Parenthetical Girls
myspace.com

AMAZONはコチラ

前作の Parenthetical Girls / Safe As Houses [+ 4 Extra Tracks]




PONIES IN THE SURF「SEE YOU HAPPY」

  • 2008/08/09 13:41
  • Category: P
poniesinthesurf.gif

コロンビア出身で、現在はケンブリッジを中心に活動している兄妹デュオ、
Ponies In The Surf(ポニー・イン・ザ・サーフ)のデビューアルバム。


これ、かなり前に買ったものだし、ここんとこあまり新譜を買ってないので
比較する盤が少なすぎてなんとも言えませんけど、
今年の上半期ではマイベスト5に入ってました!

爪弾かれるAlexander(兄)の優しいアコースティック・ギターと低めの甘い声。
Camille(妹)のウィスパー・ヴォイス。
二人の歌の温度差(音程差)が、古いところでは「MIKADO」や
昔の「サロン・ミュージック」などに似ていると思いました。

トラディッショナル・フォーク、ボサノヴァ、ハワイアンや
サンバのリズムを要所に取り入れたり、
オルガン使用によってサイケデリックさが加味された曲など、
多彩な音楽性の裏付けの元に、アットホーム感覚で
夏のリゾート地を思わせるインディー・フォーク/ポップスです。

poniesinthesurf2.gif

あくまでもナチュラルでリラックスした音で
日常を抜け出し、南国にでも出掛けている気分に浸れて
気持ちいいです。
彼等の音楽を聴いていると同時に波の音が聴こえてきそう。
砂浜に寝そべって、お昼寝のお供に聴きたいのですが
実際は暑くてそんなことできるわけないです、はい。

【2008 / DARLA】


myspace.com

Sweet&Low

アルバム収録曲♪Sweet&Low


:::購入先:::AMAZON

PAAVOHARJU「LAULU LAAKSON KUKISTA」

  • 2008/05/21 20:10
  • Category: P
paavpharju2.gif

フィンランドの6人組グループ、Paavoharjuの2ndアルバム。
Fonal Records からです。


打ち込みとアナログシンセ音と生楽器と
ソプラノ女性ヴォーカル(男性ヴォーカルの曲もあります)が、
過去と未来を行ったり来たりするかのような、
幻想的に重ねられたレイヤードサウンド。
洞窟から聴こえてきそうなローファイな響きに、
フィンランドの民謡?を思わせる
哀愁のメロディーがエスニックに彩ります。

ふわりふわりとした幻聴のような音響に満ちたアルバムですが、
バンドの音楽性の輪郭をはっきりと表した牧歌的なフォークソングにはうっとりし、
80年代のフロアにひとっ飛びしたようなディスコ風ポップソングには
夢から現実に連れ戻される思いがします。
実験的なアンビエントさも心地良くて、
音に身を任せる事が出来ますよ。

それにしても、この音大好きなんだけど、
ジャンルにしたら何に入るのか聞かれたらキツい。
唯一無二の音、としておきたいです。

【2008 / FONAL RECORDS】

Paavoharju
myspace.com

Kevatrumpu

:::購入先::: warszawa
現時点でAMAZONでは取り扱っていないようです。


これは前作で好きだった曲 ♪Valo tihkuu kaiken läpi


Pagination

Utility

プロフィール

パイクマン

  • Author:パイクマン
  • 偏った洋楽のレビューや日記★東京都在住の地方出身者★大雑把なO型・水瓶座★天然を通り越して大ボケ★特技はピアノくらい

カテゴリー

よく登場する生きもの

proften.gif
名前:てんてん(♀)
年齢:22歳 (1997.6.30 − 2019.04.16)
宇宙からきた軟体生物
ツンデレ姫
proftora.gif
名前:トラ蔵(♂)
年齢:19歳(1996.10 − 2015.08.21)
トラ模様のたぬき
食べるのが生きがい

ブログ内検索

最近の記事+コメント

Blog List♪

LINK

プチ月別アーカイブ